August 28, 2009

「考えて解ききる」の実践

後期の勉強は, 前期の「典型的な問題を徹底的にinputしていく」というものに対し,

   「考えて解ききる訓練」
が重要になってきます。

前期の場合, 予習の段階で手がつかなかったとしても, それは「やり方を知らない」とか「考え方がまだ身についていない」ということから仕方のないことだったりします。

しかし, 後期に入った今, 前期や夏休みの段階で「典型的な問題のinput」がなされているはずなので, 問題を解くための「道具」としての考え方などが身についているはずです. したがって, 予習の段階でやるべきことが変わってきます。

後期で重要なことは, 前期で身につけた考え方を問題に生かす「訓練」をすることです。

そのためには何よりも, 後期では予習の段階でそのことを意識する必要があるのです。つまり, 後期の予習では
  問題文をよく読み, どうすれば解けるか
をとにかくじっくりと考えることをしないといけません。

「授業でどうせ解答をするからいいや」とか思ってはいけません。予習の段階で解答にたどり着けないときには「悔しい」と思うくらいの気持ちでいましょう。
  「万全な予習を行うことで, 授業中に復習が完了する」
という風になるのが理想です。



↓記事を読んだら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
blogram投票ボタン

math_palace at 06:00│Comments(0)TrackBack(0) 勉強方法 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔