49
 ご無沙汰してました。今回は時間の都合もありましてこれまでの記事と被る解説を極力カットして参ります。
 これは南から打ちたいところ。
50
 対照的な石橋プロの丁寧な選択。
53
 先切りですが14mが弱く最早先制テンパイすら絶望的なのでソウズ止めての回しうち志向の打9pが勝るでしょう。
54
 アサビンさんご本人も書かれていたようですが、見た目ドラ枚数と残り筋と捨て牌の濃さ等考えると微妙なライン。上家のリャンメンチー要警戒。
55
 これも丁寧な切りだし。9pとかは雑ですが今回の面子にもいそうなのは既に見てきた通り。
56
 これは12m落としのほうが良いと思われる。
57
 これはブクブクなら発からでした。中重ねてのリーチドラ2。1sは必要牌。例えば白重ねてポンしても非常に辛い。タンヤオ牌と役牌は相性悪い。
58
 これはリーチ本線なら白なので若干疑問。愚形リーチ上等の条件がとても揃ってる。
59
 ホンイツは無理なのでリーチドラ2を目指すというコバゴープロらしい思考ですがリーチもどのみちかなりキツいし2sは強い浮き牌ではないですし北生牌ですしどうなのか。
60
 ここは修正して2sだったでしょう。重ねてめちゃくちゃに鳴いてドラ単マンガン。十分だし早いし。
 となると先程の画像を見てホンイツ無理だなと感じる方は判断基準修正されるべしと思えます。
61
 これはスルー。冷静。
62
 ここで9p手出しだと8pやや盲点なので狙ってみたかった感じ。
63
 どうせ56pが上家にかなり厳しいので…ということでチーでしたがどうだったのか。まだ先は長いし全然良くない単騎待ち。
 点数状況的にもカン裏まで期待して我慢したかったところ。今回以上で次ラストにします。