こんばんは(^^)

個人的に阪神ジュベナイルフィリーズは完敗。
人気上位馬の独壇場で穴馬の席は1つもなし。
致し方ない結末でした。

話し変わって香港でやってくれましたね❗
モーリス、サトノクラウンに脱帽です❗

まさしく世界のモーリス、世界のサトノクラウン、世界のライアンムーア、世界のモレイラ、世界の堀厩舎、そしてまさに世界に誇れる日本馬ですね❗

イチ競馬ファンとして、日本馬の目を見張る活躍はホントに素直に嬉しい。

記憶が確かなら2001年アグネスワールド、アグネスデジタル、ステイゴールド以来の日本馬快挙。

モーリスはもちろんですが、サトノクラウンは重馬場京都記念を制しているように、その適正は日本の高速馬場<海外の時計かかる馬場。

最速=最強は世界標準では成り立たない。
その価値観をキチンと理解しなければ世界を制するのは難しいということなんですね。

走らせる側のレベルに置いていかれないように日々勉強。
そういうイチ競馬ファンでいたいですね。

ではでは阪神ジュベナイルフィリーズ回顧行ってみましょ❗



image
今の競馬も良いですが、この時期も負けず劣らず良かったですなー(^_^)
グラスの血はモーリスが継承。
重厚感、安定感、爆発力、機動力。
モーリス産駒待ち遠しいなぁ。



【阪神ジュベナイルフィリーズ回顧】

逃げ
アリンナ

直線逃げ残りの手応えでしたが、上位3頭との力の差は歴然。
ただ相手下がれば見直す手。
凡走した逃げ馬ですから狙いは次走ですかね。

先行
ショーウェイ
ゴールドケープ
レーヌミノル
ソウルスターキング
ディーパワンサ
ジューヌエコーヌ
ジャストザマリン

先行勢ショーウェイ、ゴールドケープ、ジューヌエコーヌ、ジャストザマリンはここでは厳しい競馬。

レーヌミノルは正攻法。
1、2着馬との差はありますが距離延長で3着確保は想像以上。
マイル以上の距離もこなせる競馬センスの持ち主。人気になりにくいタイプの馬なので次走も注目ですね。

ソウルスターキングは完璧な競馬でルメール騎手のエスコートに見事応えました。
内で包まれないように出していき、スペースを確保した上で4コーナーでロスなく立ち回り、終いの脚を伸ばせるスタミナを温存、直線でインをすくい、末脚劣ることなくゴール板を駆け抜けました。完勝。2017牝馬クラシック主役候補筆頭。

ディーパワンサはよく走っていますが、上位3頭とは力の差感じる内容。データ上は内枠不利のレースですので再考の余地あります。

好位
クインズサリナ
ブラックオニキス
スズカゼ
シグルーン

この位置で競馬した組は見せ場なしでした。

差し
ポンポン
ウゼットジョリー
エムオービーナス
リスグラシュー

ポンポン、エムオービーナスは次走見直し。

ウゼットジョリーは終い来ていますが、今回は相手が上でした。
休み明けのG1は厳しいです。
ただ力は上位2頭と遜色ないので見限り早計。

リスグラシューは素晴らしい競馬でした。
誰もがイメージするレース運び。
4コーナーの反応、直線の伸び、全て文句なし。勝ち馬との差は脚質の差。
流れひとつで逆転出来ます。世代屈指の評価で間違いない馬。

追い込み
フェルトベルク
サトノアリシア

フェルトベルクは次走再考。

◎サトノアリシアは折り合い重視の競馬で終いの爆発力に賭けた乗り役の騎乗は文句なし。
思っている以上に上位3頭は強かったです。
まだまだ粗削りで伸びシロ感じる馬。
その成長力に期待です。

以上がレース回顧。

とにかく想像以上にソウルスターキング、リスグラシューが強かった2016阪神ジュベナイルフィリーズでした。

次走注目はこの馬。
臨戦過程を整えて再戦すれば強力2頭を負かせる存在は今のところこの馬でしょう❗

最後まで読んで頂き有難うございます(_ _)
励みになりますのでワンクリックお願いいたします(_ _)


次走注目馬→人気ブログランキングへ
100位くらいのブログ紹介欄で確認出来ます(^^)