こんばんは❗

今年お初のノコギリクワガタを捕まえたので保育園に寄付。

先週の保育参加時にカブトムシのメスを教室で飼っていたので丁度良いかなぁと。

私は都市部に比べれば遥かに緑が多い地域に住んでますので、今年は早いですが「のこくわ」を捕まえることに成功。

虫かごに木の枝とキュウリを与え、「のこくわ」の攻撃性を高めるために「のこくわ」のおしりをパシッパシッっと中指ではたき、攻撃の気持ちをあおり、威嚇の体勢に。

そんな風にしてクワガタ独特の【かっこよさ】を満喫。

娘二人も興味津々で触ろうとするも、ハサミによる鋭い威嚇で観察止まり。

でもキャッキャよろこんでいたので、たのしんだなぁと。

何て言うか、なんでもないような体験を一緒に積み重ねることは、子育てにおいて大切と感じる毎日。

大人ではなく子供にとって…この思考がやっぱり大切。

子供は正直。
だから正直な大人にしか寄って来ません。
不思議ですが…。

だから気持ちが大事。
間違えたっていいから真っ直ぐ向き合う気持ちが。

欲しいですね、こういう誠実な気持ち、仕事にも…(;´д`)


私も含めて「お父さん」は子育てに仕事に大変な時代。

上手くバランスをとって、時代の荒波を乗り越えたいですね(^^)


では競馬。
今週は上半期グランプリ宝塚記念。

…ですが先週の2重賞を簡単に振り返ります❗


image




【ユニコーンステークス回顧】

◎ゴールドドリーム

ハイレベルメンバーの一戦。
紛れる可能性は低い、つまり強い馬にスキがないレース。

想定通りの結果でした。
舞台設定好転、距離短縮、スタート全て完璧にはまりました。

1、2着馬は秋以降の古馬との対戦が楽しみな完成度。
世代交代を突き付ける存在になりうる楽しみな走り。
クラシックメンバーだけでなく、ダート路線もレベルが高い素晴らしい世代ですね。

それなりの予想が出来ました。


【函館スプリントステークス回顧】

◎オメガヴァンデッタ

うーん、完敗でした。
距離短縮込みの余裕あるローテ、調教の動き、買い要素満載でしたが…。

ハイペースでもティーハーフを抑え込む流れで先行勢に有利な競馬になるのは想定内。

しかし「イン」、これが最重要ポイントでしたよ。

ドンキもシュウジも外枠からスッと番手につけたソルヴェイク丸田騎手、馬券になった三者三頭とも意識は「イン」そして「前」。

開幕週を考えれば猛省しなければならない、気がつかなければならない事。

これがあってはじめて「距離短縮」という武器が活きる競馬になりました。

①函館開幕週で「イン前」
②マイルからの距離短縮


この2点、来年必ず馬券に活かします❗

回顧は終了。


今週はG1宝塚記念ですので、上半期の総決算。

まだまだこれからあーだこーだしそうですが、昨年2、3着の実績から「夏は牝馬」というシンプルアプローチも出来そうです。

この2頭は要チェックですね❗

宝塚記念注目馬その2→人気ブログランキングへ
130位くらいのブログ紹介欄です❗


本命馬結果確認はこちらからどうぞ❗
(平場成績はひどいので私の本命馬をスルーする予想がおすすめです💦)

http://klan.jp/u02/42334