吉浜ふれあいプラザの空間

吉浜まちづくり協議会広報部から、吉浜まちづくりの活動を紹介したり、高浜市内のお祭り・変わりゆく風景・懐かしい古い写真を探しそれにまつわる話を紹介する「たかはまアーカイブス」等のブログを発信していきます。

2013年06月

昭和25年に植えられた、八幡社の参道の21本の桜の木が植えられて63年が経過していますが、現在悲惨な状況になっていますので皆さんにお知らせします。

最近目だって来たのが、樹木の表面に「かび」・樹木の幹が「空洞化」・樹木に「さるのこしかけ」が生えて来ました。
テレビの番組で見た、樹木医さんの話で桜の木に「かび」や「さるのこしかけ」が生えてくると、そろそろ枯れてしまい木としての寿命が終わるそうです。

現在残っている21本の桜の木を調査した所、4本の木から「さるのこしかけ」が見つかりました。
吉浜の「心の里山」とも言える桜並木が、後10年もすれば消滅するかもしれませんので「なんとかせないかん」と思いますが・・・皆さんはどう思いますか。




八幡社桜並木の桜が悲惨な状況です。の画像

八幡社桜並木の桜が悲惨な状況です。の画像

八幡社桜並木の桜が悲惨な状況です。の画像

八幡社桜並木の桜が悲惨な状況です。の画像

八幡社桜並木の桜が悲惨な状況です。の画像

明治42年~大正3年頃に撮影された、森前渡船場周辺の写真を紹介します。

画像1は、大正3年頃に撮影された「鈴幸」かわら工場
当時の運搬は、船でおこないだるま窯の燃料となる薪は「紀州」より取り寄せ帰りは「瓦」積んで運んだ、
粘土は、現在の刈谷総合病院辺りの土を「土場」とよばれた船付場から、宮田さんと言う人が高浜まで運んでいた。

画像2は、明治42年撮影(たかはま 1972年刊 高浜市役所編集より引用しています)

画像3は、大正3年8月撮影(たかはま 1972年刊 高浜市役所編集より引用しています)



たかはま アーカイブス 79『約100年前の森前渡船場周辺』の画像

たかはま アーカイブス 79『約100年前の森前渡船場周辺』の画像

たかはま アーカイブス 79『約100年前の森前渡船場周辺』の画像

平成25年6月25日(火)午後6時から、高浜市役所玄関前にて
「防犯決集会」が開催されました。
吉岡高浜市長より「犯罪多発非常事態宣言」が出されました。

吉浜まちづくり協議会から、都築理事長他10名の方が参加しました。




高浜市『防犯決起集会』の画像

高浜市『防犯決起集会』の画像

高浜市『防犯決起集会』の画像

高浜市『防犯決起集会』の画像

高浜市『防犯決起集会』の画像

↑このページのトップヘ