東出昌大くん

瀬々敬久の監督作
「菊とギロチン -女相撲とアナキスト-」のキャストが発表された。

大正末期の日本を舞台とする本作は、
女相撲の力士と若きアナキストたちの出会いを軸に、
庶民の荒々しく猥雑なパワーを描くエンタテインメント。

瀬々と「サウダーヂ」の相澤虎之助が脚本を手がけた。
主人公の女力士・菊を演じるのは、
オーディションで約300人の中から選ばれた木竜麻生。

アナキストグループ「ギロチン社」のリーダー・中濱鐡に
東出昌大が扮する。

また「蜜のあわれ」の韓英恵が
女力士・十勝川役、

新人の佐藤寛一郎が
アナキストの古田大次郎役で出演。

そのほか渋川清彦、山中崇、井浦新、
大西信満、嘉門洋子、山田真歩、嶋田久作、
菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、
川瀬陽太が共演に名を連ねる。
「菊とギロチン -女相撲とアナキスト-」は
2017年に公開。

映画ナタリーより


 女相撲

かつて女相撲があったとは!
知りませんでしたよ!

関東大震災直後の日本が舞台。

なんかすごい映画になりそうですね。

公式ページはこちらです。→




にほんブログ村