中止まじか・・

大島優子、ブログで「国立さよなら」 卒業式は仕切り直し

 AKB48グループが30日に行う予定だった東京・国立競技場公演が荒天で中止となり、卒業セレモニーが延期となった大島優子(25)はファンの前で涙ながらにあいさつ。YouTubeでも総監督の高橋みなみ(22)とコメントを発表後、「国立さよなら」と題したブログを更新した。

<前日>国立で白熱ステージ AKB48単独フォトギャラリー

 大雨と強風、落雷の予報を受けて中止が決まり、「悔しい。涙が止まらない」と大島。屋外イベントは天候に左右されることが大きく「何も悪くなくて、しょうがないことだって分かってるけど涙が止まらない」と無念さをにじませた。

 ところが、午後1時半ごろの中止発表時には荒れていた天候も、開演予定時間だった午後4時を迎える頃には晴れ間がのぞくまでに回復。その皮肉な現実がさらに拍車をかけ、大島は「今晴れてるから余計に悔しい」とやりきれない様子をぶつけた。

 ファンからすれば大島の卒業が少しだけ遠のいた形となり、大島も「神様はまだAKBにいなさいって私に言っているのかもしれない」と前向きに解釈。「流れは出来てる 常に流れてる」と言い聞かせ「この溜まったパワーは改めてやらせていただく卒業セレモニーで爆発させます」と約束した。
53

 

大島優子のブログでは
2014-03-30 18:00:28

国立さよなら

テーマ:ブログ
悔しい。

涙が止まらない。


でも、何も悪くなくて、しょうがないことだって分かってるけど

涙が止まらない。

みんなに見送ってもらう準備、
一生懸命してたのに

周りのスタッフさんも寝ずにやってくれていたのに

遠くからはるばる来てくれてるファンの方もいただろうに


悔しい。



それに、今晴れてるから余計に悔しい


だけど、神様はまだAKBにいなさい
って私に言っているのかもしれない

流れは出来てる

常に流れてる


この溜まったパワーは
改めてやらせていただく
卒業セレモニーで
爆発させます



楽しみにしてくれていたみなさん、ごめんなさい
高橋みなみのぐぐたすでは

高橋みなみ

一般公開で共有しました  -  14:25
 
楽しみにして下さっていた
皆さん本当にごめんなさい

どこにもぶつけようのない悔しさがいっぱいで
言葉にできません、

優子を見送ってあげたかった

本人も今日に向けて一生懸命に頑張ってきていました

悔しい悔しいです。

リハーサルして雨でもやるぞ!という気持ちでやっていましたが
雨も強くなり
風も強い、

もしかしたら雷注意報がでるかもしれない
雷注意報が出たらすぐ中止

舞台装置も安全を考慮し全て使えない
せりもLEDの画面も炎も特効も
飛ぶ装置も…何もできない

何より来てくださった皆さんの安全を考えると
今日やるのは危険なのではないか?という決断でした、

きっと今日のために
お仕事を頑張って休みをとってくれた人
遠い場所から駆けつけてくれた人
学校を卒業して就職する前にと思ってくれていた人
優子の最後を目に焼き付けようと今日足を運んで下さった方
沢山の人達の思いが詰まった今日を迎えれなかったことが
本当に申し訳ないです、

こんなお願いをするのは違うのかもしれませんが、
もう一度優子の卒業セレモニーを行うとき足を運んで下さると嬉しいです

今日ぶつけれなかった気持ちを
全力でそのステージにぶつけます


今日は本当にごめんなさぃ

皆で優子を送り出したかった、、
メンのtwitter

1001 : 【悲報】大島優子が泣きながらライブ中止を謝罪「悔しい。涙が止まらない」の名無しさん : 2014年03月30日22:10 ID:K0r0s0ku

AKBコロンビア速報の人気記事