まとめぇーーー2ちゃん

政治、日本・海外ニュース、過去事件、面白ネタ、恐怖ネタ、映画、テレビ、音楽、家族、学校、友達、恋、男と女、食、癒やし、旅行、スポーツ、趣味、オリンピック、ゲーム、エロまで魂に響けばまとめます。

社会・経済

【スマホ】LINEなどが監視されるAndroidマルウェア「Skygofree」が見つかる、周囲の音や会話も自動的に録音!!!

security01_image

1: 2018/01/20(土)11:30:43 ID:???
 ハリウッド映画ばりのスパイ活動を行うマルウェア「Skygofree」が発見されたことを、Kaspersky Labが報告している。
監視ソリューションを提供するイタリアのIT企業が開発したものとKaspersky Labではみており、サイバー監視を目的に設計された極めて高度なモバイルマルウェアだとしている。大手モバイル通信事業者を装った偽のウェブサイトにおいて、モバイル通信速度改善のためのアップデートを装って拡散されていたという。

■特定の場所で周囲の音や会話を自動的に録音、フロントカメラでユーザーの顔写真撮影も

 Skygofreeは2014年から活動をしており、以来、定期的に機能を強化。インストールされたAndroid端末の位置を追跡し、端末が特定の場所に入ったときに周囲の会話や音の録音を開始する機能、Androidのアクセシビリティ機能を悪用してWhatsAppのメッセージを傍受する機能、端末のWi-Fiがオフになっている場合でも、攻撃者がコントロールするWi-Fiネットワークにこっそり接続させる機能など、これまでのマルウェアには無かったような機能が実装されているとしている。
さらに、大手端末メーカーが実装しているバッテリー節約技術を悪用して、自身を「保護されたアプリ」リストに追加し、画面をオフにしたときにも自動的にプロセスを停止されないようにする機能も備える。

 このほか、通話記録やSMS、スケジュール、メモリに保存されている情報の窃取、動画・写真の撮影なども可能。
また、ユーザーが端末のロックを解除するときにフロントカメラを起動して、そのユーザーの写真を撮影する機能も備えているという。

 なお、Kaspersky Labのクラウドネットワークで記録したSkygofreeの感染件数はこれまに数件で、すべてイタリア。
また、Windowsプラットフォームをターゲットとして最近開発されたモジュールもKaspersky Labでは多く発見しており、攻撃者はWindowsユーザーも狙っているとしている。(以下略)

Yahoo!ニュース/1/19(金) 19:53配信 Impress Watch
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000133-impress-sci





続きを読む

【道交法改正案】 スマホ「ながら運転」厳罰化!!!!!

sumahounten01_image

1: 2018/01/14(日)15:27:28 ID:???
 携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する危険行為に対し、政府が道路交通法改正で罰則を強化する方針であることが13日、分かった。改正法案は高齢運転者による事故割合が増加している現状を踏まえ、都道府県公安委員会が本人や家族らからの相談に対し情報提供や助言、指導を行う「安全運転相談」に関する規定も新設する。
早ければ22日召集の通常国会に改正法案を提出する。

                  ◇
 取り締まり年100万件

 改正法案は、携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰則について、現状の「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げる。
また、軽微な交通違反を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制度の対象から除外する。

 さらに、直接交通の危険を生じない場合でも、現状の「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化する方向だ。

 交通死亡事故のうち75歳以上の運転者による割合は、平成18年には7・4%だったものが、28年には13・5%へと高まった。
それぞれの地域・個人の事情に応じた運転に関する相談の充実・強化が課題となっており、道交法に「安全運転相談」を新たに明記して相談に応じていく方針だ。(以下略)

産経web/2018.1.14 09:55
http://www.sankei.com/politics/news/180114/plt1801140005-n1.html





続きを読む

【太陽光】関連事業者の倒産が過去最多を更新!!!!!!!

solar01_image

1: 2018/01/12(金)18:47:05 ID:???
◎記事元ソース名/2017年の「太陽光関連事業者」の倒産、過去最多

 2017年(1-12月)の「太陽光関連事業者」倒産が過去最多を更新した。倒産件数は88件(前年比35.4%増)で、調査を開始した2000年以降で最多だった2016年の65件を大きく上回った。
 過去最多の更新は3年連続で、太陽光関連業界の落ち込みを示す結果となった。
 負債総額は285億1700万円(同17.6%増)で、4年連続で前年を上回った。負債総額は2015年に200億円台に乗せたが、2017年は負債10億円以上の倒産が6件(前年3件)と倍増し膨らんだ。

 上半期(1-6月)だけで47件(前年同期比56.6%増)発生し、2015年の年間件数(54件)に迫る水準となった。
下半期(7-12月)は41件(同17.1%増)で、上半期よりペースは若干鈍化したが、前年同期を上回っており、通年で増勢をたどった。

 2012年7月に再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)の固定価格買い取り制度(FIT)が導入され、太陽光関連市場は急速に拡大した。
しかし、市場参入が相次ぎ、事業者の乱立や度重なる買い取り価格の引き下げなどで状況が一変。
さらに太陽光以外の再生可能エネルギーへの緩やかな政策誘導も追い打ちをかけ、関連事業者を巻き込み淘汰が進んでいる。

(以下略)

Yahoo!ニュース/1/12(金) 15:01配信 東京商工リサーチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00010003-biz_shoko-bus_all





続きを読む

TBS と毎日新聞が完全に韓国見切っとるんやが…

hiruobi01_image

1: 2018/01/12(金)13:00:57 ID:mvv
ひるおびでずっと韓国批判するとかどうなってるんや?





続きを読む

【発見】海賊「黒ひげ」が読んだ探検本か、沈没船から発見の紙片を解読!!!

konpasu01_image

1: 2018/01/11(木)16:57:48 ID:???
数センチの紙片から書籍を特定、ロビンソン・クルーソーの元ネタも収録
 悪名高きカリブの海賊「黒ひげ」。
その旗艦に乗り組んでいた18世紀の男たちは、どうやら読書を楽しんでいたらしい。
 難破した「クイーン・アンズ・リベンジ(アン女王の復讐)」号から回収された紙片が、1712年に出版された英海軍のエドワード・クック大佐の著書『A Voyage to the South Sea, and Round the World, Perform’d in the Years 1708, 1709, 1710 and 1711(太平洋および世界一周の航海、1708、1709、1710、1711年に遂行)』の一部であることがわかった。

 米歴史考古学協会の年次学会で、クイーン・アンズ・リベンジ(QAR)保存研究所が発表した。

紙片に記されていたヒント
 クイーン・アンズ・リベンジ号は、1718年に現在の米ノースカロライナ州ビューフォート沖で座礁し、黒ひげはその数カ月後、英海軍との戦闘によって命を落とした。海に沈んだ黒ひげの旗艦は、1996年に民間の調査会社によって発見され、
その1年後、ノースカロライナ州自然文化財課による調査が開始された。

 QAR保存研究所の修復・保存作業員であるエリック・ファレル氏によると、件の紙片は、2016年に行われた洗浄・保存作業の最中に大砲の薬室から見つかった。濡れたボロ布にくるまれていたという。
火薬で黒ずんだ紙は、大砲の砲口を保護するための栓にかませる詰め物として使われていた可能性がある。

 全部で16枚ある紙片は、どれも25セント硬貨(直径約24ミリ)より小さく、そのうち7枚には文字が記されていた。
修復作業者がこれを丁寧に開いてみたところ、重なりあった複数の紙のテキストがどれも同一方向に沿って書かれていたことから、これは一冊の本から切り取られたページの一部と推測された。

 調査の結果、テキストには「south(南)」、「fathom(尋=水深の単位)」などの単語が書かれていることが判明、この紙片が海運や航海の本に由来するだろうと考えられた。
しかし、QAR研究所の保存・修復作業員であるキンブリー・ケニヨン氏によると、本を特定する決め手となったのは、ある単語だったという。

「重要な鍵となったのは『Hilo(ヒロ)』という単語でした。この独特の言葉はイタリック(斜体)で記されていたため、おそらくは地名だろうと推測できました」とケニヨン氏は言う。

「これは実に幸運でした」
 有力な手がかりを得たQAR研究所は、印刷されたテキストの歴史に詳しい英グラスゴー大学のジョアンナ・グリーン氏に助言を仰いだ。
数ある候補地の中から最初に外されたのは米ハワイ州の「Hilo」だった。ここは1778年のジェームズ・クックの探検以前には、欧州の文献には登場しない。
次にグリーン氏の指摘により、古い英語の文献で言及されている、南米ペルー沿岸地方のスペインの植民地「Ilo」が検討された。

 この場所についての最も古い文献は、太平洋を航海する最中に「Ilo」の襲撃に参加した英国人の船乗りによるものだ。
ケニヨン氏によると、17~18世紀には、スペインの植民地を略奪する話が英国人の間で大いに人気を博していたという。(以下略)

Yahoo!ニュース/1/11(木) 7:40配信 ナショナル ジオグラフィック日本版
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00010001-nknatiogeo-sctch





続きを読む
アクセスカウンター
記事検索
当サイトについて

開設日2016年5月21日
サイト名:matomeee2ch
URL:http://blog.livedoor.jp/matomeee2ch/

当サイトで掲載・配信している動画、画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
勿論、権利を侵害する目的では御座いません。
掲載について問題がある場合は各権利所有者様ご本人が直接ご連絡下さい。その際、削除等の対応をさせて頂きます。
 又、リンク先で起こりえるトラブルにつきましては当サイトは一切の責任を負いせませんので、ご利用の際は自己責任にて対処して下さい。
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ