まとめぇーーー2ちゃん

政治、日本・海外ニュース、過去事件、面白ネタ、恐怖ネタ、映画、テレビ、音楽、家族、学校、友達、恋、男と女、食、癒やし、旅行、スポーツ、趣味、オリンピック、ゲーム、エロまで魂に響けばまとめます。

芸能

【YSE高須院長】挑発した男の愚かさ ネットの「謝ったら死ぬ病」は身を滅ぼすだけ・・・

takasu01_image

1: 2018/01/20(土)07:30:11 ID:???
【ニッポンの謝罪道】
 ネットにはびこる「謝ったら死ぬ病」。これが本当に無駄なものだと改めて痛感する騒動が起きた。
1月7日、高須クリニックの高須克弥院長とそのパートナーである西原理恵子氏に対し、不躾なツイートをする者・Aが登場した。
なんと、この人物は1月16日になってもまだ当件について釈明を続けており、相変わらず多くの人から叩かれ続けているのだ。
早々に謝っておけば良かったのに、「謝ったら死ぬ病」に完全にかかっていたAは、なかなか過ちを認めなかった。
今ではしおらしく反省の弁を述べているが、本当にヘタクソなヤツだ……と嘆息してしまった。

◆西原氏を「慰安婦」呼ばわり
 Aが何をしでかしたかというと、ニュースサイト「リテラ」が掲載した『西原理恵子が高須院長と「朝鮮人絶滅」を叫ぶ犯罪的ヘイトデモを応援…パートナーに引きずられたではすまない責任』という記事を引用し、「西原理恵子自身が、高須の慰安婦という存在な訳ですから・・・」とツイートしたのだ。Aは過去にもツイッターで「高須克弥自体がこの世から消滅すれば良いと思います」と投稿しており、元々高須氏をよく思っていなかったのだろう。

 高須氏は自分の恋人が「慰安婦」呼ばわりされたことに対し、「おい!こら すぐに謝罪しろ。
ただではすまさない」と呼びかけたが、Aは「おっ、やるのか?」と挑発。これを受けた高須氏が「謝罪がないので名誉棄損で訴訟することにしました」と表明するやいなや、Aは態度を変え“謝罪風自己正当化”を始めたのだ。

「高須克弥先生にとって、西原理恵子さんは、お互いが心をなぐさめあい、労をねぎらいあう対象(慰安)の女性のお友達(婦人)ではいらっしゃらないのですか?」

続く

産経web/1月18日
https://www.sankeibiz.jp/compliance/news/180118/cpd1801180700001-n1.htm





続きを読む

【続報/ユーチューバー不祥事】YouTube、日本の自殺者を映した人気投稿者との提携解除!!!

aokigaharajukai01_image

1: 2018/01/11(木)14:10:41 ID:???
ビデオ共有サイトYouTubeは11日、日本の青木ケ原樹海で自殺者の遺体映像を投稿した有名ユーザーとの提携関係を解除した。

YouTubeは、「グーグル・プリファード(グーグルのおすすめ)」からローガン・ポール氏のチャンネルを除外した。
「グーグル・プリファード」は、YouTubeで最も人気の高い上位5%の投稿者のビデオに広告が出せるよう、企業に枠をパッケージ販売する仕組みになっている。

YouTubeはさらに、ポール氏と共同開発していた独自コンテンツについても、保留にしたという。

ポール氏は昨年12月31日に男性の遺体のビデオを投稿し、非難が殺到した。

ビデオでは、自殺の名所として知られる富士山麓の青木ケ原樹海を撮影で訪れたポール氏たちが、自殺したとみられる男性の遺体を発見。
ポール氏は遺体を前にショックを受けている様子を見せる一方で、冗談も口にしている。

男性の身元は明らかにされていない。

(以下略)

BBC/ 2018年 1月 11日
http://www.bbc.com/japanese/42644901





続きを読む

【海外の反応】 海外「日本には人種差別(黒人差別)の歴史がないからね」 日本人の黒塗りメイクは黒人差別なのか?

waratteha-hamachan01_image

1: 2018/01/05(金)14:51:25 ID:???
(*海外のコメントは、リンク先にてご覧下さいませ!!)

翻訳元
https://www.facebook.com/kotaku/posts/10156143529039040


近年は紅白歌合戦と並んで年末恒例の番組となった、
日本テレビ系列の「笑ってはいけない」シリーズ。
12回目となった今回もその人気は衰えることがなく、
視聴率は民放各局の特番の中で8年連続のトップとなっています。

2017年のテーマは「アメリカンポリス」ということで、
ダウンタウンの浜田雅功さんは、エディ・マーフィさん主演の映画、
「ビバリーヒルズ・コップ」の主人公のコスプレをさせられていました。
その際浜田さんは肌を黒くメイクしていたのですが、
それが差別にあたるのかどうかが、海外ネットで話題になっています。

関連投稿に寄せられたコメントをまとめましたので、ご覧ください。


パンドラの憂鬱/1月4日
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2560.html







続きを読む

浜田の黒塗りメイクにフィフィ「そう指摘する人達こそ、優劣を付けて人種を見てる」

waratteha-hamachan01_image

1: 2018/01/04(木)13:49:14 ID:VZl
大みそかの日本テレビ系「ガキの使いスペシャル 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」(後6時半)に出演した

ダウンタウン・浜田雅功(54)の黒塗りメークが物議を醸していることに対し、「そう指摘する人達こそ、優劣を付けて人種を見てる気がする」と私見をつづった。

フィフィは「黒く塗ると差別だと騒ぐ人達はネガティブなイメージを持ってるのかな?」とした上で「日焼けして黒人並みにするほど黒い肌に憧れている人もいるし、黒人ファッションも真似てる人もいる」とツイート。

続けて「意図によっては批判されるだろうけど、黒人に扮しただけで差別って?そう指摘する人達こそ、優劣を付けて人種を見てる気がする」とつぶやいた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000176-sph-ent





ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

続きを読む

【松本人志】「じゃあ茂木健一郎とご飯に行って節税の仕方でも聞きますわ」wwwwwww

mogi01_image

1: 2017/12/25(月)13:15:31 ID:???
(*画像はリンク先にてご覧下さいませ!!)

安倍総理と食事に行ったダウンタウン松本人志を茂木健一郎が猛烈に批判した件について、松本人志が風刺でチクリと言い返した。

まずはワイドナショーで茂木健一郎のツイートを紹介する。

▼茂木健一郎の「安倍総理と食事して喜んでいるお笑い芸人は忖度のエンジェル」という言葉に顔を歪ませる松本人志。

▼「公共の電波でやるコメディではありません」という箇所で大笑いし始める。

▼2つ目のツイート。茂木健一郎「松本人志さんを批判しているわけではありません」 松本人志「そこで名前出すなっちゅーねん」スタジオ爆笑。

こうしてTwitterで何があったかを一通り振り返った後、ワイドナショーの出演者たちは茂木健一郎に対する意見を自由闊達に飛び交わせながら話を進めた。

武田鉄也「(茂木健一郎は)脳の研究なさっている頭のいい方だろうけど、だけど誰と飯食おうといいじゃないですかね(苦笑)」

松本人志「う~ん」

武田鉄也「あの人とは食べてはいけない、この人とは…って…。
なんか反権力とか政治を批判したり、首相に向かってバカと言ったり、かっこよがるっていう風潮ありますよね。」

松本人志「茂木さんはたまにああいう発作みたいなのが起こるので、茂木さんは茂木さんで僕またご飯一緒に行って、節税の仕方とか聞きますよ」
(スタジオ笑)

松本人志「税金どうしてるんですか~?って」
(スタジオ笑)

武田鉄也「政治を批判する方はたくさんいらっしゃいます。職業としてね。
それは大事なことなんでしょうけど、相手が殴り返してこないのを見てて『かかってこい』っていう人いるんだよね。
それはずるいと思うんだよね。誰とでも飯を食うというのはとても大事な人間のある部分なんじゃないかなと」
奇妙なのは茂木健一郎も全く同じことをしていること。

忖度のエンジェルというのは自分自身のことなのではないか。
端的に言えば茂木健一郎は安倍総理が嫌いで、連鎖してその周囲の人間も嫌いになるだけなのだろう。
茂木健一郎は脳機能学者でありながら、何ら新しい発見をしておらず、肝心なところを質問すると「脳というものはまだ分かっていない部分が多いんです」で逃げる。

(以下略)

ソース=http://netgeek.biz/archives/109079





ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

続きを読む
アクセスカウンター
記事検索
当サイトについて

開設日2016年5月21日
サイト名:matomeee2ch
URL:http://blog.livedoor.jp/matomeee2ch/

当サイトで掲載・配信している動画、画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
勿論、権利を侵害する目的では御座いません。
掲載について問題がある場合は各権利所有者様ご本人が直接ご連絡下さい。その際、削除等の対応をさせて頂きます。
 又、リンク先で起こりえるトラブルにつきましては当サイトは一切の責任を負いせませんので、ご利用の際は自己責任にて対処して下さい。
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ