私が住んでいるマンションは、比較的結婚・同棲していることが多いです。ちなみに、私は一人暮らしです。
 用事があって、隣の家に行った時、「ねえ、家の旦那としない?」と言われました。
 私「はえ?」と思っていると、いつの間にか、だんなさんが私を抱きしめていました。

「旦那の相手、してあげて。ねえ、一人暮らしだったら、さみしいんじゃない?」
 奥さんがそう言っている間にも、だんなさんの手は私の胸をもんだり、スカートの中に入って来たり。
 私の息が粗くなると、二人は私の服を全部剥ぎ取りました。

官能小説ランキング

 ソファーの上で、だんなさんは私のおまんこをマッサージ始めました。
 だんなさんが下に降りていって、私のM字開脚の脚の間に顔をうずめ、れろれろとおまんこをなめ、おまんこジュースをすすり上げます。
 誰かが私のおっぱいをもみしだくのですが、奥さんだと思っていました。

 そして、だんなさんが、いきり立ったペニスを、私のおまんこの奥の奥まで涼めてきて、ピストン運動を始めました。
「ああー、あーっ」
 ああ、終わったと思ったのもつかの間、再び私の身体の上にだんなさんが覆い被さり、また、挿入してきたのです。よく見ると、違う人でした。
 それも、一人ではなく、大勢いたのです。

 そんな状態で抵抗できるはずもなく、私はずっと、足を開きっぱなしでした。いた人みんなのペニスを、食べてしまったのです。

「ねえ、家の人、とてもよかったって、あなたのこと」
 え? 見知らぬ奥さんから声をかけられました。そこに、その人のだんなさんが通りかかって、この間、やらせてもらったと言うのです。
 そのまま私の部屋に行き、何度も何度も果てました。
 気がつくと、私の部屋には、たくさんの男の人がハダカでいたのです。また、いた人皆にいじめてもらいました。

 それ以来、私は家では、下着一枚つけずにいます。チャイムがなったからドアをあけたら、郵便屋さんでした。
 結局、郵便屋さんもセックスフレンドに。フリーセックスライフ、満喫中です。


えっちなドラえもん
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル