先生に犯されて脅迫されてから、ほぼ毎日、もう2か月たつと私も脅迫され、と言うよりそれが愛だと感じてきて、14歳と幼かった私は、先生のたまに見せる優しさに、勘違いしてきていました。

塾に行けば、必ず調教&犯され、塾がないときも、先生が塾終わった頃にメールがきて、公園のトイレで調教&犯される。
そして土曜日日曜日は、先生の家で調教&犯されたり、外で変態プレーや、先生が募集した、単独の男の人や、複数の男の人を相手をさせられ、毎日が変態プレーの日々になっていきました。
そして先生は、その変態プレーの日々を、写真やカメラに収めていきました。
毎週土日は、9時頃に先生のマンションに行き、17時くらいに家に帰るようにしていました。


もっとエッチな動画はこちら


先生のマンションの合鍵を持っていたので、先生のマンションに行き、先ず部屋に入ると、全裸になって、首輪を付け、先生が寝てれば、ペ●スしゃぶり起こします。
そして朝食を作り、先生が椅子で食べている間は、テーブルの下に潜って、先生のペ●スを刺激する。
そんなパターンがその当時は普通になっていましたが、ここまでになるのに、散々鞭打ちや、お仕置きを、され続けました。

最初の頃は、先生の部屋に行って、私が行く前に先生が起きていると、遅いと言われ、全裸になり、何十発も平手打ちされたり、バラ鞭で叩いたりされます。
部屋に入って全裸になるのを忘れると、全裸にされ、手錠を掛けれ、極太のディドルをマ●コに入れられて、何時間も放置され、逝き地獄を味わいます。

先生の起こし方も、ただペ●スをしゃぶって起こすのではなく、気持ち良くなるようにしゃぶり、気持ち良く起こさないと、起きたときに、機嫌が悪いと、口を塞がれ、バラ鞭で何十発と叩かれ、床に倒れても容赦なく、全身みみず腫になるまで、叩かれたり、乳首とクリにキャップを嵌められ、ディドルをマ●コに挿入しながら、朝食を作らないといけない日もありました。

朝食を食べるときも、一緒にテーブルに就くと、先生は平手打ちをして、テーブルの下に潜らせ、ペ●スを刺激させられます。
朝食を食べている間に、私が先生の精●を飲めれば、テーブルで食事ができましたが、先生を逝かせることができずに、先生が朝食を終わると、私は四つん這いにされ、テーブルにリードで繋がれ、手を使わず、犬のように食べさせられました。

先生と一緒にAVを観て、AVの調教で、先生が気に入った調教をリアルにやるのが、先生のスタイルみたいで、当時は私は、鞭など痛かったので、すごく怖くて、すごくイヤでしたが、先生は私に、アブノーマルなAVしか見せてもらえず、これが普通の男と女の愛した方だよと言われ、その当時は、全然性や恋愛に疎くて、本気で信じていました。

先生の部屋にいるときは、前回書きましたが、いつもお昼頃に二人で出掛けて、余程寒い時を除いては、全裸にコートにブーツで、髪型は、先生の好きなおさげでした。
マンションの住人の方は、私を妹だと思って付き合ってくれていました。

車に乗ると、コートをとられ、全裸で目的地まで車に乗らされ、LEINAが悪いコで、先生の機嫌を悪くすると、目隠し、手錠、乳首とクリにキャップを嵌められて、目的地まで連れて行かされました。


官能小説ランキング



大概は、先生が掲示板で募集した男の人と会い、だいたい色々な公衆トイレの個室で、知らない男の人のペ●スをしゃぶらされたりホテルで、エッチさせられたりして、、先生がお金を貰って、後で私に、お小遣いとしていくらかくれました。
当時は、売春だとわからず、先生は、俺の理想の女にLEINAをしたいから、お勉強だよ!見たいなことを言われ、パパと同じくらいのオジサンや、オタクみたいな気持ち悪い人、、すごくデブな人と色々な男の人を相手にしましたが、先生の条件で、もちろんゴム付き本番と、本番の時も、フ●ラをする時も、男の人は、私とキスをしないのが条件でした。

多い日は、色々な公衆トイレを回ったり、外でだったり、場所を変え、20人くらいフ●ラし飲んでたりもしました。
しかも一ヶ所の公衆トイレ4時間くらいずっと籠りっぱなしで、休む暇もなく、次から次へと入ってきて、9人っていう日もありました。
それでも、いつも先生は最後に、優しく濃厚なキスをして、体を優しく愛撫してくれ、いつも私のマ●コに、ペ●スを入れ、いっぱい中に出してくれるので、幸せでした。

先生が、ネットで募集をし、募集相手が見つからない日は、SMホテルに行って、調教されました。
いつも部屋に入ると、全裸になり、首輪をし、リードで先生が引っ張り、部屋に行き、服を脱がせて、ベット先生の体を舐めます。
しかも私がいるときは、先生がオシッコをすれば、お口で綺麗にして、ウンチをすれば、私がお口で綺麗にするのが当たり前でした。

お尻を舐めて綺麗にして、先生が紙で拭いたときに、紙に少しでもウンチが付いていると、部屋に戻って、バラ鞭を何十発も浴びせてくるので、私の体はその当時は、みみず腫やロープの跡が消えることがありませんでした。
あとは、先生の機嫌を損ねると、部屋にある、磔台に繋がれ、ネジ式のクリップで乳首やマ●コのヒダに、千切れるくらいキツく挟まれ、あまりの痛さに悲鳴を上げるので、唇や舌に、何個も洗濯バサミを挟まれ、鼻フックをさせられ、鞭で体を叩かれたりしていました。

それでも、最後は先生に優しくされ、AVででも同じことをしていたでしょ?愛している証拠だよ!と優しく言われ、優しくS●Xしてくれましたので、純粋に愛されてると信じてました。

親が旅行行ったり、親戚の結婚式とかで、親が泊まりの日は、先生の家に泊まりました。
泊まるたびに、学校も塾も休んで、調教されていました。

前もって、先生に泊まれる日を言うと、先生は泊まる日は、学校近くまで迎えに来てくれて、制服のままいつもホテルに直行でした。
さすがに制服では入れないので、先生にコートを借りホテルに入ります。

泊まる日は、いつも複数の男の人相手をするのが定番になり、その日は6人でした。
私が部屋に入り、コートを脱ぐと、皆さんが本物の中学生かよ!とか本当に子供じゃん!とか皆さんが喜んでくれました。
そして先生も、LEINAは、本当可愛いよ。
アイドルみたいだよ!とかいつも耳元で言ってくれていたので、先生のために頑張ろうって思っていました。

6人は、みんな単独さんだったりするので、自己紹介みたいな感じのことがあり、集まる男の人はみんなロリコンマニアの方ばかりでした。
自己紹介が終わると、先生は私の顔に目出し帽?って言うんですか?よく強盗犯がするようなマスクを被せられ、みんなで撮影会をします。
みんな制服の姿を撮影して、皆さんが、スカート脱いでとか、上衣脱いでとか言われ、徐々に私は裸になり、皆さんが私の体を隅々まで撮影します。

撮影が終わると、マスクを脱いだのを切っ掛けに、男の人達は、一斉に私に群がってきて、12本の手で、私の体を刺激して、耳を舐める人や、脇の下を舐める人、脚や手を舐める人など、至る所を舐められ、いつも厭らしい声を上げてしまいます。
私も、できる限り、皆さんのペ●スを触ったり、乳首を舐めたりしましたが、人数が多いので、なかなか皆さんのことを刺激できず、いつも私ばかりが何度も逝ってました。
その間先生は、ビデオで撮影していました。

男の人が、我慢できねぇ~って言って、ペ●スを私のマ●コに入ってくると、皆さんはまだかまだかと待っていました。
男の人達が逝くたびに、私の顔に精液をかけ、待ちきれず、フ●ラしている最中に、口の中で逝く人など、色々なところから、精液が顔に飛んできました。
顔はもちろん、髪の毛にも、精液をかけられ、皆さん1回ずつ逝っただけで、私の顔は、精液でドロドロでした。
それでも、男の人達は、私を責め続け、前から挿入したり、後ろから挿入したり、私を上にして挿入したりと、さまざまな体位で私を責め続けました。

男の人達は、各自で休憩をとりながら、私を責めていますが、私は常に責め続けられ、精液で息ができないくらかけられ、髪の毛も、精液だらけになりました。

何時間もエッチをしていると、トイレに行く人もいて、トイレに行ったあとは、必ず私がお口で綺麗にして、オシッコの人は、ペ●スを舐め、ウンチの人は、私が横になっていると、顔の上にしゃがみ、お尻の穴を綺麗にします。
中には、ウンチをわざとこびりつかせて、私に舐めさせる人もいて、私のお口の中は、精液やウンチの味がしていました。

その間何度も失神したり、潮を吹いたり、お漏らしもしたりして、ベットはびしょ濡れでした。
男の人達は、何時間も私を責め続け、結局解散したのが、夜の12時くらいでした。

先生と私だけになると、一緒にお風呂に入り、体を綺麗にして、激しいキスをして、先生のペ●スをしゃぶり、お風呂で先生のペ●スを挿入してもらい、私の奥に精液を注いでもらいます。
そしてベットに行くと、先生は私の体を優しく愛撫して、ペ●スを挿入して、精液をもらいます。

次の朝は、激痛で起きました。
先生は、乳首にネジ式のクリップを挟み、ヒダにも、千切れるくらいの力で、クリップを挟みました。
先生より遅く起きてしまった罰でした。
あまりの痛さに、悶えていると、先生容赦なくバラ鞭を私の体に打ち付けてきました。
私は、泣きながら、悲鳴を上げながらも、一生懸命に謝りますが、許してもらえず、何十発も、前や後ろを鞭で叩かれました。

そうしていると、部屋のチャイムが鳴り、先生が対応して、朝食のルームサービスが届きました。
先生は、朝食を食べ始めると、私はいつものように、テーブルの下に潜り、先生のペ●スをフ●ラしますが、クリップを付けられたままなので、痛くてなかなかいつものようにフ●ラできずに、先生が朝食を食べ終えると、首輪をされ、鼻フックで思いきり引っ張られ、床で犬のように食べました。

私が朝食を食べるのに、手間取っていると、先生はトイレに行き、少したつと、先生が私を呼んでいるので行くと、いきなり平手打ちされ、豚がなんで2足歩行すんた!と言って、謝るまで、何度も平手打ちをされました。
私が謝ると、平手打ちは止めてくれて、今度は先生が私の顔にお尻を向けたので、私はお尻の穴を舐めて綺麗にしました。
今日はいつも以上にウンチが付いていて、舐め終わる頃には、お口の中は、ウンチだらけでした。
綺麗に舐め終わると、四つん這いで戻り、朝食を食べろと先生が言いましたが、私はお口の中にウンチがあったので、なんか飲み物を飲ませてと言うと、先生また鞭打ちをしました。
あまりの痛さに、食べます。
と言うと、鞭打ちを止めてくれて、私は泣きながら、朝食を食べ終えました。

朝食を食べ終わると、飲み物をくれて、クリップを外してもらい、お風呂に一緒に入り、先生に体を愛撫してもらい、私の中に精液を注いでもらいました。
お風呂から出て、先生は洋服を着て、今日は、制服を着ることを許されました。

部屋を出て、車に乗って買い物に出掛けました。先生と腕を組んで、デートが出来て、すごく嬉しいかったのですが、先生は立ち寄るところがあるからと、一軒のお店に入りましたが、私は外で待たされました。

先生が、買い物袋を持って出てくると、デパートに入り、二人で身障者用のトイレに入りました。
私は、ここで先生と愛し合うのかと思っていたら、買い物袋を開けて、これに着替えろと言われ、広げると私は唖然としました。

先生の買ってきたシースルーのハイレグ水着でした。
着ていても、透け透けで恥ずかしいと言うと、これを着れば、LEINAはもっとかわいくなるよ!と言われ、モジモジしながらも、先生に言われたので、着替えました。
私が着替えている間も、ビデオで撮影を、全裸になって透け透けのハイレグ水着を着ると、すごく小さくて、私のマ●コを隠すどころか、痛いくらい食い込みました。
お尻も丸出しで、お尻の間に挟まり食い込んでいました。
鏡で見ても、すごく厭らしく恥ずかしくなっていると、先生はいっぱい誉めてくれました。

そして次に出したのは、可愛いセーラー服でした。
水着の上に、セーラー服を着て、ママに駄目と言われていた、ルーズソックスも買ってきてくれたので、さっそく履くと、先生は、さらに誉めてくれました。

しかし先生が、スカートが長いと言って、ウエストを折ると、股下5㎝くらいになってしまいました。少し動いただけでも、見えそうなのに、下に潜り履いているのが、超ハイレグ水着なので、すごく恥ずかしかったですが、先生は、私の手を握って、トイレを出ました。

デパートのエスカレーターに乗った時も、後ろのカップルが、見えてるよね?って言われたり、男の人集団に、おい!見えるぞ。とかあのコノーパンだぜ?って会話が聞こえ、恥ずかしくて、顔を上げられませんでしたが、男の人の集団は、わざと私達を追い越して、振り向いて、私の顔を覗いてるのがわかりました。
私のマ●コと体は、すごく熱くなってました。

先生は、お茶しようと言って、ベンチに座らせましたが、座ったらモロに見えてしまうので、手で隠すと、先生はわざと私の手を握って、隠せないようにしました。
しばらくすると、向かいにいるサラリーマン風のおじさんが、気がついたらしく、すごく見ているのがわかりました。
先生もその人に気がついたらしく、私の脚を開いて、見せつけていました。
おじさんは、もう遠慮なしに、私のマ●コをガン見して、先生に恥ずかしいと言うと、さらに脚を開かせました。

そのあとも、先生の意地悪は続き、階段を登っているときに、スカートを捲ったり、色々な所で、色々な人に、私のマ●コを晒し、私のマ●コも体も熱くなって、マ●コからは、愛液が溢れだし、太股まで濡らしていました。
先生に、不特定多数の人に、私のマ●コを晒され、私の体とマ●コは、火照ってきて、我慢できなくなり、この日初めて私は、自分から、先生を求めました。

先生と、街中で腕を組んで歩いているのに、小さな声で、先生にやりたいと言うと、先生は普通な声で、何がしたいの?って聞き返してきました。
私は、恥ずかしくなって、周りを見渡しました。
先生は、わかっていてワザと聞き返したのでしょうが、顔から火が出るとは、この事だと思いました。

私は、恥ずかしかったけど、体が火照って、おかしくなりそうだったので、先生にまた小さな声で、Hしたいっていうと、先生は笑いながら、頭を撫でてくれて、車に戻りました。

車に戻ると、先生は、もう一度ちゃんとお願いしなさい。
と言うので、Hしたいっていうと、先生は車を走らせました。

やっとHしてくれると思ったら、部屋に入ると、先生が意地悪をして、私にとっては、恥辱地獄になりました。
先生『Hってなにからするの?ちゃんと言ってくれないと、わからないよ?』
って私に言わせようとしましたので、先生に抱きついて、キスを求めても、顔を背けてキスしてくれないので、キスしてください。
っ言うと、先生は、おでこにキスしました。
キスしたよ?って言うと、お口にって言うと、お口にチュとしただけでした。
先生が意地悪するので、泣き出すと、先生は、優しく激しくキスしてくれました。

お互い全裸になると、先生はいっぱい愛撫してくれて、先生のペ●スを私のマ●コに挿入してもらい、私の中にいっぱい精液を注いでくれました。

そして買って貰った制服と、水着を着替えて、先生は私の家まで送ってくれました。
これが、初めての公共野外露出でした。。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル


普段は、私も普通の中学生ですが、みんなと違うのは、下着を着けていないことです。
体育の日と生理の日は、さすがに着けないと、着替える時や血が出てきて、支障が出るので、その日以外はノーパンノーブラで過ごします。
そして学校から帰ると、月水金は、塾なので、他の生徒より早く行き、先生に挨拶するのがサインで、私は4階で待ちます。
4階は、テスト教室と言って、テストがあるときしか使用しないので、普段は先生も生徒も、来ることがないので、私は洋服を脱ぎ、全裸で先生を待ちます。

先生が来ると、毎回ビデオをセットして、撮影し、私が先生のズボンとパンツを脱がせて、先生のお尻の穴をお口で刺激をして、先生のペ●スが大きくなったらしゃぶります。
そしてお口で逝く時もあれば、私のマ●コに、挿入して逝く時がありました。

それが終わると、先生は、リモコンローターを私のマ●コの奥に入れ、ネジ式クリップを乳首に、千切れるくらいきつく閉め、クリにはキャップを吸わせます。
しかし私は、乳首の痛さに悲鳴を上げ半泣きをし、キャップの気持ち良さて気持ち良くて悶えて、いつも動けずにいるので、先生は私を置いておいて、いつもさっさと教員室に戻ります。

ある程度快感と痛みが慣れると、私も着替えて、教室に戻ります。

授業中も、痛みと快感が交互に襲い、体がすごく疼くので、授業など上の空でした。
しかも先生が担当の授業の時は、私の近くまできて、リモコンローターのスイッチを入れ、体に快感が襲っているのをわかっていて、私を指して、教科書などを読ませました。
少しでも変な動きをすると、大丈夫か?とみんなの前で、心配するフリをします。

休み時間は、4階に行って、先生と会い、外してと言うと、先生はLEINAは悪い子だと言って、リモコンローターを2個入れられます。
2個入れられると、私のマ●コは、キツくなり、落とすとまずいからと、ガムテープが張られます。
2個も入ると、歩くだけで、2個のリモコンローターが私のマ●コでぶつかり合い、刺激をさらに強くしていました。

そして授業が始まると、先生はコッソリ廊下に来て、2個のリモコンローターを同時に動かしたり、1個動かしたりして、廊下で私の反応を、試しては笑っていました。
何度か、授業中に声が出てしまい、みんなに笑われたりもしました。

こんなに刺激されると、私は気が狂いそうになり、休み時間になると、走ってテスト教室まで行き、ガムテープを外し、リモコンローターも抜き取って、先生を待ちきれず、声をだして、激しく私のマ●コを弄りオナニーをしますが、そういう時は、決まって潮を吹いて逝ってしまいます。
先生が来ていないのに、オナニーをすると、決まって罰として、お尻を出されて、何発も平手打ちをされます。
でもこの時くらいから、スパンキングも痛た気持ち良くなり、お仕置きされているの、感じている私がいました。
そして先生は、またリモコンローターを私のマ●コの奥に入れ、今度は弱のままにして、廊下にあるロッカーの上に置いておいて、教員室に行ってしまいました。
45分間ずっとリモコンローターは、私のマ●コの奥で暴れ、耐えるのにも苦しく、さらにスパンキングのせいで、椅子に座ると、激痛が走り、大変でした。
授業が終わると、他の生徒に見つからないうちにリモコンを回収して、スイッチを止めました。

そしていつも、塾が閉まるギリギリまでいて、先生に挨拶をして、いつもの公衆トイレで、先生を全裸で待ちます。
真っ赤に成る程、叩かれその当時は、みみず腫と内出血が治ることがありませんでした。
先生に叩かれたお尻は、椅子に座るのも苦痛で、モジモジしていると、他の先生にトイレ行きたいのか?と言われ、みんなに笑われていました。

トイレで待ち合わせすると、先生は肥大し乳首とクリを刺激してきます。
クリップで挟まれて、いつも以上に敏感になっているので、少し触られただけで、私の立てないくらい、全身がしびれます。

先生は、それでも乳首とクリを刺激し、ときには、思いっきりつねったり、引っ張ったりするので、泣きながらも、厭らしい声をあげていました。

床に倒れこみ、ピクピクし、だらしなく涎まで垂らしている私を、撮影しながら、先生は可愛く撮れてるよ。と言っていましたが、もう私は放心状態でした。

少し意識がハッキリすると、先生はペ●スを舐めさせられ、そのまま私のマ●コに挿入し、腰を動かしますが、さんざん先生に全身を刺激されていましたので、先生が逝く前に何も逝かされ、毎回気が狂いそうでした。
先生が逝く前には、さらに激しく動くので、トイレなのに、悲鳴のような喘ぎ声をあげながら、先生の精液を、私の中で受け止めていました。

終わると、先生のペ●スを舐めて、綺麗にして、洋服を着ますが、こと時から、先生は私の乳首の根元に、タコ糸を巻くようになりました。きつく巻かれ、先生はこれで戻らなくなるからと言って、先生まで会う時まで、外しちゃダメだよと言われ、先生と別れます。

最初の頃は、乳首の根元に巻かれた糸が、疼いて、変な気持ちで、1日中私の体は疼いていました。

休みの日は、下校すると、先生にメールを入れて、先生の指示を待ちます。
先生も塾が休みの日は、駅前で待ち合わせして、ホテルに入りますが、たいがい知らない男の人がいて、先生が知らない男の人と私を引き合わせると、先生は部屋を出ていき、抱かれます。

男の人と、お風呂に行って、いつも先生にやるように、シャワーを浴びる前に、男の人人の乳首や脇の下、ひどい人は、鼻の穴の中まで舐めさせる人もいました。
そしてお尻の穴も舐め、すごく臭かったり、汚い人もいましたが、先生の言い付け通りにして、ペ●スを舐めて綺麗にして、シャワーを浴びます。


その間、男の人は、私の体をいっぱい舐めたり、触ったりと、先生以外の人には、まだイヤでイヤでしょうがなかったですが、言う通りにしないと、お仕置きが待っているので、我慢しました。
泡を付けて、私の体を男の人の体に擦り付けて、体を洗うのが、先生の言いつけでした。

お風呂から出ると、たいがいの人は、ベットまで抱き抱えていき、私の体を弄びました。
やっぱりそのときは、先生以外の人は、怖くて、感じるよりも、恐怖のほうが大きかったですが、それでも男の人は、私を容赦なく責めてました。

先生以外は、ちゃんとゴムをして、やっていましたが、この頃からゴム付きだと私の体は感じなくなっていていましたが、男の人の前では、気持ちいいフリをしていました。
男の人が逝くと、ゴムを外して、お口で綺麗にして、先生に電話すると、先生が部屋に来て、男の人からお金をもらい、男の人は出ていきますよ。

先生にありがとうと言われ、一緒にお風呂に入り、先生の愛撫を受けて、ベットで先生のペ●スを受け入れて、精液をいっぱい私のマ●コに注いでもらいます。
でも塾が休みで、先生が休みの日は、これでは終わらず、先生の携帯が鳴って、部屋番号を教える会話をしていました。

私と先生が部屋にいると、インターホンが鳴って、先生が出ると、2人も男の人が入ってきました。
私は、思わず身構えてしまいましたが、男の人達は、マジ子供じゃん!本当やっていいの?とか先生に言ってましたが、先生は処女じゃないけど、ある程度までは、調教してありますから、と言って先生は部屋を出ました。
男の人達は、興味津々に私に色々聞いてきて、乳首でけぇーとから、鞭のあとを見てMなんだぁ!と言って、遠慮なく私の体を触ってきました。
二人が全裸になると、同時にペ●スを差し出され、同時に舐めると、スゲー調教されてんじゃんと言って、フェラを誉めてくれました。
舐めてると、一人が逝きそうって言って、私の顔に大量の精液を掛けてきました。
もう一人も、少しして私の顔に精液を掛けて逝きました。

そうすると二人は、ムネを刺激したり、私のマ●コを刺激したりして、私を責め立てました。同時に色々の所を責められると、全身に電気が流れるようで、私もいっぱい喘ぎ声をあげると、男の人達はさらに声を出させようと、激しく私を責めました。

そして男の人達は、ペ●スにゴムを付けると、私のマ●コにペ●スを挿入し、やっぱ中学生のマ●コ小さいと言って、いっぱい腰を動かしていました。
一人が終ると、もう一人も連続して、挿入してきました。
2人は、休みなく私を責め続けて、私の体や顔、髪の毛は、精液でドロドロでした。

ぐったりしていると、部屋のインターホンが鳴って、男の人が出ると、先生が入ってきて、男の人達は洋服を着て、先生にお金を渡して出て行きました。

何度も逝かされて、ぐったりして動けない私を見て、いっぱい可愛がってもらったんだね。
って言って、お風呂に連れて行ってくれました。
そしていつも先生はしてくれませんが、知らない男の人に抱かれたときだけは、優しく私の体を洗ってくれて、すごく優しくしてくれました。
そして、ちょうど塾が終わる時間くらいには、家まで送ってくれます。