パート先の上司に当たる正社員の男の子と不倫してます。
私は五十代中盤。かれはまだアラサーなので親子に近いカップルです。

彼に出会って、自分の中に恋にときめく心だけでなく、性に対する欲求が溢れていたことを知りました。
彼と今の週2ペースが始まってから、してもしても足りないくらい、エッチがしたくて仕方ありません。
彼と付き合い始めてからの一年半で全く違う人間になった気がします。
昔は性的な話題には抵抗感が強かったのですが、今では休みの日はこういうサイトをのぞいたり、アダルト動画を観て過ごすことが当たり前になってきています。

わかりきっていたことですが、年末年始の休みに入ると、彼は帰省してしまうし、私も家のことが忙しくなり、会ってエッチすることができません。
彼と一週間近くも会えないのは久しぶりで、そのことが苦痛で仕方ありません。

今年のお正月は、長女夫婦が生まれたばかりの孫を連れてきてくれましたが、そんな普通の家族団欒の時間を過ごしていると、自分が女ではなく、誰かの妻や母という別人になってしまうような感覚に襲われます。
こんな地味で大人しいおばさんが、彼の身体の上では、飢えたように腰を自ら動かしていることを家族は知りません。
彼のアソコを咥えて、上目遣いで音を立てながら、早く入れてとおねだりするような女だと、夫も子供たちも夢にも思っていないでしょう。

女ではなく、妻として母として過ごすほど、私が本当の自分でいられるのは、仕事帰りのホテルの一室だけなのだと嫌というほど実感しました。
明日から彼と会えるのが待ち遠しくて仕方ありません。
男性や若い人だけでなく、私みたいなおばさんが堂々と性への欲求を語れる時代が来て欲しいです。
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル