52歳主婦のひろみです。
不倫とは言えませんが最近ちょっとした体験がありました。
先日少し遠出して買い物に出かけた先での事です。
昼間のショッピングセンターだったんですが、そこの100円ショップで商品を見ていたところ、何か視線を感じて顔を上げたところ若い男の子(多分大学生くらい)が目を逸らしました。



その日は遠出してる事もあって普段はあまり着ない少し胸の開いたワンピースを着ていて、丁度商品を見るのに屈んでいたので多分胸の谷間が見えていたのだと思います。
こんなオバさんの私の胸なんかでも興味あるのかなと思って、もしかしたら私の勘違いかもしれないし、それを確かめたくてもう一度同じ体勢、しかももっと見えやすいように屈んでみたところ、やはり彼は私を見ているようでした。
そうなると私もちょっと悪戯したくなってしまい、周りに人気もないしったので、しゃがんで下着が見えるように足を拡げてみたんです。すると彼はさり気なくしゃがみこんで横目でチラチラと見てきました。
もっと見えやすいように足を拡げてあげると、もう横目ではなく直で見てきました。
すると私達の方に別の主婦の二人組がやってきてしまい、私はすぐに足を閉じて立ち上がり店を出ました。
正直こんな体験あまりないので、もうちょっと見せたかったなと思いながらエスカレーターを上がっていると、後ろから声をかけられました。
振り向くとさっきの青年でした。
彼は少し震えた小さな声で「あの…もっと見せてくれませんか?」と言いました。
私は相手が緊張してるせいか気持ちが大きくなってしまい「変なことしない?」と聞くと首を縦に振ったので、「ついてきて」と彼を屋上の駐車場まで連れて行きました。
私が車を停めた場所は丁度端っこだったので、車の陰まで彼を導きました。
「じゃあ少しだけね」と言って、スカートの裾をゆっくり捲ってあげると彼はしゃがんで食い入るように見つめています。
そしてそのまま胸まで捲り、ブラをずらして胸も見せてあげました。
彼は立ち上がって鼻息がかかりそうな程近くで見ています。彼の股間を見るとズボンの前が大きく膨れていました。
「ねえ、私にも見せて」そう言うと彼はズボンのボタンを外し、固く反り返ったアソコを見せてくれました。
そっと手を伸ばすと彼は気をつけの姿勢で固まっています。
今にもはち切れそうなアソコを握ってゆっくりと動かし、彼の手を私の胸に導きました。
彼は恐る恐るという感じで私の胸や乳首を触り、私は気持ちよくて彼のを動かすのも忘れて悦に入ってしまいました。
すると「あっ、出そうです」と言い、下を見るとぷくっと亀頭が溢れ上がると勢いよく彼の先端から精液が発射されました。
突然の出来事に避けることもできず、私の足や腹部、パンティが精液で汚されてしまいました。
出し終わると彼は「すっ、すみません!」とあわてた様子でしたが「いいのよ。大丈夫。気持ちよかった?」と聞くと顔を真っ赤にして頷きました。
「じゃあこれでおしまいね。」と服を直すと彼は何度も頭を下げてそこから離れていきました。
車に戻って服を持ち上げてみると、中は身体にかかった精液でいっぱいでした。
でも拭いてしまうのもなんだかもったいなくて、少しだけ指で掬って口に含んでみました。
久しぶりに味わうオスの味でした。
もう買い物をする気にもなれず家に帰り、旦那が帰ってこないうちに汚れた服を洗いました。
その晩は久しぶりに私の方から旦那に求めてしまいました。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル