私は50になるおばさんです。いまだに結婚もしておりません。私の性癖を考えると仕方がないことでそれが結婚できない理由だと思います。
私は若い男の子が大好きなんです。若いといっても私に子供がいればこのくらいだろうかと言うほどの年の小学生の男の子。私はほぼ毎日のようにオナニーをしてしまいます。それも節操なくどこでもするようになってしまいました。

仕事を終え帰ろうとしましたがあそこが疼いて疼いてたまりませんでした。私のもう一つの性癖として露出があります。子供たちに私の恥ずかしい場所をさらして見せるのです。想像するだけでトロトロとお汁が垂れてくるのがわかります。車で2駅ほど離れた街までいき子供がいるようなところを走ります。大体場所は決めていました。以前も同じ場所でしたことがあるからです。

その日も3人の男の子がいました。車の中でパンツを脱ぎ子供たちのところまでいきます。子供が遊んでいる場所は回りからよく見えるのでみてほしいものがあるんだけどといってトイレの裏によびスカートを捲し上げお尻をつき出しました。
男の子たちはうわーとか、きもちわりーと叫びながら逃げていきます。その言葉にあそこはキュンキュンし軽くいってしまいます。これがやめられません。しかしその日は違いました。子供たちは皆、逃げていったと思っていたら一人だけ目の色が輝いているこがいました。私もスイッチがはいり、おばさんのおまんこもっと見る?なんていいまじまじと見せてあげました。息がかかるほど近くで私の穴を見られていました。私はクリトリスをいじりながら見られていることに興奮し本気でいってしまい子供の前で潮をふきました。

お礼におちんちんを舐めさせてもらい射精はしなかったですが小さなおちんちんが勃起し、あそこをいじりながらしゃぶりました。

またあのこに会いたい。さすがにしばらくはいけないだろうなぁ。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル