普段から女友達と一緒に、行きつけのバーで月に一回ナンパしてきた男の子と遊んでる四十半ばのおばさんです。

最近月一回だとなんだか物足りなくて、一回だけ一人でナンパ待ちに行ったりしていたのですが、先週の木曜日、2回目の一人でのナンパ待ちに行ってきました。
本当は職場の飲み会の時に抜けようと考えてたんですが、なかなか難しくなって実行できなくて、その後も悶々としていました。



そんな時、いつも一緒に遊んでる友達からアリバイ作りを頼まれました。
その子も私と同様に月一で楽しんでたんですが、具体的には話してくれないものの、以前お店で知り合った二十代の男の子と何度か会っているようで、その時もその彼と会いたかったみたいなんです。
友達は、上の子が受験生、下の子は不登校で、最近色々とストレス抱えてるみたいなので、月一のお遊びだけじゃ物足りないだろうなと思い、協力してあげることにしました。

二人で買い物とご飯に行くという風に話を作ったので、自動的に私の方もアリバイができたので、思い切っていつものバーに行くことにしました。

平日でしかも一人だったので、うまくいくか心配でした。しかし、いつもそうなのですが、同年代や年上ではなく、今回も若い子に最初に声をかけてもらえて、そのままその子とホテルに行きました。

いかにも遊んでそうな男の子でしたが、見た目通り、女の身体の扱いによく慣れた男の子でした(笑)
私の大好物のバックは勿論、他の体位でも全身汗だくになるほど満足してもらいました!
この前も、セックスってある意味レベルの高いスポーツみたいなものだなって思いましたが、今回の子は、「いい対戦相手だったな」て清々しくなるくらいの子で、私のなかでは大当たりでした!

嬉しいのは、私の身体つきとか腰づかいを、大学生のセフレの女の子よりレベルが高いって言ってくれたことです。まあ、流石にお世辞でしょうけど。
あと、最近普段のイメトレのお陰か、フェラチオの時の音のたて方とか、上になった時の腰の使い方とかが、かなり思い通りにできるようになってきました!
そのことも褒めてくれたので、普段は月一しか遊べてないことを言うと、「そんなに回数少ないのに上手くなるなんて、ゆいさんはセックスの天才じゃん」って褒めてるのかバカにしてるのか、分からないようなコメントを頂きました!(笑)

ですが、終わって一緒にお風呂に浸かってると、「俺って前からゆいさんとしたかったんだよね」と言われて思わずドキッとしました。
実は、その男の子、今年の初めの頃に、私たちをナンパしてきた二人組みのうちの一人で、その時は友達の方とエッチをした子でした。
思わぬニアミスに、一人とは一回だけのルールをつい破りそうになってしまい、冷や汗な夜でした。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル