大学の講義で、小学生と一緒に秋祭りのイベントを行うと言うのがありました。昨年、参加してしりあった6年生の男の子。春休みに偶然会いました。
ちょっと話して、私のアパートへご招待。

可愛い男の子に少しいたずらしたくなってきました。もう、中学生になる子。エッチィことにも興味津々のはず。

少し胸元あけてみたり、スカート短くしてみたり。
チラチラ見てくるのが可愛くて、ついつい……全部見たい?と聞いちゃいました。
見たい…!とくいつく顔がまた萌えます。キュンときちゃって、ゆっくり脱ぎました。
男の子も、脱がせます。お互い全裸になり、私はベッドの上に。
脚を広げて座り薄い毛のおマンコを開いて見せます。一番敏感なクリトリスを自分で触りながら説明したり、男の子のおチンチン入れるとこ教えたり。
見られながらオナニーしちゃいました。クリを弄りながら指を二本入れて中をかきまわします。
クチュクチュとイヤらしい音、私のエッチィ声。近くで聞かれてるから尚さら興奮しちゃう。溢れてくるエッチィ液もいつもより濃くて白く濁ってました。
男の子も必死に自分のモノを擦ってます。
それを見ながら私はイッちゃいました。指はベトベト。その指でおチンチンを擦って、フェラしてあげました。
指で、舌で……。すぐにイッちゃて、顔に精子かけられちゃった。凄い気持ちよさそうな男の子の顔が忘れられません。今度はちゃんと最後までしてあげようと思います

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル