何年も前の話になりますが
とある飲食店でバイトしていた時の話です

この店は、けっこういい加減で
メニューは栄養士が管理しているのですが
人気無さそうなメニューだった場合は
勝手にメニューを変えたり
調味料を勝手に減らしたり増やしたり
事実自分もバイトなのに仕切ってましたからw

そこにやってきた
近所の工場に勤める中卒の男の子
年齢は確か15か16

うちの店は、ごはんのおかわり自由で
力仕事の工場のすぐ近くということもあり
おかわりがとにかく多く
人によっては、ごはんの値段が
メニューの料金を軽く上回ることもしばしば

その子もごはんを2回くらいおかわりするのですが(計3杯)

その子は、どうやら
無理してごはんを食べてる感じがして
見ていて、とても苦しそうでした

心配になりその子に
(何か苦しそうだけど大丈夫?)と聞いたら
(仕事場の先輩に、お前はもっと体力を付けなければダメだ)と注意されて
(とにかく飯食え)と言われたとかで
無理して食べてるそうです

自分は、お客様が残したものを見て
(これは不人気だからあまり出さないようにしよう)と次のメニューを決めていたのですが
その子の食べ残しををみると
(トンカツなどは綺麗に食べてあるけれど
キャベツを全く食べてない)といった
極度の野菜嫌いといった印象を残していたので
その子に
(ごはんをたくさん食べるより野菜をたくさん食べた方が良いんだよ)と言うと
(どうしても野菜が食べられない)との事だったので

その子に野菜を食べさせたい!の一心で
メニューの開発に踏み切りました

いつも出してる納豆をパックのままではなく
それにオクラを和えたり
トロロに大根や人参やキュウリを細かく切ったものを混ぜたり
ロールキャベツの肉を少なくして
野菜を多くしたり

その子は、野菜嫌いというよりかは
野菜単独が食べられないといった感じがしたので

それらの新メニューを引っ提げて
挑みました

すると、効果は抜群!
その子は、野菜がたくさん入ったメニューを綺麗に食べていました

ついでに、他のお客さんの食べ残しも減りました

その子と話をしてからちょうど1年くらいたったあたりに
その子に
(あれから体力ついた?)と聞いたら
元気に(はい!)と
食べていたメニューには
嫌がらせの様に野菜を入れていたことを話したら
最初は抵抗あったけど、食べてみたら美味しく食べられたとかで
おもいっきりの笑顔で
(ありがとうございます!)と言われて
嬉しかったです

その直後
50くらいのオッサンにも
野菜を美味しく食べられたと礼を言われましたが
見るからにオッサンでした

その功績を買われて
自分が本部に正社員として行くことになったのですが
その事を話したら
すごく寂しそうでした
その子が17歳になるくらいのときに
移ることになったのですが

最終日に仕事を終えて車に乗り込もうとしたら
その子がいて
恥ずかしそうに
(今までありがとうございました!)と
大きなお菓子をいただきました
家に帰って開けたら
お礼の手紙と
メアド、電話番号が書いてあり
メールを送ったら
すぐに返事がきて
(会えなくなるのは寂しいですが頑張ります!)と書かれていて

しばらくして本部の仕事にもなれた頃
その子からメールがきて
(今度会えませんか?)と
本部は基本日曜休みなので
日曜に会うことに
レストランだとまずいので
近所の駅で待ち合わせました

やってきたその子は
最後に見たときよりもさらにたくましくなっていて
顔は相変わらず可愛いまま
18歳になったとのこと

中学の時の同級生がたくましくなった姿を見て
大変驚いていたとか

一緒に映画を見ました
内容は言えませんが
デスメタルのボーカルが
(僕がやりたかったのは、こんな音楽じゃない!)と嘆く映画

そして、ドライブしてるときに
(家では中学の時に父親が事業に失敗して高校に通う余裕がなくなったこと)などを話してくれました

冗談混じりに
(お礼にキスして)と話したら
顔を真っ赤にして
(はい…)と

人がいる場所だと恥ずかしいとかで
自分のアパートに行きました
部屋についたら
その子が抱きついてきて
少し泣きながら
(ありがとう)と言ってきて
そのままキスしました

あまりにも可愛かったので
強く抱き締めてしまいましたが

そうしたら色々な相談をされました
(朝目が覚めたらパンツがヌルヌルしてること)
いわゆる夢精
中学では性教育は
あまり習わなかったみたいで
全くわからないみたいでした

家にあるビデオを見せて
その子の股間が膨らんできたので
脱がせていじりました

すると勢いよく射精しました

そのあとは
キスしあったり

夜に別れましたが

ひとつきに1回くらいのペースで会ってました

すると
(今度高校に通うことになった)と言われました

しばらくしてその子と両親が家にきて
礼を言われまして

実家へと帰っていきました

今は無事卒業して
専門学校へ行き
自分と同じ調理師になったそうです
最後に会ったのは今年のアタマで
体はガッチリしていて
声も少し低くなった印象でも
顔は可愛いままでした

唇がピンク色で
キスしたくなるような唇です。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル