カテゴリ: コンビニ

    1: グロリア(岡山県) 2013/11/12(火) 17:24:32.69 ID:ZQTL3I4b0 BE:1569504492-PLT(12030) ポイント特典
    今世紀最大の事件が起きました…
    「温そうめん」を間違えて414個発注してしまいました…(白目)
    セブンイレブン西鉄二日市駅前店に 買いに来てください!!!!
    no title


    リツイートとってもありがとうございます!!! 私の悲しい名言がPOPになりました。
    no title


    背中に貼ってアピールしてます。
    no title



    https://twitter.com/ekimae_m/status/400085691633127424
    https://twitter.com/ekimae_m/status/400105104000315393
    https://twitter.com/ekimae_m/status/400117261026877440

    1: 風吹けば名無し 2013/10/27(日) 00:11:53.37 ID:IV+A/O2n
    冷凍焼きナス、冷凍お好み焼き、冷凍たこ焼き、冷凍五目御飯、冷凍味噌ラーメン
    冷凍つけ麺、冷凍枝豆、ボンゴレスパゲッティ、チキンカツサンド、鳥五目おにぎり、海鮮ごのみ

    俺の好きな食べ物がこんだけある
    se
     

    1: バズソーキック(秋田県) 2013/10/13(日) 15:35:56.47 ID:RgXC7oSG0 BE:2370245478-PLT(12123) ポイント特典
     質のローソン、量のファミマがセブンイレブンを追撃する

     コンビニエンスストア業界の「3強」ことセブンイレブン・ジャパン(セブン&アイHD<3382>傘下)、ローソン<2651>、ファミリーマート<8028>の2014年2月期の
    8月中間期決算が出揃った。8月末現在の国内店舗数はセブン15831、ローソン11348、ファミマ9948だった。

     セブンイレブン・ジャパンの営業収益は1兆2772億円(前年同期比37.9%増)、営業利益は1287億円(10.5%増)で過去最高。ローソンの営業総収入は2481億円(0.3%減)、
    営業利益は356億円(3.1%増)で過去最高。純利益は190億円(6.6%増)だった。ファミリーマートの営業総収入は1750億円(1.8%増)。営業利益は254億円(1.7%減)で減益でも、
    純利益は140億円(10.6%増)で過去最高だった。

     なお、「3強」に次ぐクラスのサークルKサンクス(ユニーGHD<8270>傘下)は営業利益39%減、ミニストップ<9946>は営業利益18%減と苦戦した。
    「過去最高」の文字が躍る大手3社とそれ以下とで、コンビニ業界の業績は二極分化している。

    konbini-2

    以下URLに続きあり
    http://economic.jp/?p=27977

    1: レインメーカー(チベット自治区) 2013/09/04(水) 19:08:27.74 ID:HGAJ+Qpl0 BE:354560235-PLT(12017) ポイント特典
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130904/waf13090416030034-n1.htm

    コンビニで放尿、陳列雑誌にかける…別店舗勤務のアルバイト男逮捕
    2013.9.4 16:01

     コンビニの店内で商品の雑誌などに放尿したとして、滋賀県警木之本署は4日、器物損壊容疑で福井県おおい町長井、ア
    ルバイト店員、山田和也容疑者(25)を逮捕した。容疑を認めているという。

     逮捕容疑は5月30日午後1時半ごろ、滋賀県長浜市西浅井町のコンビニで、陳列されていた雑誌など7点(被害額25
    00円)に放尿したとしている。

     店内の防犯ビデオの映像などから山田容疑者を割り出した。山田容疑者は自宅近くのコンビニに勤務し、犯行現場の店と
    は何の関係もなかったといい、同署で動機などを追及している。

    1: アイアンクロー(神奈川県) 2013/09/02(月) 23:30:56.28 ID:N1Y06v0d0 BE:484855092-PLT(12000) ポイント特典
     昨年、コンビニエンスストア(以下、コンビニ)業界は、ファミリーマートをはじめ、相次いで「店内コーヒー」をスタートした。
    競合チェーンとの競争の激化に加え、缶コーヒーやタバコ販売が低迷。次の商材として“常習性”のあるコーヒーに着目したからだ。

     先行事例となったのが日本マクドナルド。2008年2月にそれまでのコーヒー製品を一新、「プレミアムローストコーヒー」
    (Sサイズ100円~)を発売した。産地厳選の豆を使用、本格派コーヒーが売りだった。
    これが年平均2・5億杯を売るヒット商品に育ち、マック復活の牽引(けんいん)車となった。

     ところが、昨年にはこのコーヒー市場にコンビニが次々に参入、「コンビニコーヒー戦争元年」と喧伝された。

     ファミリーマートは03年から都内の一部店舗や高速道路のサービスエリアで本格的なコーヒーの販売を行っていた。

     「そのような取り組みがオリジナルブランドの『あじわいFamima Caf?』に発展、昨年9月下旬から首都圏を皮切りに約2600店にコーヒーマシンを順次導入し、“挽きたて&淹れたて”のおいしさがお楽しみいただける『カウンターコーヒー』を始めました」(広報)

     マシンはドイツ製のエスプレッソ抽出式だ。コーヒーは「ブレンド」(税込150円)、「カフェラテ」(同)、「アイスコーヒー」(税込180円)、「アイスカフェラテ」(同)の4種類。レジで料金を支払い専用のカップを受けとり、
    マシンにセット。ボタンを押すとマシンが1杯分の豆をひき、蒸らし、40秒で抽出する。メニューに合わせてブレンドする品種を変えている。

    以下URLに続きあり 
    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130901/ecn1309010730001-n1.htm
    no title

    1: ラダームーンサルト(チベット自治区) 2013/08/30(金) 15:44:36.07 ID:ft356ewm0 BE:1063678695-PLT(12000) ポイント特典
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3002Q_Q3A830C1000000/

    値下げ制限、セブンに賠償命令 期限切れ間近の弁当
    東京高裁
    2013/8/30 15:10

     セブン―イレブン・ジャパンのフランチャイズ加盟店主4人が、公正取引委員会が是正を求めたにもかかわらず、販売期
    限が近い弁当などの値下げ販売の制限を続けられたのは不当だとして、同社に計約1億3900万円の損害賠償を求めた訴訟の
    判決が30日、東京高裁であった。斎藤隆裁判長は同社に1140万円の支払いを命じた。

     原告は大阪府や兵庫県、北海道の加盟店主。

     公取委は09年6月、販売制限があったと認定し、同社に排除措置命令を出した。訴状によると、原告側は「命令後も同社
    が値下げ販売を制限し、加盟店側が売れ残り品をすべて廃棄したため損害を被った」と主張していた。
    キャプチャ
     

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24(土) 09:13:36.97 ID:rvErHQ84O
    レジで「マルボロのアイブラ五ミリ一つ」って言ったらブス店員がはっ?みたいな顔して後ろのタバコの陳列されてる棚でアタフタして一分くらい もたついてたからイラついて店内に響くでかい 声で「9番!!!」って言ってやっと理解しやがった
    最後半泣き状態で手が震えてタバコ渡してきやがった タバコの銘柄くらい覚えとけやカス

    他サイトおすすめ記事

    このページのトップヘ

    アクセスランキング