タグ:コーヒー

    1: アイアンクロー(神奈川県) 2013/09/02(月) 23:30:56.28 ID:N1Y06v0d0 BE:484855092-PLT(12000) ポイント特典
     昨年、コンビニエンスストア(以下、コンビニ)業界は、ファミリーマートをはじめ、相次いで「店内コーヒー」をスタートした。
    競合チェーンとの競争の激化に加え、缶コーヒーやタバコ販売が低迷。次の商材として“常習性”のあるコーヒーに着目したからだ。

     先行事例となったのが日本マクドナルド。2008年2月にそれまでのコーヒー製品を一新、「プレミアムローストコーヒー」
    (Sサイズ100円~)を発売した。産地厳選の豆を使用、本格派コーヒーが売りだった。
    これが年平均2・5億杯を売るヒット商品に育ち、マック復活の牽引(けんいん)車となった。

     ところが、昨年にはこのコーヒー市場にコンビニが次々に参入、「コンビニコーヒー戦争元年」と喧伝された。

     ファミリーマートは03年から都内の一部店舗や高速道路のサービスエリアで本格的なコーヒーの販売を行っていた。

     「そのような取り組みがオリジナルブランドの『あじわいFamima Caf?』に発展、昨年9月下旬から首都圏を皮切りに約2600店にコーヒーマシンを順次導入し、“挽きたて&淹れたて”のおいしさがお楽しみいただける『カウンターコーヒー』を始めました」(広報)

     マシンはドイツ製のエスプレッソ抽出式だ。コーヒーは「ブレンド」(税込150円)、「カフェラテ」(同)、「アイスコーヒー」(税込180円)、「アイスカフェラテ」(同)の4種類。レジで料金を支払い専用のカップを受けとり、
    マシンにセット。ボタンを押すとマシンが1杯分の豆をひき、蒸らし、40秒で抽出する。メニューに合わせてブレンドする品種を変えている。

    以下URLに続きあり 
    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130901/ecn1309010730001-n1.htm
    no title

    1: TEKKAMAKI(家) 2013/08/23(金) 20:44:20.68 ID:EVDOMVQ8P BE:1978935438-PLT(12010) ポイント特典
    コーヒーに関してはさまざまな研究結果がありますが、意外に知られていないのが脳への影響。
    飲み過ぎなければ、いい結果をもたらすようです。

    コーヒーについては、健康に悪い面もしばしば指摘されています。しかし、良い影響を主張する研究も同じくらい多く存在します。
    イギリスで40万人以上を対象に、13年かけて行われた調査によると、コーヒーをよく飲む人は、早死するリスクが16%低くなったとのこと。

    2011年の調査によると、1日2~3杯のコーヒーを飲む女性は、うつになる確率が15%低くなったそうです。
    ちなみに1日4杯だと、20%も低下したとのこと。

    コーヒーは、記憶力の向上に効果的です。
    2005年の北アメリカの調査によると、1日2杯コーヒーを飲む人は、短期間での記憶力とリアクションの速さが他を上回ったそうです。

    また、2007年、65歳以上の女性を対象にした調査では、1日2杯以上のコーヒーを飲む人は、
    それ未満の人に比べて記憶力がいいことが明らかになりました。
    さらに、南フロリダ大などの一部の研究者は、コーヒーがアルツハイマーを予防するとして研究を続けています。

    コーヒーがこういった効果をもたらすメカニズムは、まだ完全に解明されたわけではありません。
    カフェインの効果や抗酸化作用が影響を与えているのではないかと考えられています。

    脳への影響のほかにも、糖尿病や胆石、がん、パーキンソン病の予防に効果があるという結果が報告されています。
    ちなみにこういったうれしい効果は、「砂糖・ミルクなし」のブラックコーヒーで認められているもの。
    キャプチャ

    体調と相談しながら楽しんでくださいね。
    http://news.livedoor.com/article/detail/7977127/

    1: ストマッククロー(SB-iPhone) 2013/08/20(火) 06:33:51.06 ID:CGIYt55Hi● BE:2953509877-PLT(12000) ポイント特典
    (CNN) コーヒーが健康に及ぼす影響についてはさまざまな説があるが、米国の医学者らがこのほど、
    55歳未満の年齢層でコーヒーを大量に飲み続ける人は死亡率が高いとの研究結果を発表した。

    米ルイジアナ州ニューオーリンズの心臓専門医、カール・ラビー博士らが専門誌「メイヨー・クリニック紀要」に報告したところによると、
    同博士らは20~87歳の男女4万人を16年間にわたって追跡調査した。その結果、
    55歳未満でコーヒーを1週間に28杯以上飲むグループは、
    飲まないグループに比べて死亡率が男性で56%高く、女性では2倍に上ることが分かったという。

    カップ1杯は8オンス(約240ミリリットル)。週に27杯以下の場合や56歳以上の年齢層では悪影響が出ていない。
    また、循環器系の病気による死亡率には、コーヒーに関連する変化がみられなかったという。

    ラビー博士らによれば、こうした数字から「コーヒーが早死にを招く」と結論付けることはできない。
    「強いストレスを抱えた人がコーヒーを毎日10杯も飲み続けて死亡したというような場合は、
    コーヒーのせいでなくストレスが原因と考えられる」と、同博士は説明する。

    コーヒーの効用についても、これまで多くの研究結果が報告されてきた。2007年には肝がん発症率との関係を指摘する説、
    09年には1日1杯ごとに糖尿病のリスクが減るとの説、
    さらに11年には1日6杯以上で前立腺がんの死亡率が低下するとの説が発表された。
    医学誌NEJMが昨年掲載した研究では、1日2杯以上飲む人は特定の病気で死亡する率が低くなるとされた。

    健康に良いコーヒーの量は人によって違うともいわれるが、
    ラビー博士は「高死亡率との関連が疑われる以上、私だったら1日4杯未満に抑える」と話している。
    キャプチャ

    CNN.co.jp 8月19日(月)15時55分配信 1日4杯以上コーヒー飲む人は早死にする? 米研究
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130819-35036106-cnn-int

    1: ランサルセ(埼玉県) 2013/07/23(火) 20:10:33.08 ID:A+zLxJO2P BE:2412799474-PLT(12001) ポイント特典
     株式会社セブン-イレブン・ジャパンは、セブン-イレブン店舗内のオリジナル専用機器で提供するセルフ式のドリップコーヒー「SEVEN CAFE(セブンカフェ)」の販売数が、18日(木)をもって1億杯を突破したと発表した。

    ブンカフェは現在、1日1店舗あたり約83杯の販売数で推移。年間販売目標4億5千万杯を見込んでいるとのこと。セブン-カフェは、今年1月から順次導入され、現在約12,500店で販売されているという。

     同社によると、セブンカフェのリピート購入率は55%以上で、セブン-イレブンの他の食品と比較するとリピート率が高いという。同社は、「購入者の約半数を女性のお客様が占めていることが特徴的です」と説明している。

     セブンカフェは、クリエイティブディレクター佐藤可士和氏のプロデュースのもと立ち上げられたブランドで、ウォッシュド・ハイグレード・アラビカ豆100%を使用している。
    ダブル焙煎、1杯ごとのペーパードリップ、チルド配送、軟水抽出などのこだわりが特徴である。価格は、ホットコーヒーがRサイズ100円、Lサイズ150円、アイスコーヒーがアイスコーヒーはRサイズ100円、Lサイズ180円である。

     同社は、セブン&アイ・ホールディングスのスーパーマーケット(ヨークマート、ヨークベニマル)やイトーヨーカドーのフードコートで展開しているファストフード店(ポッポ)へもセブンカフェの導入も進めていく方針である。

     ツイッターでは、「そんなに売れていたとは意外」などという声もあるが、セブンカフェ利用者は商品が売れていることに概ね納得の様子。
    「おいしい」「コストパフォーマンスがよい」「セブン-カフェができてから缶コーヒーを飲まなくなった」など感想が寄せられている。
    http://jp.ibtimes.com/articles/46997/20130723/568641.htm
    no title

    セブンイレブン『セブンカフェ』¥100で淹れたてコーヒー
    http://www.youtube.com/watch?v=3QKMnrBrJko


    引用元: セブンイレブンのコーヒーが大ブーム! 客「コスパ最強」「缶コーヒーを飲まなくなった」

    1: ノルウェージャンフォレストキャット (新疆ウイグル自治区) 2013/07/13(土) 20:09:54.28 ID:l1c+9JdbP BE:4825598887-PLT(12001) ポイント特典
      セブン-イレブン・ジャパンが店頭で提供するセルフ式ドリップコーヒー 「SEVEN CAFE(セブンカフェ)」の販売が好調だ。今年1
    月から順次導入し、 先月24日までに約8500店で販売。累計販売数5000万杯を突破した。

    「より豊かでより上質な時間」を提供することをコンセプトに、 佐藤可士和さんプロデュースの下、立ち上げた同ブランド。専用サー
    バーから カップまで全てオリジナルデザインを採用し、「ウォッシュドハイグレードアラビカ豆100%使用」 「一杯ごとにペーパード
    リップ」など、 素材と製法にこだわったオリジナルコーヒーを提供している。

    当初、初年度の年間販売目標を3億杯(1日1店舗当たり60杯)と 見込んでいたが、目標の約4割増(同83杯)で 推移していることから
    、目標を4億5000万杯に上方修正した。

     同社は今後も販売を拡充。今年8月末までに全国のセブン-イレブンほぼ全店 4月末現在、約15300店舗)への導入を完了するほか、セ
    ブン&アイ・ホールディングスの スーパーマーケット(ヨークマート、ヨークベニマル)やイトーヨーカドー内の フードコートで展
    開するファストフード店(ポッポ)などへの導入も開始するという。

    http://ichigaya.keizai.biz/headline/1681/
    no title
     

    他サイトおすすめ記事

    このページのトップヘ

    アクセスランキング