創夢ニュース

日常で知るとちょっとだけ豊かになる情報をまとめます。

  • Twitter
  • RSS

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/06/03(水) 07:02:15.53 ID:CAP_USER
    →当たり前のように手術に利用されている全身麻酔だが、その原理は謎に包まれていた
    →新たな研究は、超解像度光学顕微鏡を使い脳神経の細胞膜内の変化を観察
    →結果、細胞膜内の脂質ラフトの無秩序化がニューロンの発火を止めてしまうことを確認した


    全身麻酔は大きな手術で使われる重要な医療技術です。

    全身麻酔なしで手術を受けるというのは、考えられない話です。

    しかし、この「全身麻酔がなぜ人の意識を奪うのか」という詳しい原理については、医学はこれまで説明することができませんでした。

    麻酔の原理がよくわかっていないという話は、ちょくちょく耳にしている人もいるかもしれません。

    けれど、こうした医学ミステリーの古株も、とうとう最新技術を用いた研究を前に陥落したようです。

    新しい研究によると、細胞膜内にある本来なら秩序だった脂質クラスターが、クロロホルムにさらされると短時間で無秩序になるということが原因とのこと。

    最新の超解像度光学顕微鏡と、ショウジョウバエを使った実験で明らかにされました。

    ■175年に渡る医学界のミステリー

    西洋で初めて全身麻酔による手術が行われたのは、1846年のことでした。

    ボストンのマサチューセッツ総合病院で行われた腫瘍患者の手術は「エーテルドーム」と呼ばれていて、ここで全身麻酔の効果が初めて実証されたのです。

    この様子は、絵画にも描かれている歴史的な重要イベントでした。

    実に175年も前から全身麻酔は利用されているわけですが、麻酔によって人が意識を失うメカニズムは、これまで不明のままでした。

    未解明と言われると、まったく何もわかっていないようなイメージを受けてしまいますが、科学の世界で未解明の問題といった場合、おおよその見当はついているけれど、事実と認める証拠が足りないという状況がほとんどです。

    「あの人が犯人に違いない、でも証拠が足りない」とコナンくんが言っているような状態ですね。

    全身麻酔の原理については、1899年にドイツの薬理学者ハンスと、1901年にイギリスの生物学者チャールズが、脂質の溶解度が麻酔の効力を決定しているようだ、という研究を発表しています。

    これはかなり賢明な結論で、今回の研究でも、細胞膜内で神経活性化などに関係している「脂質ラフト」という部分に着目しています。

    これまで1世紀近くに渡って、医学研究者たちが細胞内の脂質になにかあるようだ、と考えながらも麻酔の効果との関係を決定できなかったのには、2つの要因があります。

    1つは、目的の脂質の変化が小さすぎて見えなかったこと。もう1つは、多種多様な脂質の組織が複雑で、その機能が完全にわかっていなかったことです。

    新たな研究は、この2つをクリアすることができたのです。

    続きはソースで

    https://nazology.net/archives/61379

    【【研究】100年以上謎だった「全身麻酔で意識がなくなる原因」が特定される [しじみ★]】の続きを読む
         

    1: 試されるひめ ★ [US] 2020/06/03(水) 09:16:58.53 ID:CAP_USER9
    2020年6月3日 7時30分

     ネット上で「ヒトの顔に見える」と全国的な話題になったバイカルアザラシの赤ちゃんを飼育する鳥羽水族館(三重県鳥羽市)が、一般公開を始めた。人なつっこくて愛らしい様子で早くも人気を集めている。

     赤ちゃんが生まれたのは2020年2月22日。生年月日に「2」が「五つ」つき、新型コロナウイルスの感染が拡大した「困難な時期だからこそ、ニコニコと笑顔でいよう」という意味を込めて、「ニコ」と名付けられた。

     水族館のツイッターなどでニコの様子を配信したところ、「顔がおじさんのように見える」と一躍有名になった。担当飼育員の北美香さん(46)は「バイカルアザラシはほかのアザラシより小顔なうえ、大きな目が正面についているので、角度によっては人間のように見える」と話す。

     生まれたときに3・7キロだった体重は14・9キロまで増え、アジやシシャモを1日に2キロ分食べるなど順調に成長している。推定30歳の母「うなりこ」や、推定17歳の父「クチャ」など、ほかの6頭と一緒の水槽で飼育されている。(安田琢典)


    画像 no title

    ソース https://www.asahi.com/articles/ASN625DWCN62ONFB001.html

    【【画像】「まるでヒトの顔」と話題のアザラシ、鳥羽水族館が公開 [試されるひめ★]】の続きを読む
         

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/27(水) 15:24:07.16 ID:CAP_USER
    →初期宇宙で中央に穴の空いた環状銀河が発見された
    →これは薄い円盤銀河の中央を、他の銀河通過したことで形成された衝突型と考えられる
    →円盤銀河は初期宇宙には無いと考えられ、銀河形成に新たな理解を与える存在

    約110億光年という遠く古い宇宙の領域に、巨大なドーナツのような天体が発見されました。

    こうした穴の空いた銀河は環状銀河と呼ばれていて、近くの宇宙では発見されていますが、初期宇宙で見つかったのは初めてです。

    初期宇宙にこうした天体が存在することは、銀河形成に関する理論に新たな理解をもたらすものだといいます。

    天文学者たちは、この超希少な銀河のことを「リング・オブ・ファイア」と呼んでいます。

    ■巨大な星のドーナツ 「リング・オブ・ファイア」とは

    今回オーストラリアのARC 3次元全天天体物理学研究センター(ASTRO 3-D)の研究員が発見したリング・オブ・ファイア銀河は、R5519と名付けられました。

    R5519は太陽系から110億光年の距離にあり、中心に空いた穴は20億天文単位(太陽と地球の平均的距離(約1億5000万キロメートル)の20億倍)というとてつもない大きさです。

    リングの中では、活発な星形成が行われていて、天の川銀河の50倍の速度で星が生まれており、その活動的な状態はまさに炎の輪です。

    ハワイのケック天文台、NASAのハッブル宇宙望遠鏡の観測から分析したところ、この構造は「衝突環状銀河」と呼ばれるタイプのもので、初期宇宙で発見されたのはこれが初めてになります。
    no title


    ハッブル宇宙望遠鏡で撮影されたR5519。/Credit:Credit: Tiantian Yuan/Hubble Space Telescope
    環状銀河と呼ばれる天体には、その形成方法で2種類のタイプに分類されます。内部過程型と衝突型です。

    内部過程型とは、銀河の外側に活発な星形成領域ができるために、外周が明るく輝くリング状に見えるものです。
    no title


    衝突型はその名の通り、銀河の真ん中を別の小さな銀河が通り抜けることで形成されるものです。

    これは衝突型のリング銀河どのように形成されたかを描いた動画です。
    https://nazology.net/archives/60832


    衝突と言っても銀河の内部はほとんどが空の空間でできています。激しくぶつかるようなイメージではなく、実際は通り抜けることで重力的な影響を及ぼす状態です。

    そして、一般的なのは内部過程型です。

    よく話題になるのは衝突型の環状銀河ですが、太陽系に近い宇宙では、内部過程型の環状銀河は衝突型の1000倍はありふれた存在だと言われています。

    それがさらに110億光年もの遠い銀河の話となると、衝突型の環状銀河はさらに珍しいものになります。

    ■「リング・オブ・ファイア」はどうして珍しいのか?

    他の銀河と衝突することで環状銀河が形成される場合、犠牲になる銀河は薄い円盤状である必要があります。

    薄い円盤は、渦巻銀河の特徴的な構成です。円盤が形成される前の状態だと、銀河は無秩序な塵とガスの集まりであり、渦巻銀河と認識することはできません。

    私たちの天の川銀河が薄い円盤状に集まったのはわずか90億年前のことです。

    こうした銀河が誕生したのは、宇宙では誕生から時間が経過した最近のことだと考えられていたのです。

    しかし、110億年前の宇宙で発見されたリング・オブ・ファイアの存在は、渦巻銀河の円盤が宇宙誕生のわずか30億年程度の時代にすでに存在していた証拠になります。

    これは私たちが考えていたよりもずっと早い段階から形成されていたことを示唆しているのです。

    天の川銀河のような渦巻銀河がどの様に形成されたかを理解する上で、意味のある発見だと研究者は述べています。

    この研究は、オーストラリアのARC 3次元全天天体物理学研究センター(ASTRO 3-D)の研究者Tiantian Yuan氏を筆頭とする研究チームより発表され、論文は天文学全域を対象とした査読付き科学雑誌「Nature Astronomy」に5月25日付けで掲載されています。

    A giant galaxy in the young Universe with a massive ring
    https://www.nature.com/articles/s41550-020-1102-7

    https://nazology.net/archives/60832

    【【宇宙】非常に珍しいドーナツのような天体「リング・オブ・ファイア」が初期宇宙で発見される [しじみ★]】の続きを読む
         

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/27(水) 15:40:06.33 ID:CAP_USER
    【5月27日 AFP】
    約6600万年前、仏パリの約2倍の直径の小惑星が地球に衝突し、当時生息していた恐竜と、地球上の生命体の75%が全滅した。これはよく知られたことだが、その衝突は直撃だったのか、それともかすめた程度だったのか、どちらがより破壊的であり得たのかは謎のままだった。

     だが、26日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された研究によると、小惑星は「最も致命的な」角度である60度で地球に衝突した。

     その衝撃は、地球の気候を根本的に変化させるほど大量のがれきやガスを高層大気中に巻き上げ、ティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)からその餌まであらゆるものを絶滅させた。

     英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)、独フライブルク大学(University of Freiburg)、米テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin)の科学者らによる研究チームは、この小惑星の衝突でできたメキシコ南部にある直径200キロのクレーターの構造を分析した。

     研究チームは、可能性があると考えられる4パターンの衝突角度(90度、60度、45度、30度)と、2パターンの衝突速度(毎秒12キロと同20キロ)を用い、一連のシミュレーションを行った。その結果、クレーターから得られたデータと最も合致したのは60度の衝突角度だった。

     論文の主著者でインペリアル・カレッジ・ロンドンのギャレス・コリンズ(Gareth Collins)氏はAFPに対し、「地球を覆いつくすほどの大量の物質をまたたく間に放出し、他よりも致命的な影響を与える衝突角度は、60度だ」と述べた。

    「チチュルブ(Chicxulub)の小惑星衝突が、大量のちりやガスをクレーターから巻き上げて地球全体に拡散させ、大量絶滅を引き起こした」とコリンズ氏は説明した。

     一方、小惑星が直角や60度以外の角度で衝突していたならば、これほど大量のがれきが大気中に放出されることはなかっただろうとコリンズ氏は補足した。放出された大量の硫黄が微粒子となって空気中に浮遊し続け、太陽光を遮断したため、気温が大きく低下したと考えられている。(c)AFP

    no title

    https://www.afpbb.com/articles/-/3285102

    【【研究】恐竜絶滅、小惑星の衝突角度は「最も致命的な」60度 [しじみ★]】の続きを読む
         

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/27(水) 15:44:05.16 ID:CAP_USER
    トマトは季節を問わず食べられますが、保存方法については意見が分かれる野菜です。

    常温で保存するべきか、冷蔵で保存するべきか、あるいは季節や完熟具合によって常温と冷蔵を使い分けるべきか、その方法は家庭によって様々です。特に最近では、「冷蔵するとトマトの風味が落ちやすい」といった意見も強くなってきました。

    そこで今回、ドイツ・ゲッティンゲン大学が、常温と冷蔵の違いで、トマトの風味に変化が現れるかどうかを調査。その結果、冷蔵でも風味は落ちないことがわかりました。

    ■冷蔵は風味に影響しない?

    実験では、数種類のトマトを用意し、それぞれ常温(摂氏20度)で4日間置いた場合と冷蔵(摂氏7度)で4日間置いた場合で比較しました。

    風味の変化については、2つの方法で評価しています。

    1つ目は、12名の熟練したトマトソムリエにも協力してもらい、色・甘み・酸味・後味・ジューシーさを含む8つのポイントで、スライスしたトマトを評価してもらいました。

    2つ目は、「ASTREE」という電子機器を用いて、糖度やカロテノイドのレベルを客観的に測定しました。

    その結果、予測に反して、常温でも冷蔵でも明確な違いはなかったことが判明しています。
    no title


    特に今回は、トマトが収穫されてから実験に供されるまでの収穫後ルートもすべて特定されています。トマトはすべて熟した状態で収穫され、1日流通業者で、2日を小売業者で過ごした後、実験に用いられました。

    収穫後の期間やトマトの状態に差異がないことからも、冷蔵が悪影響ではないという結果は確かだと思われます。

    それでも、研究チームのエルケ・パウェルチク氏は「常温でも冷蔵でも、保存期間が短いほど、味や風味が良いことに変わりない」と指摘しています。

    しかし今回は、完熟状態のトマトに限っての結果です。

    まだ青いトマトは常温で保存した方が良いでしょうし、腐りやすい夏場は冷蔵の方が得策でしょう。



    研究の詳細は、5月13日付けで「Frontiers in Plant Science」に掲載されました。

    no title


    https://nazology.net/archives/60709

    【【研究】常温 or 冷蔵?トマトのベストな保存方法が研究で判明! [しじみ★]】の続きを読む
         

    このページのトップヘ