ヘッドライン

2016年05月25日

 
1:2016/05/22(日)20:55:44 ID:
キャスターの付いた事務椅子に座って2時間でどれだけ走れるか競う
「第2回いす1(ワン)グランプリ岡山大会」(水島商店街振興連盟
主催)が21日、岡山県倉敷市水島地区の常盤町商店街通りで開かれ、
71チームが参加、オフィス用品のコクヨ山陽四国販売(北区)
若手社員チームが1周220メートルのコースを87周して優勝。
「来年、京都府である全国大会出場もかかった」←ココ
http://a.excite.co.jp/News/society_g/20160522/Mainichi_20160522k0000e040150000c.html
毎日新聞社 2016年05月22日 15時05分

写真見るとヘルメットに膝当てにユニフォームの
完全本気アスリートモード入ってて
全国大会の存在とともに、ネタではない感がギンギンなんですが

続きを読む



matomesoumug at 20:02コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

1:2016/05/23(月)18:22:29 ID:
第一生命保険は5月23日、第29回「サラリーマン川柳コンクール」(サラ川)のベスト10を発表した。

ベスト10の結果は、1位「退職金 もらった瞬間 妻ドローン」(元自衛官/60歳・男性・神奈川県/6,305票)、
2位「じいちゃんが 建てても孫は ばあちゃんち」(川享/73歳・男性・長野県/4,114票)、
3位「キミだけは オレのものだよ マイナンバー」(マイナ/35歳・男性・熊本県/3,881票)、
4位「娘来て 『誰もいないの?』 オレいるよ」(チャッピー/62歳・男性・青森県/3,675票)、
5位「福沢を 崩した途端 去る野口」(サイの京子/25歳・男性・東京都/3,477票)、
6位「カーナビよ 見放さないで 周辺で」(トラ吉ジイジ/72歳・男性・岡山県/2,551票)、
7位「決めるのは いつも現場に いない人」(七色とうがらし/51歳・男性・北海道/2,427票)、
8位「妻が見る 『きょうの料理』 明日もでず」(グルメ老/66歳・男性・福島県/2,358票)、
9位「ラインより 心に響く 置手紙」(豆電球/60歳・男性・茨城県/2,189票)、
10位「愛犬も 家族の番付 知っている」(ワンワンマン/45歳・男性・和歌山県/2,060票)。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160523/Cobs_449088.html
3:2016/05/23(月)19:55:38 ID:
退職してんじゃねーか
4:2016/05/23(月)20:41:08 ID:
ペンネームに年代を感じる
5:2016/05/23(月)21:00:40 ID:
妻も嵌まるくらい
そんなにもドローンの操縦って面白いのか?

続きを読む



matomesoumug at 01:29コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2016年05月21日

1:2016/05/19(木) 16:46:17.57 ID:

なすび、エベレスト登頂成功 山頂からツイッターで報告 福島復興願い4度目挑戦
デイリースポーツ 5月19日(木)16時7分配信

福島復興を願ってエベレスト登山に挑んできたお笑い芸人で俳優のなすび(40)が19日、世界最高峰登頂を
4度目の挑戦でついに念願を果たした。

 現地から日本の留守番隊に午後3時40分(現地時間午後0時25分)、登頂成功の衛星電話が入った。
現地時間では午前11時50分の頂上到達だった。

 隊員のうち1人は途中で目が見えにくくなり撤退したが、「けんけん隊長」「なすび」「ばんばん」「西やん」
「日比やん」の5人が頂上を極めた。

 なすびは山頂から「エベレスト8848mの山頂です!青空!」とツイッターで報告した。

 隊長から留守番隊にかけてきた衛星電話では「山頂には青空が広がっています」などと弾む声が届いたが、
風が強く、その声は聞こえにくかったという。

 留守番隊にはこの日午前2時13分、衛星電話が入って、現地時間18日午後8時(日本時間同11時15分)
から隊員全員がC4キャンプを出発し、山頂へ向かったことを知らせてきた。当時、風速は5~10メートルだった。

 なすびは、東日本大震災で被災した故郷・福島の復活と再生を祈願してエベレスト登山を計画、2013年
5月20日の初挑戦では山頂から100メートルの地点で悪天候に阻まれ、断念した。引き続き14年に
再挑戦したが、エベレスト登山史上最悪の雪崩事故発生を見てまた断念。15年4月には3度目挑戦したが、
今度は大地震とベースキャンプの氷河崩落事故で、悲願を果たせなかった。

 そして4度目の挑戦は4月5日に日本出発、同6日にネパールの首都・カトマンズ到着。徐々に高度順応しながら
同22日、ベースキャンプに着き、頂上アタックへ向けてタイミングを図ってきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000075-dal-ent
14:2016/05/19(木) 16:49:50.08 ID:
>>1
百戦錬磨のベテラン登山家の風格w
21:2016/05/19(木) 16:52:59.02 ID:
>>1
あれ?いもとは?
45:2016/05/19(木) 17:04:48.23 ID:
>>1
登頂成功なら
登山家って堂々と名乗っていいよ
誰も文句は付けん

続きを読む



matomesoumug at 20:24コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2016年05月20日

 
 
1:2016/05/20(金)09:41:13 ID:

続きを読む



matomesoumug at 20:53コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2016年05月15日

 
1:2016/05/14(土)13:05:13 ID:
今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した。論文タイトルは
『Modified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytes
(邦訳:修正STAP条件によって、JurkatT細胞の運命が多能性と細胞死の間で二極分化する)』である。

海外の一流大学が、いわゆる「STAP現象」の再現実験を行ったということで話題となっている。以下に同論文の概要を紹介する。

<(1)序論:STAP論文は撤回されたが、低pHの刺激による万能性獲得の可能性は、がん、または、がん幹細胞の分野においては魅力的な課題である。

(略)

●がん細胞の分野で研究の価値大
世界的に活躍する国際ジャーナリストで、自身もニューヨーク医科大学で基礎医学を学び医療問題に関するリポートも多い大野和基氏は、
同論文を次のように評価している。
「STAP現象の論文は撤回されたが、少なくともがん細胞の分野ではまだまだ研究の価値がある、ということだ。細胞の多能性に対する酸性 pH の効果は、
がん生物学(がん幹細胞も含む)の分野では、注目されるトピックであり、STAP細胞が、がん細胞ではできた可能性があることを、
このハイデルベルク大学の論文は示している。

●日本の専門家たちの間違い
小保方氏の人権を蹂躙するかのようなマスコミがつくり上げた世論に同調し、常識を逸脱した禁じ手まで使って論文をなきものとして責任逃れをした
理研や早稲田大学と比べ、真摯に生物学的現象を追究するハイデルベルク大学のニュートラルな姿勢は、科学に向き合う本来のあり方を教えてくれる。

ハイデルベルク大学が発表した今回の論文によって、STAP現象に対する世界的な関心が再び高まっていくかもしれない。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160514/Bizjournal_mixi201605_post-6478.html

続きを読む



matomesoumug at 10:31コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

ページトップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...