1:2018/01/02(火)14:35:04 ID:
ペン軸に液体を封じ込んだボールペン、フローティングペン。
傾けると絵が印刷された透明板が左右に移動し、オネーサンがあられもない姿になったりするのが有名ですね(世代間で差があるかもですが)。
森美術館などは定番のミュージアムグッズだそうで。
芸能人のファングッズとしてもお馴染みなのだそう。
結構需要があるのですね。

このフローティングペンの中の絵をアニメーションで動かしてしまおうというプロジェクトが発足しました。
その名も「アニメーションフローティングペン」。
筆者(日本版編集長)の前職の上司によるプロジェクトなのですが、
ネコくんたちがとにかくカワイイので、戌年ではありますがご紹介させていただきます。



どうして動いて見えるのかといいますと、「バリアグリッドアニメーション」と呼ばれる錯視効果を使っているとのこと。
チョコマカとネコくんの足が動いてシッポもゆれているように見えます。
ちなみにペンを反対側に傾けた場合、巻き戻しモードで逆再生される感じになります。



ソース
http://japanese.engadget.com/2018/01/01/kickstarter/
2:2018/01/02(火)16:25:44 ID:
面白いけど、それだけなんだよなぁ
まあ子供にはいいか
3:2018/01/02(火)21:30:47 ID:
かわいいね
4:2018/01/02(火)21:34:09 ID:
100均で売ってたら買うレベル
5:2018/01/03(水)02:59:29 ID:
昔ハワイ土産?でヌードボールペン貰ったなあ