1:2018/01/03(水)17:32:08 ID:
エビ類としては最大級の大きさを誇るロブスター。別名オマールエビと呼ばれる西洋料理の高級食材だが、そんなロブスターには寿命がないといわれている。
ロブスターの臓器は年齢を重ねても劣化しないため、食欲・生殖能力・新陳代謝が落ちることがなく、理論上は永遠に生きることもできるそう。
つまり、外部的な要因(人間によって食べられたり、自然淘汰にあったり)がないかぎりは不死身ということになる。
もちろん本当に寿命がないというよりは寿命が極端に長いと考えた方がよいだろう。
ロブスターの大きさからその年齢を計算すると、100歳を超える個体が、イギリスやカナダなどの各地で確認されている。
中でも最も年齢が高いとされているものは、2009年にアメリカで見つかった体重9㎏の巨大ロブスターだ。
その年齢はおおよそ140歳と推定されるそうだ。ロブスターの生命力すごい…。

http://wjn.jp/sp/article/detail/1424561/
2:2018/01/03(水)18:05:11 ID:
チンチン代謝が落ちまくりなオレ涙目。
3:2018/01/03(水)21:10:30 ID:
どこぞの鮫は寿命が400年超えるとかなんとか・・
4:2018/01/03(水)21:23:49 ID:
そこのロブスターは食習慣がなく捕獲されなくて長生き出来たらしいとか
今後はそれ以上に成長出来るかどうか
5:2018/01/03(水)22:10:24 ID:
寿命を設定するまでもなく死ぬ要素がありすぎた結果の進化かな?
6:2018/01/04(木)02:43:39 ID:
若返りを繰り返すクラゲもいるらしいが
7:2018/01/04(木)04:34:36 ID:
>>2
みんな同じだ