September 12, 2008

国民性

まこさんの昨日の名言・・・

「俺・・・アジア人大好き!!!」

そうだね、そうだよね。
研究室など、職場周りにアジア人の少ない環境にいる彼の心の渇きでした。
久々に行ったESLも、アジア人が減って寂しいらしい。

やはりアジア人はアジア人と通じるものがあるのです。
それを痛感します、ここにいると。

文化が近かったり、お互いの国のことをよく知っていたり、
何より顔が似ている。肌の色も同じ。
言語もちょっと似ている。
(中国語は漢字がわかるし、韓国語は語順が同じ・および同じ言葉が結構ある)

日本人はマスコミによって反韓、反中感情を煽られていることをわかってないと思う。
マスコミはおおげさに報道しすぎ。そして煽りすぎ。
彼らも報道や教育によって反日感情を植え付けられているのかもしれないけど、一人一人を見ればそれが正しくないことと知っている人もたくさんいるわけで。
報道に踊らされることなく、自分の目で見極めていくことが大事だなとこちらに来て、彼らと接していて感じます。

アジア人に優しいのは、やっぱりアジア人だもの。
きっともっと歩み寄れる道があるはずなんだけどなあ・・・。
国際利害がからむと難しいのだろうけど。


***

ところで、今日のESL。
テキストにそって、それぞれの国の習慣の話に。

その中で「なぜ日本人は正座をするんだ?」と中国人から疑問が上がる。
正座という言葉が英語にないため、何のことをいっているのかなかなか測りかね、どうやら正座のことを言ってるらしいと理解するのに時間がかかった。
「正座は心地よくないし、そのせいで日本人はO脚が多いのに、なんで」とみんな疑問らしい。
O脚が多いなんてわかってはいたことだけど、そんなこと知られていたなんてびっくりだわよ。
日本人、一生懸命考える。

・着物を着ていたから?着物はタイトだから。
・伝統のなごり
・床の上に座る文化だから

これらを英語で説明するのにみんなしどろもどろ。
正座が一番正式で伝統的な座り方だって小さい頃から教わってるよね?!
それを歴史などをまじえて英語で説明できないよ。

他にも、南米の子から「国ではいつも着物を着ているのか?」と聞かれたり。
そ・・・そんな・・・!今洋服着てるじゃんよー。
よっぽどスペシャルな時でないと着ないといっておいた。

***

日本人は長年の英語教育により文法は完璧で、テストはできるけど、
喋ることになるとてんでだめ、というパターンが多いよう。
みんなそこでつまづいている。私も!!

他の国の人を見ていると、よく聞くとかなり文法めちゃくちゃでも、とにかくしゃべるしゃべるしゃべる!!
間違っていようがなんだろうが、自分の知ってる語彙をつかってしゃべりまくる。
だから、結局上達も早いように思う。

シャイで失敗を恐れる国民性が災いしてしまうのね。
でもなかなか難しいわ。

いったいどういう過程で日本人のこういう性格が作られていくんだろう。

年少で入園してきたときは、恥ずかしさとかなくみんなダンスとかしてるのに、年長になるとずいぶん恥ずかしさとか出てきて。
こんな小さいうちに、日本人らしさは形成されている。
幼児教育がその土台を作っているのかな。
それとも家庭教育、しつけなのかなあ・・・。

でもまあ、日本で生きていくうえではそういう方が生きやすいので、いいか。

matoryosuky at 06:38│Comments(0)TrackBack(0)ESL 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字