これまでの「読解中心の受験英語」であれば、「英単語集」や「文法語法の問題集」の暗記が効果的であったことは否定できません。しかしながら、大学入試でも2020年度から、4技能(読む・聞く・話す・書く)を課す方向で決定しています。これまで注目されることのなかった「CEFR(セファール)」という用語も一般的になりました。このブログでは、オーセンティックな英語を利用して、英語力を伸ばす方法を提案します。英語学習に関して、同じような悩みを持っている人は多いようです。「コメント」は現在のところ公開しておりませんが、「有益なコメント」に対しては、記事の中でお答えしていきたいと考えています。
「コメント」から質問などをいただければ、同じような質問をまとめて記事にして返答する形にしたいと思います。これまで「コメント」を投稿してくださった方々、ありがとうございます。

「聴くだけ」より「脳内ディクテーション」


「聴くだけ」で英語力が向上するのでしょうか?

おそらく正解は、「リスニング力がある人は聴くだけで英語力が向上する」ということになりそうです。

では、どうしたらリスニング力をアップすることができるのでしょうか?

様々な方法がありますが、ここでは下記の「2つの聴き方」を提案します。

① 文字にフォーカスして聴く
② 意味にフォーカスして聴く


まず①ですが、文字にフォーカスして聴くというと、「ディクテーション(書き取り)」を思い浮かべる人が多いと思いますが、単位時間当たりの効果を考えた場合、あまりお勧めできません。

では、お勧めは何かというと、「英語字幕を見ながらのリスニング」です。

「読み聞かせ」を DVD や YouTube にやってもらうのです。

ある程度慣れてきたら、「脳内ディクテーション(頭の中で書き取り)」をします。

正確なスペリングを思い浮かべる必要はありません。

「どんな単語が使われてるかを認識するだけ」で十分です。


作成中



 

東大英単語熟語も「眺めるだけ」からスタート

キャプチャ

英単語集の「ネガティブ面」については、以前の記事「単語集の暗記」は最も効率の悪い学習法と英語の4技能は単語と文法ではダメで解説しました。


簡単に要約すると、以下の2点でした。詳しくは以前の記事(上記リンク)を参照して頂きたい。

①「頻度の高い単語は英文を読んでいるだけで、頻度順に脳内に蓄積されるので単語集が不要である」

②「単語に対する日本語訳を暗記しても、単語の意味は文脈次第で決まるので役に立たない」


以前の記事でも、単語集の「ポジティブな面」としては、「頻度の低い単語」、つまり英文をたくさん読んでもめったに出会わない単語を知るために使うのが良い、ということを書きました。

つまり、単語暗記のメリット」としては、高度な語彙力を要求する試験、英検1級やTOEFLなどの対策として有効であることを例に挙げました。



今回は、単語集の「ポジティブ面」について、「英検1級やTOEFL対策」だけでなく、「大学受験」「一般の英語学習」に役立つ方法を解説します。

検定試験や大学入試のため、多くの受験生が単語集を、「fortune=幸運、progress=進歩」のように、「機械的に日本語訳を暗記」するためのツールとして利用しているのではないでしょうか。

実は単語集には
「訳語の暗記」以外の「別の使い方」があり、むしろその方が「効果的な使い方」なのではないかと思います。


1)英単語との接触回数を増やせる

まず、「英単語との接触回数を増やせる」というのは単語集最大のメリットです。

英単語は、英文を読んだり聴いたりしながら文章の中で覚えたほうがリアリティーがあって忘れにくいものです。

しかしながら、頻度の低い単語は、次回出会うのが数年後なんてこともあります。

人間の脳は、接触回数の多いものは重要であると認識し、自動的に情報が海馬という場所に蓄えられるという話を聞いたことがあります。

つまり、大量に英文を浴びても、その中で出会う回数は限られている単語の場合、記憶するには、とにかく接触回数を増やすことが重要なのです。

最初にやることとしては、単語集にイラストなどがあったら、そのイラストだけ拾いながら眺めておくのも重要なステップになります。

キャプチャ

イメージというのは言葉を覚えるときに重要な役割を果たします。

単語を日本語の訳語だけではなく、イメージで把握することで瞬間的な処理が可能になります。



(2)発音・アクセントを覚えられる


次に、「未知の英単語」の発音・アクセントを確認するとよいでしょう。

発音できない単語は記憶しにくい上、発音を最初に間違って覚えてしまうと、あとで修正するのが難しいからです。

単語を覚えるとき、「発音・アクセント」や「意味」だけでなく、「語法」や「文脈情報」も学ぶ必要があります。

すべてを一度にできれば理想的ですが、記憶の負荷が大きすぎると学習そのものに対する意欲が低下する場合があります。

そんな時に、単語の一側面である「発音・アクセント」だけを最初にマスターして馴染みになってから、その他の要素に取り組むという方法が有効です。

まず最初に、読めない単語の左側に〇印をつけましょう。

意味を覚えようとする必要はありませんので、気楽にチェックしましょう。

音声を聞いたり、何度も音読しているうちに自信を持って発音できる単語が増えているはずです。

発音・アクセントに馴染んだ単語と長文の中で再開するのが楽しみになるはずです。



(3)例文を利用して瞬間英作文トレーニングができる

単語集に「例文」「フレーズ」が載っている場合、日本語訳を見て、「口頭で英訳」ができるかどうか挑戦してみることができます。

単語集のレイアウトが「瞬間英作文向き」ではない場合もありますが、「瞬間的に英作文できることを目的として反復トレーニング」をやるわけではないので、気楽に楽しみましょう。

例文やフレーズの日本語訳から得られた「イメージ」に、「英語を張り付けていく感じ」でやるとよいでしょう。

「日本語の発想からは出てこない英語表現」に出会った時は、得した気分(?)になるはずです。

こんな時こそ、対応する日本語がないわけですから、覚える手段は「イメージ」しかありません。


(4)音読の素材になる

音読には「長文」を用いることが多いと思いますが、単語集の「例文」「フレーズ」「音読の素材」として利用価値が大きいです。

「ひたすら暗記する」ために単語集を使うのではなく、例文やフレーズを音読することで「単語に馴染んでおく」ことで、最終的な記憶の定着率がよくなります。

しかも、「そのまま使える形」でトレーニングしているわけですから、「日本語訳」は知っているけど使えない単語をたくさん蓄えている典型的な日本人(?)を脱することができます。











『DUO 3.0 /ザ・カード』で瞬間英作文


『DUO 3.0 /ザ・カード』の利用価値に気付いている人はどのくらいいるだろうか。

キャプチャ1


書籍版の『DUO 3.0』はロングセラーの人気教材のようですが、ここでは『DUO 3.0 /ザ・カード』「瞬間英作文トレーイング」に使うこと提案します。


英検準1級レベルに達している人であれば、『DUO 3.0 /ザ・カード』DUO 3.0/CD復習用さえあれば、書籍版の『DUO 3.0』は不要です。


キャプチャ2


英検2級レベル以下であれば、書籍版の『DUO 3.0』も購入して、CDを利用してリピート練習するところからスタートするとよいだろう。

くれぐれも、正確な発音で読めるようになる前に「音読」を繰り返さないようにしてください。

発音を後で矯正するのは困難であるし、リスニング力アップに繋がらなくなるからです。




『DUO 3.0 /ザ・カード』の使い方


キャプチャ5

(1)カードを10枚選び、裏面の「日本語訳」を最初に読む。

(2)左側の「語句解説」をヒントにして、口頭で英訳をしてみる。

(3)表面の「例文」を音読する。

(4)10枚連続で、「日本語訳」を見ただけで「例文」が復元できるようにトレーニングする。


このように、(1)から(4)のプロセスを繰り返すだけです。

10枚マスターするたびに、自分のスピーキング力が確実に向上しています

最後までトレーニングが終了したら、すべてのカードを復習し、スムーズに英訳できなかったカードだけを取り出して、再度トレーニングをするとよいでしょう。


瞬間英作文トレーニングのコツ


『スピーキング~必修フレーズ100』「瞬間英作文トレーニング」を試みる場合の効果的な方法を提案します。

キャプチャ4


フレーズリスト
(250-251ページ)
を最初に開いてください。

フレーズ訳(左ページ)を見て、瞬間的にフレーズ(右ページ)を言ってみよう。

意外と言えないフレーズが多いのではないでしょうか。

中上級者の方は、本書のフレーズとは違う表現が思い浮かぶ場合も多いでしょう。

しかしながら、ここでは、「自分が既に持っている表現」を練習する場ではありません。

あくまでも本書のフレーズをマスターすることで、「自分が使い慣れていない表現」を瞬間的に使いこなせるようにすることが目的です。

「意外と言えない」ということを自覚することが「トレーニングの動機付け」になります。

謙虚な気持ちになってところで、音声を利用して「リピーティング」してみましょう。

単語や語法で気になるものがあったら、フレーズ解説のページ(18ページから)をチェックしましょう。

この時、練習問題(右ページ)が気になると思いますが、見ないようにしましょう。

100フレーズを完全にマスターするまでは、中途半端に練習してはいけません。

勉強した気になるだけで、実力アップにつながりません。

100フレーズをマスターした時の「ご褒美」に取っておきましょう。



さて、トレーニングに戻ります。

(1)フレーズ1~5までを通しで瞬間英作文
(2)次に、フレーズ6~10までを通しで瞬間英作文
(3)次に、フレーズ1~10までを通しで瞬間英作文

(4)フレーズ11~15までを通しで瞬間英作文
(5)次に、フレーズ16~20までを通しで瞬間英作文
(6)次に、フレーズ11~20までを通しで瞬間英作文


このように繰り返し、とりあえず100まで瞬間英作文トレーニングしましょう。

最後に1~100までを通しで瞬間英作文できるようにしましょう。

ここまで完成して初めて、残しておいた「ご褒美」の「練習問題」に取り組む資格が得られたと思ってください。


TOEFLの受験準備をしよう


TOEFL受験の前に必ずしておくべきことは、My Home Page の作成です。

以下のHPにアクセスして指示通りに作成してみましょう。

受験手続きをするときになって慌ててやるべきではありません。

ここをクリック

キャプチャ12


ユーザーネームパスワードを設定することで、以下の機能を利用できるようになります。
  • TOEFL iBTテスト会場・実施スケジュールの最新情報の確認
  • テスト申込
  • 申込済みテスト日の変更・キャンセル
  • スコアの確認
  • 志望団体へのOfficial Score Reportsの送付手続き



もう一つお勧めなのは、
TOEFL iBT® テスト日 」のページをブックマークしておくことです。

ココをクリック

キャプチャ14

ブックマークよりお勧めなのは、ブラウザーの設定で、
「起動時に開くページに追加」しておくことです。

そうすることによって、ブラウザを開くたびに、「受験申込受付中のカレンダー」が確認できます。

ちょっとした工夫が「モチベーションの維持」につながることを実感できると思います。


LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
最新記事
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
『ガラパゴス English』(=日本人向けに、意図的に語彙や文法をコントロールした英語)をマスターしても、本物の英語の領域には辿り着けないと考えています。教科書や受験用の参考書は、代表的な『ガラパゴス English』の解説書です。このブログでは、「TED」や「YouTube」などの動画や「洋書」を素材として、言語習得を促進できるような枠組みを考えていきます。大学院では英語学や言語習得の研究をしていましたが、専門用語を用いないで解説していきたいと思います。
  • ライブドアブログ