まほろばちゃんねる 
万能の天然資源「麻」と石油資本マフィア
https://youtu.be/PZRnVlx2ppc 


麻の実は優れた食糧だ!


飢餓の問題を解決出来るだろう!

神農本草経では 麻の実 は寿命を延ばす
「上薬」と分類されている。

麻の実 長寿

麻の実 タンパク質

麻の実 HEMP KITCHEN

医療マリファナの奇跡

医療大麻の真実


医薬品としては誰にでも

簡単に栽培出来る地球で最も優れた薬草だ!

ヤブ医者 銭ゲバ医者の過剰な検査漬け

有害な化学合成薬漬け 

放射線 抗癌剤 手術 殺人医療から脱却せよ!

国民医療費を大幅に抑制出来るぞ!

病人の負担を減らすために自家栽培を自由化しろ!

無能な血税泥棒集団 既得権益を貪る

石油化学系製薬マフィアと癒着した

厚生労働省 警察官僚 裁判官 検察官は

大麻の有効性についてきちんと学習しろ!

今のまま規制を続けるようでは

貴様達 無能者は人権 生存権 幸福追求権を

侵害する日本人の敵だ!

ダメリカGHQ 石油マフィア ロックフェラーの
下僕をいつまで続けるつもりだ!



生大麻ジュースの優れた医療効果
The Power of Juicing RAW Cannabis - Dr William Courtney
https://youtu.be/1SGNR4cb7jc 



HEMP BANNOU

HEMP bannou2


繊維 紙 建材 油

愚鈍で無能な政治家 厚生労働省の売国官僚は、
こんなに優れた植物を
何故規制し続けるのか?


宇宙船地球号・大麻は森林を救う https://youtu.be/JLTM5QjbMNE 




血税泥棒である日本の売国官僚と

無能な売国政治家どもは、

ダメリカ様の言いなりを続け
日本国民を苦しめ続けて
何をやっとるか?

ダメリカ白人どもに飼い慣らされた忠犬
である貴様達だけ 裏金を貰い 
権力を維持して富裕層だけ利益を計り

中産階級以下の 国民を苦しめ

奴隷支配を成し

それで満足か?

見ているか?

稀代の売国奴 安倍晋三 竹中平蔵

棄民党、公明党、
民主党 共産党の無能な売国奴

隠れ朝鮮人どもよ!


侵略者のダメリカ白人どもの
ステルス植民地支配からいい加減に
脱却せよ!


ダメリカGHQ 石油マフィア
ロックフェラーが敗戦後
押し付けた
大麻取締法を固守する
無能な厚生労働省の
腐れ役人どもは 癌で苦しむ病人よりも

製薬マフィアと癌ビジネスで儲ける銭ゲバ ヤブ医者の

既得権益を固守する
日本国民の敵である!

 

 

早く規制を撤廃しろ! 医療大麻を解禁しろ!

以下転載
http://tymanews.typepad.com/weblog/2006/01/post.html
<a href="http://tymanews.typepad.com/weblog/2006/01/post.html"></a>
より。
マリファナ禁止政策があるために活用されない大麻のプラス面

医療や環境の面で様々な可能性を秘めているマリファナ(大麻)ですが、禁止政策のためにそのメリットが充分に活用されていません。ここではそのあたりのことをお話ししていきます。

産業用大麻
大麻は日本では少なくとも縄文時代にはすでに繊維として使用されていました。縄文土器に模様を付けるのに使われた縄も麻で作られたものだといわれています。戦前までは多くの農家で栽培され、大麻の繊維製品や油は日本の文化とは切っても切れない存在でした。織物などでよく見かけるこの模様も麻の葉を表したものです。

 戦後はアメリカ進駐軍の政策によって栽培が大幅に制限され、そのころから大麻に対する現在の見方が日本社会に定着していきましたが、幸いなことに今でも一部の地域では栽培が続けられています。

大麻は繁殖力が強く、あらゆる気候で育ち、肥料や用水をあまり必要とせず、害虫にも強い、とても環境に優しい植物です。一方、綿花(コットン)は大量の肥料と殺虫剤を必要とします。大麻とコットンを比較すると次のようになります:


           T-シャツを麻で100枚作った場合のコットンとの比較

             節約できる
        エネルギー:     190,000kJ
        土地面積:      80平方メートル
        用水:        281,600リットル

             不要になる
        化学肥料:      7.7kg
        農薬:        50g

資料:US Environmental Protection Agency, United Nations Food and Agriculture Organiztion, World Wildlife Fund, World Health Organization, Pesticide Action Network North America

この他にも、大麻は最近話題のバイオ燃料としても有効活用できるので、CO2の排出削減にも大きく貢献することができます。

1930年代にアメリカで大麻が禁止された背景には、当時合成繊維の市場拡大にとって

大麻を脅威と感じていたデュポン社の影響力が大なり小なりあったといわれていますが、

そもそも禁止されるようになった理由は何にせよ、人や環境に優しい社会を築こうとするなら、

戦後の大麻に対する固定観念をもう一度見直し、資源としても有効活用する方法を考える必要があります。

医療大麻
人類は、大麻を何千年もの昔から薬として使用してきました。

現在欧米では、緑内障の患者さんが眼圧を下げるために、抗癌剤治療を受けている人やエイズ消耗症候群を患う多くの患者さんが食欲増進や症状の緩和のために使用しています。
また、
カナダやアメリカの一部の州では医師の処方があればマリファナを免許制で入手することができ(アメリカでは州と連邦政府との間で対立が続いていますが)、このような患者さんのために専用に有機農法で栽培する業者さんも登場しています。

オランダでは政府がマリファナを専門に扱う薬局の設置を計画しています

大麻の薬品としての効能を裏付ける調査研究も数多く発表されていますし、
大麻に含まれる成分が癌細胞の成長を抑える働きがあることを示す調査も数多く発表されています(1 , 2 )。
また最近ではアルツハイマー病の治療において、マリファナの向精神成分であるTHCが、治療薬として現在使用されている医薬品よりも大幅に効能が高いことを示す研究 も発表されています。

現在欧米諸国では、政治家も医療大麻の問題を無視できない状況に徐々になってきています。アメリカの連邦(国)レベルでは大麻には医薬品としての効能はまったくない としていますが、このような主張はもはやマスメディアですら鵜呑みにすることはないようです。2006年6月の段階で、州法で独自に医療大麻の使用を認めているアメリカの州は11を数え、今後も増え続けるものと考えられます。

日本では依然として「大麻=麻薬=悪」というような間違った固定観念で論じられるばかりで、

大麻に関する本格的な研究すらされていないなか、1999年には患者さんとその家族、

医療関係者、法律家、ジャーナリスト、市民のネットワークにより

「医療大麻を考える会」が発足しています


 1/4 新産業:大麻プロジェクト:講演『日本人が大人になる時』武田邦彦 教授
http://www.youtube.com/watch?v=lJ6omK...

2/4 新産業:大麻プロジェクト:講演『日本人が大人になる時』武田邦彦 教授
http://www.youtube.com/watch?v=Mzea3l...

3/4 新産業:大麻プロジェクト:講演『日本人が大人になる時』武田邦彦 教授
http://www.youtube.com/watch?v=CRfCP8...

4/4 新産業:大麻プロジェクト:講演『日本人が大人になる時』武田邦彦 教授
http://www.youtube.com/watch?v=olpaqJ...

ユニオン〈大麻ビジネスの真相〉 カナダ、ブリテイッシュコロンビアの違法マリファナ産業は巨大化の一途を辿っていた。-その裏にあるユニオン(組合)とは何なのか。

栽培家や警察官、犯罪学者、経済学者、医-師、政治家等のインタビューを基に、なぜそれが違法のままにされ、何が隠されてきたの-か。禁止された植物の真相を炙り出す。

 
https://youtu.be/FXo8tZES_q8 @YouTubeさんから


 潜入「大麻」(NG)01 大麻合法化活動
https://youtu.be/Bwk94icqiB8 @YouTubeさんから

 

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12048700113.html
 ヘンプ(麻)やその他の生物分解可能な原料を用いて
消費者向け製品を製造することができます。

環境を損なうことなく、環境を実際に癒すことのできる製品を作ることが可能です。

有害な石油製プラスチックはもう必要ありません。

大麻で無害な植物製プラスチックを作れます!

森林伐採も必要がありません。


ヘンプにはまた、エネルギーを生成したり、あるいはその他5万種類の利用法がありますが、

依然として多くの場所では違法になっています。


繰り返すようですが、ヘンプはその他数多くの関連する問題のうちの、小さな例の一つに過ぎません。

緊急に対処するべき問題は多数存在し、ごく少数の大企業がこの惑星のほとんどを所有しており、地球上の資源(リソース)を全部あわせても足りないほどであるというのが現実です。

しかし状況は変化しつつあります。まだ善きものも依然として存在しています。

このような寡占的な企業が一体になり、彼らの所有するリソースのすべてを共同で提出して世界を変えたらどうなるか、想像してみてください。どのような違いが生まれるでしょうか?


この惑星を救うための意識のシフト、そして強欲や恐怖、自我によってではなく、私たちの惑星の改善と、地球上のあらゆる生命の健康で幸福な状態という共通の目標によって機能するネットワークが必要です。


この実現はどうやっても可能で、これは本質的に非常に単純な考えだから人は信じないのではないか、と私は時おり感じます。


経済やビジネス、財政など、つまり私たちを奴隷化しているまさしくそのシステムについて注意を向ける人が多いのは珍しいことではありません。

しかしお金のない世界を想像したり、あるいはいったい世界がどのようにして機能するのか理解をすることは多くの人には難しいことなのです。

私たちの世界が一般的にどのように機能するのか、また解決策がそこにあるのに無視しているところから発生しているものだと私は考えています。

自分自身を教育をすることが、変化を起こす鍵です。


以前にも言いましたが、これは未来にも言うでしょう。私はここ数年、この分野で働いてきました。そして興味を持っているのはもっと長い期間です。

私たちが人類として作り出した進歩は、素晴らしいものです。



こういった種類のことに興味を持っている人間であれば誰もが、これを理解することができます。また同時に、私たちには長い道のりが前にあり、そして人類として登るべきステップは数多いのですが、私たちは正しい方向に向かっています。



ここにあるのはインターネット上をここしばらく出回っていた、
考えさせられる写真です。もし以前にご覧になっていたら申し訳ありません。しかし私たちはこの写真を私たちのサイト上にアーカイブを保管しておきたかったのです。

http://www.ecofriend.com/ja/530.html

アメリカでは、麻の栽培が不法であることが、ヘンプクリートをポピュラーなものにするのに一番大きな障害となりました。

アメリカで初のヘンプクリート造りの家はノースカロライナ州のアッシュビルで建てられました。デザイナー達は、環境によく、更に耐性の高い家にするため、様々な技術を使用しました。

ヘンプクリートは元々コンクリートよりも強いため、家の建築には支えとなるフレームを必要としませんが、その代わりにピュアパネルというリサイクルされた紙を使用しています。

ヘンプクリート造りの家には様々な長所があります。例えば、壁が空気中の二酸化炭素を吸収し、石灰を硬化するため、だんだん耐性が高まっていくのです。

大麻製ヘンプクリート造りの家は火耐性で、

麻の作用によってバクテリア・菌類から保護され、日が経つにつれ耐性が高まります。

また、コンクリートのようにひび割れることもなく、海水に触れたときに腐食もせず、元々防水なのです。

最大の障害はもちろん、世界の多くの場所で麻の栽培が違法であること、

そしてその運送費用のためにヘンプクリートがコストの高い代替材料になっていることです。

hempcrete_carbon
hemp house

      アメリカ初の主にヘンプクリートで建てられた
 

産業用に開発すれば、石油で出来る事をほぼまかなえると言われる「大麻」。
ドラッグとしてじゃない、産業用・医療用大麻の魅力と可能性をまとめてみました。
日本の大麻産業の発展を目指して
大麻革命!?大麻(ヘンプ)の魅力と可能性 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138978364014597001

大麻産業は「金の卵」であることがよくわかりました。とりあえず上手に運用すれば、日本だけで10兆円〜30兆円も経済効果をあげそうです。農家はもとより、国民も日本国も助かるし、企業としてもJT(日本たばこ産業株式会社)が5つくらい生まれる以上の効果まではすぐに行きそうです。船井幸雄.com

大麻は捨てるところがないほど汎用性の高い植物です。

大麻を産業的に利用すれば、石油で出来ることはほとんど補えるといわれています。

紙や服だけでなく、プラスチックや建材、燃料まで作れてしまいます!

現在の石油中心の生活では日本は輸入に頼るしかありませんが
(ちなみに化粧品や石鹸の多くも石油で出来ています)

それらを大麻に替えられるとしたら、日本はエネルギーの自給自足が可能になるのです。

エコロジーや経済的な観点からも、ぜひ日本でも産業用大麻の栽培規制緩和が実現されて欲しいと思います。


http://rising.ooasa.jp/ 

戦前までの日本には、大麻を衣・食・住・医療など

多岐にわたって利用する文化がありました。
 
大麻はハーブや食品として活用できるほか、

大麻の油は空気を汚さない車の燃料にもなり、

繊維は耐久性の高い紙や衣類になり、クリーンな建材や、

土に還元するバイオプラスチックの原料にもなります。
 
循環型社会を形成するために、

大麻の利用価値は極めて高いのです。


 
86年のチェルノブイリの事故後、ウクライナとアメリカの企業が土壌から

放射性物質を取り除く大規模なプロジェクトとして、産業用大麻を栽培したのである。

大麻による除染の有効性については、まだ科学的な根拠の有無がはっきりしていません。

その一番の
問題点は、厳しすぎる大麻取締法のため、大麻除染の実験ができないことだと思います

ほかの植物よりも産業用大麻の優れている点は放射能を吸収した後、繊維や燃料として二次利用できること。

種子が吸収したセシウムは繊維などに移行しないそうです。こうした除染に関する科学的なデータをウクライナから取り寄せ、実験ができるように福島県知事に働きかけているところです
 
出典 大麻で放射能除染ができるってホント?  | 日刊SPA!
http://nikkan-spa.jp/67594

hemp_god_gift_3