大川隆法 9億円

大川隆法 離婚


大川隆法 コスプレ龍

大川隆法の息子

まともな直感力があれば
こいつら中川隆一家の凶悪な人相
を見ただけで
詐欺師だと感じるはずだ!

洗脳バカルト集金詐欺師
中川隆(自称 大川隆法)に騙されるな
キチガイ狂団の実態を暴け!
聞くに耐えないバカ長男 中川(大川
宏洋の発狂歌


お茶の水女子大で内容が盗用だった卒論が発覚、しかも書籍化済み →
洗脳バカルト幸福の科学・大川隆法総裁の長女が盗用したのではないかと話題に

http://blog.esuteru.com/archives/8201142.html
大川さやか論文盗用
http://www.geocities.jp/hs_cult/index.html
幸福の科学 その宗教被害の実態

多くの方が、宗教団体「幸福の科学」をきっかけに
人生を棒に振るっています。


九次元や霊査などが絡む不合理でカルト的な教義、
高額な献金(植福)
それを原因として仕事や生活に
支障をきたしたり、
家庭が崩壊するなど、
大きな被害を蒙った方も数知れません。
 
清水富美加
バカルトの新たな広告塔 清水富美加
洗脳された哀れな電波芸者


このホームページは、そうした幸福の科学の実態を金銭面、教義面などから被害者の声も織り交ぜつつ、紹介することを目的としています。

この宗教の被害は、主に経済面、精神面(「霊言」など不合理な教えによるトラウマ)、時間面の3つですが、関わった者にとっては、どれも簡単には回復の困難な、大きな物です。このホームページが、どうか少しでも新しい被害者の出現を予防することに、そして現会員の目を覚ますことに役立てば、そう願って止みません。


http://www.geocities.jp/hs_cult/page7.html

幸福の科学 
凄まじい信者からの“金集め”

昨年11月末、9月に脱会した元幹部Mの家へ一遍の手紙が舞い込んだ。
「『幸福の科学』の再建を助けてください、と切々とつづられていたんです。脱会したときは電話や訪問で威力をかけてきたのに、三カ月後には罵った人間に泣き付いてくるのですから、これは相当困窮しているんだろうと察しました」

また、金集めの場と化した大川隆法の講演会を検証してみよう。

まず、月に一回の横浜アリーナなどの大講演に加えて、
杉並などで会員限定の「3万円講演」が二度三度と行われるようになった。

この最初が先の昨年12月8日の講演である。
時期的にもMに手紙が届いたころと一致している。会員たちは12月26日の東京ドーム講演を前にチケットを売り捌くのに必死になっていた頃である。「8日の講演は、杉並のオリンピックビル3Fのホールで

大川主宰(詐欺師 中川隆)から直接話が聴ける700人からは一人3万円とった。

ほか5F建て地下IFのビルの全階にも人を入れて、

TVモニターで視聴させ、彼らからは一人2万円とったんです」

(水戸の会員K)Kによれば、

この日だけで4千万円が集まり

その上、植福といわれる献金も金額最低ラインを指定して催促された。

白木文雄・常務理事が人差し指を突き出して、皆さん最低コレ(1万)は入れてくださいよ!


 と呼び掛けた。夫婦二人で東京に泊まりがけで来て、足代、ホテル代に加え二人分の講演代で6万円。その上献金だなんて、金だけ届けに行ったようなもの。翌日は休日ですからビルのなかで大金が眠るわけです。イヤな気分で東京を後にしましたよ」(K)

この12月8日で現金収入を得た大川は、26日の東京ドームには、

あろうことか黄金の王冠とマントに杖を持って現れた。

「みっともないのを素直に笑えた人はまだいい。


僕なんて生活費を削ってあの日に備えたんで、溜息が出ました。

教団に生活調査をだして毎月7日、銀行から給料の1割を引き落とされていますが、それがあんな衣裳にバケるとはね。ホントのオシャカさまでも気付かなかったでしょうね。

デザイナーに何種類もあの手の衣裳を作らせた。これまで口では否定していた豪華な衣裳に身を包み説教したんです。当日、大川は上機嫌で普段はやらないリハーサルまで何回もやったんですよ」(エル・カンターレ祭のスタッフ)

しかし、年が明けてからの「神様ぶり」はこんなものの比ではない。

皇室の「新年の一般参賀」を真似た礼拝で「新年祭」
を1月1日と2日にわたってとり行ったのだ。


「当日、着物姿の大川主宰ご夫妻は会員たちの『特別参拝』を受けた。

きょう子夫人の発案で、一人1万円以上の「参拝料」を払い、

ひざまずいて夫妻に参拝することが許された。新年のあいさつ程度と思ってたんですが、まるで天皇家気取りでした。権力志向の強いきょう子夫人は幹部にまで


自分の子供を、「ヒロシさま」「サヤカさま」と呼ばせ、

あきらかに『皇后』を気取っています。


その割にはセコイことに、3万円もる御札や合格祈願、

ORまんじゅう、お神酒なんか売ってるんです。アキレました」(元職員)」

イベントで売るご利益商品は、この3カ月でずいぶん増えた。

「新年祭」以降の行事を列挙してみよう。1月7日には毎月7日を

銀行から献金の自動引き落としをPRする「幸福大黒天祭」

が行われ、1月25日には参加料をとって「成人の儀」を行った。また、同25日には「全国発展・繁栄研修会」と称して浜名湖ロイヤルホテルで777人、

一人25万円のセミナーを開催。

「瞑想中に大川氏が『小判がザクザク降ってきた』などというんです。

自分の願望
ですかね」この参加者はシラけたという。
(※貼り付け終わり) 

プリズムオブリラ

リサ・ロイヤル氏の著作 
「プリズムオブリラ」
精神世界 UFO 宇宙人 チャネリング愛好家には広く知れ渡った本だが
果たして その内容は、真実か?

この内容も CIAやNASAによるマインド・コントロールの一環か?

この教祖中川隆の霊言とやらが明らかに
インチキである事 
予言が外れまくっている事は明白である。

集金の科学 伊勢原支部長 与国秀行がパクッた動画

Youtubeの他人が作ったイルミナティ陰謀動画
 UFO動画 関連本 TV番組などを著作権無視で
勝手にパクりまくり あたかも自分達の教祖や幹部の
インチキ霊視や
誰かの受け売りの自民党統一協会 NWO 
イルミナティ 国際銀行家 批判を
ダシにして
誤誘導している
教団関係者も多数いるようだが
人生を無駄にしたくなければ
汗水たらして稼いだ金を無駄にしたくなければ
こんなインチキカルトは
即脱会したほうが良い!

(ベンジャミンもカルトに加担)
集金の科学 愚連隊カルト工作員 与国秀行の正体 
関東連合関係者の一覧 谷山秀行 現在は与国に改姓
 
身長 173
体重 73キロ(不良時代は95キロ前後であった)

父は韓国出身の在日韓国人
母は日本人    日本国籍を保有

第45回衆議院議員総選挙において、東京都第12区から出馬するも落選。
衆院選終了後、妻とともに暴漢に襲われ、左眼を失明。本人は「目ん玉いっこ取られて、得るものがあった」と、雑誌の取材で答えている。 ネットのウワサによると関東連合が金属バットで襲撃。本人は関東連合の関与を否定。
被害者届けも提出しておらず、犯人も捕まっていない。

【宮前愚連隊→幸福の科学に入信中】 アメブロhttp://ameblo.jp/uttaetotatakai/ 
自称ステゴロタイマン最強の男。
宮前愚連隊に助っ人で少しの期間所属。
金村氏の後輩で見立氏の先輩。 
嫁さんと居る所に赤羽バットマンズに襲撃されて失明。 
ニラくんは谷山氏のケンカ(ワンパンアゴ砕き)見て不良引退を決意した。 
谷山君の代はチームのが勢いあったからその辺でも有名。 
族は小次郎の伸雄君。谷山君と伸雄君は仲良し。 
リオン氏はバットマンズに襲われた時、瞬時にバットを取り上げて、 
バット片手に暴れまくって撃退。邑井氏に至っては 
、新宿バットマンズのバットを取り上げずに、 
あろうことか素手のみで戦って退散させた。 
当然、邑井氏もかなり重傷を追った。 
谷山氏は奥さんを連れてる状態で赤羽バットマンズに襲われて、 
地面にどっしり座って、暴力は辞めようと訴えたが失明した。 
一番凄いのは、掘掘コンビの片方。 
バットマンに襲撃されるも即座にバットマン達に拳を叩き込み無傷で勝利。 
(※武勇伝はかなり盛っている。
 実際は素人格闘技連敗の雑魚)

 


朝鮮カルト創価も幸福の科学も宣伝媒体は
CIA朝鮮電通です。 
年間二つで200億円近い売り上げです。 

幸福の科学は今年日本の映画公開しますが、 企画・脚本・監督は隆法の長男のまだ大学生の大川宏洋です。 幸福の科学内では「鬼才」笑 だそうです。 
電通第10営業局が宣伝します。
見る気のかけらもありません 

カルト宗教ビジネスマン 
キチガイ洗脳商法
詐欺師大川隆法こと中川隆 
 
こいつが作らせた三流糞アニメ洗脳映画は、
 リサ・ロイヤル氏の著書

「プリズムオブリラ」
からの丸パクリ
 

彼がまだ、商社にいるころでした。ぼくのところに、ノイローゼの相談に来ました。 
GLA高橋佳子先生の『真・創世記』を読んでいるうちにおかしくなってしまった。 
自分にはキツネが入っている。どうしたらいいでしょうか」と。

分裂症気味で、完全に鬱病状態でした
。 
 
ノイローゼの人は名前や住所を隠す場合が多いんですが、 
彼も中川一郎(本名は中川隆)と名乗っていました。 

「大川総裁は人類最高の霊能力者である」という設定になってる。

しかし、毎日のように使っている大川の運転手 梶ヶ谷が、 
パンティ強盗を8ヶ月もの長期間に渡り繰り返し、
分かっているだけでも45人もの女性被害者が出ているのに、
警察に逮捕 
されるまで全く気付かなかった。

このことが信者達に知れ渡れば、

「大川総裁には霊能力が無い」
    ことがバレてしまいます。 

http://www50.atwiki.jp/antihappyscience/pages/117.html
◇ 幸福の科学職員パンティ強盗事件   


週刊新潮「2000年9月7日号」からの転載 
若い女性を襲っては、下着を脱がせて奪い去る変態男。

捕らえてみればなんと「幸福の科学」の職員だった。 

 









再度のUFOブームに
便乗して

様々なUFO本などから 
アイデアを盗用し
詐欺商法で信者獲得 
カネ集めに必死すぎて
滑稽である!

 
http://antikkuma.hatenablog.com/entry/2015/10/11/143901
「幸福の科学」二世信者が祖父母をナイフで滅多刺しにして殺害した件
 
新聞やテレビニュース等では「幸福の科学」という文字

は出てこないのですね。

そういうものなのでしょうか?
 
しかし、週刊新潮の記事に書かれていたように、

HSUへの進学に関することが動機で殺害

したことを裏付けるような内容になっています。

https://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/
週刊新潮 2015年10月15日号(2015/10/07発売)

(7)「創価学会」信者の祖父を「幸福の科学」信者の孫が殺害した
   河口湖事件


幸福の科学 河口湖殺人事件


http://sanpole.blog.fc2.com/blog-entry-407.html

 
Author:エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)
 
 幸福の科学の現役信者だす。すでに心は退会者で批判者(アンチ)だす。内部告発するために今でも信者でいてます。

 大川隆法は幻聴が聞こえるタイプの自己愛性人格障害者、幸福の科学は悪気はないけど結果的に詐欺行為をしてしまっとる団体やて気づきますた。ゆうたら『宗教もどき』、『宗教ごっこ』、『いんちき宗教』だす。ナンボ拝んでも救われまへんで!

 幸福の科学は大学もどきのHSUゆう私塾を開学しましたんやけど、教団規模のキャパを越えてますんでいずれ財政破綻する思おてます。社会問題なったら大変でっせ! 早めに退会するんが一番だす。信者はん、なんでも答えますんで疑問や質問は『質問コーナー』
へどおぞ(メルアドは公開しとりまへん)!

 
事件の概要(新潮記事以前)

 1.事件は山梨県富士河口湖町の一戸建ての住宅で起こった。
 2.被害者はこの家に住む三代益夫さん(83)と妻のセツ子さん(81)。
 3.発見者は同じ町に住む50代の次女。
 4.普段からセツ子さんの介護に定期的に訪れていた。
 5.9月27日午前10時すぎ、いつものように訪問したところ2人が殺害されているのを発見。
 6.警察が親族への事情聴取を行ったところ、18歳になる孫が犯行を供述。
 7.供述から、凶器となった複数の刃物も押収される。
 8.警察は孫である少年を逮捕。
 9.老夫婦の遺体には胸や背中に複数の刺し傷があり、呼吸器にまで達する深い傷もあった。
10.少年には深い殺意があったものとして、捜査本部は動機の解明を進めている。


事件の背景(新潮記事以前)

 1.犯人の少年は18歳で、地元の県立高校に通う高校生。
 2.事件があった祖父母の家から数キロ離れた同じ町内に在住。
 3.父・母(被害者夫婦の次女)・姉との4人暮らし。
 4.少年は目立たなく温和な性格で、特に大きな問題も起こしたことはないとのこと。
 5.成績は真ん中くらいで、特に印象に残る生徒ではなかったとのこと。
 6.運動系の部活を転々としていたが、運動が得意なわけではなかったとのこと。
 7.家族仲は良好で、祖父母を含めた家族間のトラブルは皆無。
 8.ときどき母と一緒に祖母の介護を手伝っていた。
 9.事件の1ヶ月ほど前から不登校になっていた。
10.事件の1ヶ月ほど前に、自宅の乗用車を壊している所を友人らが目撃し、話題になる。
11.針路をめぐって祖父母と意見の対立があり恨んでいたとの取材がある。

             ※ 上記の情報は以下のまとめサイトからの引用だす。
                     NHK報道などはすでに読めなくなっとりますんで、そのための措置だす。
                     わてがあっちゃこっちゃ調べたマスコミ報道と同じ内容で、ウソはおまへん。
                      信頼性は記事内のリンクからマスコミ報道の元記事を参照でけまっせ!
                       ・ てげろぐ
                       ・ NAVERまとめ





◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆




今回の『週刊新潮』報道のまとめ


 週刊新潮の取材により、今回わかった新たな情報だす! これにわてなりの検証を加えてみよテ思います。青文字がわての意見だす。

1.少年が県警の事情聴取で語った言葉
   「祖父母に恨みがあった。高校卒業後の針路について意見が食い違っていた」

   これは県警の発表ですやろから「事実」でマチガイないハズだす。
   殺害動機の一番の原因は「高校卒業後の針路問題」でマチガイないテ思いますわ。


2.少年はフェイスブックをやっとった(ググったが探せない)
   ・ トップページには『HAPPY SCIENCE UNIVERCITY (HSU)』の文字が踊っとった。
   ・ 少年がHSUの校舎をバックにピースサインをする写真も掲載されとった。

   フェイスブックでここまでやるゆうコトは、
   本気でHSUに入りたかったんやテ思いますわ。
   「熱心な二世信者」と見てマチガイおまへん!
   それにしても、事件の1ヶ月前から不登校になった理由がまだ不明だす。
   不登校になって普通の大学を受験でけんからHSUを目指したんか?
   お祖父はん・お祖母はんからHSU受験を反対されたから不登校になったんか?
   この辺はまだわかりまへん。



3.友人の証言
   ・ 少年がHSUに進学するとの噂もあった。
   ・ 少年の自宅に『幸福実現党』のポスターが貼ってあった。

   自宅に『幸福実現党』のポスターを貼るゆうんは、このお孫はんの行為やおまへん。
   どない考えても親御はんの行為でんな?
   政党ポスターなんて、かなり熱烈やないと自宅に貼れまへんのや。
   新潮記事には書かれとりまへんが、親御はんが熱烈な信者ゆう証拠だす。
   おそらくこのお孫はんも、親御はんからゆわれてHSU進学を希望したテ推測でけます。



4.創価学会信者やったお祖父はんについて
   ・ 近所の人 「聖教新聞は取っていたが、勧誘されたことも、
     公明党の応援を頼まれた事もない」

   この感じやと、「HSUなんか行くな! 創価大学に入れ!」とかゆうたとは思えまへん。
   HSUゆうんは「4年制大学」の体裁をとってまんが、たんなる「私塾」だす。
   4年間通ってここを卒業しても、大学卒業資格はもらえんのですわ!
   就職する時の履歴書には、「高卒」としか書けんのだす!
   これやと4年も時間とカネをかけて卒業しても、卒業後の就職にマイナスですわ!
   わてが宗教関係ない親戚のおっちゃんやったとしても、
   「そないなアホなガッコ選ぶなんて、アホか! やめときぃ!」ゆいますわ!


          ※ HSU (Happy Science Univercity)について
             元々、『幸福の科学大学』で開学しよゆう計画で、文科省に申請しとったガッコだす。
             ところが教育カリキュラムが「幸福の科学職員・伝道者養成」の内容やし、
             文科省の指導方針を屁理屈で逃れよおとしたり、
             文科大臣や審議会委員を「霊言」ゆう悪口で罵倒したり、
             その「霊言」をまとめた本を文科省職員や審議会委員に大量に送ったり、
             文科省職員に「ウチの血の気の多い信者がナニするかわかりませんよ」と脅したり、
             あんまりにもタチが悪いんで、「大学は不認可+向う5年間も不認可」ゆわれたんだす。
             ホンならとりあえず6年間は凍結しとったら良かったモンを、
             どないしても諦め切れんオーカワ教祖が「4年制私塾」としてオープンしたんが「HSU]ですわ。
             みなはん、「4年制私塾」テ聞いたコトがありまっか?
             似たよおな「4年制私塾」に『松下政経塾』がおまんが、こっちの募集は22〜35歳。
             ある程度大人になって、自分の責任と判断がでけるニンゲンを募集しとります。
             一方のHSUの募集は「18歳以上」。
             責任も判断もとれん青少年を、「幸福の科学伝道師養成」のために募集しとるんだす・・・。



5.取材された幸福の科学のコメント
   「亡くなられたお二人のご冥福をお祈りするとともに、
    少年の更正とご家族の心のケアに尽力し、
    教団としての導きの力をもう一段強めてまいります」

   ふざけんな! 幸福の科学!
   あんたらは「人類の未来に全責任を負っとる団体」やテ広言しとるやろが!
   信者の、しかも未成年のお子が殺人ゆう重大犯罪起こしたんに、他人事かい!
   「私たちも反省すべき点があります。申し訳ありませんでした」くらいゆえんのか!
   「ゼッタイにアタマを下げん団体」ゆう姿勢を貫くツモリなんかい!
   それと、「もう一段強めてまいります」テなんやねん!
   「一段強める」テ、字義どおりに読んだら、
   「これからは人を刺すにしても、死なない程度に刺すよう指導して参ります」ゆうコトかい!
   アホか! こんキチガイ!
   そん程度のコメントしかゆえんのかっ!




◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆




わての見解


 今回の事件はホンマにやり切れん、悲惨な事件やったテ思いますわ。亡くなられたお祖父はん・お祖母はんには涙を流さずにはおられまへん。ホンで、お孫はんにも同情せんではおられまへんのや。

 現時点でのわての見解では、お孫はんの責任は1%。責任があるのはお孫はんを狂わした親御はんで、責任は9%。一番責任が重いんは幸福の科学&大川隆法で90%! 大川隆法! お前が一番悪い!

 そもそもお孫はんは親御はんに学費を出してもらう立場やから、親御はんの意思に逆らえまへん。親御はんが「HSUを受験せえや。お前がHSUに入ってくれたらお父さんもお母さんも嬉しいよ〜!」ゆうとったら子供は心理誘導されますわ。そこでお孫はんが、「いや、ボクは創価大学に入りたいんだ! ボクはオウム真理教大学に入りたいんだ!」とかゆえまっしゃろか? その意味で、お孫はんの10倍の責任は親御はんにあるテ思うんだす。

 ところがそのまた10倍の責任があるんが大川隆法(本名:中川隆)! 大川隆法は「幸福の科学大学構想」が不認可になった時点で、学生募集を諦めなアカンかったんだす! だいたい大学卒業資格ももらえんガッコに、青少年を募集するゆう発想が「犯罪的」ですわ! 22歳で「高卒」資格の若者を毎年300人送り出すガッコてなんでんねん?

 どおしても大学教育をやりたいんやったら、たとえば1年制コース・2年制コースの講座を用意してでんな、普通大学の一般教養課程を終えた学生を休学扱いにして、HSUに1〜2年通わしたらええんやおまへんか? どおせHSUの一般教養過程でも、普通の大学と同じカリキュラムをやるんでっしゃろ? ホンでHSUのコースを終了したら元の大学に復学する。この方式やったら卒業は1〜2年遅れまんが、学生も「大学卒業資格」を取れますし、就職にもそんなに響かんテ思いますわ。一方で6年待って、キチンと準備して、改めて『幸福の科学大学』の認可を申請したらええんだす。

 そないなコトもでけんで、ただただ集団生活がでけん次女のためになんとか大学を創ろお思おた大川隆法はん! 今回の事件の最大の責任者はあんさんでっせ! 「次女のために何としても2015年に大学を創ろう!」、「大学はでけんかったケド、三女のために、“4年制私塾”としてオープンするんだ!」、「信者諸君! 次女のために、HSUに応募せよ!」ゆうとったんが大川隆法! それで人生を狂わされたんが今回のお孫はんとご両親はんですわ! 責任の9割は幸福の科学教祖・大川隆法におます!

 まあここまでゆうても大川隆法が謝るコトも、幸福の科学が非を認めることもおまへん! みなはんには幸福の科学の「厚顔無恥」さを観察しとって欲しいんだす・・・。



 みなはん! 今週の『週刊新潮』を買おて保管しとっておくれやす!みなはんの周りで退会させたい信者はんがおったら、いつか洗脳を説くために使える有効なツールでっせ! わての記事なんかしょせん三文ブログなんで信用おまへんが、「週刊新潮に書いとるで!」ゆうて見せたら説得力があるテ思いますのや!


大川隆法の異常性は、「映画・UFO学園の秘密」を見れば判ります!
大川隆法の異常性は、「映画・UFO学園の秘密」を見れば判ります!
大川隆法の異常性は、「映画・UFO学園の秘密」を見れば判ります!

大事なコトなんで3回ゆいました!
なんたって高校生に人殺しをさせるよおな教育をする教祖ですからなあ・・・!


どおかイッペンだけ見て、大川隆法のキチガイっぷりをご認識ください。
タダ券はお近くの支部でお上手ゆえばもらえます!
ただし、2回も3回も見たら、アホでっせ!



◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆




【追記 1】 犯行動機の推測

 下のコメント欄で「元会員」はんがお孫はんの動機についてこないな推測をしてはります。

  「おそらく、この少年の親は、活動でお金を使い過ぎて、
   このインチキ私塾に行かせる資金が無かったと思います。
   そこで頼みなのが祖父母であったと思いますが、
   こんなバカな私塾に行かせるわけはいかないと
   反対されたと思いますよ。
   その結果として凶行に及んだことでしょう」


 これは「元会員」はんの推測でしかおまへんが、かなり説得力の高い推測や思いますわ。お祖父はんはすでに83歳。お祖母はんは足が悪く要介護状態。こないな老夫婦2人が猛反対したところでナニがでけまっしゃろ? 無視してさっさとお孫はんをHSUに入塾させればええだけで、何の障害にもなりまへんな? お孫はんかて殺意を覚えて犯行に及ぶまでの理由にはなりまへん。

 しかしここに金銭がからんどったら別だす。お孫はんが、「おじいちゃん・おばあちゃんが意地悪してお金を出してくれないせいで、ボクの将来は閉ざされてしまった・・・」テ考えたとしても充分ありうる話だす。

 お祖父はん・お祖母はんかて普通の大学に進学するんやったら、可愛い孫のためですから、そら喜んで援助したやろ思います。ところがお孫はんが行きたかったんは、大学卒業資格が取れんHSUゆう「幸福の科学伝道師養成施設」。別に創価学会のライバルやから反対やのおて、「せめて普通の大学にしておくれ、そんなら援助するから・・・」くらいはゆうたテ思いますわ。ホンでお孫はんが思い直すよお、資金援助を断っとったゆう推測は充分合理的だす。

 「元会員」はんはこのニュースに幸福の科学が関わっとる件を、早い段階から指摘してくれはった方だす。事件の悲惨さからなるべく客観的報道に基づいて記事を書く方針ですが、「元会員」はんからの情報ゆう事で、あえて紹介さしていただきました。
【追記 2】 信者の所属支部

 お孫はんとご両親が所属しとった支部はここ、「山梨東部支部」やテ思われます。

山梨東部支部


 これが「山梨東部支部」のストリートビュー。賃貸物件か、信者の寄進かと思われます。



 山梨東部支部の支部長、出て来ぃや! 出て来て釈明せんかい!

 信者ではない一般の方にご説明いたします。幸福の科学の教義では、修行が進むと霊道が開いて自分の守護霊と対話ができるようになると教えています。守護霊はある程度未来が読めますので、本人に重大な危機がある時にはインスピレーション等で必ず教えてくれると説いています。「幸福の科学の支部長クラスなら全員それができるし、人事はすべて大川総裁が霊的に審査して決めている。たとえ、支部長の能力が多少劣っていても、幸福の科学指導霊団500人の高級霊を通じて、最終的に主エル・カンターレ、大川隆法総裁先生と繋がっているので安心して支部長や職員の指導に従ってください」とゆうのが幸福の科学の教えだす。

 ところが今回信者の少年が自分の祖父母を殺害するゆう事件が起こったのに、支部長は守護霊からの警告をキャッチでけんかったよおだす。イヤ、守護霊はんの警告が届かんかった場合、守護霊はんの上司である500人の高級霊の誰かに緊急報告するハズなんだす。ホンでもって緊急報告を受けた高級霊は大川隆法総裁センセに報告をして、大川センセが直々に支部長に警告を発するハズなんですわ!

 屁理屈はいろいろ付けられまんが、要おするに「大川隆法に霊能力なんぞない!」、「500人の指導霊団なんちゅうハナシもウソ!」、「支部長クラスは守護霊と対話でけるなんちゅうハナシもでっち上げ!」テ考えたら、すべての疑問が解決するんですわ!

 しっかし山梨東部支部の支部長、このお孫はんのご両親にHSUへの進学をかなり強引に迫っとったんでっしゃろな? せやないとお孫はんかてここまで追い詰められまへんですわ。やい、山梨東部支部の支部長! 責任の何%かはおどれにあるんや! 判っとるんか!
全て大川の責任です。この問題の元凶は大川にあります。 
以前にも書きました。 

おそらく、この少年の親は、活動でお金を使い過ぎて、このインチキ私塾に行かせる資金が 
無かったと思います。そこで頼みなのが祖父母であったと思いますが、こんなバカな私塾に 
行かせるわけはいかないと反対されたと思いますよ。その結果として凶行に及んだことでしょう。 
この少年のfacebookを見ましたが完全に信者二世ですよ。
正心宝ぶら下げていました。 
イカレタ教団にのめり込んでいた親も親ですが、それを煽った教団関係者、信者のすべてが、この犯罪の原因でもありましょう。 
さらにその元凶は大川です。
 

那須校が出来たとき「ありさの城(砦)が出来た」的発言を大川はプラーベートでしていました。 
つまり信者のためなんていうのは大嘘で娘のために作り、それを維持するために信者を利用したのですよ。 
信者諸氏は、自分は関係ないと言えません。この教団を支えに支えた結果、このような悲劇を生んだのです。 
パンツ強盗もその始まりでしょう。さらにある支部の在家代表の奥さんは飛び降り自殺をしたそうです。 
活動にのめり込んで生活資金がぎりぎりで子供も作れない状態だったからです。 
さらに職員妻がお節介をして負担をかけたようで。 
また、ある信者は家と土地を寄進し、現在は生活保護を受けて暮らしています。 
違う信者は納骨壇を買うために銀行から借金をしています。しかし、仕事が減りローンの返済が苦しい状態に陥っています。 
納骨壇という対価があるのですから、あれは布施では無いでしょう。
 
この教団は困っている信者を救うことなどしません。 

そんな状況がある中、大川は気持ち悪るい緑のスーツを作って喜んでいるわけです。 
こんな状態は異常でしかありません。聖者の行いからはかけ離れ過ぎです。 
一日も早く、このイカレタ公害宗教団体は地上から姿を消すべきです。 
今後、納骨壇のお金の返済要求が増えることでしょう。 

何故なら大川は異常者で仏陀ではないからです。
そんな異常者が葬られる場所に葬られたいと 
願う人などいません。 
そう願うのは大川と同じ異常者だけでしょう。