柳瀬唯夫 血税泥棒の原発マフィア
加計学園問題 国会答弁で
「記憶に無い」を連発!
国民を舐め腐った ふざけた野郎だ!


影の総理 
今井尚哉(李尚哉)
こいつも原発マフィア
東芝崩壊の元凶か?

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12154176383.html
安倍首相の首相秘書官・首相補佐官・
内閣広報官、
その中に5名も朝鮮人がいます。


政務担当首相秘書官 今井尚哉(李尚哉)、
首相秘書官 柳瀬唯夫(柳唯夫)
柳瀬


首相秘書官 宗像直子(玄直子)、
首相補佐官(政策企画担当)兼内閣広報官 長谷川榮夫(洪榮夫)


らの経済産業省出身
通名使用帰化在日韓国人の首相官邸職員たち
これは実名もあがっています。ひどいものです。再びこの問題を考えてみましょう。
 朝鮮人がいる限り、日本は幸福にはなりません首相の安倍さんはどう考えても朝鮮人です。菅官房長官も朝鮮人だと言われています。しかも、横浜の稲川会と関係があり、その関係で朝鮮人を周りでどんどん起用して、朝鮮派閥をつくっていると言われています。
 しかし、鮮害はひどいのです。山口組も全員が朝鮮人になってしまいました山口組の唯一の社会的存在意義があるとするならば、朝鮮人が闇市をつくり、日本人が武器を持てない状態が続いたときに、暴れまくる朝鮮人と真っ向から戦ったということです。
 「不逞朝鮮人を排斥する」というならば、唯一の社会的意義です。山口組でも「社会に貢献する」と綱領にうたっているのです。
ところが
すべての組長が朝鮮人になってしまったのです。
山口組は朝鮮人に乗っ取られてしまったのです。
 
 神奈川県の稲川会も「稲川聖城は朝鮮人だ」というウワサがあります。違うという人もいますが、どうやら朝鮮人らしいのです。二代目は石井といいます。この人間も朝鮮人です。三代目も朝鮮人です。いつの頃からか稲川会も朝鮮人だらけです。
 日本で一番大きな暴力団は稲川会と山口組です。この2つの頭と大幹部が朝鮮人になってしまったから、ヤクザとは朝鮮人の組織に変貌してしまったのです。本来ならば、「弱気を助け、強きをくじく」仁義をもってことに当たる団体が、いつの頃からか朝鮮人が徒党を組んで、日本人を追い出して、うまい汁を吸う団体になってしまったのです。
 一番下の組織がヤクザの朝鮮人、一番上の組織が自民党清和会、総理大臣の朝鮮人の安倍晋三です。上から下まで朝鮮人になってしまったのです
これでは総罰で地震も起きてきます。馬鹿なことをやっているのです。安倍さんがやっていることは、景気がよくなる反対の方向をやっているのです。
 今、景気をよくするためには財政出動をしなければいけません。こんなことは経済学の常識です。景気がよくないので、企業はお金を出して工場を造りません。工場を造って製品をたくさん作っても、景気が悪いから売れないのです。だから工場は造らないのです。当たり前です。
 企業はお金があっても設備投資はやりません。だか景気がよくならないのです。そうではないのです。景気がよくならないから、設備投資をしないのです。皆、そのようなマインドに冷え込んできているのです。その時に突破するのは、ケインズが言う公共投資しかないのです。
 「政府がお金を使ってあげましょう」と、巨大な道路を造り、巨大な大堤防を造ればよいのです。お金はいくらあっても足りません。海側に巨大な堤防を造るのです。日本列島4千キロの長さの堤防を造るのです。それはお金がいくらあっても足りません。でも、公共投資とは、そのようなものです。
 巨大な堤防を造ると景観が悪くなります。そうならないように、砂浜から海側の100メートル離れたところに造ってしまえばよいのです。そこで津波が止まります。やることはたくさんあるのです。
 海岸の傍で山がないところがあります。東北は山があったので津波から逃げられた人も大勢いました。山のないところもたくさんあります。南海トラフ地震があると、土佐や下田の人は、山が遠くにあり逃げられません。だから30万人以上死ぬと言われています。
 それなら人口の山を造ればよいのです。人口のピラミッドでもビルでも造ってあげれば、いくらでも需要は増えるし、仕事も増えます。これは公共投資でしかできないのです。そんなものを造っても民間の企業なら儲かりません。だから国がやるしかないのです。
 原子力発電を止めるためにもっとダムを造るのです。そうすれば莫大な経費が消費になります。それを今やらなければならないのに、安倍さんは絶対にやらないのです。「民間がお金を出せ。民間が設備投資をしろ。そうすれば景気がよくなる」ただ、それだけです。
 この場においても地震があって大変なのに「消費税は上げる」と言っていました。我々はすでに年金が手にはいらなくなっているのです。年金がもらえる世代はどんどん伸びて、60歳が70歳になり、75歳にならないと年金がもらえません。年金がないのです
 そんな馬鹿なことをやっているのです。安倍政治など少しもよいことをやっていないのです。
安倍晋三は日本人ではないのです。
安倍晋三 日本を滅ぼす男
成長力 安倍晋三誤字
アホノミクス イラスト


籍は日本人かもしれませんが、
お爺さんの岸信介は満州で散々 阿片で儲けた男です。

加計孝太郎 岸信介
 
加計と安倍晋三 PAINT
上記の写真は安倍昭恵がFacebookから削除した画像。

安倍昭恵の取り巻き達のヨイショコメントが気持ち悪
加計晃太郎(※
晃太郎が本名、
孝太郎は偽名
が安倍晋三の従兄弟(※岸信介が妾に産ませた外孫)だとマスゴミは公表したらどうだ?

岸信介は満州帝国を造った官僚として満州へ行き、 阿片を売ってたっぷり儲けたのです。

(※大麻と阿片は 全くの別物である!)

岸信介と笹川良一と児玉誉士夫で、朝鮮人支配の日本を造ったのです

その通りになったのです。
安倍さんは籍は日本人ですが、血は朝鮮人です。
kakeikoutarou abe kishi
加計学園グループ
加計孝太郎 岸信介
abe 裸の王様
山口組 安倍晋三黒い交際
安倍昭恵ロックフェラー
安部 日本を引き渡す

その前の首相の小泉純一郎は郵政民営化をやり、300兆円のお金をみんなアメリカにくれてやったのです。
しかも、社員を臨時雇用にして、いつでも首を斬れるようにしたのです。社員ではない人たちが、年収150万円以下でウロウロしているのです。
 それは小泉純一郎がやったのです。小泉は「日本をぶち壊す」と言いました。「俺の言うことを聞かないならば、自民党をぶっ壊す」とも言いました。あれから日本はおかしくなってきたのです。
 終身雇用でガッチリやってきた日本企業をぶち壊して、
郵政でため込んだお金を外国にばらまいた売国奴です。それはそうです。
小泉純一郎も朝鮮人です

小泉純一郎350兆円売国奴

小池百合子と小泉純一郎
小泉純一郎竹中平蔵 国賊

竹中平蔵 国家戦略特区

小泉進次郎 マイケル・グリーン 

仕方ありません。皆わかってあげましょう。朝鮮人は日本人のことなど考えていないのです。
 朝鮮人は日本人の上に君臨してお金はかっぱらうものだと思っているのです
小泉純一郎 ブッシュの犬

小泉純一郎 350兆円売国英字新聞

自分たち日本人が韓国へ行って政治家になってごらんなさい。朝鮮のためにやるでしょうか。絶対にやりません。それがもっと悪いのです。

しかも裏はすべてヤクザとつながっているのです。
 
小泉進次郎 稲川会 説明付き

こんな奴らが5万人といるのです。

今の自民党の閣僚の大部分は清和会です。

清和会は統一教会です。
統一教会は何と言っているのでしょう。


「朝鮮は神の国である。日本は悪魔の国である。日本は朝鮮から奪った国であり、奪ったお金を朝鮮に返すのだ」ということを教えているのです。

だから日本をよい国と思っていないのです。
 母国は朝鮮です。

このような馬鹿な連中がのさばっていて、


電通も朝鮮人支配、
NHKも朝鮮人支配、
マスコミも朝鮮人支配、


本当に
日本から朝鮮人を追い出さない限り、
この国の本当の美しさと研ぎ澄まされたような美しい文化は出てこないのです
 天は怒って熊本城を倒したでしょう。これを何と心得ているのでしょうか。朝鮮人がのさばっているこの国に対して、天は怒っているのです。お城など日本人の中心です。その城が自ら壊れるとはなんたることでしょう。
 しかも今回の熊本大地震では神社が3社も壊れています。神社が壊れるとは何事でしょうか。人々を救うためにある神社が壊れるというこことは、神がいないということを物語っているのです。神がいたら神社は壊れません。朝鮮人がのさばる国に神はいません。
 首相が朝鮮人で信仰心がないならば、そんなところに神様がいるわけがありません。これが今の日本の実情です。何としても鮮害、日本籍朝鮮人、および在日公務員を排斥しなければいけません。
 兵庫県には800名の在日朝鮮人の教員がいます。大阪には400名の在日朝鮮人の教員がいます。こいつらが日本の歴史を嫌い、出鱈目な歴史を教えて、日本の青少年を害しています。この恐ろしい状況を脱却しない限り、日本に災難が来ます。

 徒然日記に寄せられた敦子さんからのコメントです。
  • それに、現在、下記のさもしい人物たちは、グローバル構造改革バ●[規制改革・規制緩和、国家戦略特区=韓国式人民公社、道州制=地方行政韓国化、入管法制緩和、外国人留学生・外国人高度人材(韓国語常套句「人材」)・外国人技能実習生・外国人労働者などの実質的外国人移民の受け入れ、発送電分離・ガス導管分離などのFIT、キムチ経済産業省重用]の首相 安倍晋三と内閣官房長官 菅義偉へ韓国式取り入っています。 

    ・政務担当首相秘書官 今井尚哉(李尚哉)、首相秘書官 柳瀬唯夫(柳唯夫)、首相秘書官 宗像直子(玄直子)、首相補佐官(政策企画担当)兼内閣広報官 長谷川榮夫(洪榮夫)らの経済産業省出身の通名使用帰化在日韓国人の首相官邸職員たち。 

    ・人材派遣業=韓国式労働者人身売買業の帰化在日韓国人企業パソナ会長 
    竹中平蔵(同和なりすまし通名使用帰化在日韓国人 イ・ピョンス)。 

    ・増田寛也(通名使用帰化在日韓国人疑惑)=日本国出生率が他国と異なり近年上昇しているのに、人口減少と地方消滅を韓国式妄想ステマしまくり、韓国人・共産シナ朝鮮族・共産シナ人の日本国への大量移民を韓国式ゴリ押しステマ中。

敦子 2016-04-17 09:45:32

今井尚哉 安倍晋三




◆【日本はこの男に支配されている】安倍の側近・
「今井尚哉」のヤバすぎる権力5例!

NHKも官僚も安倍も完全コントロール!

http://tocana.jp/2016/06/post_10024_entry.html

ロックフェラー、ロスチャイルド……陰謀の中でもとりわけ注目されるのが「ユダヤ系金融資本が一枚岩となって世界を動かしている」という説だろう。資本主義社会において、陰謀の中心はやはり“マネー”なのだ。

 そしてまさに今、同様の陰謀がある人物によって日本で起きているのだという。政府情報筋によると「安倍はただのマリオネットで、日本の未来を操っているのは彼。非常に危険な人物」だそうだ。
 
 その人物の尻尾が、さまざまな「事実」の集積によって徐々に見え始めてきた――。安倍晋三首相の筆頭秘書官・今井尚哉氏だ。


【今回の陰謀人】安倍首相の首席秘書官

今井尚哉氏(いまいたかや)経産省出身

 まずは、これまで主要メディアが報じた今井氏の評価を羅列してみよう。

●誰もが一目置く安倍の側近

《政局対応、官邸広報、国会運営、あらゆる分野の戦略を総理の耳元で囁く。決断するのは総理だが、その影響力は計り知れない》(「プレジデントオンライン」より)

《今井には何より『総理独り占め』のカードがある。首相のアポは思いのまま、入れたい情報は耳打ちし、入れたくない情報は握りつぶす》

《安倍総理の右腕とも言われ、スケジュールを一手に握っていることから、大物政治家も一目置いている。一方で今井氏の機嫌を損ねると、面会を取り次いでもらえないとの悪評も多い》(「週刊文春」より)

《『戦後70年談話』の草稿は、首相と今井氏らごく少数で作成したという》(「フライデー」より)

 さまざまなジャーナリストが揃いも揃って「安倍と今井は特筆するくらい親密であり」「安倍が今井を頼っている」旨を強調しているのがわかるだろう。

 では、なぜ今井氏はこれほどまでに安倍の信頼を得たのだろうか?

「元経団連会長・今井敬と元通産事務次官・今井善衛を叔父にもつ今井ですから、もともと財界との太いパイプがありました。安倍がまず目論んだのは、今井を介して財界をバックにつけることでの票集めでしょう。財界をバックにつけるとなれば、そのツケとして、財界にとって得になる政策を打ち出さねばならなりません。その結果、人事、法案、アベノミクス……すべてが、今井中心のもと、財界が得をする(=後押ししてくれる)シナリオが形成されていきました」(政府情報筋)


●“今井政治”5つの罪深き功績

 では、安倍政権が“今井氏と、今井氏率いる財界”を中心に動いている証拠を5つ紹介しよう。

1、防衛装備移転三原則の制定/2014年4月1日

 国家安全保障戦略にもとづいて、武器輸出三原則に代わる新たな政府方針として「防衛装備移転三原則」が制定された。これは旧三原則では禁じられていた武器の輸出入を基本的に認め、その上で禁止する場合の内容や、厳格な審査を規定する内容だ。従って、三菱重工業、IHI、川崎重工業の総合重機大手3社をはじめとする大企業が、恩恵を受けたことになる。まさに「安倍を支える財閥に甘い果実を与えるための法」だったといえるだろう。


2、政治献金の復活/2016年1月26日

 大手銀行が18年ぶりに自民党への政治献金を復活させた。経団連が2014年から献金の呼びかけを再開し、自民党と大企業との献金パイプが復活した流れに乗じたかたちだ。これはいうまでもなく、元経団連会長を叔父にもつ今井氏の暗躍あってのものとみていいだろう。とにかく今後、銀行を介して我々国民のカネが自民党マネーとして利用されることになった。大手メディアが献金の復活に対して大騒ぎしないのは経団連加盟企業をはじめとするスポンサーの意向を汲んでのことかもしれない。


3、籾井勝人NHK会長の「理事4人一気に粛清事件」/2016年4月12日

 350億円の土地購入計画を強引に進めようとした籾井勝人NHK会長に理事4人が反対。これに対し、今井氏は籾井氏を官邸内で徹底擁護。なぜなら、籾井氏をNHK会長に推したのが叔父の今井敬氏だったからである。今井氏は同じく安倍首相のお気に入りのNHK解説委員である岩田明子氏と共謀し、反対した理事4人を一気にクビにすることに成功。“暴君・籾井時代”の引き伸ばしに一役買ったといわれている。この“大粛清”人事によって技師長には畑違いのド素人が就任するハメになり、その人物が4K、8Kを進めるのだとか…。もはや不安しかない。

4、伊勢志摩サミットでの“怪文書作成”/2016年5月26日

 増税見送りの根拠として、今が「リーマン・ショック前夜」に近い経済状況だと見せるため、持論に都合のいいチャートだけ抜き出して作成された文書を各国首脳陣に提示してしまった事件である。これには世界各国から失笑が起きたうえに、「サミットを政治利用するな」との批判が巻き起こった。

 この文書を作った人物こそ、今井氏だった。通常ならば、外務省が事務方となり、3〜4人の外務官僚が中心となって『首脳宣言』をまとめるところを、今井氏は秘書官の身でメンバーの中心として鎮座。財務省や外務省との相談を省き、限られた懇意のメンバーに文書の作成を指示していたといわれている。

「増税見送りは支持率維持のためでしょうが、この独走・暴挙に対し、麻生太郎氏をはじめとする財務省からは大クレームが噴出しています。予算査定権や徴税権など、これまで財務省が握っていた権力も、今井のおかげですべて経産省が実権を握る体制となりましたから、財務省は今井に対して恨みをもっているはずです」(政府情報筋)


5、トップ官僚退任人事/2016年6月2日

 情報筋によると、“今井氏との折り合いが悪い”という理由により、外務省・斎木昭隆事務次官が財務省・田中一穂事務次官とともに退任に追い込まれた可能性があるそうだ。「NHK人事」での冷徹さと「伊勢志摩サミット」での秘密主義ぶりをみれば、この退任人事が今井氏の身勝手な意向によるものだとしてもおかしくはない。

外務省事務次官であれば普通なら駐米大使を終えてから退任するはず。にもかかわらず斎木氏がこのタイミングで退任したのには、安倍首相を囲い込み、直接交渉ができない状況を作った今井の存在が関係している可能性があると囁かれています。田中氏に関しては、軽減税率をめぐる騒動の影響が大きいかもしれないですが」(政府情報筋)

 増税を延期すれば、延期した分だけ将来にツケがまわる。だが、我々が背負った将来のツケで今まさに甘い汁を吸っているのは大企業だけ。中間層以下には何の利益もないアベノミクス……。この大企業だけが得をする“今井政治”は果たしていつまで続くのだろうか? 日本のラスプーチンが暗躍する陰謀政治の動向を今後も注意深く見ていきたい。


今井 東芝 文春


東芝崩壊の元凶・原発ビジネスの裏

今井尚哉首相秘書官の存在が! TPPも一億総活躍も安倍首相に入れ知恵する“影の総理” 

http://lite-ra.com/2017/04/post-3056.html 

先日、東芝が原発製造大手・ウエスチングハウス(WH)社のダニー・ロデリック会長を解任した。
東芝は2006年、相場の3倍以上の約6000億円を用意しWH社を買収したが、同社を中心にすえた原発事業が大失敗
アメリカで7000億円超の巨額損失を計上し、WH社について米連邦破産法11条を申請。もう一つの主力である半導体事業の売却も決めた。

2017年3月期の最終赤字は実に1兆円、債務超過額も6000億円を超え、「倒産秒読み」と言われるのも仕方がない状況。一方で、その経営再建に巨額の公的資金が投入される動きも報じられている。
だが、東芝崩壊の元凶である“原発ビジネス”を二人三脚で推進してきたのは経産省と安倍政権だ
その
責任を曖昧にしたまま、国民の血税が一企業に消えていくというのはありえないだろう。

 本サイトでは以前から、この“東芝崩壊”危機の裏にある原発事業の陥穽をたびたび指摘してきたが、昨日発売の「週刊文春」(文藝春秋)4月13日号では、ジャーナリストの大西康之氏が
「東芝“原発大暴走”を後押しした安倍秘書官」と題し、“影の総理”とも言われる今井尚哉首相秘書官の影響を名指ししている。

 今井氏といえば、経産官僚出身で産業政策・エネルギー畑を歩み、原発輸出政策の立案をした中心的存在。2011年、福島原発事故が起きた後も、資源エネルギー庁次長として民主党政権や再稼働に反対する橋下徹大阪府知事(当時)などを直接説得、「原発ゼロ政策」を撤回させた。そして、第二次安倍政権が誕生すると安倍首相を動かして原発再稼働を強硬に推進、トルコやインドなどへの原発売り込みをさせていった。

 記事は、物的証拠を提示しながら、今井秘書官がこの“東芝崩壊”の背景に強く関与している可能性を指摘している。東芝側のキーマンは、元東芝電力システム社首席主監の田窪昭寛氏だ。田窪氏は東芝の原発事業の中心で、その豪腕からついたあだ名は“暴走機関車”。社内で「原発野郎」と揶揄された佐々木則夫元取締役社長(09〜15年)の薫陶を受け、東芝製原発の海外輸出へと邁進していたという。

 そして3.11以降、原発事業に逆風が吹くなか、田窪氏が接近した人物こそ、今井氏だった。

「文春」によれば、入手したある東芝社員のビジネスダイアリーには、1年間で「今井」の名前が約30回も登場するという。もっとも、東芝の原発事業担当者が、経産官僚や原発ムラの要人と会うこと自体は珍しくはない。だが、記事のなかでは、田窪氏と今井氏の関係をよく知るという人物が、このように証言している。

「ただ、その回数が明らかに多い。電話やメールは、ほぼ毎日のように連絡を取り合っていました。我々の常識から言って“一線を超えた”という感覚です。田窪氏は今井氏の部下である香山弘文・原子力国際協力推進室長(当時)とも銀座の東芝御用達クラブ『B』で一緒に飲んでいました(香山氏は「田窪氏に支払いをしてもらったことはない」と回答)」

 さらに記事では、独自入手した極秘の社内メールや当時の複数関係者による証言から、原発事業による“東芝崩壊”とこの田窪氏・今井秘書官の関係のディテールを次々に浮かび上がらせている。しかも、田窪氏をはじめ、WH社買収時に東芝社長だった西田厚聰会長、そして今井秘書官への直撃取材まで敢行。詳しい内容は昨日発売の「文春」を読んでもらいたいが、先に触れたように、東芝再生に血税が投入される前に、安倍首相はその原発政策の過ちを認めて責任をとるべきだ。

 だが、原発事業で崩壊した東芝を尻目に、今後も安倍政権は国策として原発政策に邁進し続けるだろうし、今井氏にもなんのお咎めもないだろう。それは、本サイトが折に触れて言及してきたように、安倍政権はいま今井氏抜きでは成り立たないと言われるほど、この首相秘書官にコントロールされているからだ。

 事実、第一次安倍政権で内閣秘書官を務めて以降、安倍首相と急接近した今井氏は、首相の行動日程やスピーチ原稿をすべて取り仕切り、原発の再稼働や海外輸出を始め、アベノミクスやTPPなどの政策決定のプロセスにも、麻生太郎副総理や菅義偉官房長官ら側近議員よりも深く関わっていると言われる。

 たとえば、「文藝春秋」2015年12月号掲載の森功「首相を振りつける豪腕秘書官研究」では、その暗躍ぶりが具体的にレポートされている。これによれば、15年夏の安保法制を強行採決した直後、政権は「新アベノミクス」「一億総活躍社会」をぶちあげたが、これも今井氏の発案だった。しかも、このとき今井氏は「今度のアベノミクスは、安保から国民の目をそらすことが大事なんです」とうそぶいたという。さらに、14年11月の“消費増税先送り解散”も今井氏のシナリオ。また、「戦後70年談話」も安倍首相と直接やり取りをしながら、今井氏が手がけたものだったという。

 これだけではない。今井秘書官は安倍首相を囲いこみ、その結果、現在首相周辺では一度今井氏を通さなければ話すら聞いてもらえない。それほどの状況ができあがっているという。

「総理に会おうと思って、日程を管理している今井さんに連絡を取ろうにも、秘書官室にはいないし、携帯電話にも出ない。話が出来ても、『どうしても総理じゃないとダメですか?』と、こう来る。会う会わないは総理が決めることなのに、今井さんの判断で止められてしまうんです」(新潮社「週刊新潮」14年4月3日号より、自民党関係者のコメント)

「総理の日程調整を今井氏が一手に引き受けているから、どうしてもみんな遠慮してしまう。国対委員長の佐藤勉氏でさえ総理への面会を断られ、『おいおい何様だよ』とこぼしていた」(講談社「フライデー」16年6月13日号より、自民党職員のコメント)

さらに今井秘書官は、政策や政治日程だけでなく、マスコミを含む世論形成の操縦桿まで握っている。首相の諮問機関や官邸主導のプロジェクトに自身の人脈をどんどん投入するのがその典型で、たとえば、天皇の生前退位に関する有識者会の座長には専門家でもなんでもない叔父の今井敬・元経団連会長をねじ込んだ。また16年の伊勢志摩サミットでは、安倍首相が「世界経済の状況がリーマンショック前に似ている」と述べたと報じられ波紋を広げたが、これも消費増税再延期を正当化するために今井秘書官が主導して資料をまとめたと言われている。

 こうして振り返ってみると、今井秘書官の存在はもはや、韓国で崔順実(チェ・スンシル)氏が朴槿恵前大統領に深く食い込み、国政に介入していた事件を彷彿とさせる。少なくとも、選挙で国民の付託を得たわけでもなんでもないただの秘書官が、ここまで国政を大きく左右している事実は、まったく隣国の政治実態を笑うことができないレベルだ。

 そして今回、「文春」が詳しく報じた東芝原発事業のキーマンと今井氏の親密な関係。このままでは今後「第2・第3の東芝」が出てくるのは火を見るより明らかに思える。奇しくも現在、安倍政権下での“忖度”がマスメディアでバズワードとなっているが、その意味でも、マスコミはこの“影の総理”の影響力を徹底検証していくべきだろう。







安倍 小泉 みんな朝鮮

統一協会 岸信介握手 説明付き

 
安倍 文鮮明似たポーズ
 
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12171602309.html
経団連の榊原定征は朴という朝鮮人です。セブン・イレブンの新しい社長の伊阪竜一も李隆一です。

日本は朝鮮の害に覆われてしまっているということにい加減に気が付きましょう。マスコミはフジTVをはじめとして、朝鮮ドラマを放送しています。電通も朝鮮人の巣窟、NHKも朝鮮人の巣窟で、ウソの歴史を垂れ流しにして、どれだけ害をなしているのでしょう。

 首相の安倍さんも朝鮮人です。野党の岡田も朝鮮人です。これに気が付きましょう。暴力団も朝鮮人、右翼も朝鮮人です。街宣右翼は全員が朝鮮人です。どうしてこんなに朝鮮人をのさばらせたのでしょうか。それは、朝鮮人が本名を隠してきたからです。朝鮮名を隠して侵略してきているので、いつの間にか朝鮮人がはびこってしまったのです。
そろそろ鮮害(せんがい)を一掃する時代に入ってきたと思います

スクープ! 加計疑惑 官邸で今治市と密会した“真犯人”は
安倍首相の懐刀「柳瀬唯夫」特区申請前になぜ? (1/2)
〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) https://dot.asahi.com/wa/2017072300011.html

安倍晋三首相が出席し、7月24、25日に行われる国会の閉会中審査。

 これまでの審議では、加計学園問題について多くの疑惑が未解明のままになっている。その一つが、2015年4月2日、愛媛県今治市の企画課長と課長補佐が首相官邸を訪れていたことを示す今治市側の記録があることだ。

 市町村の課長クラスが首相官邸を直接訪問していること自体も目を引くが、その時期は今治市が国に国家戦略特区での獣医学部新設を提案する2カ月も前のこと。いったい、誰と何が話し合われたのか。「加計ありき」のレールが、この時期から敷かれていたのではないのか。

 だが、肝心の訪問相手は今治市側が公開した資料では黒塗り。7月10日の閉会中審査で自由党の森ゆうこ議員が質問したが、萩生田光一官房副長官は「訪問者の記録が保存されていないため確認できなかった」と煙に巻いた。たかだか2年前のことなのに、面会相手が誰だったかすらわからないというのだ。

 そんな中、本誌はこのときの面会者について重要な証言を得た。事情を知る今治市関係者がこう語る。

「実は、このとき面会したのは経産省出身の柳瀬唯夫首相秘書官(当時)。柳瀬氏は今治市の担当者ら少なくとも3人と会い、『希望に沿えるような方向で進んでいます』という趣旨の話をしたと伝わっています」

 名前が挙がった柳瀬氏は、以前から経産省の次官候補と言われてきたエース。麻生太郎政権でも首相秘書官を務め、その仕事ぶりが評価されて安倍政権でも秘書官に起用されたという。経産省では原子力政策課長だった06年に原発の増設や輸出を進める「原子力立国計画」をまとめたことでも知られる。
同じ経産省出身の今井尚哉首相秘書官とともに、安倍首相と経産省との“蜜月”関係を象徴する人物でもある。


 安倍首相の懐刀である柳瀬氏が直接、今治市の担当者を官邸に招いて面会していたとすれば、やはり“特別扱い”という疑念を抱かざるを得ない。前出の関係者もこう語る。

「面会の後、今治市では『ついにやった』とお祝いムードでした。普通、陳情など相手にしてもらえず、下の担当者レベルに会えればいいほう。国会議員が同行しても、課長にすら会えない。それが『官邸に来てくれ』と言われ、安倍首相の名代である秘書官に会えた。びっくりですよ。『絶対に誘致できる』『さすがは加計さんだ、総理にも話ができるんだ』と盛り上がったというのは有名な話です」

 柳瀬氏は15年8月に経産省に復帰し、現在は事務次官に次ぐ地位の経済産業審議官に就いている。面会の事実を確認すると、
「まったく記憶がないんですよね。ちょっと曖昧なんだけど。
いろいろな人の出入りがあり、どれだけの人と会ったかわからないので。成長戦略の担当ではあったので特区の話にはいろいろかかわっていたが、ちゃんとした記憶がないのでなんとも言いようがない」


 と、電話で答えた。こうした真相も含め国会で明らかにしない限り、支持率が回復することはないだろう。

(文/今西憲之、本誌・小泉耕平)


週刊朝日 2017年8月4日号