横浜M、7試合ぶりの白星
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2007111800236
横浜Mが終盤の2得点で逆転勝ち、7試合ぶりの白星を飾った。前半20分に先制した横浜Mだったが、後半退場で1人少なくなると千葉に逆転を許した。しかし、同80分に大島が決めて追い付き、84分に田中隼の得点で勝ち越した。


横浜M、勝負強さを発揮
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2007111800245
横浜Mが勝負強さを発揮した。前半に中澤のゴールで先制したが、後半21分に栗原が退場処分。一人少なくなって、千葉に2点奪われたものの、直後に大島のヘディングシュートで同点。さらに最後尾から攻めあがった田中隼のゴールで逆転した。
 攻守にわたって活躍した中澤は、「本当は1−0で勝てれば良かったけれど、10人で勝てたのは大きな収穫。この勝負強さを常に出せたらいい」と、接戦を制した手応えを語った。


オシム監督に見舞い続々
http://www.daily.co.jp/newsflash/2007/11/18/0000743724.shtml
18日に行われたJリーグ1部の千葉-横浜Mの試合後には両チームのサポーターから大きな「オシム」コールが起き、多くのファンが一刻も早い回復を祈った。ただ、千葉のクラブ関係者は「世界的に有名な方なので(長男の)アマル監督にも昼夜なく電話がかかってくる。疲れが心配」と気遣った。


横浜が千葉を下す
http://www.nikkansports.com/soccer/jleague/f-sc-tp1-20071118-284601.html
序盤から双方攻守の切り替えが早い、めまぐるしい展開で試合が進んだ。先制したのは横浜。前半21分、MF狩野のCKがゴール前の混戦を呼び、最後はDF中沢が押し込んだ。千葉も速いカウンター攻撃を中心に反撃。同40分には、FW巻が中沢のマークを外しヘディングシュートを放ったが、惜しくもGK榎本の正面を突いた。

 後半も一進一退の攻防が続いたが、まず千葉が同点ゴールを決めた。後半21分、横浜DF栗原がペナルティーエリア内で、得点機阻害のファウルを犯し退場に。直後のPKを、千葉FWレイナウドが落ち着いて流し込んだ。千葉はさらに同34分、MF工藤の芸術的なボレー弾で逆転した。だがその直後に横浜は、FW大島のヘディング弾で同点に。さらに同40分にDF田中隼の右足ゴールで逆転した。


横浜Mが7試合ぶり白星 千葉2−3横浜M
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/headlines/20071118-00000050-kyodo_sp-spo.html
横浜Mが粘って3−2で勝ち、7試合ぶりの白星を挙げた。1−2の後半35分に大島がヘディングシュートを決め、4分後には田中が右から決めた。千葉は1度は逆転しながら、その1分後に同点とされたことが響いた。


以下J's GOAL
試合後の監督コメント
http://www.jsgoal.jp/news/00057000/00057325.html
「久しぶりの勝利で本心から嬉しい。選手たちがあきらめず最後まで戦ってくれた結果が、逆転勝ちという形になったと思う。
内容としては今日は修正すべきポイントがあった。ミスが出て失点につながっているケースは直していかなければいけないと思う。選手は本当にボンバー(中澤佑二選手)はじめ(みんなが)最後のところを体を張って守ってくれたということが嬉しいし、3点取れたことが今後につながっていくと思う。残り2試合だが、(シーズンの)最初から掲げている攻撃的なサッカーを、最後までやり抜きたいというふうに思う」


試合後の選手コメント
http://www.jsgoal.jp/news/00057000/00057337.html
●田中隼磨選手(横浜FM):
「途中から10人になったけど、みんなが絶対に逆転するという気持ちでプレーしていた。(得点の場面は)ジローさん(清水選手)がすごくいいボールを出してくれた。ホームゲームではしばらく勝っていないので、次の試合は今季の最後のホームゲームなので、勝って終わりたい」

●清水範久選手(横浜FM):
「今日は相手の3バックのサイドのスペースを突こうということでやっていた。(田中選手の得点のアシストは)フリーの選手がいたのでパスを出した。(大島選手の得点のアシストは)ボールを持っていた時に中が見えなかったので、感覚的にボールを出した。前半は中盤で潰し合っていたし、ピッチの状態がそれほどよくなかったので、後ろのほうでは無理をしてパスはつながなかった。後半は完全に打ち合いになったので、展開としてバタバタしてしまったと思う」

●大島秀夫選手(横浜FM):
「(自分の得点について)うちが失点した後だったので、うちのほうにも大きい点だったと思うけど、相手のダメージも大きかったと思う。うちが10人になってから、相手がどんどん攻めてくるかと思ったけど、そうでもなかった。今日は久しぶりの勝利でよかったし、次はホームゲームで最後の試合なので、勝ちたい。自分の得点は1点でも多く積み重ねていければと思う」



web拍手 by FC2