横浜木村監督が秘蔵っ子小野にゴール指令
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20100714-653411.html
横浜の木村和司監督(51)が、秘蔵っ子にゴール指令を下した。14日に横浜市内で行われたチーム練習に、トップチーム昇格が決まった横浜ユースFW小野裕二(17)が初合流した。木村監督が「うまく育てれば日本の宝になる」と絶賛する逸材。この日はゲーム形式の練習でFWの位置に入ったが、なかなかボールを持つことができず、シュートも打てなかった。木村監督は小野に対して「何をするためにトップに上がったのか分かっているな。点を取ることが仕事なんだぞ」と厳しく伝えた。小野も「早く慣れていきたい」と表情を引き締めていた。


----------
めぼしい記事が無いので昨晩の記事から。

----------
柏 ベテランGKが現役引退
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100714052.html
J2柏は14日、GK吉原慎也(32)が現役引退することを発表した。吉原はクラブを通じて「一年一年の勝負という気持ちでプレーしてきましたが、ケガも重なり、思い通りのパフォーマンスが出せなくなり、いろいろ悩み、考えた上で決心しました」とコメント。14年目でプロ生活にピリオドを打つ理由を説明した。

 吉原は97年、日立工高から横浜Mに入団。01年には当時J2の川崎Fに移籍し、04年には7試合連続で無失点に抑えるなど、正守護神としてJ1昇格に貢献した。その後、東京V、磐田へのレンタルを経て今季からは柏に加入したが、ベンチ入りもないまま現役を終えた。吉原はJ1、J2合わせてリーグ戦通算164試合に出場。妻は前女流棋聖の梅沢由香里。



----------
タウンニュースの記事
----------
よさこいで梅雨に勝つ!
http://www.townnews.co.jp/0103/2010/07/15/59240.html
綱島モール商店街でイベント

綱島モール商店街のパデュ中央広場で先ごろ、「梅雨をブッ飛ばせ!綱島モールよさこい祭り」が開かれた。主催は綱島モール商店会・イトーヨーカドー綱島店専門店会。

 毎年恒例の「綱島サマーフェスティバル」のプレ・イベントとして、初めての開催。梅雨の晴れ間となった当日、「K−one動流夢」など5チームがジメジメした天気を吹き飛ばす大迫力の演舞を披露した。その後、横浜F・マリノスの公式応援ソングに合わせ、総踊りがスタート。飛び入り参加した観客らも笑顔で体を動かしていた。

 綱島商店街協同組合の中森伸明理事長は「“元気な商店街”が見せられてよかった。今後も開催していきたい」と話していた。


新田中
理想的な食事って?

http://www.townnews.co.jp/0103/2010/07/15/59229.html
新田中学校(高橋和則校長/生徒数683人)で今月8日、横浜マリノスによる食育講習会が行われた。市教育委員会との共催。同校で14校目。

 講習会では、横浜マリノス(株)ホームタウンふれあい本部の望月選氏より、「ストレッチとは?」や「将来に向かっての食習慣作り」などについて講演された。参加した生徒のひとりは「今まで知らなかったことがわかり大変参考になった。教わった内容を実践してみようと思う」と感想を話した。

 次回は12月2日(木)、篠原中学校で開催される予定。


スポーツ観戦で地元名産品が
神奈川県がキャンペーン

http://www.townnews.co.jp/0201/2010/07/15/58745.html
県内のプロスポーツを観戦して県の名産品が当たる「かながわスポーツかがやきキャンペーン」が8月15日から始まる。

 これは、県がプロサッカーの横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、横浜FC、湘南ベルマーレと、プロ野球の横浜ベイスターズの計5チームと協力。各チームの対象試合を観戦して応募すると、抽選で各チームのグッズや湘南そだち米、葉山牛、三崎マグロなど「かながわブランド」の名産品が抽選で当たるもの。

 7月6日には、各チームのマスコットキャラクターが県庁を訪れ、松沢成文知事と同キャンペーンのPRを行った。

 松沢知事は「地元のチームと共に地元の名産品も応援してもらえたら」と話す。キャンペーンの詳細はホームページまたは事務局【電話】045・681・3906まで。



「Jリーグ再開に当たって」 vol.53(ラモス瑠偉のふざけないで真面目にやれ!)
http://news.livedoor.com/article/detail/4883718/
Jで結果を出し、海外でチャレンジせよ
担当M(以下M):ワールドカップ南アフリカ大会が終わり、Jリーグが再開します。Jリーグの中でラモスさんが注目する選手は誰ですか?

ラモス(以下R):まず中村俊輔。それから玉田、矢野、今野、中村憲剛、稲本、岩政。

M:今回のワールドカップで出番がなかったか、あっても少なかったフィールドプレーヤーですね。

R:新しい監督が決まって、すぐに次のメンバー選考があるでしょう。今名前を挙げた選手たちは、まずそこに選ばれるように頑張ってほしい。4年後に選ばれたいとか、そんな悠長なことじゃないと思います。まず次のメンバーに入る。アジア大会はU-20日本代表で参加すると言われていますけど、そんなの関係ないというくらいの活躍をしてメンバー入りしてほしいと思います。年齢的に次のワールドカップは難しいと思う選手もいるかもしれません。でも、歳なんて関係ない!! Jリーグが始まったとき、僕は36歳でしたよ。それでも今の選手並か、それ以上に走れていたと思います。みんなもまだ老け込む歳じゃない。だから彼らに注目しますよ。他にも前田や石川も注目しています。

M:惜しくもメンバー入りしなかった選手たちも、さらに張り切るでしょうね。

R:まだ余韻が残っている今のうちに頑張れないと、いつ頑張るのって感じです。

M:川島選手や内田選手、香川選手は海外に移籍していきました。

R:内田も香川も出番がなくて悔しかったでしょうね。だから海外で経験を積んで次のワールドカップで活躍してほしいと思います。

M:Jリーグで頑張ることで海外の選手とも対抗できるようになると今回のワールドカップで証明されました。

R:そうですよ。だからまずJリーグで必死にプレーしてほしい。それから海外に行っていいと思います。そういう上昇志向を持ってプレーしているかどうか、僕が確かめたいと思っているのが、横浜FMの栗原ですね。あとは浦和の山田、柏木、東京Vの河野、名古屋の金崎、広島の槙野も見たいと思っています。

M:海外とはヨーロッパですか?

R:そうでなくともいいと思います。もしも韓国に行ったとしても十分に鍛えられます。逞しさを身に付けるのには海外で暮らすというのがとてもいいんです。そういう移籍まで彼らが考えているのか、プレーの中に現れてくると思いますね。

M:日本代表の活躍でますますJリーグが楽しみになってきました。

R:これが日本のベースですからね。みんなでしっかり見て、いいプレーは褒めて、悪いプレーはしかることで日本のレベルはさらに上がるんです。ワールドカップの情熱を持って今度は日本のスタジアムに行きましょうね!!



---------
☆KNH☆
amazonからYUIのニューアルバムが届く予定 web拍手 by FC2