横浜M、2月で40歳の中澤と契約更新…チーム得点王のウーゴ・ヴィエイラも残留
http://www.sanspo.com/soccer/news/20180111/jle18011113020013-n1.html
 横浜F・マリノスは11日、DF中澤佑二ら7選手との契約を更新したことを発表した。

 今回発表されたのは、中澤、MF喜田拓也、FWウーゴ・ヴィエイラ、MF中町公祐、MF天野純、MFダビド・バブンスキー、DFミロシュ・デゲネクの7名。

 2月25日で40歳となる中澤は、5年連続でリーグ戦全試合に出場。昨季の明治安田生命J1リーグでも34試合に出場している。さらに、フルタイムでの出場は4年連続となり157試合を記録している。同日に50歳の三浦知良が横浜FCとの契約更新が発表されたが、横浜FMのレジェンドも追う形で契約更新を発表している。

 さらに、横浜FMは主力選手の契約更新を続々と発表。昨季のリーグ戦で23試合に出場した23歳の喜田、リーグ戦でチームトップの10得点を挙げたウーゴ・ヴィエイラ、7シーズン目を迎える中町、昨季33試合に出場し、主軸を担った天野、スーパーゴールでインパクトを残したダビド・バブンスキー、中澤とともに最終ラインを形成したミロシュ・デゲネクとの契約を更新している。


横浜M、山口に期限付き移籍のFW和田が復帰「覚悟を持って頑張ります」
http://www.sanspo.com/soccer/news/20180111/jle18011116410023-n1.html
 J1横浜Mは11日、J2山口に期限付き移籍していたFW和田昌士(20)が復帰すると発表した。

 和田はチームを通じて「再びF・マリノスで戦えることを嬉しく思います。初めてF・マリノスというクラブを離れてみて、気が付くことがたくさんありました。成長した姿をピッチで表現できるよう覚悟を持って頑張ります」とコメントした。

web拍手 by FC2