ニュースはもう「こけまり」にしっかり上がっているので、THE BIG FINALに行った時のことを書きます。

この日は私の誕生日でした。
誕生日が12月で良かったなと思うことは子供の頃も大人になってからもあまりなく。

最近ですと、2013年の最終節が誕生日でした。
その頃の私はまだ横浜市民だったので、家族4人分のチケットを手に入れて等々力競技場へ皆で行きました。
結果は皆さんご存知の通り。
あの日が、最もどん底の誕生日であると自信を持って言えます。

それから月日が流れ、当時優勝経験の無かった川崎は今では「王者」と呼称されるように。

---------------------------------------

今年はあの日以来の12月7日が最終節でした。
対戦相手はFC東京。そしてホームゲーム。
日程を知った頃はまだ何とも思っていませんでしたが。

その後マリノスは順調に勝ち点を積み上げ、11月23日には松本山雅を破って遂に首位に立ちます。
11月初めからマリノスのトップページでは「THE BIG FINAL」の告知が始まっていました。
yfm_final_1694_938



翌週の相手は川崎。
そして場所はアウェイ・等々力競技場。
6年前の最終節を想起する組み合わせで、ここ数年は相性も悪く鬼門と言われています。

マリノスが川崎に勝って、2位東京が浦和に敗れれば最終節を待たずにマリノスの優勝が決まる状況。
自分の誕生日の験が悪いのは分かっているので、何とかここで決めて欲しい。

その思いが通じたのかマリノスは早々に仲川選手のゴールで先制。
一方東京は前半浦和に先制を許し、追う展開となりました。

マリノスはその後もリードを広げ勝ち点3を確実にしましたが、東京はその後浦和に追い付きそのまま試合終了。
今節でのマリノス優勝はなくなりました。

(最終節に持ち越しか・・・)

私の長くて短い一週間がはじまりました。

(2に続く) web拍手 by FC2