神戸でロスタイムに二点差を追いつかれてから、リーグ戦は3連敗。
マリノス好きにはここ何週間かキツいですね。
昨年複数得点で勝ちまくっていたものですから余計に。

勝つと仕事のやる気がぐんとアップするわたしですが、この頃は週末負けて月曜から水曜の午前中くらいまで低空飛行。
水曜の午後には試合に向けて少し上向くも、夜負けるものですからそこから金曜まで再びの低空飛行。一週間丸々やる気が出ない負の連鎖状態。

プライベートにも影響でまくりです。困惑です。


さてある程度日程を消化した今、2020年がいつも通りのシーズンだったら、どうだっただろうな?と思うときがあります。
夏に東京オリンピックが開催されて、ACLとリーグを平行でこなして、ルヴァンカップや天皇杯も戦う例年通りの2020年。

交代枠などは昨年と同じで、新たにVARがある世界。

その世界なら今頃マリノス連勝街道まっしぐら、とは断言出来ませんが、少なくとも選手も監督も今よりはやりやすかったのではないかと。

今と同じく前年王者ゆえ他チームから弱点を露わにされて対策はされたでしょうが、それでも昨年をベースにターンオーバーを考えつつベースアップしていけば良いですから。

現実の2020年はかなり難しいシーズンです。
上位に食い込めていない現在、ルールをうまく利用出来ているとも言い難いです。
勝てているチームは失点しても試合をひっくり返す自信が漲ってきています。
交代枠が多く設定されている分、昨年ほどにはボールを支配する事が相手の疲弊や消耗に直結しないように思えます。長距離走った分マリノスが疲弊している面もあります。

我らに不利な材料がてんこ盛り。

監督も選手達も今シーズンは初めての事ばかりで最適解の見極めが難しいはずです。と言って、今期のルールを使いこなして得られる物は限定的なもので永続的な価値は薄いもの。

見る者にとって毎回勝って喜びたいのは当然ですが、それよりも二年掛けて積んだ物を
特殊なシーズンの連敗によって見失う事がないように、次節に望んでほしいと思います。

今週もわたしはまた低空飛行スタートですが。それはしょうがない。
web拍手 by FC2