396108_261404517302943_1271481509_n
中日新聞(夕刊)の「水軍遥かなり」を、連載小説としては久しぶりに毎晩楽しみに読んでいます。この歴史小説は、戦国時代から江戸時代初期にかけての物語。九鬼水軍を率い、信長、秀吉、家康と関係しながら、後に鳥羽藩5万6千石の初代藩主となる九鬼守隆が主人公です。今日は、安土城の織田信長に初めて接見に向かおうとする所のお話です。
連載は今月の2日からスタートしました。金華地区は、明後日(月曜日)が資源分別回収です。新聞をひもで括る前に、よかったらご覧ください!