43083484_1696457213797659_8790952998621675520_n
43041046_1696457013797679_5545530191977119744_n
柳ケ瀬のロイヤル劇場で、岐阜市リノベーションまちづくりシンポジウム「リノベーションまちづくりという都市戦略」(主催:岐阜市)が開催されました。
リノベーションまちづくりとは、中心市街地の遊休不動産(空き店舗、空きビル、空き家)に新たな視点で手を加え、再生・利活用し、エリア価値の向上などを図る手法。全国若手市議会議員の会OB会で和歌山市を訪れた際の研修テーマで、それを元に本会議で質問し、取り組みを提言してきた経緯があります。
第1部の基調講演は、①「リノベーションまちづくりの概要(総論)」=(株)アフタヌーンソサエティ代表取締役 清水義次氏、②「民間主導の公民連携」=(株)オガール代表取締役 岡崎正信氏。
第2部のトークセッションは、「リノベーションまちづくりで岐阜市の未来を描く」がテーマ。前出の2人に柴橋正直市長を加え、(株)まめくらし代表取締役 青木純氏のコーディネ-トで行われました。
広いロイヤル劇場は、まちづくり活動家、遊休不動産オーナー、創業希望者、柳商連、行政関係者など…立ち見が出る程の大盛況でした。

この熱気を、ぜひ具体的な事業に繋げて欲しいと思います。