47502934_1774798952630151_3793002940424257536_n47301716_1774798959296817_5496699858385371136_n
47575905_1774799022630144_5877716685070270464_n
47375800_1774799109296802_7042246601514942464_n

「立憲民主党代表講演会」を、十六プラザ大ホールで開催。枝野幸男代表の来岐は、党代表になって初めてです。
前夜には、県連役員、連合岐阜三役と食事を共にし、率直な意見交換を行いました。
定員600人の大ホールは、来場者と記者席で満席。講演に先立って、公認候補予定者の紹介があり、私も壇上に立ちました。
枝野代表が訴える「右か左かという単純なイデオロギーの時代は終わった。上からか、草の根(下)からか。これが強権政治との対立軸だ…」。弱い立場、生活者の側に立脚する私の政治姿勢と共鳴します。
私は、地域においては市民党ですが、国政は立憲民主党を支持しています。