69331845_2251069675003074_4343405950049189888_n
71919234_2251069698336405_3373885587705561088_n
71804529_2251069748336400_2487687191472373760_n
71570256_2251069778336397_5404683400999075840_n
金公園に展示保存されている「モ510形」(大正15年製造=市重要文化財)が、JR岐阜駅北口駅前広場へ移設される運びとなりました。
駅前広場の完成10周年記念イベントとして11月16日、トレーラーに載せて、金公園から駅前まで約1kmをパレード。広場で下ろした後、市民らが軌道を綱で引いて設置します(北東部にホームと石畳の軌道を約30m敷設)。
現在は、傷んだ屋根の修繕や、色褪せた塗装のお色直し中(名鉄の仕事を受注する小瀬木塗装が担当)で、上記イベントに先立ち11月4日、金公園で改修を終えた510形のお披露目が行われます。
2005年の廃線の後、市民団体の依頼を受け、展示保存のため市へ譲渡するよう名鉄に取り次いだ経緯もあり、今更ながら感慨深いものがあります。
市は「歴史を体感できる新たな観光スポット」になればと期待をしています。