74680802_2281131328663575_892299281313038336_n
72630232_2281131295330245_1728514308444258304_n
72368497_2281131501996891_5168059131378008064_n
全国若手市議会議員の会OB会【秋季研修】は、長野県佐久市。
台風19号による被災地の1つで、中止または延期を検討しましたが、会員(今回幹事)の佐久市議から「被災は全域では無く一部。風評被害を避けるためにも、ぜひ予定通り開催して、食事や土産物でお金を落とし、地域を元気付けて欲しい…」との言葉で、決行が決まりました。
1日目は、佐久市議会 全員協議会室で、
【研修会①】「世界最高健康都市構想における健康増進施策と健康長寿のまちづくりについて」(前福祉部長・佐久大学講師 坂戸千代子氏)。
※保健補導員、ぴんころ運動、食生活改善推進協議会、お達者応援団などが特徴的でした。
【研修会②】 講演「卓越性を活かした佐久市の挑戦と先人政治家論について」(佐久市長 柳田清二氏)
※市議出身の市長は、本会の会員でもあります。人口は9万9千人。歴史を持つ地域で、先人の知恵と苦労への感謝を大事にする観点。市議会と首長の両方を知る経歴からの話は、大変参考になりました。