87366127_2580374345405937_4933974282645536768_n
88321464_2580374408739264_7881592672689848320_n
88281221_2580374368739268_4824156521552150528_n
美峰稲荷神社の初午祭。
初午の由来は、稲荷神社の総本宮である伏見稲荷大社にあり、和銅4年(711年)2月最初の午の日、稲荷山に稲荷大神が降りてきたことにちなみ、祭事が行われるようになったとのこと。
旧暦の初午は現在の3月で、稲作を始める時期にあたるため、農耕の神様を祀り、五穀豊穣や商売繁盛、開運、家内安全を祈願するようになったと言われています。
末広町でも、金華山に連なる稲荷山山頂の御本尊にお供えを届け、ご分身を祀る町内の美峰稲荷神社に集まり、祭事を催行しました。