久しぶりの投稿です。

今日も証券市場は大荒れの展開です。


それはさておき・・・・、

7月上旬に青山財産ネットワークスの研修で、会計事務所の先生方と、

バンコク・クアラルンプールに訪問してきました。

現地3泊5日の強行軍でしたが、特にクアラルンプールの印象が強かったので、

久々に書いてみます。     DSC_1670


私にとっては、初めてのバンコク、クアラルンプールでしたが、

バンコクは想定範囲内、クアラルンプールは想定外に近代的な街で

英国文化の影響を多大にうけており、どこでも私の下手くそな英語が

通用したのが感動的でした・・・・。(笑)


皆さん、MM2Hビザというのをご存知でしょうか?

マレーシア・マイ・セカンド・ホームという10年間有効ビザで、

10年後に更新が可能、永住ビザとは違いますが、それに近い機能を

持っている長期ビザです。



たまたま、昨晩、TV東京系の「未来世紀ジパング」という番組で、

マレーシア特集があり、シンガポール対岸のジョホール・バルの

イスカンダル計画を解説していました。

2006年に発表され、2030年までの総投資額10兆円・計画人口300万人

という壮大な計画です。

現時点の投資額の大きさで言うと、シンガポール、アメリカが1・2番目で、

日本は4番手、5番手に中国がつけています。



三井物産、三井不動産が開発に力をいれており、三井アウトレットモールが

クアラルンプール空港の敷地内に、日本国外では初めてとなるアウトレットを、

今年5月にOPENしています。


税制に目を向けると、今年7月から出国税制度もでき、香港・シンガポールといった

いわゆるタックス・ヘイブン国は規制が厳しく、また、不動産価額・物価も高くなっており

マレーシアは法人税率25%ではありますが、優遇税制、かつ親日国、物価もシンガポール

に比べ、5分の1から10分の1と安く、MM2Hビザも比較的簡単に取得できる etc

今、東南アジア圏でもっとも注目されている地域なのでは・・・・ と感じています。


中部国際空港に、エアアジア・ジャパンの拠点が開設されることが発表されて、中部地区からも、

ますます、移動しやすい地域になっていくと思います。


マレーシア観光局の宣伝マンみたいなコメントになっていますが、資産運用の拠点としても

非常に魅力的だと、個人的には思っています!