2015年03月10日

「創歯会21」の新春講演会5

さま、ご無沙汰しております。

今回は、院長が現在会長をつとめているスタディグループ「創歯会21」の新春講演会が平成27年2月26日に行われたので、報告させていただきます。

参加医院からは、各1〜2名ほど発表されていました。
当院からは、歯科技工士の浜邉さんが「インプラント治療におけるサージカルガイドステントの重要性 〜院内技工士の立場から〜」という演題で発表されました。

031003









当院では、インプラントや矯正、抜歯などの治療にてCT撮影を行い、3D(3次元)で得られる正しい診断を基に安全性を高めています。
 
031002










インプラント治療において、術前のCT撮影にて顎骨の状態、骨の厚さや骨量などの情報を入手し、正確な診断をしてインプラント体の埋入を行っております。
その撮影時に、埋入位置を記したマウスピース装置を口腔内に装着して、インプラント位置の状態を把握しています。
それが、サージカルガイドステントといいます。

浜邉さんは、ステントの作製手順やステントを用いた症例などをスライドで分かりやすく説明されていました。 他院からも歯科衛生士や歯科助手、受付の方などが発表されており、今まで知らなかった知識や情報を知る機会となりました。

031001









今後の診療に役立てられるよう、努めてまいります。

歯科衛生士 東 美帆香

松田歯科医院・口腔インプラントセンター奈良
〒633-0253 奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
TEL:0745-82-0395
www.matsudashika.com

matsudashika at 18:06|PermalinkComments(0)講演 

2014年11月26日

デンツプライインプラントJAPANサミット2014に参加しました! 奈良県・宇陀市 松田歯科医院5

2014年1123〜24日東京虎ノ門ヒルズにて行われたデンツプライインプラントJAPANサミット2014に参加させていただきました!


参加人数は予想を遥かに超える約1300人だったそうで、すごい人で溢れていました!

 IMG_5757













今回24日の午前の部で、院長先生が発表されるので衛生士二人で講演を聞かせてもらいました

   

歯周病で有名な弘岡先生をはじめ、著名な先生方もたくさん講演されたました。  

普段あまり聞けないようなお話や症例がたくさん見ることが出来ました。
IMG_5755











わたしたちは主に、衛生士向けの講演を中心に聞かせて頂き、今日増え続けているインプラント周囲炎の見極め方や、対応、清掃方法などなどを勉強してきました!

IMG_5746











一日目終了後、ウエルカムパーティという立食パーティが開かれ、参加しました!各地方の先生方、衛生士、技工士など大勢が参加してパーティも大盛上がりでした。


院長は翌日の講演に緊張されていたようで、夕食もいつになくお酒をかなり控えめにし、次の日の講演内容の確認をされていました。


もちろん翌日には、無事に院長先生の講演も終わりホッとされていました。

私たちも大勢の人前で院長先生が話してるのを見て(笑いもとっていました)改めてすごいなあ!と実感しました。


IMG_5728











2日に渡り、すごくハードなスケジュールでしたが、

今回色々な先生のお話を聞かせて頂いたので他のスタッフとも情報共有して、よりよい歯科医院を目指せるよう頑張りたいと思いました。

 

 松田歯科医院 

歯科衛生士 西田美郷 

 

 

松田歯科医院・口腔インプラントセンター奈良
〒633-0253 奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
TEL:0745-82-0395
www.matsudashika.com



matsudashika at 16:35|PermalinkComments(0)スタッフ 

2014年10月14日

当院の定期検診についての勉強会5

今回の院内勉強会では、当院における定期検診について、歯科衛生士の西田さんが発表をされました。

その内容について、ご報告させていただきます。

最近では、予防歯科に力を入れている歯科医院も多く見られますが、世界規模で見ると国民全体の歯科検診の受診率は、予防歯科の先進国スウェーデンが90%、次にアメリカとイギリスが70%であり、それに比べ日本は2%と低いのが現状です。

スウェーデンも昔は虫歯や歯周病の発生率が高かったのですが、国民の口腔内への意識の変化と検診の普及によって、大幅に減少したそうです。

継続的な検診によって、80歳時の残存歯数にも大きな違いが出るようで、スウェーデン・アメリカ・イギリスで平均14本以上なのに対し、日本は平均6本という結果であるということです。

 当院では、治療終了後3〜6ヶ月おきに定期検診のご案内をさせていただいています。検診の内容は主に歯ぐきの検査・歯石除去・歯面清掃・咬合診査などです。

歯を失う原因は、虫歯と歯周病によるものと考えられるため、普段のブラッシングではなかなか取れない歯垢や歯石などの定期的なクリーニングを受けることをおすすめします。

これからも当院では検診の重要性をお伝えして、1人でも多くの患者様が10年後、20年後もご自身の健康な歯で美味しいものを食べることができるように、お手伝いしていけたら…と改めて実感しました。



松田歯科医院 受付 長迫舞奈

松田歯科医院・口腔インプラントセンター奈良
〒633-0253 奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
TEL:0745-82-0395
www.matsudashika.com

matsudashika at 17:54|PermalinkComments(0)スタッフ 

2014年08月18日

口呼吸の方におすすめ あいうべ体操  宇陀市の歯医者 松田歯科医院5

7月27日、奈良県歯科医師会館にて今井一彰先生による、「あいすべき、いのちを、うまれかわらせる、べろの体操 〜あいうべ体操〜」の講演会に参加しましたので、その報告をさせていただきます。
IMG_2191











講師の今井一彰先生は、福岡市にある「みらいクリニック」にて、院長をされております。

その今井先生が考案されたのが、口を大きく「あー、いー、うー、べー」と動かす「あいうべ体操」です。

人間は本来、鼻から呼吸をするものなのですが、近年口呼吸をされている方が増加しています。

口から呼吸をした場合、細菌やウイルスなどが、ダイレクトにのどや肺に達し、それが様々な疾病につながっていきます。

口呼吸をすることによって、生体の機能的、形態的障害がひきおこされるのです。

そういった口呼吸の習慣や口呼吸による舌の位置の低下に対して「あいうべ体操」が有効です。

講演会では、アトピー性皮膚炎や関節リウマチの患者さまが「あいうべ体操」を1日30回行うことにより症状が軽減した例や、小学校で1日30回「あいうべ体操」を行った後に、インフルエンザに罹患する生徒が減少した例などみました。

今井先生は、「原因不明の病はあるが、原因のない病はない」とおっしゃっておられました。

海をきれいにしようと思ったら、まずは川の上流に目を向けていくように、目の前の患者さまの今現在出現している症状に目が行きがちになるが、それにとらわれすぎると病の本質を見失うと。

今井先生が、まず人間の土台とは何か?と考えたときに、呼吸に思いあたったそうです。

人間は食事で口から1日約1.5埒物を摂取しますが、呼吸ではなんと1日20垳撞曚砲茲蟠気を出し入れしています。

その呼吸が間違った方法であると、疾病となって体に現れる、とのことでした。

今井先生のお話は、とても上手で聴きやすくとてもわかりやすい講義でとても勉強になりました。

今回のこの講義について、スタッフ間でも理解を深め、治療に取り入れていけるところがあれば、院長先生と相談しながら取り入れていきたいと思います。


松田歯科医院 歯科技工士 濱辺友里


松田歯科医院・口腔インプラントセンター奈良
 〒633-0253
奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
 TEL0745-82-0395
www.matsudashika.com

matsudashika at 20:35|PermalinkComments(0)スタッフ 

2014年07月02日

池田さんの送別会と花岡先生の認定医合格の祝いの会5

6月28日に池田さんの送別会と花岡先生の顎咬合学会の認定医試験の合格祝いを兼ねて、八木の星屑亭で食事会を行ないました。

池田さんは現在の医院の建て替え前から、受付兼歯科助手として当院では一番長く勤務されています。

患者さんや先生、スタッフからの信頼も厚く、私も勤めた当初から今まで本当に沢山の事を教えて頂きました。
いつも笑顔でテキパキとどんな仕事もこなし、「困った時は池田さん!」と、私達にとって本当に頼もしい存在でした(^-^)

そんな池田さんは7月末で退職し、ご主人の勤務先の福山へ引っ越しされるので、本当に寂しくなります。

食事会では思い出話に盛り上がり、最後に感謝の気持ちを込めて、全員から花束を送らせて頂きました。
4










          
その後、花岡先生の顎咬合学会認定医の合格を祝って皆で乾杯!をしました。

花岡先生は診察の合間の空き時間も、真剣に勉強をされていました。

そして難しい認定医試験に一発合格されてました(^-^)
本当におめでとうございます!
2











美味しい沖縄料理や泡盛、お酒をたくさん頂いて、皆でワイワイガヤガヤと本当に楽しいお食事会でした。

3











松田歯科医院
山本恵子

松田歯科医院・口腔インプラントセンター奈良
 〒633-0253
奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
 TEL0745-82-0395
www.matsudashika.com

matsudashika at 16:12|PermalinkComments(0)

2014年06月03日

Osseo Skarp Institute (O.S.I.) Study Club 14th Conference in Copenhagen & Malmo University5



2014年5月4日に第14回O.S.I. Study Club Conferenceがデンマークのコペンハーゲンで、翌5月5日にスウェーデンマルメ大学で研修コースが開催され、日本全国から23名の歯科医師が参加しました。

当初はLars Kristerson先生の長年に渡るO.S.I.最高顧問としてのご貢献に対する感謝の会を日本で開催する事を予定していましたが、先生が体調を崩され、来日が不可能となった為、我々の方が現地に行くということになり、今回のConferenceを北欧の地で行う事となりました。

2014年5月4日に第14回O.S.I. Study Club ConferenceがコペンハーゲンのImperial Hotelで行われました。

Sten Isaksson先生、Jonas Peter Becktor先生に続いてO.S.I.前会長である松川真敏先生の退任記念講演が行われました。

また本年より新会長に就任した私も新会長就任記念講演を行いました。

次にマルメ大学大学院顎顔面外科学講座博士課程のスウェーデン人歯科医師2名が発表した後、パーティーが開催されました。その際にLars Kristerson先生がOSI 最高顧問を退任されSten Isaksson先生が最高顧問に、Jonas Peter Becktor先生が顧問に、それぞれ就任される事が発表されました。

Lars Kristerson先生は口腔外科医としてインプラント外科の指導、普及に生涯を捧げられ、世界各国にその志を受け継ぐ後継者を育てられました。

特に日本では、「人生の4年を過ごした事になり、思い入れが一番強い国であり、多くの優秀な日本人歯科医師の同僚と仕事ができた事は光栄であり幸せであった」と述べられました。またこの日を最後として全ての歯科に関わる仕事から引退する決意を表明され、参加者全員に惜しまれながら会場を後にされました。

翌5月5日にはコペンハーゲンから海底トンネルを通り、バスでスウェーデンに移動してマルメ大学の研修コース(Malmo  University Department of Prosthodontics Course for Japanese clinicians)を受講しました。

マルメ大学コースは現地で准教授になられている神保良先生、神野洋平先生に協力していただけたおかげで、豪華な講師陣で内容も充実しており、参加者も満足していました。両先生には本当に感謝しております。

自分は2003年以来、スウェーデンにインプラント研修のためほぼ毎年、合計14回渡航しています。派手さは無いものの常に世界をリードする最新の研究と、40年以上の臨床結果からのシンプルなトラブルにならない治療思想を学べることは自分の臨床にとって非常に有意義であると考えています。

本研修では23名もの参加者が様々な事を学んで帰りました。O.S.I .Study Clubでは今後もヨーロッパやアメリカの海外研修を継続し、最新の情報や技術に触れる機会を創るとともに、海外と生で交流する事で、会員の先生方に広い視野、優れた技術と倫理観を持っていただきたいと考えています。

新会長就任記念講演を行う筆者。
1










新しく顧問に就任したJonas Peter Becktor先生。
2











退任記念ケーキに入刀するLars Kristerson先生。
3










左から松川真敏先生、金城清一郎先生、寺西邦彦先生、筆者、原正幸先生、伊藤雄策先生。
4









長年に渡りO.S.I.名古屋サイナスリフトコースで講師をつとめた功績に対して、Lars Kristerson先生から感謝状を授与していただきました。
5











日本人参加者とスウェーデン人顧問の先生方。
6











研修後に訪れたコペンハーゲン北西の街ヒレロズにあるフレデリクスボー城。
7












OSI Study Club 会長
奈良県宇陀市開業
松田歯科医院 ・ 口腔インプラントセンター奈良
所長 松田博文


〒633-0253奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
TEL0745-82-0395
www.matsudashika.com



matsudashika at 17:44|PermalinkComments(0)研修 

2014年05月16日

当院の定期検診システムについて5

当院では治療が終了した後、
4〜6ヶ月に一度の定期健診を行なっています。

検診は虫歯や歯周病の進行を早期に発見することができ、お口の健康を維持するのにとても大切です。

 ≪検診の主な内容≫
虫歯のチェック
 歯周病の検査
クリーニング(歯石除去など)
パノラマレントゲン撮影(年に1回)

*虫歯など治療が必要な場合は、予約時間の都合上、緊急を要しないときは次回にご予約をしていただいています。

そしてクリーニングの最後にブラッシングをさせてもらっています。

このときに、お家で普段お使いの歯ブラシのチェックもさせてもらいたいので、できればご持参いただくようお願いします。

歯科衛生士 松田 早織

松田歯科医院・口腔インプラントセンター奈良
 〒633-0253
奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
 TEL0745-82-0395
www.matsudashika.com

matsudashika at 01:55|PermalinkComments(0)お知らせ 

2014年03月03日

社員旅行へ IN 沖縄 宇陀市の歯科医院 「松田歯科」5

2014年2月9日〜12日に院内旅行で沖縄に行って来ましたので、
報告させて頂きたいと思います。


関西国際空港より、約2時間半。
沖縄は亜熱帯に属する温暖な気候が特徴の島。
日本最南端に属し、美しい海に囲まれた島です。
独自の文化を持ち、アジアを代表するリゾート地として、日本だけでなく
世界中から注目を集めています。


出発の日、東日本で降った雪の影響のため関西国際空港でも発着の
便に影響があり、私たちが搭乗する便も3時間ほど遅れました。
沖縄に到着したのは、午後3時...。
天候は仕方ないですね...(;_;)

早速、国際通りにあるステーキハウス老舗のステーキハウス88へ。
本格アメリカンスタイルのステーキが楽しめる有名店です。
お腹がペコペコのわたしは、130グラムのステーキを完食しました(^^)/

1











二日目は、自由行動だったので、私たちは海中展望台やフルーツランドや
美ら海水族館、沖縄そばの有名店などにレンタカーで巡りました。
あいにくの雨だったので、屋内で楽しみました。
美ら海水族館には、水量7500トンの世界最大級の大水槽「黒潮の海」が有名です。
ジンベイザメやマンタが小さく見えるほどの大水槽で、私たちは大興奮でした(^^)/

2









3







夕食は沖縄料理を頂きました。
エイサーなど琉球舞踊を見ながら、沖縄料理を頂くというお店で最後に
舞台上で写真を撮ってもらいました。

4








三日目はよい天気に恵まれ、私たちは国際通りへ。
沖縄で最も賑やかな通りであり、沖縄最大の歓楽街です。

夕食はアグー豚のしゃぶしゃぶを頂きました。
驚くほど甘く、口の中でとろけてしまいました。
お皿に並べられたお肉はアートでした(>_<)

5












6







院長はじめ、スタッフの皆で美味しい食事や観光を楽しむことができました。
楽しかった思い出を胸に、また日々の診療で頑張りたいと思います。



歯科衛生士 亀井香奈子
松田歯科医院・口腔インプラントセンター奈良
〒633-0253奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
TEL0745-82-0395
www.matsudashika.com


matsudashika at 21:59|PermalinkComments(0)スタッフ 

2013年08月03日

2013. 4.30 – 5.4 Malmo University 研修

皆さんこんにちは!
平成24年5月のスウェーデンとデンマークでのインプラント研修の報告をさせていただきます。
今回は日本のゴールデンウィークに合わせて行いましたので、航空券の都合でノルウェーのオスロとベルゲンを経由して、2013年4月30日からスウェーデン マルモ大学口腔外科とデンマーク コペンハーゲンのDr Becker’s Clinicで研修を受けてきました。

スウェーデンには既に10回以上渡航していますが、マルモ大学での研修は初めてでした。マルメとコペンハーゲンは比較的近く、鉄道で約20分の距離です。今回お世話になったBecker先生はスウェーデンのSten Isaksson先生の同僚で、コペンハーゲン市内でインプラントクリニックを開業されながらマルモ大学口腔外科講師も兼任されていますので、大学病院だけでなく一般開業医のインプラント治療を見る事ができたことは有意義でした。

研修はマルメ大学とBecker先生の医院で、講義や新しい人工材料を用いた骨造成のライブオペを見学しました。

日本のインプラント治療技術も今や世界トップレベルに迫っていると感じていますが、最近は治療トラブルに関する報道も耳にする事が増えてきています。
スウェーデンにおけるインプラント治療は長い歴史があり、今なお世界をリードしています。11年前に初めてスウェーデンで学んだ、原理原則を重んじてシンプルに考える治療思想を、これからも堅持して安心安全なインプラント臨床を継続することが大切だと思いながら、帰国の途につきました。

1

















マルモ大学口腔外科の研修にイタリア サンレモから参加された、友人のGiuseppe Gandolfo 先生と私

2








デンマーク コペンハーゲンのBecker先生のClinicでのライブオペ

3








Becker先生のClinicでの集合写真

松田歯科医院・口腔インプラントセンター奈良
所長 松田博文
〒633-0253奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
TEL0745-82-0395
www.matsudashika.com


matsudashika at 02:48|PermalinkComments(0)

2013年01月18日

松田歯科医院 院内旅行 〜2013 台湾〜

2013年1月、毎年恒例の院内旅行で台湾へ行ってきました。

関西から約3時間、現地の気温はほぼ日本と同じ寒さでした。

日本の植民地であった時代の名残が食文化や生活習慣に数多く見られ、現地の人々はとても親日的で温かい印象を受けました。

1日目、現地ガイドの方の案内で台北の「中正紀念堂」へ。
DSCN3128



ここは蒋介石の功績を称え建設された台湾最大の公共建造物であり、敷地内にはコンサートホールもありました。
その後は、台湾最古の寺院である「龍山寺」へ。日曜日ということもあり、参拝客で大変な賑わいでした。

2日目、ルーブル美術館や大英美術館と並び、世界四大美術館と称される「故宮博物院」へ。
豪華な館内には約65万点の宝物がありました。

次に、最近一番人気の観光スポットである「台北101」へ。
DSCN3175


高さ508m、ギネスブックにも載っている世界最速のエレベーターでは、5階の入り口から89階の展望台まで37秒だそうです。
この日の昼食は、院長先生おすすめの「ディンタイフォン」という中華料理のお店で絶品の小籠包をいただきました。

夜は、全員で夜市へ。たくさんの人の熱気で遅くまで盛り上がっていました。
DSCN3161


DSCN3160


3日目、千と千尋の神隠しの舞台となった「九份」へ。海を望む石畳の街並みは、まるで映画のような趣がありました。お洒落なお茶屋さんで、美味しいお茶をいただき、写真を撮り、みんなで最終日を満喫しました。

DSCN3220


先生方、スタッフと美味しい料理と楽しいお酒をいただき、素敵な風景に癒された三日間でした。また来年も全員でどこかへ旅するのを楽しみに、日々頑張りたいと思います。


松田歯科医院 受付 長迫 舞奈

〒633-0253奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2
TEL0745-82-0395
www.matsudashika.com


 



matsudashika at 17:17|PermalinkComments(0)スタッフ