C56_resize1
C55_resize1

C59_resize1

C72_resize1

C69_resize1



抜歯後にすぐにインプラントが出来るかどうかは、その歯が感染しているかどうかにかかってきます。

歯根が破折した場合で、日時があまり経過していない場合。
歯冠が外傷等でない場合。
被せものが何度も脱離し、歯根が再利用出来ない場合。  等

いずれにしても、抜歯しなければいけない歯根が感染していない事が条件です。

また、運良く感染していなくとも、歯根の周囲の骨が吸収しており、インプラントが初期固定出来なければ、難しいです。

インプラントが骨と結合するには(オステオインテグレショーン)、インプラント全体が骨の中にいなければいけません。

そして、骨と結合するためには、動かない事が条件です。



インプラントを骨の中にいれても、グラグラ動いていれば、骨と結合しません。

そういう意味で、歯を抜いた穴にインプラントが入ったとしても、上記の条件をクリアしないと成功しません。

ある意味、抜歯後即時埋入は難易度が高い手技です。

出来れば、骨が完全に出来、そして歯肉が塞がってから、インプラントを行いたいものです。
しかし、患者さんからみると、歯を抜いて3ヶ月待って、手術し、さらに3ヶ月待ってやっと噛めるようになる。結構長いですよね。

その点、抜歯即時埋入は半分の2−3ヶ月で噛めるようになります。
うまくすれば、仮歯を入れて、歯を抜いたかどうか分からないように出来ます。

写真は、差し歯が何度も脱離して、歯根が再利用できなくなった症例です。

抜歯後、大きな穴があいています。

その穴よりも若干大きめのインプラントを選択します。
しかし、インプラントは円柱ですから、当然外側と内側に隙間が出来ます。
その隙間に骨補填材を填入し、歯肉を軽く縫合し、閉鎖します。
そうすると、2−3月経過後に、写真のように、歯肉が綺麗にインプラントに結合し、歯型がとれるよになります。

オールセラミックスの歯をネジで止めて、その穴をレジンで封鎖します。
どうですか?
自分の歯と変わらないと思いませんか?
 
1本歯が抜けた時だからこそ、多少お金がかってもインプラントをすることをオススメします。
1本だから、ブリッジでいいやと思って、綺麗な歯を削ってしまうと、10年前後に、再治療の蟻地獄にはまります。

歯は削らない方が長持ちします。

若い人達こそ、もし、歯が抜けたらインプラントをして下さい。

そうすれば、ブリッジや針金入れ歯の世界に入らなくともいいかもしれません。

岩手県盛岡市下太田沢田68-2
松舘歯科医院
019-659-2566

盛岡市松舘歯科公式サイト
http://www.matsudate.com/
まつだて歯科スマイル新聞
http://blogs.yahoo.co.jp/kunibo55
ホワイトニングの歯医者松舘歯科
http://siroihamatsudate.blog97.fc2.com/
歯周内科ブログ
http://periomatsudate.blog48.fc2.com/
矯正歯科治療ブログ
http://kyouseimatsudate.blog129.fc2.com/
まつだて歯科医院ツイッター
https://twitter.com/MatsudateCom
審美歯科、ホワイトニングの松舘歯科
http://siroihamatsudate.blog97.fc2.com/