山形大学工学部は7月13日、インプラント(人工歯根)と顎の骨の結合度を高める生体必須元素放出型インプラントを開発したと発表した。

チタン製インプラントの表面にクロムを施して、骨の形成に必要なコラーゲンの生成を誘導する。

従来よりも3倍の結合力になるという。


山本修教授(生体機能修復学・医工学)が、精密機械製造販売の世田谷精機(東京都町田市)と共同で開発。
 

インプラントでは骨との間にわずかな隙間が発生、ここに細菌が入ってインプラント周囲炎症を起こすと
骨自体が溶解する場合すらある。

隙間を早期に埋める骨の形成を促す生体必須元素を徐々に放出するようにした。
 
以上の報告によると、インプラント手術した後も早期に結合すれば
1ヶ月後に補綴をして食事が普段と変わらなくできるようになるかもしれない。

 
盛岡市松舘歯科公式サイト

http://www.matsudate.com/
まつだて歯科スマイル新聞
http://blogs.yahoo.co.jp/kunibo55
ホワイトニングの歯医者松舘歯科
http://siroihamatsudate.blog97.fc2.com/
歯周内科ブログ
http://periomatsudate.blog48.fc2.com/
矯正歯科治療ブログ
http://kyouseimatsudate.blog129.fc2.com/
まつだて歯科医院ツイッター
https://twitter.com/MatsudateCom
審美歯科、ホワイトニングの松舘歯科
http://siroihamatsudate.blog97.fc2.com/
松舘歯科インプラントセンター、フォーレストヒルズインプラントセンター
http://implantmatsudate.blog104.fc2.com/ 

岩手盛岡の松舘歯科インプラントセンター