空を見上げて

運営推進会議 平成26年10月

定刻の午前十一時落合雅憲議長が開会宣言を行った。「前回は六月に開催され、今回は十月なので四カ月ぶりの開催である。この間に施設を取り巻く諸状況は変化しております。そのことを含めて忌憚のないご意見を頂戴することで、今後の施設運営にいかしたい」と挨拶があった。

続いて吉岡正至会長より「夏祭りでは協力頂き、今度の地区文化祭でもお世話になる。地域にこのような施設があるので安心して生活が出来る。」と挨拶があった。その後落合議長より、議事録署名者に小山洋二郎委員が指名されたと報告があり議事に移った。

          利用実績及び業務実績について落合議長より報告を行った。

「まずは、資料の一―一。介護ステーションわかくさの家の宿泊者数だが、七・八・九月、十月については、前年二十五年度と比較すると毎月実績を上まわつている。 またピークであった二十二年度、二十三年度と比較するとまだ肩を並べるまでは回復していないが、少しずつ良くなってきている。

続いて、資料一―二のデイサービスわかくさについてだが、七月から利用者が毎月一〇〇〇人を超えている。一番良い年であった二十年度は四月から一〇〇〇人を超えているのでまだそこまでは行かないが、今年度は四月から九〇〇人台、七月から一〇〇〇人台と利用されており、二十四年度、二十五年度と比較するとかなり良い数字となっている。最終的には一二〇〇〇人は超えるのではないかと思う。

次に、資料一―三のわかくさ別館についてだが、二十五年度と比較すると数値は良かったり悪かったりしているが、二十四年度と比較するとずっと良い。わかくさ別館は前述の二つの施設と比べると利用者数の傾向は違うが、数値は戻ってきつつあるのではないか。一週間のうち六日間利用されている方が四〜五人、他所に移られたので今後どのような影響が出るのか心配であるが、新規利用者を確保することで何とか減少を抑えたい。」

利用者実績・業務実績の報告を受けて、質疑応答へと移り、各委員より次のような質問があった。

まずは野津照雄顧問より「先程よそに移られたと言われたが、どちらに行かれたか」との質問を受け、落合議長より「入所された方が多い。高齢のため自宅での負担が大きくなってきたことが要因と思われ、やむを得ないことかもしれない」と回答があった。その質問を受け、古藤政宣委員より「その方は紹介でいくのか、自分達で探していくのか。わかくさの家は必ず月一度は帰らないといけないが、家族の負担もあるのでそれをなくして泊まるということは出来ないのか。帰ったということにしてそのまま泊まるということは出来ないのか。よそは満員でなかなか入れなかったり、月に十四万〜十五万にかかるところもある。ずっとおられるようにはならないのか。」と質問があり、落合議長より「実際に利用者の家族からも、急に一日帰ってきたときに負担が大きいというような意見も聞いている。在宅支援からスタートしたというところもあり、それに準じていこうという考えでいるため、月に一回は自宅へ帰宅して頂いている。常時お泊りになる方が増え、その方たちで満床になればその方たち以外のデイサービス利用者の方はお泊り出来なくなる。家族の方が旅行された、あるいは病気になられて自宅で介護出来ない場合に利用して頂きたいという思いもある。」と返答があった。吉岡正至会長より「朝酌にこのような施設は一つしかないので有り難い。」と話があり、次の議題に移った。

 石村精二委員より「鹿島病院はどのような分類なのか」と質問があり、「介護療養型であり、国の方針で今後無くしていくという方向になっている。日赤や市立病院の受け入れ先としてよく利用される。」と小谷委員より回答があった。

 そして、[グループホームの費用一覧(一ヶ月あたり)]という資料を参考に小谷委員による説明が続いた。

 落合議長より「年金の額は決まっているが、資産の調査はあるのか。」と質問があり、「所得調査がある。」と小谷委員より回答があった。その回答を受け、「わかくさは毎日利用されて九万円弱。必ず毎月一度の休業日があり、その日にはご自宅で看ていただくということを考えて、わかくさは特養などに比べると利用料金は若干高くつくが、グループホームに比べると安い。」と落合議長より意見があった。

 続いて、古藤政宣委員より「介護度は関係あるのか。」と質問があり、小谷委員より「介護度は関係ある。要介護気世犯駘僂少なくなる。介護保険は支給限度額というものの枠内に納めなければならず、要介護気世繁萋利用したと仮定して、十五日くらいで限度額を使い切り、あとは1,800円の自費利用となる。自費利用も重なれば厳しい。要介護靴世斑度良いのではないかと思う。」と回答があった。

さらに、古藤政宣委員より「日中一人でおいておくのは危なくていけない。お金は出すからわかくさに行けというお宅もある。どのようにして利用したらよいのか。」と質問があり、「介護保険施設なので、まずは介護保険の申請が必要。申請には主治医の意見書が必要である。デイサービスというとボケた人が行くものだという認識があり未だ抵抗感も有るにはあるが、最近はリハビリに特化した半日利用のデイサービスなどもあり、考え方も変わってきたのではないか。何か利用について相談事があれば直ぐにでも駆けつけるので、情報をいただきたい。」と小谷委員より回答があり、質疑応答が終了し、次の議事へ移った。

 二十六年六月〜十月間のイベント開催及び交流事業、今後のイベント計画及び交流計画について落合議長より説明があった。

 「六月には友愛訪問があり、田辺委員にも来て頂いた。朝酌小学校との交流会は、一回目ということもあり、生徒さんが緊張しているようだった。また山藤様&クンチャーズでは演奏も行って頂いた。七月には朝酌小学校との二回目の交流会があり、八月には地区夏祭りでわかくさからも九名、参加させて頂いた。水郷祭の庭園解放は雨天のため中止。他にもミニ夏祭りを開催し、デイでは年に二回のあるうちの避難訓練を行った。九月には去年から始めた敬老会を行った。交通安全教室では駐在所から来て頂いた。交通というよりはどちらかというと振り込め詐欺についての話が多かった。十月は、職員研修旅行があり、今年は岡山へ行った。買い物外出では、今回はキャスパルの方へ行った。ハゼ釣り大会では福祉推進員さんにも協力頂いた。風は強かったが、天気に恵まれた。大橋川流域イベントでは庭園を中心にしじみ漁やカヌー体験などの社会実験が色々と行われた。市の方より、予定より多くの方が参加されたと感謝の言葉を頂いた。

 次に今後のイベント計画について、十一月は地区文化祭があり、わかくさもサークルで作ったものや、利用者の方と一緒に作ったものを展示販売をさせて頂く。フォーゲルパーク散策はわかくさの三大イベントの一つであり、福祉推進員さんの協力をいただきたかったが研修会が重なったことから協力をいただけなくて残念に思う。十二月にはハンドベル演奏会、松江東高校の吹奏楽部に来て頂いての演奏会、クリスマス会を予定している。来年一月には、初詣を予定しており、日程は決まっているが場所は未定。大正琴も予定には入れているが、まだ未定。二月にはわかくさ恒例の餅つき、これも日程は未定。幼稚園発表会の見学は、前日にリハーサルを行うようなので、お邪魔させて頂く。三月には松江東高校による吹奏楽演奏会を予定しているが、十二月にも来て頂くため、こちらは未定となっている。」と説明があり、質問がなかったため、以上で議事は終了となった。

最後に、「高齢者住宅、介護漬け横行」という新聞記事について意見交換を行い、閉会となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



matsue47matsue47  at 18:02  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

第27回運営推進会議

第27回「介護ステーションわかくさの家」運営推進会議

開催日    平成26年 6月13日(金)

              午前11時〜

開催場所   介護ステーションわかくさの家ホール

 

 

定刻の午前十一時過ぎ落合雅憲議長が開会宣言を行った。

新委員挨拶ということで、小山洋二郎委員より自己紹介も兼ねて、挨拶があった。

続いて各委員・顧問・事務員自己紹介となり、古藤政宣委員、吉岡正至会長、小谷由佳委員、山根優二事務員、落合雅憲議長、野津照雄顧問、田邊俊夫副会長、石村精二委員、古藤正美委員の順で行った。

利用実績及び業務実績について落合議長より報告を行った。

「最近は不幸にもお亡くなりになられた方や、入所が決まる方などが続き、その穴埋めが十分に出来ていない現状があるにはありますが、問い合わせもあることから右肩上がりの傾向は続いていると言えます。」と説明があった。


「続きまして資料の一―一ですが、宿泊者数の数になっております。二月に百四十二人、三月に百五十六人、今年度は四月が百九十四人、五月が百九十人と二十五年度当初に比べると増えています。

資料の一―二はデイサービスわかくさの利用者実績になっています。こちらは宿泊との絡みが強く、同じような推移を辿っています。二十五年度は一万八百八十一人と二十四年度より増加しており、過去最高の十九年度、二十年度との間にはまだ距離間は開いていますが、徐々差は縮んでいると思います。周辺に同様の施設がどんどん増えてきていて競争も年々激しくなっていることを考えると健闘はしているのかなと思います。二十六年度の出発点としてはまずまずの数字ではないでしょうか。

資料一―三はわかくさ別館の利用実績になっています。二五年度で一五六八人、二四年度が極端に低かったので少し回復しました。、今年度のスタートもまあまあの数字です。」と報告があった。また資料とは別にリハビリの分野も需要があり、「四月に一名退職し、職員の数も減ったが、リハビリの内容として特に変わりがない。」と説明があった。また、山根事務員より「現在、訪問リハビリは日曜を除く週六日、ほぼ毎日午前・午後と訪問に伺っている。訪問範囲も東出雲町や八束町の方まで広がっています。まだまだ需要があり、現在も八束町の方から依頼がきています。」と訪問リハビリの説明を行った。

落合議長より四月にケアプランわかくさと陶芸教室の建物が竣工したことや、ケアプランわかくさの職員数も四名になったと報告があった。また、ケアプランわかくさでは施設内のケアプラン作成が主であり、一人当たりの受け持つことの出来る人数が決まっていることを説明し、小谷委員より「現在全部で約七〇名を受け持っている」と説明があった。利用者実績・業務実績の報告は以上となった。


 利用者実績・業務実績の報告を受けて、各委員より次のような質問があった。

.妊ぅ機璽咼垢聾什漾⊃Π何人でやっているか。またわかくさ別館利用にあたり何か条件があるのか。⊆秡隸爐箸亙夢曚里海箸。「橋が出来て、津田の方の利用者が増えてきている」など分析はしているのか。そ蒜颪篭きがあるのか。グ柄亜入浴だけに来るという方がいたが、料金は安いのか。Δ錣くさを利用していた方で、他の施設を利用され、やはりわかくさが良いと言って帰ってこられた方はいるのか。と質問があった。

 まず,紡个靴董⇒邱腟陳垢茲蝓岼貽十五名程度。別館の利用条件としては、デイを利用するが人数が多く自分に合わないという方もおられ、そこから移るケースがある。もちろん直接別館へ行かれる方もおられる。」と回答があった。

 続けて、△紡个靴董◆崋秡隸爐蓮内中原にある施設のことで、この法人とは無関係である。」と回答があった。

 次に、に対して、小谷委員より「分析はしていないが、橋が出来たから津田の方面の利用者が増えているということはない。利用を勧める時は、泊まりも一緒にできますよ、などサービスの内容を説明している。」と回答があった。

 続けて、い紡个靴董嵳貌によっては満床という日もあるが、空きはある。突然のケースにも出来るだけ対応していきたいと考えている。自宅でも介護をしたいが、少し休憩をしたいという方にも対応していきたい。」と回答があった。その回答を受け、古藤政宣委員より「八五歳の人が家にいると、どんどん体力や気力が落ちていくが、わかくさに行くと八五歳のまま続いていく。」と話があった。

 次に、イ紡个靴鴇谷委員より「基本料金があり、入浴やリハビリはオプションとして基本料金に追加される」と説明があった。その説明を受け、吉岡会長より「臨時の時もあり、自分で入浴することが難しいということもあるので、ここで対応して頂ければ。」と話があった。

 最後に、Δ紡个靴董屬錣くさから入院され、老健へ行かれ、そしてわかくさへ帰ってこられた方はいる。老健は何ヵ月単位なので、やはり自宅で見たいという方のご相談には乗ったことがある。」と小谷委員より説明があり、続けて落合議長より「わかくさの宿泊施設は月に一日、ご自宅へ帰っていただくという規則を設けている。一日でも家へ帰られると、やはり大変だとの感覚をもたれ、負担に思われる方もあるようだ。こうした方へは施設入所をお勧めしている。わかくさの家はあくまで家庭介護の延長線上にある施設であると認識している。」と説明があった。

 
 利用者実績・業務実績の質疑応答が終わり、落合議長よりヘルパーステーションの現状について、「四月からヘルパーステーションはスタッフ数の不足のため営業できず、休止している。三本柱として大事な部門だが、やむを得ず四〜六月は休止した。ヘルパーは時間単位でサービスに入らなくてはならず、その時間だけ来てヘルパーに入って下さいという登録ヘルパーでは人が集まりにくい。この地域の方からはヘルパー事業の継続を望む声もあるので、スタッフが整えば再開したい。」と説明があった。その説明を受け、野津照雄顧問より「休止となると、今まで利用していた方はどうなったのか」と質問があり、落合議長より「三月まで持っていた十〜十二名の利用者の方は、他施設へ委託した。再開するとなると、利用者はゼロの状態からスタートしなければならない。六月二二日には営業更新の手続きををしなくてはいけないが、スタッフがいないと更新出来ない。現状では一度廃止にしなくてはいけないかもしれない。」と回答があった。

 次に、資料二の二六年二月〜五月間のイベント開催及び交流事業について、落合議長より説明があった。

 質疑応答に移ると、吉岡会長より「夏祭りは新入職員等とあるが、新入職員だけではないのですか。」と質問があり、「三名では寂しいですので七〜八名で若手を加えて行う予定です。」と落合議長より返答があった。
 最後に利用者の動向について、小谷委員より説明があった。「利用者の動向については、利用者の増減には流れというものがあり、増える時には増えるが、減るときにはまとめて減ることがある。最近、近所を散歩されていた利用者の方が、知り合いでわかくさに行ってみたいと言われる方がいると言っておられた。迎えに来てもらえることを知らず、送迎もすることを伝えると喜んでおられた。その方も他の方を誘ってみると言われ、口コミで広がっていくことも大事だなと感じた。利用者を増やしていくことはもちろん大切でありその努力を惜しむ事はないが、今おられる利用者の方へも施設の良い点を発見し活用していただくことや、職員のサービス心や介護スキルの向上に努力していかなければいけないと感じた。」と話があった。

 
 以上で、議事は終了し、質疑応答もなかったため、閉会した。

 



matsue47matsue47  at 10:59  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

第13回わかくさの家運営推進会議

 

 

第13回わかくさの家運営推進会議

日 時:平成21年9月28日(火)
場 所:介護ステーションわかくさの家 ホール


 定刻の午前十一時過ぎ、落合雅憲法人事務局長が第十三回運営推進会議の開会宣言を行った。引き続いて、古藤政宣会長より「朝酌や高齢者を守るためにこれからもわかくさには頑張ってもらいたい」と挨拶があった。その後、議事録署名者に織奥委員を選任した。

次に事務局からの報告に移った。

落合議長が「わかくさの家の利用実績については去年と比較致するとほぼ横ばいで安定している。デイサービスわかくさの利用実績についてであるが、昨年度の月平均から比べると今年度は三〇名程度の減少がみられる。原因としてはご利用者の入院、死亡などが考えられる。」と報告した。

続いてわかくさ別館の利用実績について有田委員より「四月から九月まで順調にご利用者が増加している。認知症対応型のデイサービスと言うこともあり、ご利用者の方々に環境に慣れて頂くためにできるだけ毎日利用をお勧めしてことも利用者増の要因と考えられる。」と報告を行った

 

わかくさ別館について各委員からは次のような質問があった。

Q1 「毎日の平均利用者数は?」

Q2 「現在のご利用者はどうやって認知症対応のデイサービス  を選択することになったのか?」

Q3 「ご利用者は毎日どんなことをして過ごしておられるのか?」

Q4 「ご利用者同士の会話はあるのか?」

Q5 「男性と女性の比率はどのくらいか?」

Q6 「ご利用者の年齢は?」

Q7 「業務上で困っていることはないか?」

 

これに対して以下のような回答があった。

A1 「少ない時は四名くらい、多い時は一〇名くらいで、平均すると六・七名程度の御利用がある。」

A2 「通常介護サービスを利用される場合、ケアマジャーなどが相談を受けてその方の心身の状況などを見極めてどのようなサービスを利用されるのが良いか提案することがあり、選択肢のひとつに認知症対応型のデイサービスを紹介されることもある。選択するのはご本人やご家族なので、こちらからご利用者や積極的に認知症対応のデイサービスの利用を進めるわけではない。」

A3 「特に何をしなくてはいけないと決まっているわけではないが、職員はゆっくり会話することを心がけている。言葉を選んで会話をするということは認知症の方にとって難しいことなので、ゆっくり考える時間を作ることで会話ができるよう援助していく必要がある。また、その方の体調などにも配慮して休養が必要な場合は休んでいただいたりもする。」

A4 「同じ話を繰り返しされていることもあるが、会話は成立しているようだ。」

A5 「現在は男性の方が多い。」

A6 「54歳から102歳までの方にご利用頂いている。」?に対しては「ご家族が協力的で、人数が少ないため送迎時も時間があるのでご家庭での様子をゆっくりと聞くことができる環境があるので、そこはメリットであると思う。また、新人職員も馴れてきたため現在は落ちついていると思う。」

 

この他、各委員からは

「年々忘れっぽくなるからこう言う施設があると安心できる。」

「(わかくさ別館の申請について)認知症になりる前にしっかり対応して頂ける施設を・・・と市に対して話していたので、ぜひ頑張ってもらいたい。」

「男性は頑固な方が多いと思うが、たくさんの方がわかくさ別館を利用されていることは良いことだと思う。」なども意見があった。

 

続いてイベント開催及び交流事業について落合議長より「まず、六月・七月の行事としては朝酌小学校との交流会、松江市立第二中学校の実習受入れ、家族会の役員会、教職一一年目研修の受け入れを行った。八月には水郷祭の開催に合わせて庭園開放を行ったり、朝酌地区の夏祭りには職員が参加させてもらい事業紹介とPRを行った。介護教室は家族会との共催と言うこともあり多くの方にご参加頂いた。また当初は八月に避難訓練を実施した。一二月は防火訓練を行い消化活動の練習なども行うようにしている。九月は先日ハゼ釣りを行った。天候にも恵まれ、御利用者に楽しんで頂くことができたと思う。福祉推進委員の六名の方にもご協力頂きありがたかった。また、弊社の職員を対象とした交通安全教室も実施した。十月には隠岐民謡の踊りの会の方に踊りを見せて頂く予定がある。また、ご利用者を対象とした交通安全教室、文化祭への出品、各種学校の実習の受け入れの予定もある。一一月にはピアノ演奏会、大正琴の演奏会やフォーゲルパークの散策を計画している。フォーゲルパーク散策の際には福祉推進委員の皆さんや家族会にも協力をお願いしたいと思っている。一二月にはクリスマス会、安来節同好会、防火訓練などを計画している。」と報告があった。


 次に報告事項として落合議長よりわかくさ家族の会の開催について「八月の介護教室の後に開催した。問題点について例えば『人数の割に部屋が狭い』『トイレの数が少ない』『入浴の際、待ち時間が寒いことがある。』など様々なご意見を頂いた。それらについて職員で合同研修会を開催し、ご利用者へ報告書という形で文章を配らせて頂いた。などの説明を行った。

家族会の会長でもある福島委員からは「家族会の後にすぐ合同研修会を開いて頂いてよかったと思う。入浴の状況など御利用者が話されないとわからないことがあるので、いろいろ聞けてよかった。趣味活動はなかなか開催されている施設が少ないので評判がよかった。理事長にも現状を理解して頂けてよかった。」と意見があった。

 

 以上で報告・協議事項を全て終了し議長よりお礼の言葉があり閉会した。

 



matsue47matsue47  at 15:39  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ!