風かたかチラシ画像-01    2020年
日時:119日()11:00~、14:00~、17:00~
(3回上映、各回30分前開場)
会場:松江市民活動センター(スティックビル)504会議室
料金:前売り1,000円 当日1,300円 大学生800円 高校生以下、介護者1名無料

 『標的の島 風(かじ)かたか』は、辺野古の新基地建設に揺れる沖縄、そしてミサイル基地建設が進められている宮古島・石垣島など、住民の苦悩を飲み込みながら「日本の安全保障」の最前線の場に立つ琉球諸島の現状を描く映画として高く評価されています。必見! チラシ(PDF)

主催 戦後史会議・松江/キネマ倶楽部
問い合わせ 090-3638-3675(田中) 

後援:松江市、朝日新聞松江総局、エフエム山陰、共同通信社松江支局、山陰中央新報社、時事通信社松江支局、島根日日新聞社、新日本海新聞社、中国新聞社、TSK山陰中央テレビ、テレビ朝日松江支局、日本海テレビ、BSS山陰放送、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局

◎『沖縄を知る講座』連続開催 
第1回 琉球・沖縄の歴史       1月26日(日)
第2回 基地の島 沖縄         2月  9日(日)
第3回 安全保障について考える 2月23日(日)
時間:各14:000~16:00
会場:松江市民活動センター(スティックビル)504会議室
料金:資料代等 各回お一人 500円
ゲスト:島根大学名誉教授 三宅孝之先生

 三宅先生は1977年から1991年に至る14年間、沖縄国際大学で教鞭をとられ、現在も沖縄人権協会理事、沖縄国際大学法政研究所特別研究員をお勤めになっています。沖縄にはとても詳しい先生です。ご専門は刑事法。

この講座では、琉球・沖縄の歴史、基地建設に至る過程や現状、日米安全保障条約や日米地位協定の内容など、混乱し、紛糾する沖縄や先島諸島を知るための基礎を学びます。