20211003皆様、いかがお過ごしでしょうか。
昨年、新型コロナウイルスの感染拡大のため、上映会の延期を決めてから1年以上が経ちました。通信もしばらくストップしておりましたが、 松江キネマ倶楽部が協賛 する上映会が予定されていますので、久しぶりにご案内します。

10日(
会場:松江市総合文化センタープラバホール 13:00より
高畑勲監督 「セロ弾きのゴーシュ」製作39年記念
全国縦断サンキュー上映会&演奏会
演奏後に上映があります。映画は 63分の作品です。
演奏:山陰フィルハーモニー管弦楽団より 弦楽アンサンブル
        島根大学教育学部附属義務教育学校 オーケストラ部

特別協力 劇団あしぶえ
協賛 松江キネマ倶楽部 (当日の受付等スタッフで参加します )
主催 『セロ弾きのゴーシュ』 全国縦断上映実行委員会
(島根県上映担当 山陰映画センター)

入場料:一般 前売1500円 当日1800円/小中高大学生 前売700円 当日1000円/親子ペア券(大人1名+小~大学生1名の計2名分) 前売のみ2000円/未就学児 無料/障がい者の介助者 原則1名無料(障がい者ご本人は有料)

前売券販売所:プラバホール/島根県民会館チケットコーナー(10/2まで販売)

*前売券は、予約もできます。予約の受付〆切は 9月24日(金)
 予約は、山陰映画センター まで お名前、ご連絡先電話番号をお知らせください。
電話 0852-25-5713  
FAX 0852-24-1916
メールe-egao86@web-sanin.co.jp

 故・高畑勲監督は、今はスタジオジブリの監督として有名ですが、ジブリができるより前に、5年の歳月をかけて製作された 『セロ弾きのゴーシュ』。高畑監督は、宮沢賢治の作品が大好きだったそうです。 それだけに、悩みながら作られたようで、どの作品でも決して妥協しない、高畑監督らしい製作姿勢だと感じられます。

9月21日は、「セロ弾きのゴーシュ」原作者・宮沢賢治の命日です。
賢治ファンの方も、高畑勲監督ファンも、音楽ファンも、家族ご一緒にお楽しみください。