2005年02月21日

八王子の達人に会いに行く!の巻き

今日は早めに起きて「八王子の達人」に会いに行く。

なんの達人か?

それは「鍼灸」と「太極拳」の達人だ。
名前を「○りさん」と言う。

○りさんと会ったのは、もう10年以上昔のこと。
松井がまだ早稲田鍼灸の2年生だった20才か21才の頃だ。

その当時、「鍼なんか効かねー。お灸?なんだそりゃ?」と、もっぱら遊ぶ事に夢中になっていた時期だったと思う。

そんな毎日を送っていた時期にオヤジが悪性の肺癌になった。
若い松井は「俺に出来る事は何だ?」と悩み苦しみ、良い治療師、師匠を求めてさ迷っていた。

そんな時、同じ学校の一学年下のミホちゃんから「○りさん」を紹介された。

○りさんは当時42才。
丸々とした「がっちりした」体に丸刈りの頭。
「トラックの運ちゃん」みたいな外見だった。(今でも変わらず)
性格は飄々としてまるで掴めない。
しかし、鍼灸の腕は凄い。
例えば、「足の三里」という胃に関係するツボに鍼を一本刺してもらうだけで
胃が本当に温かくなり、体が楽になるのだ。
当時(今は診ないが)結構難病の患者さんが多く来院されており、松井もオヤジを治療してもらいたかったが、残念ながらその頃には手遅れだった。
その後オヤジを亡くし、自分の不甲斐なさに悔しくて○りさんのところへ門を叩き、修行っぽいこともした。
修行の内容は、トイレットペーパーに0・02ミリの極細の銀鍼を根元まで入れる練習。
毎日練習して一ヶ月かかった。
それが出来たら今度はトイレットペーパーを何枚破ったか?
という、もの凄く微細な感覚を養う練習。
これは今もってワカラズ・・・・
また、体の身体感覚を高める為に○りさんに太極拳も習った。
当時松井は、高校時代は少林寺拳法で鍛え、卒業後極真空手をやり、さらに過激さを求めて正道会館空手に移った血気盛んな頃。
「太極拳?爺さん婆さんがやっているあれね・・・」と、馬鹿にしきっていた。
ところが○りさんの太極拳は予想と全然違った。
○りさんの小指が松井の体に「触れるだけ」で「飛ばされる」のだ。
大げさではなく本当に「飛ぶ」のだ。
しかし、太極拳の練習はきつかった。
一日中、「空気椅子」みたいなことの繰り返し。
鍼の修行も太極拳の修行も耐え切れなくなり、松井は○りさんのところへ行かなくなった。
松井は根性なしであったのだ。
今でこそ偉そうに松井は言っているが、当時22才〜23才の頃は真剣に
自分自身の無力感と劣等感に苛まされ、悩み、苦しくて苦しくてどうしようもない時期だった。
その後、松井は将来に希望も夢も目標もなくなり、酒、女、悪い遊びを繰り返す毎日となった。
そんな暗黒時代の日々だったが4年前、○上先生と出会い輝く黄金時代に現在変化したのだ。

○りさんとはこの10年間の間年に2〜3回は会いに行き、治療を受けながら何気ない話をする。
今日は○りさんに「少し話が通じるようになったな」と褒められ?た。
10年通ってやっと少し、達人と話しが出来るようになり嬉しかった。
松井は治療師としても漢(おとこ)としてもまだまだ半人前。
ここまで生きてこれたのはすべて「御陰様」だと心底思っている。
人の事をあれこれ言えるほどたいした人間ではない。
久々に八王子の達人○りさんに会い、昔を思い出した。

ブー乃助をみていると、タイプは違うが昔の松井を思い出す。
アイツの気持ちもよくわかる。
だからこそ、松井はアイツを「張り倒す」。
「張り倒す」と一口でいうが、なかなか難しい事。
誰だって「いい子」でありたい。
だが、相手を思うがゆえの攻撃、「愛の鞭」もあるのだ。
実際にやったことがある人と、頭で考え他人からの受け入れの情報で話す人とは「言葉の重み」が違うと松井は思う。
言葉の重みとは「魂の重さ」だと思う。
できればブー乃助、いや、藤巻にも言葉に重みのある人間に育って欲しいと思う。
もちろん、松井自身も常にそのことを心がけ毎日努力し邁進している。
その確認も込めてアイツについ、とやかく言ってしまうのかも知れない。

どこまで努力すればよいのか。
どこまで頑張り続ければよいのか。
そんなことは今はわからない。
だが、行き着くところまで頑張りたい。
納得するまで努力し続けたい。

そんなことを八王子帰りに思いました。


以上。
忍押!(すお!)






matsui_balance at 18:25│Comments(3)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 不細工ブー乃助   2005年02月22日 01:48
只今、お勉強が一段落し、ちらっと飼主様の武露愚を読んでみたら・・・。

お熱いのね文章が(驚)。

鍼修行のお話は以前に聞いたことがありましたが、なんと銀鍼でしたか・・・。

ブー乃助が鍼についてよくわからない漢日記の読者の皆様にご説明しましょう。

通常の鍼灸院などで使われている鍼はステンレスの使い捨て。この鍼はわりと硬いから、刺しやすいのね。ブスっと一発といった感じか?!

ブー乃助の学校でも2年生からはステンレス鍼で『ぶひょ〜痛いのね・・・』などと言いながら細胞に傷をつけて楽しんでいる。

1年生の内は銀鍼で大苦戦。なかなか上手く入っていかないし、狙ったところに入ってくれない。そんでもって、しまいには繊維が絡まって激痛に苦しむといった曲者。

銀鍼は鍼自体がやわらかい。そんなこんなで入れずらい。そんな鍼でトイレットペーパーを貫通させるとは、相当な繊細な精神(@パンセ)がいることでしょう。

おったまげました。飼主様はそんな修行を積んでいたとは?!

ブーちゃんも試験が終わったら挑戦してみよう。

只今、ブーちゃんの父上が脊柱管狭窄症に苦しんでいて、何も出来ずに、自身の無力感に苛まれていたところだったので、今日の総長の武露愚にいたく感動して、コメントを書いている。

ほんとは明日の経穴(ツボ)の試験の為にツボを1つでも多く覚えないといけないのだが、どうしてもコメントしたくてキーボードを叩いている。

無力感は最近、特に強く思う。情けないが周りのことを羨ましく思うことも多々ある。豚でも隣の芝生は青くみえるものなのだ。ぶひ!

電車の中で、カップルが仲良くしていると『いいな〜ぶぅぅ〜〜』と見てしまう(苦笑)。1人、ツボの教科書片手に小田急電鉄に揺られて豚小屋に帰るブーちゃん(涙)。

周りの人に出来て自分に出来ないことが多くある。

ブーちゃんは豚だから劣っているのか?!

お金もない。学歴もない。自信もない。体力もない。根性もない。頼りない・・・。豚なのに猫背?!豚なのにガリガリ?!

とほほである。ブーちゃんが持っているものはなんだろう?!

小田和正を聞きながらしばらく考える♪

すると、降ってきた答えは、

【ブーちゃんが、持っているのは希望だ!!】

希望があるからなんとかやってられるのかもしれません。希望だけはいっちょまえで、ブーちゃんのリュックにはいつも希望がパンパンに詰まっています。

周り友達が女の子と新車でドライブしていても、高級ホテルにお泊りしていても、おしゃれ居酒屋でラブラブしていても、皆で旅行に行っていてもブーちゃんは歯を食い縛って、事故車でドンキに行き、特売の紅茶298円を買い、豚小屋で毎日ダイエーの特売羽毛布団に包まり、1人でリンゴジュースを飲んでいます。

『それでいいじゃないか、それで幸せじゃないか。ブー乃助、ようはココロの持ちようだ。今を幸せに感じられん奴に将来はない。決して幸せにはなれん。』と飼主様の声が聞こえてくる。

不細工で全然ダメダメなブーちゃん。でも豚は豚なりに頑張るしかない。ゴールなんてあるわけない。人には出来ない、豚にしか出来ないこともあるはずだ。

『格好悪くても、貧乏しても、女がいなくても、猫背でも、ガリガリでも、いいじゃね〜か。』である。

かけがいの無いブーちゃんの人生(豚生?!)。頑張ります。

今日はもう寝ます。

以上。

ぶひ!

2. Posted by 赤褌苦裸武初代総長魔都威   2005年02月22日 14:08
魔都威だ。

それでいいわけないだろ!

この馬鹿ちん!

感謝の気持ちが芽生えてきたのは感心だが、もっとハングリーにならんかい!

だいたい小田和正を聞いているのがイカン!

今のおまえは「般若心経」を聞け!

「声に出す祝詞、お経、真言」のCDを貸すからそれを聞け!

電車の中でいちゃいちゃしているカップルがいたら

「おのれ、公共の場でなんと破廉恥な。よし、不動明王の真言を唱え空間を浄化しよう。(のうまくさんまんだばざらだん かん!)」

と、カップルを凝視しながらブツブツと唱えなさい。

多分、すっきりするから。

高級ホテルに女の子と泊まっている友人がいたら

「わしと同じ若造の分際でなんと嘆かわしい。これはもはや阿弥陀仏の来迎を願うしかない・・・」と阿弥陀如来根本陀羅尼(十甘露呪)を唱えなさい。

多分、それでも性欲と欲望は落ち着かず「むきー!どいつもこいつもムカつくぜー!わしゃー、どげんすりゃええんじゃい!」と、イライラしろ。

それでいいのだ。


以上。
忍押!

3. Posted by 鬼羅妻   2005年02月22日 17:30
こんにちわ。
鬼羅妻です。
日記、読ませていただきました。
漢魔都威さんに会うたびに感じていた
「治療」や「漢として生きること」に対するストイックさ、
なにもそこまで…、と思わせる奇行動の数々の
ナゾが少〜しだけ解けた気がします。
人との出会いは素晴らしく良い変化や影響を
与えられるモノだと思います。
これからも「愛の鞭」で重みのある漢を育ててください。
よろしくお願いします!
(ブーちゃんの罰ゲーム楽しみにしています♪)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔