2007年03月

2007年03月31日

松井バランス研究七訓!の巻き

9c9d1884.jpg
「よいしょ、よいしょ」

昨日はノートの整理をし、今日は服の整理をしていたところ

一昨年考案して作った

「松井バランス研究所七訓Tシャツ」

が出てきました。

僅か1枚しか作らなかった激レアTシャツ。

当時、クライアントさんを施術する時に心がけていた事を七つにまとめ、Tシャツにしたものです。

書かれている内容は

一、人間の生命力を敬うべし

二、徹底して観察を行なうべし

三、考えるより感じとるべし

四、己を信じるべし

五、勇気を持って一歩踏み出すべし

六、断固として行なうべし

七、漢道を真っ直ぐに歩むべし  忍押

と書かれております。


少し肩肘張りすぎていたこの頃。

部分と全体のバランスが崩れてしまったのが病気だと思っていました。

治療とは状態を変えることだと信じ、変化を求めていました。

人は認めたモノしか見えません。

状態を変えてやろうとか、部分と全体とか、それすらも説明の為の原理を考え、結構とらわれていたのかも。


もっととらわれず自然体になりたいなぁ〜

お師匠様のような超越した高みに行きたいなぁ〜


さて、そんなことを思いつつ、スクールの準備でもしましょうか。

千里の道も一歩から。

コツコツ行きまっしょい!




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 22:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月30日

コラ驚いた!の巻き

2d9a0522.jpg
「よいしょ、よいしょ」

大量に溜まったノートを整理。

意外なことに松井はメモ魔で、気づいた事はすぐメモをとる習慣があります。

手技のことや健康、哲学まで幅広く思いついたことをノートに綴っており、このノートのことを”まっちゃんノート”と呼んでいます。

まっちゃんノートにはM・B式整体や美容整体の理論体系などがびっしり書かれており、無くすと結構困るもの。

今日はその”まっちゃんノート”を整理してました。

すると数年前のまっちゃんノートに

「なんじゃこりゃ?」

と声を出してしまうような不思議な記述がありました。

ノートに書かれてあった汚い殴り書きには

”缶コーラをいくら振っても右に12回まわせばあふれない”

と書かれてありました。

ええ?

本当なの俺?

何故に缶コーラなの?

記憶にないので多分、どっかで聞いたことを書いたのでしょうか。

でもこれって本当なのかしら?

面白そうなのでちょっと実験してみますか!

2963bdfe.jpg
「ぬぉぉぉーーーーー!!!!」

スゴイ勢いで缶コーラを振る松井。

大丈夫か?

本当に大丈夫なのか?!



47a2ce6b.jpg
「い〜ち、に〜い、さ〜ん・・・・」


右に12回まわして・・・・

よし!

回したぞ!

それにしてもこんなんで本当にあふれないのかしら?

疑問だな〜

恐る恐る蓋を開けると・・・・

41069459.jpg
おぉぉぉ!

こぼれないぞ!

スゴイ。

スゴイぞ、”右回しコーラ”

コラ驚いた!!

面白かったので、クライアントさんの前で試したところ・・・・

c77937f9.jpg
思いっきりこぼれました・・・・


だめじゃん。

自信満々でやったのに恥ずかしいじゃん。

おかしいなぁ?


その後、コーラを買ってきて練習しました。

どうやらコツがあるようです。

上手くいく時と、ダメな時があります。

一体何でしょうね?

不思議です。

不思議といえば、4月5日木曜日より

不思議なほど変わる小顔整体の受付をホーム・ページにアップします。

こちらも楽しみにしててくださいね♪


春爛漫、企画盛り沢山なM・Bスクール。

コラ目が離せませんよ!




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 17:57|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月29日

今日は過去の通信簿!の巻き

1472f793.jpg
春らしい暖かな日差しの中、三軸勉強会に行きました。

本日もお師匠様のお話を聞いて感動。

その後はいつものメンバー、オゲレッピー・ヤマモト達とランチ。

おや?

何故か足を引きずっているオゲレッピー。

松井
「どうしたの?」

オゲレッピー
「足が痛いんだよね。痛風かな?」

松井
「どの辺りが痛いの?」

オゲレッピー
「足の甲の辺りが痛いんだよ。痛風かな?」

松井
「カラダ診てやるよ。ちょっとここに立って」


NSビルの入口でオゲレッピーを調整してあげました。

オゲレッピーは相当歪んでいました。

性格は歪んでませんでしたが、かなりオカシかったです。

松井
「ふ〜む、これはストレスじゃ!」

オゲレッピー
「え?ストレス?やっぱり・・・・・」


痛風は関節に激烈な痛みが起こり、発熱も伴います。

オゲレッピーは熱も無さそうだし、簡単な調整をした後

「あ、さっきより楽だ!」

やや足は引きずっていましたが歩いてました。

痛風は体温の低い部位ほど尿酸が析出しやすいので主に足趾(母趾)に好発します。

最初に痛む部位は大抵、足の親指の第二関節。

病状が進むと足関節、膝関節まで進行するので足の甲だけ痛いというのは本当に痛風かな?

本人は病院にも行ってないのでわかりませんが、痛風は痛みの程度は極めて強いので

「風が吹いても痛い」

と云われるほど。

人間に起こる最も強い痛みを起こす疾患の一つ。

なのにオゲレッピーは至って元気。

発作の痛みは骨折の痛み以上といわれ非常に苦痛を伴うのにあまり痛そうでないし・・・・


ランチを食べながらオゲレッピーの話を聞いた松井。

多大なストレス。

オゲレッピーは阿呆に見えて十数人も従業員を雇っている院長先生。

スタッフ教育やら納税やら色々な問題を最近抱えている。

ある意味スゴイのがその悩みを見せないことだ。

松井がバカにするとバカに徹して楽しませてくれる。

”バカなあんちくしょう”で人の良いオゲレッピー。

1時間以上あれこれ話をしました。


「ありがとう、まっちゃん。お蔭で気が楽になったよ」

握手してきたオゲレッピー。

やや足を引きずりながら歩く後姿は重荷を背負う立派な院長先生の姿でした。


最近、どんな人もスゴイなぁ〜と感じています。

別に仕事で何か業績をあげていなくても、人それぞれみんな立派だと思うようになりました。

多分、松井の基準が変わってきたからかな?

以前の松井はノコギリの歯のようでした。

専門的分野を徹底的に勉強することで鋭く、他の追随を許さない、天下取りの野心に燃えた鋭い気持ちでした。

でも、鋭く尖ると横の繋がりがなくなってきます。

歯の間の隙間が埋まりません。

勉強したから埋まるものではなく、埋めようと認識することが大事だな〜っと最近考え方が変わってきました。

誰でもイチローや松井秀喜になれるわけではないし、才能はある程度決まっているかもしれない。

でも、イチローが歌手をやって成功できるか?(イチロー選手のこと詳しくないから言い切れないけど)と言われるとなんともいえないし、才能って自分に適したモノで伸びるんじゃないかな。

その自分って自分以外の人がいるから自分がわかる。

他人との関係性の中でしか自分が見つからない。

それを

「オレはこうだ!」

と自分で自分を決め付けると適した自分が一人減る。

ちょっと前まで”オレ様至上主義”だった松井が言うのも変だけど、お子様できて俺様がなくなったら他人様になりました。

鋭く尖った歯は丸くなっちゃいましたが、お蔭で色んな自分が出てきたし、横の繋がりもさらに深まりました。

今の自分を作っているのは過去の自分。

もしかしたら毎日起こる出来事は過去の振る舞いの通信簿みたいなものかもしれませんね。


松井は過去ろくな事をしてこなかったので、過去の通信簿はかなり悪いはずです。

そう思っているので中華料理屋でラーメンの汁を引っ掛けられたときも

「まぁ、いっか」

そんな気持ちになり、あまり怒りませんでした。

もし、世の中が全部”自分みたいな人間”ばかりになったときにでも生きていけるでしょうか?

それで死んじゃう様な生き方はしたくない。

未だ来ない未来がどうなるかわからないけど、わからないから進んで行きたい。

”想定内”とわかったふりをするよりもその方が潔い。

予見不能な中で自分がどのようにふるまい、どのような役割を担うことになるのか。

一歩一歩足を固めながら進んだ方が潔い。


桜のように潔く、でも散りたくはない。

そう、粘り強く潔く進むのだ!


今日は過去の通信簿。

明日も良い日になるのかな?




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 18:48|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月28日

恵比寿の桜!の巻き

a89886d4.jpg
「俺さぁ、今夜ハシゴ酒するんだよね。だから今週もおめーが書いとけ!」


これは先程あった実際の会話です。

M・Bスクール事務局長である三輪先生からそんな”お達し”がありました。

週代わりで書く予定だった

M・B鑑定談

また今週も僕が書いてます。

読んだ感想は是非、この武露愚(ぶろぐ)に書き込んでくださいね♪


今日はとても良い天気。

恵比寿の桜は八分咲きってところでした。

そういえば去年の今頃はスクール準備で忙しかったなぁ〜

ゆっくり桜見る暇もなかったっけ。

驚くほど心境と環境が変化したこの1年。


「さまざまな ことおもいだす 桜かな」


桜を見ながらそんな松尾芭蕉の俳句を思い出しました。

江戸時代、やっぱり芭蕉先生も桜を見ながら悲喜こもごも感じるものがあったのでしょうか。

そういえばこの日本を代表する俳人、松尾芭蕉先生はかなり桜好きだったらしいです。

江戸から遠く離れた「近畿地方に春を呼ぶ寺」として有名な紀三井寺まで花見に行ったぐらいの桜フェチ。

芭蕉先生は頑張って紀三井寺行きましたが、ショックな事にすでに桜は散っていました。

しかし、転んでも只では起きない芭蕉先生。

「みあぐれば 桜しもうて 紀三井寺」

という素晴らしい俳句を詠み、今現在も清浄水辺の句碑郡の中にこの芭蕉先生の句碑が残っているとか。

日本中を旅しているのに桜の散り加減ぐらいわからなかったのでしょうか?

教科書には載ってませんが、芭蕉先生は結構”すっとこどっこいな人”なのかもしれません。

その辺が逆に共感を感じ、とっても愛着が湧きました。


今夜は羊(嫁のあだ名)と一緒に散歩でもしながら夜桜見ようかな。

おぉ、なんだか俳句でも捻りたい気分になってきたぞ!


”暖かな夜風纏わる散歩かな”(恥ずかしくなって削除するかもしれません・・・)




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月27日

結婚式も挙げなくっちゃ!の巻き

eab9a295.jpg
「きゃー!ドレス沢山あるー!」

そう叫ぶと羊(嫁のあだ名)は猛獣の如くドレスに突進していきました・・・


ここは武羅威駄屡(ブライダル)用貸し衣装室。

現在”結婚式大作戦”を遂行中。

着々と式を挙げるホテルやプランも練っています。

今日はその打ち合わせ。


結婚式の平均総額は334万円と言われています。(個人差が大きくありますけど)

これは衣裳、料理、引出物など挙式・披露宴にかかる平均の費用総額。

招待人数は平均71人。

ゲスト1人当たり約4、7万円かかる計算。

ちなみにロンドンでの挙式の場合は18154ポンド(約360万円)らしいです。

イギリスも高っ!

しかし、結婚式は二人だけのものではなく、お世話になった周囲の人たちへ感謝の気持ちを表す場だ!

そんな持論のもと、エンタメ的要素一杯で計画中。

とは言うものの、まだ名簿も作成していないので詳しいことは申し上げられませんけどね・・・・・

誰を呼ぶかまだ決まってませんが、式に来られる方は楽しみにしててください!


衣装を見学した後の羊(嫁のあだ名。未年生まれなので)はすこぶるご機嫌でした。

買ってあげたスプリングコートとコートに合わせた帽子(これもプレゼント)を被り

「嬉しいメ〜〜嬉しいメ〜〜」

喜びの鳴き声をあげながらテクテク歩いていました。


”結婚式大作戦”と平行して”新居大作戦”も現在遂行中。

こちらも着々と進んでいます。

来月には引越しも行なう予定。


なんだかここ最近のことが夢のようです。

結婚してパパ?!

ちょっと前まで赤褌締めて馬鹿なことやってたのに・・・・・

人は本当に変わるもの。

変化していますが、その変化が楽しくて仕方ありません。

変化を楽しく受け入れることが成長なのでしょうか?

な〜んちゃってね。


さて、明日もへっぽこ楽しく生きますか!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 17:39|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月26日

マシーンでムシ〜ン!の巻き

cf881946.jpg
最近、頭をフル回転させることが多いので、今日はスポーツクラブで黙々と走り続けました。

黙々と走り続けているうちに、だんだん頭の中が空っぽになって”無心”な感じ。

そんな無心な感じがとっても心地良かったです!

空っぽっていいかもしれない。

器も水が一杯溜まっていると継ぎ足せません。

心の器も溜まれば常に出すという作業が大事なのかもね。


欲しいと思ったら与える。

入れようと思ったら出す。


作用と反作用が物事の道理なのでしょうか。


出すといえば脳の学習回路も出力依存型。

入力情報について出力したときに初めて学習効果が生じ、脳の神経回路が変化します。

例えば、自転車に乗ったことが無い人はいくら頭で考えても乗れません。

脳の性質上、インプットではなくアウトプットすることが学習効果を引き出すことかもしれませんね。

出力といっても、考えた出力もあれば考えてない出力もあります。

考えてない出力にはほとんど意味はないかも・・・・・

でも、出力し続けて出力をとめないということには意味があると思います。


トレーニングをしながらそんなことを考えてました。

考えるという事は無心ということではありません。

う〜ん、”無”になることは難しい。

頭、空っぽ空っぽ・・・・・




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月25日

M・B式美容整体認定試験終了!の巻き

a0aecd8d.jpg
昨年の4月から約1年間、30回以上M・Bスクールを興って来ました。

夏合宿も大復習会も税金セミナーも全て武露愚(ぶろぐ)用の写真は忘れずに必ず撮っていました。

それが今回初めて”忘れました”

あまりにも真剣で神経を使いすぎたため完璧に忘れてしまいました。


それほど過酷を極めた「M・B式美容整体認定試験」

いつものM・Bスクールと違い緊迫感漂う中26名の受講生が全力を出し切りました。


全員合格にしたかったのですが、合格者は僅か10人。

落としたくて落としたわけではありません。

全員努力していることは知っています。

しかし、試験の為の努力をしてもそれは長く続きません。

プロとして明日から看板を出せる最低ラインの審査をする場が認定試験です。

感情を抜きに公平に判断しました。

不合格者の中には

「まさかあの人が・・・・・」

という人が多くいました。

多大な努力をしている人も落ちました。

M・Bスクールに皆勤賞で来てスクールに貢献している人も落ちました。

M・Bスクールのお手伝いをしてくれているスタッフも落ちました。

厳しかったです。

辛かったです。

でも恨まれてもいい。

理解されなくてもいい。

今日は本気で臨みました。

全員合格にしていい人になるのは簡単ですが、あえて僕は”鬼”になりました。


プロというのは一生この仕事でやっていくことです。

明日や明後日の短期的な視点で物事を見ているのではありません。

この先の1年後、2年後、さらに先のことを見据えて合否を決めました。

不合格者の中でM・Bの審査に疑問を抱きスクールを辞める人がいてもしかたありません。

僕も三輪先生も覚悟を決めて本気で採点した結果です。

第一期生は全員手塩をかけて育てた子供みたいな感じなので全員一発合格したかったですが、プロは甘くありません。

ここで泣くことが後の仕事に役に立つならば、あえて泣かせようと決断しました。


結果的には合格率40%ちょっとの難関な試験になりました。

合格した人にも笑顔はほとんどありませんでした。

「みんなで一緒に合格しよう!」

そんな一致団結していた雰囲気の中、自分だけ合格していいの?

M・Bは本当にスクール生同士が仲良いので、そんな仲間に対する配慮も痛いほどわかりました。


合格者の方。

合格者は合格に甘んじることなく、さらに気を引き締めて下さい。

不合格者の方。

不合格者の方は来月までにアドバイスした箇所を直しての再試験に臨んでください。


楽しいと楽は違います。

楽をせず、ただ頑張るだけというのも違います。


指導者である僕自身も言う以上は実践します。

そして日々邁進していきます。


今日は皆さんお疲れ様でした。





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 19:23|PermalinkComments(20)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月24日

明日はM・B式美容整体認定試験!の巻き

df6bd66f.jpg
明日はM・B式美容整体の認定試験があります。

この半年間、受講生の皆さんは本当によく頑張りました。

だから全員合格にしたい!

しかし、プロになるというのは甘くありません。

きっちりと審査致します。

試験を明日に控えて緊張しているかもしれませんが、肩の力を抜いてリラックス、リラックス!

写真の花でも見て下さいよ。

綺麗な黄色だよね♪

どう?

落ち着いた?

え、まだダメ?!


色といえば、”音を聴くと色が見える”という人もいるらしいです。

別に危ないクスリをキメた薬中の人たちではありませんよ。

何かしらんけど、音によって色を見る能力を持つ人達がこの世の中にはいるらしいです。

そんな幻覚野郎達のことを「色聴所有者」と言います。

普段の生活の中でも女性のカン高い声を「黄色い声」と言って色を思い浮かべることはありますが、はっきり色が見える大人は何千人に一人らしいです。

子供に多い”トリップ”能力みたいです。

音楽を聴きながらうつろに目を空中這わせ

「がん極まりっす・・・・」

とつぶやく子供は多分、色聴所有者でしょうね。

あと、”原始人”は全員あったらしいです。

カール・ジーツ(Kari Ziets)という人の説によると音階による色聴は、ドは赤を、レは菫色、ミは黄金色、ファはピンク、ソは空色、ラは黄色、シは銅色、そしてオクターブの異なる音階も同じ色調となっていると書いてありました。

へぇ〜。

そうなんだ。

そういえばカラダの調整法でも音階を取り入れた調整方法があったっけなぁ〜

音のことで詳しく知りたい人はこの本をどうぞ
               ↓


絶対音感




音のなんでも小事典―脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで



さて、明日は嬉しい「黄色い声」をあげるか、悲しいションボリとした声をあげるのか?


是非、全員で嬉しい声をあげましょうね!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 22:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月23日

春のコート大作戦!の巻き

742ac34f.jpg
「あ〜、気持ちいいな〜」

歩くだけで幸せな気分になっちゃう、そんな陽気の今日。

しかし、羊(嫁のあだ名)は少し辛そうでした。

今朝、家を出るときもつわりが少しあったし、最近なんだか家に引き籠りがち。

よし!

こんな時は気分が晴れるようにしてやろう。

気分が一発で晴れるものといったらあれだな、”オシャレ”だな。

ここは奮発して”オシャレ春コート”でも買ってやるか!

オシャレ春コート買う→羊喜ぶ→胎教に良い→安産→良い子に育つ→親孝行→父ちゃん松井喜ぶ

「完璧な方程式だ・・・・・」

暫し自分に酔いしれてしまった松井。

趣味がショッピングで安くて良いものを探すのは十八番(おはこ)。

だが、それは厳しい修行の果てに悟った結果。

ここで良い子のみんなに言っておくけど、ショッピングを甘くみてはいけない。

店員の愛想笑いにも動じない不動心。

似合う服を探し出すまでは諦めない不屈の闘争心。

どんなに店を移動しても疲れない無尽蔵なスタミナ。

それらが一つも欠けることなく必要なのである。

そう。

ショッピングとは一言で言うと「戦争(ウォー)」なのだ!

しかも今回は全国でもベスト10に入るほどのオシャレ激戦区”代官山”で戦いを挑む松井。

油断は禁物である。

代官山はさすがにオシャレ・ハンバーガー・ヒルといわれ、全国からオシャレ戦士が集う場所・・・・


油断はしてなかったが、最初に松井を襲った攻撃は値段の高さと意味不明なコートの種類の多さであった。

「今回のオシャレ戦争は厳しい戦いになるかもしれん・・・・」

男物の服だったら得意。

しかし、女性物はジャンルが違う。

例えると空軍の兵士が海軍で戦うようなもの。

女性専用の店に只一人男という重圧もある。

「背抜き、センターベンツ、ベルト幅・・・げ!なんじゃこりゃ?こんなコートが8万円!高っ!」

早くも降伏したくなった。

だが、ドン・キホーテショッピング師範代の資格を持ち(松井が勝手に作りました)アメ横を一日5往復して鍛えたショッピング魂(ソウル)は簡単に折れないぜ!

負けないぞ!

負けるなら、値段をまけろ!

集中だ、もっと集中するんだ俺!

こうなったら最終兵器、必殺”お母やん憑依”だ!

3ef80cb3.jpg
”お母やん憑依”とは一体何か?

説明しよう。

それは一回幽体離脱をし、中身を一時的に”お母やん”を憑依させるという高度な技のことである。

ほとんど失敗するが、成功すると無敵の力を発揮するのだ。

「あら?こっちのコートいいわね。デニムと合わせてもノーブルなブラックならクールに仕上がるし。でも春らしさがちょっと・・・・あらま、こっちはベージュからホワイトまでパステル調のコントラストでまとまっているわ。なんてさわやかな春らしいイメージでしょ」

松井は奇跡的に成功した。

そして無敵の”お母やんパワー”を手に入れたのだ!

恐るべしスピードで店を周る”お母やん松井”

進め!

進むのだ、お母やん松井!

e1d87ad2.jpg
「あら〜、こっちはサテンの様な光沢がエレガントね。女っぽさ大なワンランク上の大人のスプリングコートだわ。気品ある雰囲気がいいわね。あらあらあら、リボンベルト可愛い!やや大きめにデザインされたテーラード襟も良い感じね。紐付だから後で結んでもOKね。シルエットも立体的で妊婦っぽさが出ないラインがグッドよ。
こっちのクリーム色に決まりね。ちょっと、そこのあーたオネーさん、これちょーだいな!」


戦いは終わった。

”お母やん松井”の圧勝だった。

結局、オシャレでお値段手ごろなスプリングコートをゲット。

さぁ、恵比寿の事務所に帰ろう。

そしてスクールに関する作業をとっととしよう。


ありがとう、”お母やん松井”

また再び憑依するその日までさようなら・・・・・





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 19:40|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月22日

春じゃ!の巻き

a7e9d042.jpg
毎週水曜日アップしているM・B鑑定談

昨日スクールでしたので本日更新しました!

三輪先生と週代わりで書いる”へっぽこ師弟話”

今週は三輪先生が書く予定でしたが、

「忙しいから松の字、おめーが書いとけ!」

と言われたので僕が書きました。

興味のある方は是非読んでください!


ところで今日は久しぶりに暖かな春らしい天気でした。

春は、寒い冬から次第に暖かくなる季節だし、一年のうちで最も好きな時期。

確か旧暦では春って一月・二月・三月までで、新暦では3月・4月・5月までだったかな?

春といえば木の芽時。

動物も植物も性的活動が盛んになる時期です。

この頃動物園に行くと動物同士の交尾がとってもお盛ん。

松井は昔、春の動物園に遊びに行って”やんごとなきこと”をしている動物にポップコーンを投げつけて遊んでました。(良い子は真似しちゃだめだよ!)

さらに春は”おかしな行動”をとる人が増えます。

そのような行動をとる人は俗に「春な人」「頭が春な人」と呼ばれています。

松井はおかしな行動もとりますが、”可笑しい行動”が相対的に多いので「春な人」ではありません。(多分・・・・)

ちなみに不思議の国のアリスで登場するウサギは頭のおかしいものとして「三月ウサギ」と言われてました。

そして春は性的活動が盛んになる時期だからでしょうか?

「春画」「春をひさぐ」「思春期」など、性的なことを示す場合が多いですよね〜

でも春といったらやっぱり桜。

今年の桜の開花宣言は、えーっと東京都千代田区が3月22日開花予定だから・・・・あ、今日ですね。

東京都の桜状況はどうかな?

恵比寿は咲いてっけなぁ〜?


”梅は咲いたか桜はまだか”


今年も一年過ぎるのが早そう。

でも毎日が充実しているからいいか。


さて、今から夜の三軸勉強会に行ってくるか!

皆さん、また明日!




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 16:44|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月21日

M・Bスクール水曜日クラス!の巻き

13188035.jpg
M・B水曜日クラスの皆様、お疲れちゃんでした!

今日も楽しくおこなったM・Bスクール。

「花粉症解消体操」では全員眠くなったり顔が小さくなったり驚きの連続でしたね。

最後に行なった小顔のデモンストレーションで会場の雰囲気が一気にヒート・アップ。

充実した2時間半、楽しめたでしょうか?

毎回思うことは参加者の方々皆さん全て良い人ばかりだということです。

ありがたい思いは力になります。

参加者全員と縁ある全ての人々に感謝しつつ、力を込めて前進します。


今日もありがとうございました。

来月も楽しみにしててください!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 21:17|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月20日

明日はM・Bスクール水曜日クラス!の巻き

c53ebc32.jpg
明日は3月基幹講座M・Bスクール水曜クラスがあります。

土曜クラスを驚愕させた「花粉解消体操」の興奮を再び水曜クラスで!

水曜クラスは日曜日にM・B式美容整体認定テストを控えているスクール生もいるので”混沌(カオス)”とした雰囲気になりそう。


混沌(カオス)、それは「決定論的システムが作り出す予想不能のふるまい」

ほんのわずかな初期条件の違いが予想もつかないほど大きく違った結果を生む現象。

M・Bに集まるスクール生の大多数が何気ないきっかけで来ています。

それがいつの間にか大きな流れに発展している最中。

ご縁繋がりで発展した先には何が見えるのか?

出来ればM・Bに関わった全ての人が驚くほど大きな結果を生む現象にしたいと思っています。


そんな真面目なことを思いつつ、「MB指文字」を考えちゃいました!

違う意味で驚いた人もいるかもしれませんね・・・・・

好奇心ある人は挑戦してみてください!

多分、どうしようもないことに挑戦する自分が好きになれますよ!(明日のセミナーはどうしようもない内容じゃないからね〜)




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月19日

羊(嫁)を連れて実家!の巻き

be89fb31.jpg
今日は羊(嫁)を連れて実家にいきました!

福岡から戻った母親に嫁を会わせたところ、二人はすぐ打ち解けて仲良しに。

偶然ですが、子供の出産予定日と母親の誕生日が同じ。

二人共驚き、さらに仲良くなってました♪


その後、母親が

「しんちゃん昔は可愛かったのよ〜」

と甲高い声を出しながら持ってきたのは”アルバム”

「きゃー!この頃は可愛い♪」

羊と母親は騒ぎながら見てました。

64216fc2.jpg
アルバムを見る羊(嫁)。

自然が大好きなので青梅の実家が気に入ったみたいです。







a6a5e7d6.jpg
この写真は小学校1年生の松井です。

当時は学童に入ってました。

ず〜っとマンガばかり読んでいたみたいです。





34a27078.jpg
小学校2年生になった松井。

やはりず〜っとマンガを読んでいます。

今もコンビニでマンガの立ち読みはしていますが、この頃から我を忘れて立ち読みしているのですね・・・・





e92b9e28.jpg
当時の松井は絵が好きだったみたいです。(今はメチャメチャ嫌い)

これは小学校一年生の時に描いた花の絵。

羊も母も驚いてましたが、松井自身も驚きました。

自分で言うのもなんですが、上手いです。

なぜ大人になって絵が描けなくなったのでしょう?

43b6795d.jpg
これは小学校二年生の時描いたコスモスの絵。

伸び伸びと描いてますな〜

記憶が全く無いです。

マンガに関しては5才ぐらいの頃から記憶がありますが、絵はなぜ好きだったんだろう?

なんで嫌いになったんだろう?

記憶がありません。

226b4d93.jpg
これも小学校2年生の頃描いたウサギの絵。

学童でウサギを飼っていたので描きました。

今、描けと言われても描けません。

子供の頃にしかなかった才能かも・・・・・



f5569b68.jpg
この写真は小学校1年か2年生の頃。

隣にいるオッサンみたいな子供は友達だったタケちゃん。(前田2号の幼い頃ではありません)

何かしでかしそうな子供ですね。





e8e07fb3.jpg
これも小学2年生の頃の松井。

当時から仲間を集めてやんちゃをしてました。

これは学童で栗拾いに行った写真ですが

「全部オレのだからな!」

と叫び、足で栗を踏んで威張ってます。(右足をよく見て下さい)

上級生を泣かしたり、クラスメイトと喧嘩して怪我させたりと、大変乱暴者でした。

可愛いけど、生意気そうなガキだ・・・・


でも良かったです。

今は優しく、落ち着いた大人になって。

え?

違う?

マジで?

オカシイなぁ・・・今も子供なのかな・・・子供はデキタケド・・・オメデタイケド・・・





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 16:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月18日

M・B式美容整体最終日!の巻き

412568af.jpg
本日はM・B式美容整体最終日でした。

早い人は午前九時半から会場に来て汗だくで自主練習。

甲子園球児並みの汗と涙と根性で一部のスクール生は頑張ってました。

そんな気合が三輪先生のハートに火をつけたのか?

スクール開始前、三輪先生の後ろ姿からメラメラと青白い炎が見えました。

「今日は何かが起こる・・・・」

ドキドキしながら美容整体スクール開始。

開始早々、三輪先生から「美容整体の奥義」について厳かに話が始まりました。

その迫力と気合に圧倒され、松井は正座して聞いてました。

スクール生は全員緊張して金縛り状態。

会場も水を打ったように「シーン・・・・・」としてしまいました。

不思議なのですが三輪先生が喋るとスクール生が静まりかえります。

まぁ、その分松井が楽しく穏やかに指導したのでバランスはとれて良かったですが・・・


最後の1時間は弁護士の先生による「施術家の身の周りの法律問題」「セクハラ」「チラシの内容」「独立問題」など等を解りやすく教えていただきました。

普段なにげなくやっていることが、実は法律に触れるかもしれないということで非常に参考になりました。

先生、ありがとうざいました!


いよいよ来週はM・B式美容整体の認定試験。

ドキドキすると思いますが、これをクリアしたら楽しい春が待ってます!

春といえば、M・B女性だけの春企画

MB女性限定温泉ツアー

2007年 4月11日(水)〜12日(木)

11日 熱海駅:12時集合

12日 12時解散

会場 ウェルハートピア熱海 

温泉に入って、美味しいものを食べて、女同士楽しく過ごすことが目的の三輪先生企画のツアー。

11日は到着してすぐお昼ご飯を食べ、ちょっとゆっくりしてから美容体験会を行なうらしいです。

美容体験や一人で出来る美容体操、ちょこっとした小顔体験等々、企画盛りだくさん行なう予定。

下手なエステ体験ツアーよりも楽しくてカラダが引き締まる至福の体験企画。

気になるお値段はなんと、宿泊費・食事代込で14,000円(現地までの交通費は各自ご負担ください)

ちょっと、奥さん安いわよ〜

あたいが女じゃないのが悔しいっ!

ということで申込み締め切りは3/25(日)まで。

なお、申込み殺到の際は申込み順にお受けし、お断りする事もございます。

定員近くなりましたらその旨掲載しますのでご了承くださいだって。


女性限定ということは男性限定の企画もなにか考えなきゃいけないかな?

面白い企画を考えた方は教えて下さい♪


M・Bスクールでは、これからもどんどん楽しいことを考えていきますよ!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 19:57|PermalinkComments(14)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月17日

М・B3月基幹講座土曜クラス!の巻き

750beb01.jpg
M・B3月基幹講座土曜クラスの皆様、お疲れちゃんでした!

今回も九州の熊本、飛騨高山、愛知、大阪、仙台、など全国各地から参加頂きありがとうございました!


セミナーは和やかなリラックスムードで始まり、事務局長の三輪さんなどは半分寝てました。

それが中盤、”顔が一気に小さく”なった時には興奮が高まり

「おぉ!」

と参加者全員が燃えました。

毎回どんどん反応が面白くなっています。

スクール生同士の一体感も強くなってます。

そしてなにより僕自身がとっても楽しくセミナーをおこなえてます。

ありがとうございました。


明日は美容整体最終日。

楽しく厳しくやりますよ!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 22:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月16日

M・Bスクールでのびのびしましょう!の巻き

da1afe46.jpg
春ですね。

皆さん、のびのびしてますか?

肩の力を抜いてのびやかにリラックスしましょう!

明日はM・Bスクール土曜クラス

3月の基幹講座は「花粉症解決体操」を中心に教えます。

小顔にも関係する講座ですので楽しみにしててください!


”のび”といえばマンガ「ドラえもん」”のび太君”を思い出しました。

松井はマンガマニア。

ドラえもんはまぁまぁ得意な分野です。

ちょっとマニアな話をして良いですか?

確かのび太は藤子・F・不二雄の漫画作品「ドラえもん」の主人公で、お母さんの名前は野比玉子。(のび太の本名は野比のび太)

ひとりっ子で昭和39年8月7日生まれのしし座。

お父さん、のび助が「すこやかに大きく、どこまでも、のびてほしい」と願いを込めて命名しました。(詳しくはドラエもん第2巻「ぼくの生まれた日」を読みましょう)

知らない人も多いですが、ドラえもんの舞台は昭和50年頃の東京都練馬区周辺が舞台らしいです。

マンガではのび太は小学4年生でアニメでは5年生。(大山のぶ代版アニメ中期以降。初期はアニメも4年生でした)

○×小学校に通い5年3組。

眼鏡をかけたのは小学二年生から。

でも、のちに近眼はのび太が大人になり努力して矯正。(16巻に書いてあります)

連載初期の原作漫画、第一巻・第二巻ぐらいまでは、鼻がとがった意外と端正な顔立ち。

第三巻ぐらいから急に間が抜けた顔になってました。

第一巻の最初はお母さんも優しくてのび太もいい子。

のび太の身長は140センチメートル。

大人ののび太の身長は176.9センチメートル。


う〜ん、だから何?

と言われても、まぁ、どうでもいいことですけどね。

小学生の頃「ドラえもん」が好きでお小遣いをためて買いに行ってました。

何度も何度も読み返し、大好きでしたが、小学6年生の頃に出会った「魔太郎がくる!!」を読んで衝撃を覚え、

「藤子・Fより藤子・Aが好きだ!」

と趣味が変わり、それ以来ドラえもんはあまり読まなくなりました。



魔太郎がくる!! 1

↑現在は絶版・・・・悲しいです・・


ちなみにM・Bスクールでのび太ポジションは”松井下僕タナカ

ジャイアンはやっぱり三輪先生かな。

ということは、松井はドラえもんね。


よ〜し、明日は手技の”四次元ポケッツ”を繰り出すぞ!

参加者の皆様お楽しみに!




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 18:23|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月15日

変態治療師西新宿で大暴れ!の巻き

216b1d27.jpg
午前中、三軸勉強会を終え西新宿で仲間とランチ。

そこへ突然、高らかな声が響きわたった!

「わははははは!まっちゃん君。僕、オゲレッピーヤマモト。今日の僕は発情期。よって君を襲う!」

西新宿のビル街から気味悪く参上したオゲレッピー。

元サンボ全日本ベスト8という微妙な肩書きとは思えない鋭い低空タックルを松井にしてきました!

4269d214.jpg
「ひぃー!気持ち悪い!助けてー!」

助けを請う松井。

「ぐふふ。オトコ同士じゃないか。痛くしないよ。ぐふふ♪」

不気味に笑うオゲレッピー。



1e06b9a2.jpg
「あれー!助けてー!」

松井の仲間、貴之ちゃんとぐーちゃんもオゲレッピーの魔の手にかかってしまった!

危ない!

お尻が危ないぞ!

閉めるんだ。

二人共急いで閉門するのだ!

188320ed.jpg
「まだまだお尻が足りねーぜ!もういっちょ!」

発情して潜在能力が開発されたのか?

肉眼では見えにくいほどの高速タックルでお尻を追いかけるオゲレッピー。

次なる獲物は・・・・・



eaa2aa47.jpg
「た、たまらねぇ・・・・エレベーターの中でオトコの尻という過激なシチェーションがたまらねーぜ!」

もはや無法地帯と化した西新宿。

誰か発情期のオゲレッピーを止められる人はいないのか?!





f5a98e98.jpg
「ぐへへへへ・・・・・・・・」

戦利品である松井の名刺から個人情報を引き出すオゲレッピー。

もはやストーカーも真っ青な変態治療師。

鬼気迫るものがあります・・・・



c3265323.jpg
「よっしゃー!次のお尻いってみよー!」

ゾンビのように襲われた被害者が加害者に変身してオゲレッピーの手下に成り下がりました。

大丈夫か?

マジで通報されてない?

あっち側で見ているOLのオネーさんが怪訝そうな顔しているよ。

1a8655e0.jpg
「ぐふふ♪今日はご馳走様♪また会おうね!」

不気味に笑いながらエスカレーターで去るオゲレッピー。

毎週過激になってます。

来週はどうなっちゃうのでしょうか?

まぁ、アホは確実にやりますね。

ところでやっとオゲレッピー・ヤマモト氏の大人気恋愛小説を発見しました!

マニアの方は是非”お気に入り”にいれましょう♪


明日もまた「何か」が起こる・・・・




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 17:11|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月14日

三輪大先生からお知らせだYO!

YO!

松井武露愚(ぶろぐ)ファンのみんな元気?

オレ、三輪事務局長様。

あのさぁ、さっきさぁ、俺ん家のパソコンおかしくなっちゃったんだYOね。

マジ、殺っちゃおうかなって思ったぜ。

パソコン会社の腐れ外道を。

でもオレっていい人じゃん?(違うって思ったヤツは殺害)

しょうがねーから松の字(松井のこと)に八つ当たりして我慢したさ。

でもって事務連絡な。

土曜クラス!

パソコン繋がんねーけどガタガタ騒ぐな。

黙ってスクールに来い。

まぁ、明日の午後にはパソコン会社脅迫しに行くから回復しているはずだ。

心配するより金振り込め。

わかったか?

わかったな!

そこんとこ夜露死苦!



以上!
銭!



matsui_balance at 20:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

ワンちゃんをありがとう!の巻き

7210f4a9.jpg
毎週水曜日は「M・B鑑定談

ホームページにアップしましたので見てちょーだい♪

感想がありましたら武露愚(ぶろぐ)に書き込みましょう!


今日は毎月大阪からM・Bスクールに参加している佐々木先生からワンちゃんの安産お守りを頂きました。

ありがとうございました!


ワンちゃんは多産でお産が軽いことにちなんで、妊娠5カ月目の戌の日(地域によっては3ヵ月、6ヵ月、7ヵ月に帯祝いをするところもあります) にさらしの腹帯を巻いて祝う習わしが各地にあります。

東京では戌の日の安産祈願は水天宮が有名です。

そういえば”ムツゴロウ王国”だったかな?

生まれたばかりの犬の出産シーンをテレビで見たことがありますが、可愛かったな〜

まだ目も耳も働かず、乳のにおいで母犬の乳房をさがして母乳を飲む子犬ちゃん。

種類にもよりますが、生まれたての子犬の体長は10センチ程度。

そんな小さな子犬ですが、生後約1ヶ月程度で離乳をします。

完全に離乳をして、子犬が乳を吸う刺激がなくなれば、母犬の乳房は徐々にもとの状態に戻っていくそうです。

あまり長く乳房を吸わせていると、母犬が元の状態に戻るまでに時間がかかってしまうので好ましくないらしいです。

人間でも似たような話を聞きますね。

乳房といえば、ヨーロッパだったかな?

女性の約200人に一人は三つ以上の乳房があるとデズモンド・モリスの著者に書いてありました。(何の本だったかなぁ?思い出したら書きます)

三つ以上の乳房があるものは「多乳房症(たにゅうぼうしょう)」または「副乳(ふくにゅう)」といわれています。

乳の発生は胎児の時に両側の腋(わき)の下から股の付け根までの数カ所に形成され、通常は胸の1対のみを残して退化するみたいです。

しかし、「先祖返り」といって腋の下の部分の乳腺が副乳腺として形成されることがしばしばあります。

余分な乳房はたいてい機能はしません。

症状の現れかたとして生後はあまり目立たず、思春期に入るとともに腋の下の部分のふくらみや、ほくろ状の乳頭、乳輪が認められるようになることもあるとか。

検査も多乳房症の場合には、超音波検査などで乳腺の存在がやっと確認できるほど微妙なものがほとんどらしいです。

たいていは右乳房の上の、腋に近いところにあり、乳頭がなく、ごく小さい乳房なので見過ごされます。

通常は治療する必要はなく、気にならなければ放置してよいみたいですよ。

デズモンド先生の著者の中でルーブル美術館所蔵の著名な「ミロのビーナス」にも乳房が三つあると書かれていました。

へぇー!

乳房も調べると面白いものですなぁ〜

乳房ついでに”乳房神話”を一つ。

アマゾンという聞きなれた単語がありますが、この単語の由来は

「乳房のない」(a-mazos)"a"(否定)+"mazos"(乳)=乳無し

という古代ギリシャ神話の「アマゾネス」という女戦士からきています。

有名なアマゾン川の由来も「アマゾネス」が関係しているみたいです。

伝説によると、その女戦士の集団は、孤島に住み、女だけの独自な社会をつくっており、仲間を増やす必要に迫られると近くの部族に出かけて行って適当な男と交わったらしいです。

そして、生まれた子供が男であれば、川に投げ込んで殺すか、男のもとに返し、女の子であれば、種族の後継者として大事に育て、優秀な戦士になるための一連の武器の扱い方、馬術などが徹底的に教え込まれたと書いてありました。

はっきりいって無茶苦茶な人達。

乱暴者にもほどがありますよ・・・・

しかも彼女らは、武器としての弓を引くのに邪魔にならないように、幼いうちに片方の乳房を切り取るか、焼きつぶしていたと言われています。

プレイでしょうか?

ハード・コアなプレイでしょうか?

それにしても凄まじい・・・・

伝説なので昔の人たちは

「ほんまかいな?」

と思っていましたが、近年、考古学的発掘により当時、アマゾン海と呼ばれていた黒海沿岸には、アマゾン女戦士が多数存在していたらしい副葬品や遺体が発見されたので

「マジかよ?!本当っぽいかも」

みたいなことがお偉いさん達の著者にも書かれております。

なんでもこの地域の女性の墓からは、剣や弓と言った武器類が多数出土。

しかも遺体の女性の坐骨形状を調べてみると常に馬に乗っていたことがわかったらしいです。

でも乳房を取っていたかどうかの証拠はまだ見つかってないみたいなので真偽はよくわかりません。

ちなみにアマゾン女戦士の女王”ペンテシレイア”という名前は「男に悲しみを与える者」という意味です。

でも乳房とったら男だけでなく自分自身も悲しいでしょう・・・・

ギリシャ神話を読むと意外と文学や絵画、星座名・地名、また心理学の分野などに使用されているのが多いです。

何かと参考になりますよ。

マンガでわかるギリシャ神話も多数出ていますので一度くらい読んでみるのもいいかもしれませんね。



マンガギリシア神話、神々と人間たち


しかし、かなりギリシャ神話はエロいです。

母親にそそのかされて父親を殺したり、人間界に降りて浮気しまくって子供作ったり、そりゃも〜、困ったちゃんな神様が多いです。

文学・絵画・星座名・地名・心理学・エロなどに興味がある方にお勧めかも。


ということで、今日の話をまとめると・・・・・

 嶌粥耕收萓犬△蠅とう!イヌは安産!」

◆崙は沢山あっても気にするな!」

「アマゾネスはおっかねぇ!」

ぁ屮リシャ神話はエロい!」


以上、四つの発見がありました。

発見しまくりな毎日。

明日もワクワクしながらハッスルだ!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 18:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月13日

タイムマシンをつくろう!の巻き

74e478c1.jpg
「どらえも〜ん!」

泣きながらドラエモンを頼るのび太君が羨ましい。

一度は憧れる”のび太ポジション”

いいなぁ、どらえもん。

欲しいなぁ、”タイムマシン”

そんなことを思いつつ本屋をうろついていたら”タイムマシン”を作れる本を発見!

「あるやんけー!」

早速買い求め読み始めました。


ドラエモンだったら簡単に作れますが、この本のタイムマシンの作り方は以下の通りでした・・・・・

1 10兆度の超高温状態をつくる

2 超高温の塊を圧縮、さらに過熱すると小さなワームホールができる

3 できた微小ワームホールを拡大する

4 ワームホールの出口と入り口の間に時間差をつくる


なんじゃこりゃー!

わしゃー、こんな複雑な物理は好きじゃないっす。

本書に書かれていたのは映画のようにタイムマシンという機械装置を作るわけではなく、ブラックホールを操作してふたつの時間とつながった奇妙な時空を作るわけらしかったです。

現在の科学技術ではほぼ不可能。

しかし、この本を読んでいて思い出したのが「ゾウの時間ネズミの時間」



ゾウの時間ネズミの時間―サイズの生物学


ネズミの脈拍数は1分間に200回以上、ゾウは1分間に30回程度。

ネズミの寿命は数年。

ゾウは何十年も生きます。

哺乳類が一生涯で脈打つ回数はどの動物もほとんど変わらないらしいです。

つまり、脈拍数が遅い動物は長生きすると書かれてました。

でも、脈拍数が遅いと動きも遅くなる。

人間も脈が遅くなれば、他の人よりも歳を取りにくくなるのかな?

昔の人は今の人よりも寿命が短かったです。

現代人がどんどん楽な物を発明し、運動量を減らすことによって脈拍数が遅くなり、長生きしているのかも?

そんなことを考えているうちに

「脈拍数を極限に落とせば未来に行けるのでは?」

そんなSF的なことを思いました。

脈拍数を極限に落とすというと「冬眠」

クマ・リスなどは冬眠をする動物。

冬眠中は脈拍数が1分間に1〜2回程度にまで下がります。

魚も冬眠状態になる種類もいて、湖で暮す魚には湖が凍り、水中も凍ってくると一緒に凍って「凍死」の状態になり、氷が溶けると脈が復活する魚もいます。

人間にも応用し、数十年後・数百年後に蘇生して歳を取ることもなく未来に行けるのがSF小説の世界。

でも現実にアメリカの一部の州ではすでに冬眠(凍死)状態の人が数人いるらしいです。

日本でも昨年、兵庫県の六甲山で約3週間遭難し「焼き肉のたれで生き延びた」と伝えられた人がいます。

遭難2日後の10月9日に意識を失い、10月31日に発見されるまで20日以上食べ物だけでなく、水すら飲んでいませんでした。

会見に同席した医師は「体温が約22度という極度の低体温症だった。 動物の冬眠に近かったのではないか。驚異的な生命力だ」と説明。

保護時はほとんどの臓器が機能停止状態。

それが現在は後遺症を残さずに回復したといいます。

スゴイ話だこりゃ。


でも、未来に行くには周りの世界の時間を早くすればいいという考えもあります。

その為には自分自身をものすごく速い速度で移動させられる装置が必要となるので、現段階の科学ではまだまだ難しそう。

毎秒30万キロメートルの光速で移動する宇宙船に乗っていると人は年をとらない。

これも何かの小説で読みました。

現在は人間を光速に近づける技術はないし、できたとしても人が生きていることはできません。


結局この「タイムマシンをつくろう!」という本では光速移動を使うのではなく、時空を捻じ曲げるワームホールを利用する案を提案してました。

でも、このタイムマシンではマシンが製造された時間より前に飛ぶことができないのが弱点・・・・・・

ふ〜む。

なかなか難しいものですなぁ。


調べてみると面白いモノが沢山あります。

想像の世界は果てしなく広い・・・・・・






以上!
忍押!(すお!)


matsui_balance at 20:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月12日

早く大きくな〜れ♪の巻き

8eacacd6.jpg
「ちょっと、”羊”じゃなくて”ヒツジ”にしてよ!」

毎日武露愚(ぶろぐ)を読んでいる「相方」から苦情が来ました。

なんでも漢字で羊は可愛くないとやら・・・・・ヒツジがいいんだって。

「阿呆かおめーは?オレに意見するな!」

そう怒鳴りたかったのですが、胎教を考えて我慢しました。

仕方ありません。

羊→「ヒツジ」にします・・・・・


そんな日々”凶暴”に育っているヒツジ。

今日は病院に行き検査してきました。

検査の結果、子供は現在2センチに育ったとヒツジからのメールで知りました。

妊娠2ヶ月はまだ胎芽の時期。

やっと胎盤が出来始め、母体との繋がりがしっかりしてくる頃。

まだまだ子供は小さいのですね。

頭と胴体の区別が出来、手足目鼻口や、内臓、脳などが作り始められるのもこの頃だったかな。

7週の終わりで体重が平均4g、身長が平均2.5センチになるとか。

出産の予定日も大体わかりました。

10月の半ばです。

楽しみだなぁ〜


最近、本屋さんに行くと今まで全く縁がなかった「赤ちゃんコーナー」に足が向きます。

育児書や胎児に関する本をつい読んでしまいます。

そこで疑問に感じたことが一つ。

”何故、胎児は水の中で生活できるのか?”

ということです。

胎児は羊水という水の中で育ちます。

でも生まれると陸上動物になります。

何故なんでしょう?

その羊水ですが、一体どこで作られているか、どのようにして浄化されているか殆どわかっていません。

妊娠初期には、卵膜が羊水を作り、妊娠中期には、羊膜が羊水を作ったり浄化するのでは、と言われています。

人間はサルの一種。

元々は哺乳類の祖先(モグラやネズミみたいなもの)から、あまり特殊化していないグループといわれています。

どういうことかというと、動物の指の数は進化の分岐と共に分かれ、種によって指の本数が異なります。

偶蹄目は第2趾第3趾が発達し他は退化、奇蹄目とされる馬は第3趾のみ発達し他は退化。

鳥類はダチョウが2本の指で、走行を主とした機能を果たしています。

それに対し他の鳥の多くが4本。

このように他の動物達は生活状況に合わせて指の数を4本、3本、2本、1本と減らしているのに、サルの仲間は哺乳類の基本である5本のまま。

両眼が顔の前側にあって、物を立体的に見られること、爪が平たい事、鼻が粘膜になっていないこと、触毛(猫などで目立つ、触角代りのヒゲ)がないこと、直立2足歩行、それにともなう脳の巨大化。

裸の状態では、暑さ寒さへの適応も、水中での能力も、乳類の中で特に優れている方ではないのに「生存競争」を勝ってここまで進化したのには何か理由があるはずです。

もしかしたら胎児にその謎が隠されているのかも?!


生命は不思議。

謎は謎だから面白いのかもしれません。

不思議といえば、たった2センチの生き物が数ヶ月で十数倍も大きくなることも不思議です。


命の謎を含みつつ、早く大きくな〜れ♪






以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:26|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月11日

皇帝ペンギンさんはエライ!の巻き

42c9890e.jpg
今日は羊とDVDを見ました。

なるべく胎教によさそうな映画をと思い「皇帝ペンギン」を選びました。

あまり期待せずに見ましたが、驚くほど面白かったのです!

「ぎゃー!ペンギンの赤ちゃんが食べられちゃう!」

羊も興奮して見ていました。

胎教、大丈夫か?


それにしても不思議な生き物”皇帝ペンギン”

「世界で最も過酷な子育てをする鳥」と呼ばれています。

映画を見終わった後、少しその生態を調べてました。


南極では秋にあたる3月から4月の頃に海を離れて皇帝ペンギンは繁殖。

繁殖地はなんと、海岸から50km〜100kmほど離れた内陸部でおこないます。

これほど海岸から離れる理由の一つは、捕食者から逃れるためであると考えられています。

求愛行動(素敵なダンス)およびそれに続く交尾の後、5月から6月にかけてメスは長径12cm、重さ450g程度の卵を「1個」だけ産むと、一瞬のうちに、オスの足の間に移し変えます。

映画では、この”卵の移動”がヨチヨチ歩きのペンギンと思えないぐらい素早かったです!

でもまぁ、大気はマイナス40度の世界。

早く卵を自分の足の間に確保しないと、凍ってしまうので当たり前でしょね。

その後、産卵により疲労しているメスは餌を求めて100キロもの”海への道”をテクテク歩いていきます。

繁殖地に残ったオスは卵を足の上に乗せ、抱卵嚢(ほうらんのう)と呼ばれる両肢の間のお腹のだぶついた皮を使って、メスがエサを持ってくるまで抱卵を始めます。

抱卵は立ったままで行い、巣はありません。

オスはブリザード(地吹雪)が吹き荒れて-60℃になる極寒の冬の氷原上でひたすら耐えます。

何千匹のペンギン達が身を寄せ合い、抱卵を続ける様子は涙をさそうほどでした。

何日も何日もメスを待つオス。

一片のエサを口にしないまま、百日以上耐えるオス。

卵は約65日で孵化します。

しかし、抱卵中のオスは雪を食べるしかない絶食状態に置かれるため、エネルギー消費量を抑えるため睡眠に近い状態で過ごすものの、孵化する頃にはオスの体重は40%以上も減少してしまうとやら。

繁殖地へ移動した頃から数えると約120日間も絶食。

松井なら2日絶食しただけでキツイのに・・・・

8月頃にはヒナが生まれるが、メスがまだ戻ってきていない場合には、オスは食道から分泌した白色の乳状の分泌物(ペンギンミルクと呼ばれることがある)を餌としてたった1回だけヒナに食べさせることができます。

メスが海から戻ってくると、ヒナの給餌はメスが行うため、オスはやっと海に出て行けることになるが、100キロ以上もある遠い海までの道のりで力尽き死んでしまうオスもかなりいるとか・・・・可哀相・・・・・・

海へ行ってきたメスはヒナのための食物(オキアミなど)を胃に貯蔵しており、食物を吐き出してヒナに餌として与え、ヒナはすくすくと育っていきます。

育っていきますが、メスの胃に貯蔵したエサもそのうちなくなります。

そのエサがなくなる頃、やっとの思いで海へ行ったオスが、やはり同様に食物を胃に貯蔵して、数週間後に繁殖地へ戻ってきます。

以後、オスとメスが交代でヒナの番と餌運びを往復200キロかけて行なうといいます。

ヒナの成長につれ、摂取する餌の量が増えていくと、オスとメスが両方とも海に出るようにもなり、この頃、ヒナばかりが集まって「クレイシ」 (Crèche) という集団を作り、このクレイシは子育てを行っていない若鳥などに守られながら徐々に海岸へと移動。

そしてついに海に到達し、その後4年間海で過したヒナたちは再び、親と同じように陸地に向かい行進し繁殖をします。

これは何千年と続けている行動。

なぜなのかはわかりません。


いや〜、皇帝ペンギンさん達はなんでこんなに大変な子育てするの?

往復200キロエサ運びとはスゴイですよ!

本当尊敬します。


今日は”皇帝ペンギンさんはエライ!”ということと

”親の力は偉大だ!”ということを再認識した日でした!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 19:44|PermalinkComments(9)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月10日

漢(おとこ)友達ありがとう!の巻き

27ea53ca.jpg
「うわー!超美味しそう!」


本日松井が尊敬する漢(おとこ)友達道君からお肉のプレゼントを頂きました!

道君は神戸で行列ができるステーキのお店を経営しております。

良心的な価格で”どえらい美味しさ”の「バッファローハンター

神戸付近にお住まいの方は是非行かれると良いですよ!


お肉といえば、肉料理の際の名称も解剖学。

これも何かのきっかけなので調べてみました。

えーっと、まずは胃から・・・・

ミノは「牛の第1胃」

ハチノスは「牛の第2胃」

センマイは「牛の第3胃」

ギアラは「牛の第4胃」

*牛は4つ胃があります

ヒモは「小腸」女たらしもヒモ

シマチョウは「大腸」デカチョウは山さん

テッポウは「直腸」相撲の突っ張りもテッポウ

レバは「肝臓」バカはバレバレ

ガツは「ブタの胃」ガッツは石松

コブクロは「子宮」オフクロは早急

タチギモは「脾臓」ヌレギヌは独房

シビレは「膵臓、胸腺」オヒレは噂

マメは「腎臓」カメは竜宮

ハツは「心臓」コツは愛情

フワは「肺」フワフワは性格

ハラミは「横隔膜」世間はカタミが狭い

一般的にあまり知られてないものでは・・・・・・

ノドスジは「食道」ノドモトスギレバなんとやら

ハラアブラは「胃周辺脂」ハラノマワリハ危い

チチカブは「乳房」トチカブは暴落

ハツモトないしはタケノコ・コリコリ「心臓に近い動脈部分のこと」ハシモトとタケモトはコジマの家に近いご近所さん

サガリは「横隔膜の腰椎に接する部分」オサガリは兄弟に接する部分


ふ〜む、調べると結構あるものですなぁ。

真面目に調べたものと遊びで作った部分もありますが・・・・

ついでにもうちょっと調べてみました。

臓物(ぞうもつ)を略した言葉が”モツ”

食肉業界用語だったのが一般に広まった名称です。

しかし、最近ではモツのことを「畜産副生物(ちくさんふくせいぶつ)」という名称で呼んでいるみたい。

「ホルモン料理」は戦前、大阪のレストラン”北極星”が「ホルモン」の登録商標したのが始まりと言われています。

ちなみに医学英語のhormoneホーモウン「ホルモン」は”刺激する、促す、駆り立てる、突撃する”を意味するギリシャ語のホルマオー(スペルがパソコンで出ない)の現在分詞から作られたもの。


というわけで、道君から頂いたお肉は畜産副生物ではありませんが、とても刺激され、やる気を駆り立てられました!

ありがとう、道君!

このお肉を食べて明日も前進するね!


早く帰って食べよっと♪





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月09日

進みまっしょい!の巻き

97da19c5.jpg
今日は朝からずっと「頭」をフル回転させながらパソコン打ち。

M・Bスクール基幹講座が一週間後に迫っているので必死になってレジュメ作成。

そんな最中、母親から電話が・・・・・

「ちょっとしんちゃん、結婚式とか披露宴とか決まってんの?お母さんだって予定があるのよ!」

ストレスが溜まっているのでしょうか?

電話の向こうでイライラしている様子。

怒らせると怖いのでなだめながら30分以上話をしました。

「やれやれ。お昼御飯でも食べるか」

時刻は3時過ぎ。

遅いお昼を食べようと思ったとき、今度は”羊”から電話が・・・・・

「しんちゃん、あのね、ケンタッキーが食べたいの」

え?

何?

もしかしてケンタッキー・フライドチキン買ってくるの?!

マジっすか?!


その後の行動は皆さんのご想像にお任せします・・・・・


試練を耐え忍び、再びパソコンに向う松井。

今度の「花粉症解決体操」は頭蓋骨の調整も入ります。

鎖骨やら肋骨の調整を入れながら鼻水や涙に関係する鼻骨や眼窩の形状を考慮して教えます。

この日記を通してその簡単な仕組みと手順を少し教えたいのですが体罰されるのでゴメンなさい。

先日、恐ろしいことがありました。

事務局長である三輪先生が

「おめーよー、いっつも出し過ぎなんだよボケ!情報は金なんだからタダで教えるんじゃねーよ!刺すよ?刺しちゃうよ?あぁん?」

と眉間にシワを最大限に寄せながら松井に釘を刺してきました。

そのうち本当にカラダにも釘を刺されそうなので・・・・・(マジですよ!)

結婚前の大事なカラダ。

傷物にされたくありません。

ここは我慢しなければ・・・・・・読者の皆すまん・・・・

”すまん”といえば、住むところも決めなきゃ。

それから結婚式と披露宴も。

試練は続くよどこまでも・・・・・

そういえば1年前の武露愚(ぶろぐ)に

「試練が沢山欲しい!」

と書きました。

アホなことをしたなぁ〜。

本当に沢山試練がきちゃったよ。

武露愚(ぶろぐ)に書いたことは現実化するね。

でも”試練が沢山欲しい!”

と書いた後、

「笑いながら試練を乗り越える」

とも書きました。


訂正しなくていいや。


こんな感じで明日も笑いながら進みまっしょい!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月08日

オゲレッピーだよ!全員集合♪の巻き

9e7c1fbd.jpg
今日は主人公松井の”追っかけファン”であるオゲレッピー・ヤマモトが

「松井さん!オレを漢(おとこ)にしてください!」

と偉そうに頼むので一日だけ主人公にしてやりました。

五分以上眺めると気分がすぐれなくなるかもしれませんので気をつけてください!


やぁ、皆さん。

僕、オゲレッピー・ヤマモト

今日はよろぴくね♪

天気が良くて気持ちいいなぁ〜

こんな日は”宇宙の電波”でも聞いてみるか。

34c6f936.jpg
あ、もしもしオゲレッピーですけど、”宇宙の電波”聞けますか?

え?

”宇宙の電波マスク”で聞ける!?

じゃーそれ一つ頂戴♪



e43c04a8.jpg
それそれ。

この”宇宙の電波マスク”がいいんだよね。

早速、装着してみよう!





7cf896cd.jpg
何見てんだ?

そうか。

僕があまりに魅力的だから見ているのか・・・・

罪な僕。



55117f70.jpg
装着完了!

”宇宙の電波マスク”最高!







ece58449.jpg
あ〜、聞こえる。

”宇宙の声”が聞こえる。

気持ちいいなぁ〜





59f92392.jpg
お?

周りの皆が指を指して見ているぞ。

僕のこと羨ましいのだな。

えっへん!

どうだ、かっこいいだろ!


その時、突然叫ぶ”オゲレッピー”


あぁ、キタキタキターーー!

”宇宙の指令”が頭の中にキター┻━┻~ \(`O´θ/

何?

「宇宙法則セミナー」に行け?

五反田で開催している?

よーし、わかった。

まっちゃんさんよ、オレと一緒にセミナー受けに行こうぜ!

レッツ・ゴーだ♪

4e66c88f.jpg
なんだかよくわからないテンションのオゲレッピー。

意見に従わなければ危なそうなので松井はつき合ってあげました。

春になるとこんなヤツが増えます。

皆さんも注意してください・・・・

そんなこんなで向った先は五反田で開かれていた小林正観さんのセミナー会場。



どうよ?

まっちゃん、楽しいでる?

人生楽しまなきゃダメだよ。

はぁ〜、でもどうしてオレってこんなに素敵なのかな?

ねぇ、なんでだと思う?

やっぱリコピンとポリフェノールが効いているからかなぁ?

b4b37505.jpg
見てるよ。

会場の人たち皆がオレを見ているよ。

格好良すぎるのも大変だよね。

参ったなぁ〜

またファンが増えちゃうぜ。


女性が大半を占めた会場でかなり目立った松井とオゲレッピー。

2時間の講演のあとは懇親会も参加しました。

小林静観さんのお話も面白かったですが、そこに来ている人たちの話もスゴク面白かったです。

松井はなるべく静かにしていようと思い、オゲレッピーとずっと話をしてました。

そこでなんと、オゲレッピーのどうでもいい過去が発覚!

オゲレッピーは高校時代、柔道世田谷チャンピオンだったらしいです。

うわ〜、すんげぇ微妙。

社会人になってからの功績は全日本サンボ選手権ベスト8と知りました。

マニアック過ぎます・・・・・・・サンボってあなた・・・

そんなオゲレッピーがセミナー終了後、興奮し過ぎて五反田駅の改札口で恥ずかしいぐらい暴れちゃいました。。。。。


ab3d4dd0.jpg
おおっしぁー!

全日本サンボ選手権ベスト8&柔道世田谷チャンピオンのオレに誰かかかってこいや!

お前さんか?

お前さんがオレのビクトル投げを阻止するのか?

たとえカラダは折れてもオレのハートは決して折れないぜ!

d7adb9d3.jpg
貴方の心にタックルするよ。

オレの名前はオゲレッピー。

とっても素敵なオゲレッピー。

街で見かけたら一緒にグレコローマンスタイル・レスリングをしてハッスルしようぜ!

じゃーな皆!

歯は歯茎から磨けよ!



えーっと、次回からもうちょっとまともな日記を書きます。

明日も読んでね・・・・・・





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 15:36|PermalinkComments(11)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月07日

楽しい春の旋風が巻き起こる!の巻き

fe2911ba.jpg
春の楽しい企画として今夜M・Bスクールのホーム・ページ上に

開運M.B鑑定談」〜伝説はここから始まった! レジェンド・オブ・MB〜

をアップします。

武露愚(ぶろぐ)とは一味違った面白さ。

毎週何が飛び出すかわかりません。

ホームページにコメントは載せられませんので、感想がありましたら三輪さんか僕の日記に書き込んでください♪


ところで今日は花粉症が酷かったみたいですね。

人間も花粉症で苦しんでいますが、ペットの花粉症も問題となっているといいます。

イヌは98年に、ネコは00年に花粉症が報告されました。

ワンちゃんは人間のような鼻水や目のかゆみではなく、毛が抜けるなどの皮膚症状が多く見られ、かなり悲惨な状態になるとか。

しかも人と違って抗ヒスタミン薬が効きにくく、ステロイドに頼らざるを得ないことが多いのでかなり大変だと聞きます。

ネコちゃんにおいては検査も治療も困難でやはりとても大変。

今、松井が住んでいるマンションの隣が24時間やっている動物病院なので”しょんぼり”したワンちゃんネコちゃんを見るたびに可哀相に思ってしまいます。

最近はこうしたペット向けのサプリメント類も販売されるようになってきているし、ヒトだけでなく都会では動物も病んでいるのですね。

来週の17日土曜日にはスクール基幹講座で「花粉症解決体操」を教えますが、ワンちゃんネコちゃん向けの体操も企画するかも?!

今月も企画色々楽しいM・B。

楽しいことは良いことだ!

楽しいとき、ドーパミンという成分が脳内から分泌されます。

ドーパミンは、行動の動機を学習する機能を持った因子。

分泌されることで、脳を覚醒させ、集中力を高めたりします。

「楽しさ手技(主義)」でパワー・アップの春。

閉じきらず、皆で関わっていくこと。

皆で参加していくことが可能な「場」に楽しさが生まれます。

そんな「場」を作り前へ前へ進もう。

よ〜し、やっちゃうぞ!


楽しい春の旋風を巻き起こそう。





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 17:42|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月06日

達人への道!(松井は違うけど・・・)の巻き

d1084243.jpg
本日3月6日は啓蟄(けいちつ)

“啓”は「ひらく」“蟄”は「土中で冬ごもりしている虫」

冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、草木が芽吹くと同時に地上へ這い出してくるという意味。

この時期、東京では紋白蝶が見られと言います。(松井はまだ見てないけど)


「春ですから起きましょう。動きましょう」

虫が動くのだったら同じ生物人間も動くべし。

とれあえず空手道場でサンドバックをひたすら蹴りました。

蹴りながらふと

「そういえば”蹴り”とは何だろう?」

疑問がムクムクと湧いてきました。


一般的に蹴りとは股関節の内・外旋運動と呼ばれております。

”回し蹴りは開脚の柔軟性も必要であり、軸足の外旋運動の柔軟性がハイキックを生み出す”

高校時代の少林寺拳法から数えると18年以上もそのように習ってきました。

でも本当かしら?

サンドバックなどを蹴る時、インパクトの瞬間に軸足を返す動作は股関節の外旋運動。

膝下や足首を返すのではなく股関節で回転する動作が基本。

これは回し蹴りだけではなく蹴り技の基本的動作にもなる動きで、股関節の外旋運動は前蹴上げや膝蹴りなどの蹴り技でも同じ動き。

初心者のうちは意識的に軸足の返しを使った蹴りの練習である程度股関節の動きをつけ、股関節の内・外旋運動に慣れさせる。

そして股関節の内・外旋の運動ができれば体幹を安定した状態で蹴れるようになり、しっかりとした軸を感じながら体重を乗せた蹴りが出来る。

そのように思っていました。

でも最近、武術の達人やらアホみたいに強いムエタイ選手の蹴りを見て少々その考えに疑問を持ちました。

だってあの方達の動きはカラダを「捻っていない」のですよ。

そして達人たちの動きは

「限りなく日常生活に近い何気ない動作」

に集約されてきています。

例えると、痛いときに

「あいたっー!」

と叫んで動く”あの動き”に近い動作です。

松井は何人かに実験した事があります。

それはまず

「痛くしないからここに寝て」

猫なで声を出して道場の後輩を仰向けに寝かせ、太腿の真ん中辺りをグリグリ強く押す。

すると大半のヤツが

「痛いっすよー!」

と叫んで飛び上がります。

その動きを観察すると何人やっても同じ状態が”見えます”

その状態はムエタイの選手や達人が蹴りを出す”腰の動き”と似ています。

腹圧を高めて腰部を安定し、足で蹴ってカラダ全体を使って効率よく飛び上がっているその動き。

”捻っているようで骨盤は少しも捻れていない”動きをします。

「なんて無駄の無い動きだ・・・・・」

バタバタと泣き喚きながら動く後輩を見つめて松井は思いました。

達人の動きに憧れる人は是非実験してみてはいかかでしょうか。

その他、「熱い鍋を触って手を引っ込める動作」

「ボールや石がぶつかりそうになって払う動作」

などは武術やスポーツ経験に関係なく、実に素晴らしいカラダの使い方をします。

機会があれば観察してみて下さい。


そういえば、日記を書いていて思い出しましたが、松井は6年前にタイのバンコクにあるムエタイジムに1日入門したことがあります。

その時、元・タイ国ルンピニー・フェザー級王者と蹴りだけでスパーリングさせてもらいました。

元・王者の蹴りは恐ろしいぐらい動作が何気なかったです。

その辺を歩くように”真っ直ぐに回し蹴り”を放ってきて、気がついたらミドルキックをボコボコにもらいました。

ありゃ痛かったな〜。

思い出したくもないぐらい・・・・


股関節を意識したり、軸足を意識したり、そんな意識を全部なくし、いかに全体を一致させるような状態を作り出すか。

意識せず一つの動作にカラダ全体を無理なく使う。

そんなカラダの使い方が達人への道ではないでしょうか。


松井は達人は別に目指してないので楽しく”普通に”やっています。

普通に・・・・・普通にね。

そんなことをふと思った啓蟄の日でした。





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 21:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月05日

恵比寿に怪人がやってきた!の巻き

96c8dae8.jpg
「今日は荒れた天気だな〜」

ぼんやりとそんなことを思っていた時、突然”ヤツ”はやってきた。

恵比寿の「松井バランス研究所」が突如異次元空間に!

「グフフフ・・・・ヒサシブリダネ。マツイ」

見るからに怪しいヤツの名前は”怪人ダニー”

松井が卒業した鍼灸学校の同級生だ。

彼については様々な”怪説”が流れている。

噂によれば東インド株式会社出身のヘッポコレスラーだったらしい。

なんでもカースト制度に嫌気がさし、日本に密入国して裏プロレスをやっていたが左膝の靭帯を伸ばして引退。

その後、

「これからは代替医療の時代だ!」

と一発発起して裏プロレス時代に稼いだお金で鍼灸専門学校に入学。(入学は表から入ったらしい)

現在は都内の医院で働いているという。

生意気な患者には現役時代を髣髴させる”ダニー・バスター”が炸裂し、医療点数を上げているとかいないとか・・・・・

そんなダニーが松井の結婚報告を聞いて恵比寿に参上。

df5865c1.jpg
「オメデトウ。マツイ」

大荒れの天気の中、わざわざ結婚祝いを持ってきてくれたダニー。

ちょっと変わり者ですが、スゴクいいヤツです。

「ありがとう!ダニー!」

感激し、お礼の挨拶をする松井。

おや?

なんだかダニーの様子が変だぞ?

お腹を押さえてブルブル震えている。

どうしたダニー?

裸でいるから腹でも冷えたのかい?

「ハラヘッタ!オレニラーメンヲクワセロ!」

いかん!

いつもの発作だ!

お腹が減っていると暴れる”怪人ダニー”

早くエサをあげなければ恐ろしい必殺技”タニー・バスター”が炸裂してしまう。

松井は婿入り前の大事な体。

ここで怪我をするわけにはいかない・・・・

024577d8.jpg
というわけで、”タニー”にラーメンを喰らわせてやりました。

「イタダキマス」

意外と礼儀正しいダニー。

「ウマイウマイ。モットクレ。ドンブリ10パイハカルイゼ」

店内のお客さんや店員さんがジロジロ見ている中、平然と食べていました。


「マツイ。オレ、フシギナトコロ二イッテキタヨ」

突如、不思議話を始めたダニー。

「お前の存在自体が不思議じゃい!」

そう、ツッコミを入れながら聞いた話は確かに不思議でした。

何でもダニーは先月、”あの”「あんでるせん」に行って仰天してきたらしいです。

松井も数年前から「あんでるせん」のマスターの噂は聞いていました。

開業する前に行こうと考えていましたし、捻れたスプーンも持っていたので興味深々に聞きました。

世の中色んな人がいます。

本当に面白い。

時間を忘れてダニーの不思議話に聞き入ってしまいました・・・・

fa30db69.jpg
「マツイ。オマエ、シアワセニナレヨ」

人込み溢れる恵比寿駅改札口。

好奇な目で見る人々をかきわけ練馬方面に去っていったダニー。

ありがとう。

君のことは忘れないよ。

春の嵐のようにやってきた”怪人ダニー”

さよなら。

結婚式は2次会から呼ぶからね。

また会うその日まで・・・・・・・





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 22:58|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月04日

感動した試合でした!の巻き

eb11c861.jpg
本日、漢(おとこ)友達であるキック・ボクサー「ダイグウ」の応援をしに”ディファ有明”まで行きました。

「ダイグウ」とはかれこれ5年近くのつき合い。

試合に勝つときもあれば負けるときもある。

その都度コンディションを調整しながら泣いたり笑ったりしてきました。

今回は昨年負けた相手。

しかも戦う会場は敗北し引退を決意した場所。

そんな中、試合前にいつも以上に落ち着いていたダイグウ。

悟りを開いた高僧の如く澄んだ目で

「幸せな気持ちですね」

とつぶやき試合に臨んでいきました。


試合は一進一退の攻防。

だが、最終ラウンドに驚くことがありました。

いつも真剣な顔で戦っているダイグウが”笑顔”で相手に向かって行ったのです!

相手も笑顔とハグで応えてました。

その姿は旧知の友が抱き合うような姿にも見えました。

一瞬間を置いてから激しい打撃の応酬。

ダイグウの攻撃が相手より勝り、見事判定で勝利を収めました。


「試合前から勝負がわかりました」


勝利後、汗もまだ引かないダイグウからそんな言葉が。

”勝負は勝負する前からわかる”

深い言葉だと思いました。

しかし、選手はなぜ戦うのでしょうか?

ファイトマネーが高いわけでも社会的地位が高くなるわけでもありません。

テレビに出れる選手はほんの一握り。

大多数の選手が”何か”を求めて戦っています。

その”何か”は外にあるものより内側にあるのかもしれません。

人間はマイナス思考を持った弱い生き物だと言います。

一日の間に思考する数は数千とも数万ともいわれ、その膨大な数のほとんどがマイナス思考で満たされているらしいです。

放っておけばロクなことを考えない動物が人間。

不安とマイナス思考の固まりの動物。

しかし、不安だからこそ文化が生まれました。

試合も不安だからこそ練習をします。

不安な自分に打ち勝ち自信をつけるために選手は必死で努力します。

誇るべき魂を持ちたい。

誇るべき試合をしたい。

例え負けても誇りを持ってリングを去れば、敗者といえどもその姿は美しいと思いました。


松井自身も不安な自分自身と戦いながら過していた現役の空手選手時代。

勝てば自分の内側に巣食う不安から逃れられると思い必死で練習を繰り返す毎日。

しかし、結局自分より強いヤツはいくらでもいる。

不安は諦めにかわり、諦めは怠惰に繋がっていきました・・・・・


完璧な人間なんていない。

マイナスな面を沢山持ちながら、でも明日に向って進む態度。

何も無い自分を曝け出し開き直って進む”熱い気持ち”

そんな気持ちを今日、必死で戦う選手を見て思い出してきました。

b81c60b9.jpg
”熱い気持ち”を与えてくれた漢(おとこ)友達に感謝します。

ダイグウ、勝利おめでとう。

俺もヘッポコながら前に進むぜ!


さて、明日もぼちぼち生きていくか。

きっと明日はいい天気だな。




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 21:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月03日

ダイエットに興味はあるかい?の巻き

deae4629.jpg
ダイエットに興味はありますか?

美容やら痩身やらが流行っている昨今。

松井もスクールで美容整体を指導しています。

スポーツクラブに行くと老いも若きも本当に幅広い年齢層の人たちがトレーニング。

様々な理由があってカラダを動かしていると思いますが、ちょっとしたことで動きが良くなるやり方がありますので簡単に紹介します。

ダイエットにも関係あるかもしれませんし、指導者の方にも参考になるかもしれません。

まぁ、適当に読み流してください。

松井はカラダを動かす時は「腹部」から鍛えます。

ちょっと話は飛びますが、もっとも古い器官は”腸”と言われております。

詳しくはこの本の10ページに書いてありますよ〜↓



人体を支配するしくみ―起源・遺伝子からナノテク医療まで


人は生まれてから最初に使う筋肉はどこでしょうか。

赤ちゃんが生まれて最初にする仕事はなに?

最初に使う筋肉は「お腹」だと思います。

赤ちゃんは生まれてすぐに”泣く”という仕事をします。

声を出して泣くのは「腹筋」と「横隔膜」を使っています。

赤ちゃんがジタバタ動くのも「腹筋」を使って動いています。

カラダは全部が一対です。

腕の筋肉を動かしていても腕だけではなく体全体の連動で動かしています。

その連関性に大きく関わるのが「お腹」

体操や健康法の多くが「呼吸」にこだわるのも腹圧を高めてカラダの連関性を向上させるためだと思います。

ダイエット運動でもスポーツでも、お腹のちょっと下に力を入れて下腹部周辺を刺激すると違います。

試に両手を合わせて力を入れる運動をやってみてください。(昔流行ったバスト・アップ体操です)

漠然と腕と胸に力を入れただけではバストアップに効果は上がりません。

しかし、下腹部を引っ込めるようにしながら力を入れるとそれなりに効果は上がります。

カラダは中心部から末端に向って作られています。

何か運動をするのなら中心部から刺激していくほうがいいでしょう。

この辺りを考えながらトレーニングすると変化が出やすいですよ♪


腹筋といえば、老人になると背中が丸くなってくるのは腹筋が弱くなってくるからです。

歳をとっても背筋は弱くなり難いもの。

背中が丸いのは背筋力の低下よりも腹筋の力が弱まっているのが原因と言われています。

それから胸の筋肉を鍛えてバスト・アップ!という人も多いですが、バストの意味はわかりますか?

胸の役割はなんでしょうね?

胸には乳腺があり、乳腺から乳汁を分泌します。

乳腺は腋の下を通る動脈の走行と共に発生し、胸を形成しております。

少ないですが、実は男性でも乳ガンが発生します。

胸は誰のものなのか?

バストの意味は結構深い謎が隠されています。

この話は長くなるのでまたの機会に・・・・そのかわり、バスト・アップの意味を簡単に話します。

わかりやすく言うとこの三つかな。

.丱好箸修里發里鯊腓くする
▲丱好箸琉銘屬鮃發する
バストの立ち上がりを高くする

この三つを効率的にするための刺激箇所を考えながら運動すること。

そうすれば効果は高くなりますよ。

何をしたいのかを明確化すること。

明確化されなくては効果も上がりません。

胸を大きくしたいのか?

胸を引き上げたいのか?

胸の幅を変えたいのか?

これに左右差のバランスなども考慮。

しかし、筋肉の走行と働きを少し勉強すれば矯正するのは難しくないでしょう。

ついでにヒップ・アップ。

お尻に関係するのは股関節。

股関節は関節の中で一番密度が高く入り組んでいるところ。

実はあまり知られていませんが、関節可動域135度を超えて開くとお尻は逆に垂れやすくなります。

筋肉には伸び幅が決まっているので関節可動域を越えると色々と弊害が出てきやすくなるのです。

その他、

「腰をもっと捻って!ウエスト絞って!」

スポーツ指導者はよく言ってますが、ウエストの仕事は”臓器を守ること”と”体幹部の固定”

捻る仕事は股関節と肩甲骨で行なってます。

その辺りを考えればもっとカラダを痛めずに指導出来ると思いますよ。


時代と研究次第で変わる運動方法&ダイエット法。

これからも深く追求していきたいと思いマッス!






以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

2007年03月02日

なんだって?!ブログランキング二位!?の巻き

d5a7c016.jpg
なんだって?!

livedoorのブログランキング二位?!

今日、何気なくのlivedoorのブログランキングを眺めていたら健康のカテゴリーで「恵比寿バランス日記」が2位に躍り出てました。

パソコンには疎く未だに使い方がわかりません。

ヒット数を上げる対策もしてないし、リンクの貼り方もイマイチ。

それなのに何だかジワジワと人気が出ちゃっているみたいです。

5777件中の2位か・・・・・どえらいこっちゃ。

思えば武露愚(ぶろぐ)を始めた頃はヒット数が1日3人。

「別に知ったこっちゃねー!」

そう思い、開き直って書いておりました。

何がウケるかわかりませんね。

本当にありがたいこっちゃです。

この喜びを形にするべく、とりあえず2位の記念に”V”という逆立ちをしました。

1位になったら一本足の逆立ちを披露しますよ!

撮影には”親孝行でイケメンだけどハード・マゾで少し変態の格闘家てっちゃん”が協力してくれました。

その”てっちゃん”からの自己紹介!

「皆さん、俺、変態格闘家のてっちゃん!まだ格闘家の卵子、いや卵だけどね。この前さぁ、俺、ブラジルに格闘技修行行ったんだよね。そしたらほら、俺イケメンじゃん?もてちゃってもてちゃって大変だったよ。現地で13歳ぐらいのすげー美少女と恋に落ちそうになったりしてそりゃもぉ・・・
うひひひひ。
まぁ、13歳なんでさすがにヤバくて何もしてませんよ。
今は彼女募集中どえっす。
松井さんの武露愚(ぶろぐ)に書き込むから俺の武露愚(ぶろぐ)も覗きに来てね」

変態ですが、いいヤツです。

明後日試合があると言ってました。

適当にがんばってね。


それにしても日記の書き込み以外にもパソコン、携帯など、沢山のお祝いメールを頂きました。

お気持ちありがとうございました!

そのことに関して三輪先生よりお言葉があるそうなのでこちらも覗いてくださいまぜ。


毎日毎日刺激的。

何が起こるか予測不能。

飽きない日々を過させて頂いております。

明日もナニカガオキルカモ・・・・・・





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 18:06|PermalinkComments(9)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記!