2016年02月

2016年02月29日

2月のラスト!の巻き!

4b1137da.jpg
月末じゃー!

2月のラストじゃー!

やること多いぞー!


ということで、本日もせっせと働き、

「じっと手を見る・・・」by石川啄木


3月講座の準備も含めて小顔講座も準備!

楽しい10周年パーティーもあるしね!



忙しい時に限って歯が痛くなったので、

合間に歯医者へ。


予約していたのですが、かなり待たされ(40分!)、

しかも治療が相当痛い!


痛いことを訴えると麻酔をバンバン打たれました。

麻痺ってこんな感じなのね。


色々勉強になるなぁ〜と思いつつ、今夜も遅くまで準備中!



以上!
忍押!(すお!)



matsui_balance at 23:30|PermalinkComments(0) MBスクール 

2016年02月28日

できる、できないをコントロールしよう!の巻き!

faf6ce71.jpg
本日の昼間、

ファミレスでちょいと事務作業。

先日の、

「奇跡のバレンタインデー」

で、仕事とは全く関係ないところですが、

大活躍したスタッフ見習いのM村君。

松井に少しだけ認められたので、

いよいよスタッフに昇格か?!


まぁ、彼も試験が終わったあとなので、

お疲れ様会を兼ねて、

「なんでも好きなモノ食べなさい!」

とジャンジャン注文。


食べながら簡単なパソコンに関して、

M村君に質問したところ、

「すぐ出来ますね」

と自信満々。


素晴らしい!

別人みたい!


そう思って任せてみたところ、

待てど暮らせど全く進まず・・・・


パソコンを打ちながら、

「あれ?あれ?」

と首をかしげるM村。


最終的に三時間経って、

「駄目ですね」

だとさ。


だったら早く言えー!

この、禄(ろく)でなしめ!


「はぁ、すんませんでひた」

とぼけた顔して謝るM村。


でもまぁ、いっか。

三時間、横で沢山勉強できたし、

気づきもあったので許す!


しかし、これからは3分ぐらいで、

「できません!」

って言ってね。


できる、できないをコントロールするのも、

治療家にとって大事な要素だぞ!



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:55|PermalinkComments(0)

2016年02月27日

勤勉にぶっ飛びたいぜ!の巻き!

00223
本日もせっせと治療やら、

セミナーの準備やら、

事務局やら、

ウエイトトレーニングやら、

美容室やら、


色々やりました。

あと、残るは自分の勉強か。


治療の理論のための解剖学の勉強と、

自分なりに考えた技術(メソッド)の勉強と、

松井塾で教える哲学の勉強と、

これから時代に即した経営の勉強をして、

最後に自分の方向性を考える思考をやって、

腹筋をして寝よう。


と思っている。


なので、ダッシュで帰宅さ!

あ、飯食わんといかんですな!



そういえば、午前中に弟子2号から、

「松井先生は働き者ですね」

と言われました。


自分ではそれほど働き者ではないと思うし、

努力家でもないと思う。

まだまだ不器用で効率が悪い。


あー、もっと勤勉にぶっ飛びたいぜ!


そんなことを考えるこの頃。

あ、そうこうしているうちに時間が・・・・



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 21:28|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月26日

10周年パーティー、いらっしゃ〜い!の巻き!

img_0
4月16日(土)

14時〜16時までの2時間!


新宿ワシントンホテルにて、

MBスクール10周年パーティーをおこないます!


単なるお約束的な会社の創立記念なんかじゃないですよ!


「あ〜、楽しかったなぁ〜

パーチーに来て良かったなぁ・・・」

と皆さまが思えるようにハジケちゃいまーす!(松井が1番楽しんじゃうかも?!)


プロのMCも呼び、

様々な企画も用意!


お時間がある方は是非、


いらっしゃ〜い!


お申し込みはこちらまで



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 19:54|PermalinkComments(0) MBスクール 

2016年02月25日

何だかんだで充実!の巻き!

2c1d82ac.jpg

本日の午前中は三軸勉強会。


「松井君、新しく入った先生だよ」

師である池上六朗先生が紹介なさった先生を見てびっくり!

なんと、十数年前に巣鴨の整形外科で一緒に働いていた先生でした。


当時の松井は金髪に白衣。


辞めて開業する直前だったので、

その先生と一緒に働いたのは三か月ぐらいかな?


その先生は当時、五十数歳で、一度開業に失敗し、

「自分は開業に向いてないから・・・」

と黙々と治療に勤しむ勉強熱心な職人気質の先生。


休み時間に昼寝をせず、

本を読んでいたのは松井とその先生だけでしたね。


松井
「うわー!〇村先生、懐かしいですね!

どうして三軸へ?」


〇村先生
「いや、松井先生から昔、

内田樹さんの本を紹介していただいて、

読んだらこちらのことが書いてあったので、興味を持って・・・」

松井
「だったら十数年前に来なさいよ、もー!」


まぁ、遠回りながらも縁が出来て良かったです!


御年80歳になる師匠は今日も元気いっぱい。

それも嬉しいです。



9e3f5729.jpg

池上先生のお話の中で、

”40歳を超えたら「死」を迎える準備をするべきだ”

という話が引っ掛かりました。



松井も最近、「死」についてよく考えます。

考えてみたら生物は全て致死率100%ですからね。


死ぬのが怖いというより、

”虚無感”が恐ろしいです。


一体、自分には何が残るのだろう・・・・


そんなことを思いながら、せっせと3月整体講座の準備をしたり、

13期の小顔の準備をしたり、マッチョ達と殴り合ったり、

何だかんだ充実した1日っぽく過ごしました!


以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 21:56|PermalinkComments(0) MBスクール | 漢(おとこ)日記!

2016年02月24日

俺とお前とマッチョ達!の巻き!

89f4c1ee.jpg

”ぼんやりとした不安”

1927年7月24日、

そのような遺書を残して芥川龍之介は自殺。


”死にたがっているよりも生きることに飽きているのです”

『或阿呆の一生』より


”僕はゆうべ或売笑婦と一しょに彼女の賃金(!)の話をし、

しみじみ「生きる為に生きている」我々人間の哀れさを感じた。”

『或旧友へ送る手記』より



厚生労働省が慢性腰痛に対して、

精神的要素も多分に含まれると発表し、

「現代はストレス社会だ!ストレスは腰痛も引き起こす!」

何ぞと言われておりますが、

今も昔も娑婆苦の充ち満ちた世界でございましょうね。


いや、むしろ戦前の、

とくに昭和初期にかけての方が酷いです。

世界大恐慌の影響による大不景気、

さらに東北で記録的な農作物の不作により相当数の飢餓による死者。

江戸時代ではなく、昭和でも飢饉による死者は数万人レベルでありました。


そんな時代でも腰痛はあったのでしょうか?

否。

生き死にかけて生活していればそんな余裕はないでしょう。

戦時中には鬱になる余裕すらなく、

B29の爆撃を受けながらリストカットすることなどできません。


坂口安吾の堕落論によれば、

”戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのである”

所詮、ダメな奴は時代に限らずダメなのでせうか。



物事ってやつは、勉強し、

知れば知るほど安易にモノが言えなくなります。

健康に関しても昔のようにぺらぺら喋れなくなり、

逆に「治るとはつまる処なんであろうか?」と、

禅問答のように堂々巡りをして言葉が少なくなります。



本日はちょいとスクールのことやら何やら考えてたら、

頭が固くなりました。


固くなると人に優しくできません。


何だかんだ皆、男は一生懸命生きております。

そんな輩には優しくしたい。


お前はよくやっていると、

優しくしてやりてぇです。

それがなかなか出来ぬ自分の器の狭さにうんざりし、

総合のジムに行くと、そこは、

”マッチョパラダイス”


なんてこったい。

”楽園”はここだったのか・・・・・


ムキムキなきゃつらと殴りあったり、蹴りあったり、

「松井さん、なんか病院で足にひびがはいってるかもって言われて・・・・

歩くのも痛いっす!」

というマッチョを瞬殺で治して、

「あれ?あれれ?痛くなーい!これ宗教だったら速攻俺はいるっす!」



e1011e5e.jpg

なんぞとマッチョを喜ばしたり、

ナイフをマッチョに投げようとする外人さんのショーを見たり、


要するにマッチョと楽しくトレーニングしたら陽気になりました!


という1日。

明日もわっしょい生きよう。


以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 00:05|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月23日

寒い日はウエイト!の巻き!

ba4c1e93.jpg
鍋よりカラダが温まるモノといえば、

ウエイトトレーニング!


せっせとセミナーの準備や治療のお仕事をしながら、

ダッシュでジムに行きウエイト!


カラダが火照っているのか?

戻って治療をすると、

「先生の手は熱いぐらいですねぇ」

と患者さんに言われる。


いつもより多く熱を発散しておりマッス!



夜は道場で選手稽古。

熱く漢(おとこ)たちと叩き合ったら、

身体が火照って夜眠れねーぜ!


そんな熱い日々。

皆様はいかがおすごしてせうか?



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:15|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月22日

お楽しみの3月講座!の巻き!

20150713232029
本日も爆裂に3月講座の準備!


横向きからの頭蓋骨調整は、

手技としてかなり珍しいと思います。

痛みのため、

うつ伏せにも仰向けにもなれない人にも有効だし、

もちろんそれだけではございません!


毎回のテーマですが、

”受講生のクライアントさんに喜んでもらう”


そのことが大事。

なので今回も受講しながら、

「あ、これは明日から来院する〇〇さんに使えば喜ぶぞ!」

とイメージができるように作っております!


イメージといえば、

毎回、MB式で聞かれるのが、

「刺激量」

これはMB式に限らず、

全ての手技においても重要ですね。


「20グラムで!」

「5グラムで!」

といっても、イメージし難いですね。


もっと簡単で、もっと効果的に、

イメージを理解する”秘密兵器”も現在準備中です!


こちらもお楽しみに!



そして、お楽しみといえば、

4月16日の10周年パーティーに向けても準備中!


31b48645
MB初期の頃の写真をまとめてますが、

やはり10年前は若い!


「突っ走ってたなぁ・・・・」

なーんて、

少し感傷に耽ってます!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:58|PermalinkComments(0) MBスクール 

2016年02月21日

カレーを食べて読書な日!の巻き!

7b1737b0.jpg

昨日、弟子2号と会話していて、

ふと、20年前に阿佐ヶ谷の洋食屋さんで食べたカレーを思い出す。


そのカレーの名前は「クロンボ」だった気がしたが・・・


師匠思いの弟子2号は早速阿佐ヶ谷に偵察に行き、

「高円寺に移転したみたいです!」

と報告を受ける。


ふ〜む。

どうやらカレーの名前ではなく、

店の名前が「クロンボ」でした。


なんというパンクな屋号。


これは行かなくては!



944f076a.jpg

とうことで、

本日の午後はカレーを食べに高円寺!


クロンボのカレーは安くて美味しかったです!




d5a94d9a.jpg

ついでに阿佐ヶ谷と高田馬場に足を延ばし、

本を買いました!


夕方は読書三昧です!




以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 00:09|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月20日

UFCが面白い!の巻き!

8373c3ad0d0d9a4da0edd28b09a031f2aee8e72d
「松井さん、

コナー・マクレガー、

ヤバいですよ!」


本日はお仕事終了後は総合のジムへ。


そこでUFCでも闘っていた、

元選手である大沢代表から、

面白い動画を見せてもらいました!


選手の名前はコナー・マクレガー。


UFCのフェザー級(65,8キロ)のチャンピオンであり、

今、もっとも人気のある選手。


その選手の戦い方が空手っぽくて非常にユニーク。

で、しかも強い!

強すぎる!


ハートも強すぎる!

(本当はUFCの有料動画の試合を見せたいのですが、ユーチューブでしたらこれかなぁ・・)



構えが柔らかくていいですね。

肩の力が抜けてるし、

首の脱力と使い方が上手。


肩を一直線に相手に向け、

地面反力を使い、膝を伸ばしてパンチ打ってます。

いいパンチだ!



練習方法もユニーク










う〜ん、UFC面白いなぁ。

さすがに試合は出たくないですけど!



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:37|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月19日

3月整体講座はMB式頭蓋骨調整!の巻き!

lgi01a201310242200
3月整体講座はMB式頭蓋骨調整!


もっとシンプルに!

もっとわかりやすく!



何度も何度も練り直して、

やっと形になりました。



横向きからの独特の頭蓋骨調整。

鱗状縫合、ラムダ縫合、矢状縫合の三点を狙います。



そして、簡単で(ちょっとだけ)難しく、

でも効果は”どえらい”


そんな横向きの腕の調整など、

今回もヤバイですよ!



頭蓋骨調整の刺激量をわかりやすくするために、

”あること”も企画中。


乞うご期待でっす!



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:51|PermalinkComments(0) MBスクール 

2016年02月18日

村上隆の五百羅漢図展!の巻き!

704b62f0.jpg

本日は六本木ヒルズの53階にある、

森美術館でおこなわれている、

「村上隆の五百羅漢図展」

に行ってきました!


村上隆といったらオタク文化。

しかし、オタクとは一体何であろう?


松井は高校時代、

少林寺拳法部と格闘技同好会(プロレス研究会)をばりばりにやっていた武闘派。

しかし、当時からアニメ研究会のオタク連中と交流があり、

「松井氏!」

とオタクな連中にも親しまれ、

以来、25年以上漫画やアニメに対して深い愛情を持っている武闘派オタクだ。



村上隆はスゴイと思う。

本当にスゴイ。


でも、何だろう、この違和感。


別に芸術論を言うつもりもないし、

そもそも松井は治療家だ。


でも、秋葉原だけがオタクだと思うなよ。


代々木のオタクから一言言わせていただければ、

”滅び”がないです。


わかっちゃいるけどやめられない、

「業」のようなモノがオタクの原点だと思う。


吾妻ひでおの描く美少女にオタクを見るのではなく、

彼の生きざまにオタクの潔さを見る。


マイノリティーだからこそ、良さもあるんだけどなぁ・・・・



a00fc913.jpg

村上隆がモチーフにした、

数百年前の五百羅漢図を見る。


スカッとした!



以上!
忍押!(すお!)




matsui_balance at 18:10|PermalinkComments(0)

2016年02月17日

押方師匠!『大人』ってやつを教えて!の巻き!

59e80d85.jpg

『大人』というのは、

ものごとを自分の個人的な基準に基づいて判断し、

その責任をひとりで引き受けることのできる人。

さらに”大人じゃない人たち”の不始末や、

手抜きを黙って片付ける人のこと。



内田樹の「14歳の子を持つ親たちへ」という本の中の一文である。



23歳の分際で女の子と二人きりで食事に行ったことすらもなく、

絶望的に常識も知性も無い。


学習能力もなければミジンコほど仕事も出来ない。

その精神年齢はマイナス5歳で、

ママの卵子からやり直したい今日この頃のMBスタッフ見習いのM村君。



先日のバレンタインデーの奇跡で株を上げた矢先、

つまらないミスを連発。


「おんどりゃー!このミジンコクズ野郎!」

と松井からラインで怒られ、


「すいましぇ〜ん」

と武田鉄矢の物真似にしては微妙に似てないのと、

微妙にカチンと来る謝り方に松井はキレかかった!


ところが、MBの良心であり、MBを代表する大人、

さらには、M村君の心の師、押方☆匡介氏が、


3335ebed.jpg

「M村君ね、うんとね、それはだめですよぉ〜」

と優しげで愛のあるまなざしで、

キモいだけで全く可愛くないクソクズM村に語りかけたのだ!


「こ、これは”気”があるかも?!」


ひょっとするとひょっとして!

あの頑固一徹な押方☆匡介氏が弟子を取るのか?



『押方』というのは、

ものごとを自分の個人的な基準に基づいて判断し、

その責任をひとりで引き受けることのできる人。

さらに”大人じゃない”M村の不始末や、

手抜きを黙って片付ける人のこと。



繋がった!

そうだったのか・・・・やはり・・・


大人と押方。


どちらも、”お”から始まり、

一方で、”な”と”た”で終わる。


ええ。

もちろん意味はありませんとも。



2699340f.jpg

ミスをしたクズに食わせる飯はねぇ!


結果、3人前を頼んで2人で食べました!


冷酷な松井はM村に、

美味しいオレンジケーキとストロベリームースしかお土産を買ってません!



そんなMB事務局。

そんな俺。


仕事、やらなくっちゃ・・・・





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 18:54|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月16日

やっぱりムーが好き!の巻き!

0c493dff.jpg
子供の頃からオカルトが好きで、

小学生のころからムーの愛読者。



20代半ばの頃はUFО研究家、

矢追純一さんの宇宙塾という怪しい塾に入り、(第9期卒業生!)

フリーメーソンや超能力やUFОを研究。


UFОを見に行くため伊豆の合宿に参加したり、

それはそれは怪しい人々と交流した青春時代。


本日、コンビニに買い物に行ったら本棚に、

”ムー”スペシャルな本を2冊発見!


条件反射的に購入。

むさぼるように、あっという間に2冊とも熟読!


UMA(謎の未確認動物)って邪気の無い、

おバカなロマンを感じさせて大好きです!


おらも冒険の旅に出たくなったずら!


2009310000036
まずはメキシコに、

フライング・ヒューマノイドを見つけに行きたい!


それにしても、

曙ってフライング・ヒューマノイドだったの?!






以上!
忍押!(すお!)






matsui_balance at 23:28|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月15日

バレンタインデーの奇跡?!の巻き!

62d69aea.jpg
何を隠そう。

本気(マジ)で驚いた。


松井はクズ研究家である。

長年、クズを研究し続け、

ある法則性を見出した。


その一つが、

”クズはなかなか変化をしない”


クズ好きが生じて、

”クズどストライク”

のM村君をMBスタッフ見習いとして雇い、

おこずかいをあげながら仕事や人生を教えていた。


はたから見ても甘やかしているし、

はたから見なくても甘やかしている。


そんな彼が昨日、

バレンタインデー大作戦”を決行!


結果はなんと、大成功!


池袋のサンシャイン通りの近くの公園で、

「チョコください!」

と書いた紙で道行く人々にアピール。


口下手で、試験はできるけどコミュニケーション不足(障害かな?)、

が理由で理学療法士の学校を中退した彼が、

なんと、10個以上もらってきました!


生意気なことに女子高生の集団からもゲットしたとか。

へ〜。


「一応、証拠の写真も撮ってこい!」

と事前に命じましたが、良い写真がなかったのでここでは掲載を遠慮します。

代わりに彼から来たラインの文章を載せます!



お疲れ様です。

不審者の嶺村です。

本日はありがとうございました。

そしてご馳走様でした。

(文章割愛)

池袋で道ゆく人に、

「怖い人かと思った」

「クレクレ…」

「童貞をこじらせるとあぁなるんだよなぁ〜」

「俺なら絶対やらない」

などの声を頂戴してきました。

しかし、そんな僕に優しかったのがカップル達!

「面白い!」

「あげたら?」

と男性側から促していました。

特に「持ってないんでごめんなさい〜」

と通り過ぎたカップルが、

「せっかくなので!」

とわざわざ近くのコンビニで買ってきて渡してくれました!

後はリア充たちが、

「ヤバいっすね」

「こんなもんでいいなら」

とビーフジャーキーをくれたりしました。


もちろん女の子(女子高生でした!)からもいただきました!


このような経験をすることを出来たのも全ては松井先生のおかげです。

ありがとうございました。

また明日もよろしくお願いします。




まだまだ見習いだし、クズには変わりないけど、

少しは成長してますね。


あとは仕事を覚えろよ!


さて、松井もお仕事に戻りますか。

まぁ、でも、ほっこりする話で良かったです!



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 13:19|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月14日

チョコの空騒ぎ!の巻き!

06f51f7e.jpg
本日はバレンタインデー!

どいつもこいつも浮かれている昨今。


午前中に少しだけ事務作業をしようと、

MBスタッフ見習いのM村君を呼び出す。


ちなみに彼は現在チョコの数ゼロ。

まぁ、そうでしょうね・・・・



しかし、彼の人生のコーチであり、

弟子2号こと井上氏から、

「死ぬ気でチョコをゲットしろ!」

という指令を出され、


さらに彼の心の師、

弟子1号こと押方氏からは、

「通りがかりのおねーさんに声かけてみなよ」

という師からの絶対的命令を発せられた。


ここでやらねば男が立たぬ。


「いいじゃん、やらなくて。ていうか、おめー、ちゃんと仕事しろよな。」

という松井のアドバイスも聞かず、

彼はついに奮い立った!



「松井先生!

僕は押方先生が居る池袋で女の子をナンパしてチョコをゲットしてきます!」


押方匡介という心の師を持ち、

見違えるように凛々しくなったM村君。


「チョコください!」

という表示の入ったダンボールを持ち、

池袋のサンシャイン通りで片っ端から女の子に声をかけるとか。

へ〜。


松井
「いや、あの、だから事務仕事を一人前にだね、やってほしいとうか・・・」

M村
「はい!では行ってまいります!」


近年まれに見るキリリとした顔で池袋に向かうM村。

99,9パーセント無理だろうなぁ・・・・


今日はもういいや。

早く帰ろっと。



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 15:26|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月13日

イケメン率100%の吉祥寺の居酒屋に行ってきました!の巻き!

4e7f0746.jpg

本日は先日の松井塾の茶帯に出した課題にも関係する、

”入り口もわからないような居酒屋なのに

20年間脅威のリピート率を誇る吉祥寺の居酒屋「汁べゑ」”

に潜入!


週末というのもありましたが、

非常に活気があって混んでいました!



とりあえず松井は従業員と話がしたかったので、

がんがん飲んで、がんがん注文!




1ad9e489.jpg

そこは上手い料理と、

爽やかなイケメン率100%の漢(おとこ)シャングリラ!


従業員10人全員の接客がパーフェクト。

ちなみに女性従業員は1人も居ませんでした。


料理もエンタメ率が半端ではない。

「あぁ、こりゃお客来るな・・・・」


仕組みがわかれば、そりゃそうだと納得。


真似すれば繁盛できるけど、

う〜ん、治療院だとある種の条件が必要ですね。



ま、二か月後の茶帯に向けた松井塾はこれで練れそうです。

3月整体講座の受講生で興味のある方がいましたら、

懇親会で聞いてくれれば仕組みを簡単に解説しますよ!


あ、ちなみに3月整体講座の準備もばっちり進んでまーす!



以上!
忍押!(すお!)




matsui_balance at 22:01|PermalinkComments(0) MBスクール | 漢(おとこ)日記!

2016年02月12日

やっぱりクズが好き!の巻き!

485ee34b.jpg
教えてくれる人を「その気」にさせることは、

優れた弟子であると思う。

逆に優れたクズは、

教えてくれる人を「その気」にさせない。


MBスタッフ見習いのM村君はその点、

非常に優秀なクズである。


一言言っておくが悪口ではない。

現実である。


ウソだと思ったら本人と一緒に過ごしてください。

一緒に居る時間が長ければ長いほど、

「嗚呼、まさに本当である!」

と深く頷くでしょう。



本日はそんなM村君に松井はある提案をしました。

それはキョウスケちゃんの弟子になること。


彼が人生一発逆転ホームランを狙うのはそれしかないのです!


松井
「おい、M村!貴様が浮かび上がれる唯一の方法は押方大先生の弟子になることだ!

必死になってお願いしやがれ!」


M村
「はい。押方先生、お願いしまーす」


押方
「はい。嫌でーす」


M村君の”お願い”はヘリウムガスより軽かった・・・・・



例えばこちらには学ぶ気があり、

師には「教えるべき何か」があったとしてもそれだけでは学びは起動しません。

師が「教える気」にならなければ学びは発動しないのです。


昔から、師弟関係を描いた物語には、

必ず「入門」をめぐるエピソードがあります。


何か(武芸の奥義など)を学びたいと思っていた者が、

達人に弟子入りしようとするのですが、

「だめだ!」とすげなく断られ、

それでもあきらめずについていって、

様々な試練の末に、

それでもどうしても教わりたいという気持ちが本気であるということが伝わると、

「しかたがない。弟子にしてやろう!」

ということになります。


師を教える気にさせるのは「お願いします!」という弟子のまっすぐな気持ち、

本気の覚悟がなければ弟子にはなりません。


これはあらゆる「弟子入り物語」に共通するパターン。

このとき、弟子の側の才能や経験などは問題にならず、

なまじ経験があって、

「わたしはこのようなことを、こういうふうな方法で習いたい!」

というような注文を師に向かってつけるようなことをしたら、

これもやはり弟子にはしてもらえません。


師の教えることはなんでも吸収しますという”開放性”

それが「師をその気にさせる」ための力であり、

弟子の態度だと思います。



M村君には覚悟もなければ態度もなし。

ただ、努力したくないから何となく言えばいいや、

言われたたら言葉にしている、オウムと同じ構造。


まずは血の通った人間になることやね。

それを教えてますが、

こいつは人間(ホモサピエンス)にすらなかなか育たないボンクラ原人野郎。


ま、てこずりながらボチボチ教えてます。

松井はやっぱりクズが好きなのかもしれませんね!



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:02|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! | MBスクール

2016年02月11日

大ちゃんの作品が都展に!の巻き!

09ed87e5.jpg

つい先日、大ちゃんの工作が都展に選ばれました!



5ee2def5.jpg

作品名は「正義のヒーローわんこマン」

本日は作品を見に上野に行きました!


都内の小学校の作品が一同に揃っているせいなのか?

祭日だからか?

驚くほど混雑してます!


もしかして、「わんこマン」効果なのか?!


すくすくと息子も成長中!



以上!
忍押!(すお!)







matsui_balance at 17:44|PermalinkComments(0) 俺と息子の物語! 

2016年02月10日

16年度2月松井塾!の巻き!

0aa2cff9.jpg
松井塾を開始して8年目。

一昨年で一つの締めくくりをして、

昨年は新生松井塾としてスタート。


しかし、”松井塾”ではありませんでした。


整体講座中に、

「あの松井塾生!」と言われるような塾生も皆無。

というより、その意識もなし。

「あいつらやべー!」

と言われるような塾生が生み出されていた、

旧松井塾とは様相が違いました。


このまま達人ごっこで終わらせるつもりもないし、

人は致死率100%。

松井もいつか死んでしまう。


「このままでは死んでも死にきれん!」

ま、別に病気もないし、長生きするかもしれないけど、

このままモチベーションが下がり、

松井塾やMBを止めてしまうことになればそれも社会的な”死”です。


ある意味、今年の松井塾は人数がどうのとか、

ヤバいことをやるとか、

そんなことではなく、

「松井が本当にやりたいこと」

それを本気で、覚悟を決めて、やることだと思いました。


今回と言うより、松井塾は、

松井の「遺言」


これだけは言わないと死ねない!

これだけは伝えないと化けて出る!


そんな思いで進めようと決意しました。


遺言と言えば、「遺産」


まぁ、一応貯金ぐらいはありますが、

お金をあげるのもオカシナ話だ。


では、一体、何が与えられるのか?

まずは「メソッド」


松井は字が汚いので書くのが嫌い。

それでもMB式整体や松井塾、

MB式小顔、MB式美容整体、

さらに様々な治療に関することや武術、

身体操作まで書き綴ったノートが100冊近くに及ぶ。

21b7a51b.jpg

それも一つの財産かもしれない。

コピーが欲しければ上げるし、

その内容を成長した現在の松井が解説しても良い。


もう一つの遺産は、

「MBスクール」

そこでの立場をそれなりにしたい。

例えばもし、本などを出版した際には講師、イントラと共に必ず載せる。


ただし、この遺産分与には条件が一つだけある。

それは松井塾の黒帯のみに与えます。


現在、黒帯は2人だけ。

696250ef-s















「押方 匡介」


0132aa2d.jpg

「井上 誠」



2人とも手取り足取り教えたわけではない。

松井が松井塾で話している内容を読み取り、

枠組みを理解し、結果を出している。


2人には黒帯進呈。


黒帯には黒帯レポートという特別なノートのコピー、

その解説、さらに松井塾中に黒帯に向けた特別講座を毎回設け、

毎回ごとの松井塾の内容を撮影したDVDとテープ起こしした講座内容のすべての文章、

全部をあげます。


弟子だから特別扱いするのではなく、

黒帯だから特別扱いします。


次に黒帯一歩手前が茶帯。

e8bb5baf.jpg

「浜田 雄一」




ab95bcbe.jpg

「新井 信和」




e7ba767a.jpg

「里 浩吏」



c2a7c08d.jpg

「大多和 秀子」


茶帯には茶帯レポート&ノートのコピー、

その解説、さらに松井塾中に茶帯に向けた特別講座。


茶帯が黒帯になるには年1回、12月に黒帯昇段試験。

試験を受ける条件は、松井塾参加はもちろん、整体講座全部参加。

座学と実技をおこない審査します。


茶帯審査は年2回。

8月と12月。

松井塾参加はもちろん、整体講3回以上参加。

座学と実技をおこない審査します。


帯に興味のない塾生も必ず成長する内容、

帯に興味のある塾生はさらに成長する内容、

帯に興味があり覚悟のある塾生はどえらく成長する”構造”で準備しました。


そんな松井塾は座学がほぼ4時間全部。

身体トレーニングは1分少々。


これで十分です。


3月の整体講座では松井塾生達の手技は他の受講生を圧倒しているでしょう。


”教えなくても24時間教わる”


2か月に1回の松井塾は松井塾の入門書。

日常が「松井塾」ですよ。


私も黒帯も茶帯も白帯も日々是邁進が当たり前。

やるだけですね。


次回の座学テストもお楽しみに!



以上!
忍押!(すお!)



matsui_balance at 23:11|PermalinkComments(26) 松井塾 

2016年02月09日

明日は16年度松井塾!の巻き!

5f359a81.jpg
明日は今年最初の松井塾!

というより、”最初の”松井塾でしょうか。


竹刀を持って鍛えるとか、

汗びっちょり、わっしょいわっしょい!

みたいなノリは卒業。


ま、それもある時期までは必要だったのですけど。



4時間は修行の仕方。

本当の修行は普段の中にあります。


松井の目の前で必死の形相でやるのではなく、

松井が居ないところで、

必死にやる積み重ねで成長していくシステム。



今回、2月のお題は”構造”

松井塾も”構造的”に成長せざる得ない状態を作りました。


詳しくはまた明日!

お楽しみに。


以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:39|PermalinkComments(0) MBスクール 

2016年02月08日

枠組が見えたからリラックスしよう!の巻き!

1c83f597.jpg
本日も治療の合間にせっせと松井塾の準備!


荘子の「木鶏」と、

中島敦の「名人伝」についてちょっとだけ発見がありました。


この二つのお話は似ていると、

以前から思っておりました。


どちらも”木偶”の如くで、

どちらも”とらわれがない”


とらわれはないけど、

ヘビに指を差し出したら咬まれるように、

感じるところにそのまま、本能は大解放。

でも、社会性はある。

あるというより、

社会が勘違いするように

”ナチュラルボーンロボトミー手術”を受けた感じですね。

(この意味が分かるのは弟子2号だけかな?)



うまく言葉に置き換えられませんが、

木鶏の鶏も、

名人伝の紀昌(きしょう)も、

自身の運命に徹底的に受け入れた末なのかなと。


この”受け入れた”ということは、

受け入れられる土壌があったということ。


木鶏の鶏も紀昌も一流の才があったことが前提のお話。

その構造が見えないと一流ではない人を一流にはできないと思う。


「あ、こりゃー、一流を超一流にする構造の物語か・・・」

道理で組み入れるのが難しかったはず。


少し枠組みが見えたので笑ってリラックスしよう。


この名人伝?

は突っ込みどころが満載でずっと笑ってました!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 16:02|PermalinkComments(0) MBスクール | 漢(おとこ)日記!

2016年02月07日

リテラシーとして歴史は大事!の巻き!

dd825bb2.jpg
松井塾の研究のため、

本日は早めに起きて7時からスタバで構造主義の研究。


単なる研究ではなく、

治療に応用するための足掛かり。


”先生と言われるほどの馬鹿でなし”


先生とおだてられていい気になるほどのバカではないように、

難しい勉強をするから偉いとも思っていない。


使えるかどうかでしょうね。


構造主義の勉強中、

「あ、ミシェル・フーコーの”この部分”だったら俺の方がもっと薀蓄話せる!」

という部分も発見し、テンションあがってました。


構造主義でテンションあがる治療家。

うん。

変ですね。

だから良し!



ミシェル・フーコーでいえば、松井は”監獄の誕生”よりも、

狂気の歴史―古典主義時代における
ミシェル・フーコー
新潮社
1975-02



でしょうか。


この本を超絶簡単に略すと、

「昔の方がよかった。近代は最悪」

もう少し難しくすると、

「狂気のありのままの野生状態を復元することはできないのだから、狂気を捉えている歴史上の総体(観念、制度、法制度、処置、学問等々)の構造的研究を行おう」

ってやつですか。


でもまぁ、リテラシーとして歴史は大事ですね。

テクストを読み取る力がなければ背景がわかりませんもの。



”師を見るな、 師が見ているものを見よ”


師の背景を読まないと師が見ている視線に焦点が合いません。

師の背景を読むには”歴史”が必要。


なーんて、考えていた日曜の午前。

午後は少しぶらぶらお出かけしてきます!



以上!
忍押!(すお!)


matsui_balance at 22:50|PermalinkComments(0) MBスクール | 漢(おとこ)日記!

2016年02月06日

われ未だ木鶏足りえず!の巻き!

m_Futabayama_Sadaji
松井塾の準備をしながら、

過去8年間の松井塾の内容を見直している今日この頃。


あるノートには双葉山強さの研究が書かれていました。


相撲は立ち合い重要。

なのに右目は義眼。


”後の先の取り方”

”膝抜き”

など等、予測をつけながら研究し、

治療にも応用できないか考えてました。

あとは、双葉山といえば有名な言葉、

「われ未だ木鶏足りえず」


なぜ、木鶏なのか?

木鶏の強さの本質を自分なりに推測。


その際、やはり双葉山に木鶏を教えた安岡正篤の存在も気になったので研究。

(安岡正篤は日本の黒幕と言われ、歴代の総理大臣にも絶大な発言力を持ったお方)

かなりヤバかったですね。

特に晩年が妙に一休宗純と被り、何とも言えませんでしたね。

(享年88。当時としては驚異的な長寿。しかし、臨終に際しの言葉は「死にとうない」)


ふーむ、松井塾では発表しなかったヤバイ内容は面白い!

そんな研究な日々を過ごしております!



以上!
忍押!(すお!)





matsui_balance at 23:24|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月05日

それもまた楽しからずや!の巻き!

82bc99c0.jpg
本日は4月16日(土)のMB10周年パーティーに向けて準備!

二ヵ月なんてあっという間に来てしまいます。


早目でもないのですが、

楽しいイベントにするためにやれることはすぐにやろう!


準備している最中、

キョウスケちゃんが涙が出るぐらい面白いギャグをやってくれました!


「どうして動画を撮らなかったのだろう・・・・」

非常に悔やまれます。

是非もう一度お願いしたいですね!



午後はせっせと治療のお仕事。


最近、妙に重症というか、

どこにいっても治らないという新規の方々が増えております。

これも何かの縁なので薄ぼんやりと診ております。


それなりに楽になるので、また口コミで増え、

幕ノ内一歩のデンプシーロールみたいにどんどん難しい人が加速しております。

このままではうちは難病治療院になってしまう!?

普通が好きなのになぁ・・・


でも、日常が普通を許さない。


ま、そんな日々もまた楽しからずやです!



以上!
忍押!(すお!)



matsui_balance at 21:29|PermalinkComments(0) MBスクール | 漢(おとこ)日記!

2016年02月04日

携帯が直ったけど、アプリ入れるの怖いっす!の巻き!

apple-watch-app-tap-eyecatch
本日の午前中は三軸勉強会。

午後は松井塾の準備。


夕方は、

壊れた携帯の修理が終了したので受け取りに行く。


数日前、代替えの携帯でラインのアプリを誤って消してしまったので、

何だかアプリを入れるのが危ないというか、怖いというか・・・


明日、キョウスケちゃんに聞きながらやろう・・・


携帯電話も便利なのか支配されているのか、

よくわかりませんね。


と思いつつ、せっせと松井塾の準備中!



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 23:06|PermalinkComments(0) 漢(おとこ)日記! 

2016年02月03日

来週は必然的な松井塾!の巻き!

721265d71週間後は16年度の松井塾、2月講座があります。

塾生諸君は「お知らせ」をご覧くださいね。


松井塾の第1回目が2008年の5月。

8年目ですが、すでに松井自身が変化しているので、

あの頃には戻れないですし、

同じようなスタイルで松井塾は続けません。


ある意味ファイナルステージ。


人数も気にしてないし、

内容に関しては、

超ハードで超クール。

熱くて冷たいです。


ただ、言えることは手取り足取り教えないし、

自分自身で歩まなければ何も変わりません。


松井が楽しいことをやりますが、

いい加減にはやりません。


受講料に見合った内容ですが、

受講して良かったかどうかはわかりません。


悲壮感は漂わせなくてもいいので、

諦めて来てください。


新しい世界が見えるかどうかわかりませんが、

「嗚呼、そういうことだったのね」

と必然性は感じるかもしれません。



では、来週お会いしましょう。



以上!
忍押!(すお!)



matsui_balance at 20:20|PermalinkComments(0) MBスクール 

2016年02月02日

来週の水曜日から16年度松井塾が起動!の巻き!

300px-King_Arthur_and_the_Knights_of_the_Round_Table
本日、来週から始まる16年度松井塾のメンバーが揃いました!

人数は12名。


円卓の騎士と同じ人数ですね。

ということは、松井はアーサー王か?


そういえば、キリストの使徒も12名。

1、ペトロ
2、ヨハネ
3、アンデレ
4、フィリポ
5、バルトロマイ
6、マタイ
7、トマス
8、ヤコブ (アルファイの子)
9、タダイ
10、シモン
11、ヤコブ (ゼベダイの子)
12、イスカリオテのユダ

キリスト教ときたら仏教。
十二縁起 (仏教が説く苦しみの元となるもの)も12ですね。

1、無明(むみょう): 無智(苦しみ、煩悩そのもの)
2.行(ぎょう): 業(カルマ)身業・口業・意業
3.識(しき): 識別作用
4.名色(みょうしき): 認識の対象となるもの(精神的・物質的存在)
5.六処(ろくしょ): 6つの感覚(眼耳鼻舌身意)
6.触(そく): 接触(6つの感覚に対して外からの)
7.受(じゅ): 感受(六処 及び 触による)
8.愛(あい): 渇愛
9.取(しゅ): 執着
10.有(う) : 存在
11.生(しょう): 生まれること
12.老死(ろうし): 老いと死


1年は12ヶ月、時計は12時間刻み、1ダースは12個・・・

12という数字は古代天文学で、1年を12分割 したところに起源を持つ数値らしく、

その神秘性から神や仏に関する様々なものに使われていったみたいです。


今年の松井塾でおこなうことに神秘性があるかどうかわかりませんが、

このメンバーに意味があると思うし、それに意味付けもしていきたいです。


というわけで、いよいよ来週の水曜日からステージを新たにした松井塾が起動!



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 19:53|PermalinkComments(0) MBスクール 

2016年02月01日

本日16年度松井塾締め切り!の巻き!

03e7a579.jpg
本日は16年度の松井塾について考えてました。


早いもので8年。

今更、わっしょいわっしょい鍛えるだけの体育会系はなし。

それは卒業。

(やり方は教えるので自主練してね!)


そうではないよなぁ・・・・

もっとこう、「腑に落ちる」っていうのか、

本質を「理解する」ことで高みに臨みたい。


まぁ、この「腑に落ちる」ということと、

「理解する」ことは別ですけど。


「腑に落ちる」というのは、

知的な経験と言うより、

物事の条理が”見えた気がした”

という身体的な経験ではないでしょうか。


それゆえわかるときは瞬時にわかる。


しかし、「理解する」というのは「時間」が必要ですね。


スケールの大きな思考を理解するには、

船首が見え、それが視野を通過し、ずいぶん経ってからようやく船尾が見えてくるけど、

その頃にはもう船首は視野の外。


長い時間をかけて思考の過程をたどり、

意味を知らなかった概念が血肉化され、

それまでの常識が放棄され、

自己変容のプロセスが発生するまでは随分な忍耐強い作業が必要。


でも、全部を理解しなくてもいい。


一つだけでも絡まった結び目をほぐすように、

「あ、ここならほどける!」

と、腑に落ちながら、

理解する手立てを辿りながら進むのもアリだ。



教えることと、

学ばせること。


これも近いけど、教習所の教官では学びは皆無だと思う。


話を簡単にするのは、

”話を減縮する”

ことにも繋がる。


「要するにこれは・・・」

と、本当に物事をわかっている人の話は分かりやすいけど、

ゴルディオスの結び目”を一刀両断する話とは違うと思う。



「話を先へ進めること」

「話を簡単にすること」


時間がたてば理解はできる。

腑に落ちなければ、

その”時間”に耐えられない。



この2点を解消すべく、

松井塾について考えてました。


そんな、簡単ではない複雑なお話!

そんな、16年度松井塾は本日中に締め切り!(一括申込み)



以上!
忍押!(すお!)


matsui_balance at 18:23|PermalinkComments(0) MBスクール