2007年01月24日

音楽治療だ♪の巻き

76e73f81.jpg
「松井先生は治療中どんな音楽をかけているのですか?」

スクール生だったかな?

質問されました。

基本的には自分の好きな音楽をかけていますが、初診の人やクライアントさんによってはDJのようにかける音楽をセレクトしてます。

例えば、冷え性の人には温かい南国をイメージさせるハワイアンをかけたり、笑いを求めていて、しかも常連のクライアントさんには”グループ魂”などをかけて大笑いさせています。

松井が好きな音楽のジャンルは”トランス”と”ハウス”と”ヒップホップ”

「松井バランス研究所」にはたまに音楽家やミュージシャンの方も来院します。

以前、”ケツメイシ”のメンバーが来ました。

”ケツメイシ”の歌詞は以前から好きで

「良い曲だな〜。メンバーに会ってみたいなぁ〜」

と思っていました。

思っていたら、本当に会えました。

”ケツメイシ”は漢方薬の銘柄から取った名前らしいです。

メンバー全員が薬学部の出身。

来院したメンバーの一人はなんと、薬剤師の資格と鍼灸・マッサージ師の資格も持っていました。

まぁ、個人的な話になるのでこれ以上は話せませんが、とにかく面白い人達でした。

それから嬉しかったのがZEEBRA(ジブラ)さん。

”キングギドラ”時代から「なんじゃこりゃー!」とシビレてしまい、それ以来のファンでした。

「いつか会いたいな〜」

そう思っていたら本当に紹介で来院し、会えました。

本人は”間違いない”ほど超クールで格好良かったです!


音は振動。

思ったり、考えたりすることも振動。

”魂が震えるような”感動もカラダの内側の振動。

感動すると人は変化します。

もしかしたら感動するって、自分の振動数が変化することではないでしょうか。(人それぞれの振動数を固有振動数といいます)

感動を増やすと自分自身がどんどん変化する。


松井は数年前までヘッポコでした。

しかし、この数年間、相当魂を揺さぶられてきました。

感動の連続でした。

振動は目に見えないですし、魂も目に見えません。

でも、見えないものを信じ、感覚を大事にしてきました。

見えないものの本質を信じ、自分自身を委ねてました。


”考えるのではない。感じ取れ”


そんな感じで数年間経ったらそれなりに夢が叶っていました。

音楽の話から大分それましたが、音楽も”楽”がなければただの音。

楽しむことが震えやすくなることだと思います。

今も武露愚(ぶろぐ)を書きながら、今日買ってきたCDを聞いてます。

最高に楽しくて気持ち良いです。

こりゃ〜、明日も沢山楽しいことがあるぞ!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 23:14│Comments(3)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あや   2007年01月25日 23:44
ケツメイシ・・初めて聞いたとき、やっぱり“便秘”を連想しました。
職場の人たちと「ケツメイシやって!下剤や下剤や。」と話していました。

この人たち(当時は顔も人数も知らなかったけど)生薬に同じ名前があるのを知っているのかしら?そもそも、“決明子”以外にケツメイシという同音異義語があるのか?など、いろんなことを考えていました。
後に、雑誌か何かでメンバーは薬剤師と知り(私は2人だけと記憶していました)妙に納得、“全てを出しつくす、神秘的”という意味を込めていると知りさらに(?)納得。。
私は1枚だけアルバム(さくらが入っているやつ)を持っていますが、歌詞カードの最後のthanksに○○薬局とかあったり、おもしろいですね。
2. Posted by 松井真一郎   2007年01月26日 01:49
うちに来たタイゾー君は「病院に勤務したい」と言っていました。
あれだけ売れているのに変わっています。
変わり者がメジャーになるのでしょうか?
面白いものですね〜
3. Posted by あや   2007年01月27日 00:57
あはは。
薬剤師はみんな変わりモンと思っています(もちろん私も)。
私は卒業してから今の仕事に就くまで、病院でしたよ。
ケツメイシのメンバーは製薬会社に勤務していたらしいので、病院も経験したいのですかね・・
病院は、病気のこと、薬のこと、勉強するには文句のない職場でした。かなり勉強させられました。
もう少し経験を積めばよかったかな・・とちょっと後悔。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔