2007年03月10日

漢(おとこ)友達ありがとう!の巻き

27ea53ca.jpg
「うわー!超美味しそう!」


本日松井が尊敬する漢(おとこ)友達道君からお肉のプレゼントを頂きました!

道君は神戸で行列ができるステーキのお店を経営しております。

良心的な価格で”どえらい美味しさ”の「バッファローハンター

神戸付近にお住まいの方は是非行かれると良いですよ!


お肉といえば、肉料理の際の名称も解剖学。

これも何かのきっかけなので調べてみました。

えーっと、まずは胃から・・・・

ミノは「牛の第1胃」

ハチノスは「牛の第2胃」

センマイは「牛の第3胃」

ギアラは「牛の第4胃」

*牛は4つ胃があります

ヒモは「小腸」女たらしもヒモ

シマチョウは「大腸」デカチョウは山さん

テッポウは「直腸」相撲の突っ張りもテッポウ

レバは「肝臓」バカはバレバレ

ガツは「ブタの胃」ガッツは石松

コブクロは「子宮」オフクロは早急

タチギモは「脾臓」ヌレギヌは独房

シビレは「膵臓、胸腺」オヒレは噂

マメは「腎臓」カメは竜宮

ハツは「心臓」コツは愛情

フワは「肺」フワフワは性格

ハラミは「横隔膜」世間はカタミが狭い

一般的にあまり知られてないものでは・・・・・・

ノドスジは「食道」ノドモトスギレバなんとやら

ハラアブラは「胃周辺脂」ハラノマワリハ危い

チチカブは「乳房」トチカブは暴落

ハツモトないしはタケノコ・コリコリ「心臓に近い動脈部分のこと」ハシモトとタケモトはコジマの家に近いご近所さん

サガリは「横隔膜の腰椎に接する部分」オサガリは兄弟に接する部分


ふ〜む、調べると結構あるものですなぁ。

真面目に調べたものと遊びで作った部分もありますが・・・・

ついでにもうちょっと調べてみました。

臓物(ぞうもつ)を略した言葉が”モツ”

食肉業界用語だったのが一般に広まった名称です。

しかし、最近ではモツのことを「畜産副生物(ちくさんふくせいぶつ)」という名称で呼んでいるみたい。

「ホルモン料理」は戦前、大阪のレストラン”北極星”が「ホルモン」の登録商標したのが始まりと言われています。

ちなみに医学英語のhormoneホーモウン「ホルモン」は”刺激する、促す、駆り立てる、突撃する”を意味するギリシャ語のホルマオー(スペルがパソコンで出ない)の現在分詞から作られたもの。


というわけで、道君から頂いたお肉は畜産副生物ではありませんが、とても刺激され、やる気を駆り立てられました!

ありがとう、道君!

このお肉を食べて明日も前進するね!


早く帰って食べよっと♪





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 20:45│Comments(4)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りそら   2007年03月11日 03:18
ハラアブラというフレーズに「ギクリ」としました。
腹の油・・・。
チチカブなんて美味しそうな名前ですね〜
ミルキーな蕪を連想します!
テッポウなんて物騒な感じの名前ですね。
口に入れた瞬間「やられた〜」と感じそうです。
ホルモン料理って
なんだか若返りそうな料理ですよね!!

ヤマモト先生を見ているだけで
充分若返りそうですが、やはり食材からも補給しないと!!

若返りたくなりました。
2. Posted by 魅頭火巳   2007年03月11日 04:29
勉強になりました。と同時に補足が最高に面白かったです♪
牛の胃袋については、普段の自分にハマリまくりでした‥。
「第1胃袋ミノ」…いつもファイナルアンサーしながら治療してます。
「第2胃袋ハチノス」…自分はハチノス状態穴だらけ‥。
「第3胃袋センマイ」…治療はいつも「ドンマイ、ドンマイ‥」。
「第4胃袋ギアラ」…まだまだ稼ぎ悪く、ギャラは少なめ。
自虐ネタでした。
面白くて、ついつい便乗書き込みしてしまいましたm(__)m
大変失礼しました。
3. Posted by 松井真一郎   2007年03月11日 17:25
りそらさん、春は細胞が活発に入れ替わる時期。
好奇心旺盛に興奮し、笑い楽しむことが若返る秘訣だと思います。
子供になることなのかなぁ〜


4. Posted by 松井真一郎   2007年03月11日 17:27
魅頭火巳(みずかみ)先生、面白いですねー!
「第1胃袋ミノ」…いつもファイナルアンサーしながら治療してます。
「第2胃袋ハチノス」…自分はハチノス状態穴だらけ‥。
「第3胃袋センマイ」…治療はいつも「ドンマイ、ドンマイ‥」。
「第4胃袋ギアラ」…まだまだ稼ぎ悪く、ギャラは少なめ。

自虐ネタは高度な笑いだと思います。

またネタがあったら書き込んでください!
ありがとうございました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔